『花物語』舞台探訪・壱

August 18 [Mon], 2014, 21:26
一昨日の夜、放送された『花物語』のEDに出てきた小樽の探訪です。
今週中にいければいいと思っていたのですが、明日から3日ほど雨の予報なので今日、仕事帰りに行ってみました。
仕事場から車で30分で行けます。


メルヘン交差点の小樽オルゴール堂2軒(左側はキャラクター館になります)と、手前は常夜灯。
昼夜、二通りの画が登場しました。

夕方6時になると灯が灯ります。

これは灯る前に撮っておいたもの。

アニメ画と同じ6時になるとチャイムが鳴って蒸気が上がりました。
これは15分おきくらいに見られます。

余談ですが、右奥の小樽オルゴール堂には3年前、ワーキングのラジオ公録イベントでぽぷら役であり本作『花物語』ではメインゲストである沼地蠟花役でもある阿澄佳奈さんが訪れて、そのとき小樽に来れなかった喜多村英梨さん(ワーキングでは八千代さん役で、『花物語』でも阿良々木火憐役で出演されてました)へのおみやげにオルゴールを買ったなんていうエピソードがあったりしました。


小樽運河。
運河両脇の倉庫やホテルノルド小樽のドーム状の屋根なども一致します。
こっちも夜の画があるのですが、遅くまでいられないため次の機会にします。



小樽運河ぞいの倉庫の扉。
参考までに4点ほど撮ってみました。





阿澄佳奈さんのキャラクターが小樽の風景の中にいるのはちょっと感慨深いものがあります。
先に書きましたが、阿澄さん自身が3年前にリアルに小樽に来られていますし、阿澄さん主演の『ひだまりスケッチハニカム』でも小樽回がありましたし(ただ、そのときは阿澄さんのキャラクターは小樽には来ていませんでした。今回やっとキャラクターのほうも小樽に来られた?わけです)。



あと、これは参考物件的ではありますが、小樽の船見坂。

坂の町と言われる小樽の、数ある坂の中で特に代表的なもので、住宅などの並びは一致しないのですが(部分的に似た家はいくつかありますが)、坂そのものの形状はぴったり一致します。道路脇の白線でわかる坂道の微妙なくねり具合が同じなのです。遠くに海が見えるところも同じ。
坂道物件の、両脇の住宅などの様子が完全一致しないのは『時をかける少女』の東京都豊島区高田の富士見坂の物件でもあったことですし、私はこれは自信があるのですが、とりあえず参考物件ということで。
途中で道路工事をしていたりでうまく合わせてこれなかったので、次の機会に撮りなおしてみたいと思います。


船見坂の標と、坂道の角度を表す標識。
坂道標識はアニメの画にも小さく描かれていますね。




おまけ。
本編中で出てきたパワーショベル。
これは、キャタピラージャパン社製のものですね。
ちょうど、私が自由に出入りできるところに中古の機体がいくつもあったので参考までに撮ってきました。


部品の配置はだいたい一致しますし、機体の周囲が黒い帯状に塗装されているのも同社製の重機の特色です。




以前の型では、アニメのものと同様に回り全体が黒いデザインのものもありました。








ブームシリンダーが黒いのも特徴です。




ブームの側面を純正ステッカーで黒くしているのも昔からのキャタピラー社の重機の定番デザインです。



ここ2年くらいのものは機体のデザインが変わってしまっているので中古で合わせてみました。




また確認したいものがあるので近いうち、確認に行きたいと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒパイスト
  • アイコン画像 誕生日:8月15日
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ヒパイスト
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年07月16日)
アイコン画像knikko
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年05月26日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年04月15日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年02月18日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月28日)
アイコン画像けいじ
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月20日)
ヤプミー!一覧
読者になる