『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪

February 11 [Sun], 2018, 11:30
映画『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』公開から一ヶ月以上経ちましたが上映館も増えて現在も絶賛上映中ですね。
作中で出てきたうち、東京と札幌の舞台をわかる範囲で上げていきます。

原宿、竹下通り入り口。

東京に着いた勇太と六花が秋葉原へ移動する途中に出てきました。山手線で向かったのでしょう。2人は新宿バスタに着いたので中央線と総武線の乗り継ぎで行けばいいはずですが、知らなかったというよりは原宿まわりで行きたかったということなのでしょう。
昨年11月にURAHARA探訪で行ったときに撮ったものです。新宿バスタにも昨年末にブレンドS探訪で行ってますが、特に合う写真はとってなかったです。


秋葉原。
凸守キービジュカット。



秋葉原の武装商店。
作中では別の名前になっていましたね。武器本舗とかそんな(3回見たので憶えていたはずでしたが時間経って忘れてしまいました・・)
ここは映画公開前にtwitterでsgoさんが見つけていて、私がたまたまコミケ上京したときにすぐ近くに行っていたので事前探訪する流れで行ってきました。ひょっとして私が最初の探訪者でしょうか。


封切り前に勇太がここの前にいるカットが公開されていましたね。


店内もざっくり撮ってきましたが、うまく撮れていたアングルは無かったですね。


武装商店はブレンドSコラボをしていたロイヤルホスト秋葉原店の正面にありました。
ここでたまたま食事してたときに武装商店に行く流れになったのは面白かったです。



武装商店さんは映画のエンドロールにも協力店舗としてクレジットされてましたね。
店内は、他のお客さんが写りこまなければ撮影OKです。BDが出てキャプが取れればまた行きたいですね。
公開後に行った方の話では、現在店内には中二病のポスターが貼られているようですね。


羽田空港第2ターミナル。



PVに出てきているので映画公開前に出そうなところはいろいろ撮ってみましたがうまく合わなかったですね(笑
展望デッキも入りたかったのですが、朝一で開いてなくて諦めたんですよね。


札幌。
『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』は石原監督がかつての京アニ作品で担当した作品に登場した舞台(土地)を巡る流れになっていて、Airの和歌山、クラナドの青森、そしてKanonが札幌ですね。各作品の土地ではその作中に出てきた場所が同じアングルで登場するカットもいくつもあり、舞台探訪で実際にその場所を訪れたりした人は思わずにやりとしてしまうような背景設定になっているのが面白いです。
そう、アニメの「舞台探訪」はここ10年くらいのアニメファン内の確固たるムーブメントのひとつとして成立していて、作り手側ももちろんその存在を認識しているわけですが、今回の映画は石原監督自身の回顧録的な側面を持つとともに、石原監督からアニメ舞台探訪勢に向けたクスグリというかメッセージ的な部分もあるのではと思います。
非常に興味深いことだと思います。

JR札幌駅南口広場。ここは事前に判明していた舞台地でしたね。

1月6日の公開初日、最初の上映を観てすぐにここに来ました。私が一番乗りでした。そこはちょっと狙ってましたね(笑
そのあとしばらく様子を見てましたが、同じ上映を見ていた人が何人もそのあと来てました。「聖地巡礼だ」って言ってる人もいて、そうしたムーブメントを目の前で実感しましたね。
なお、私が観た公開当初北海道での唯一の上映館は上の札幌駅カットの見切れたすぐ右です。作品を観て、すぐ外に出たらそこは聖地/舞台地。いわゆる舞台探訪に直結した立地なのがすごい。以前、札幌がロケ地になってる『ガメラ2レギオン襲来』を、今は無き狸小路の映画館で観て、そこから出たらそこが劇中でガメラが踏み抜いた狸小路のアーケードで、ほんのちょっと歩くだけでレギオン草体の突き出したラフィラ(当時はロビンソン)で感動した覚えが。
作中でのセットの完成度(再現度)が素晴らしかったことも相まってすごく感動したことを憶えています。そのときの感動がいまも自分の中で続く舞台探訪の源泉に繋がっているので、そういう意味でも今回の映画はいろいろと感慨深いのです。
なお、その『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』の上映館である札幌シネマフロンティアは石原監督の手がけた京アニKanonの6話に登場しています。そういう意味でも縁の深い場所でもあるんですね。
(なお、2年ほど前のシネマフロンティア大改装により、その原景も失われてしまいました。面影は残っていますが)

なお、札幌での『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』の上映は一昨日2月9日まででした。

札幌駅南口の上のカットの南向きのところにある2本の柱のようなモニュメントの下で勇太が秋葉原で買ってきた指輪を六花に渡した場所です。たいへん馴染みのある場所が大好きな作品の重要な舞台になるのは嬉しいものですね。
なお、このモニュメントは上野山敏氏の作品で、上の札幌駅前カットのところにある石柱のようなモニュメントも氏の作品だそうですが、どちらも調べても作品名のようなものは付けられていないようですね。
ちなみに観覧特典の作品フィルムがたくさんtwitterに上がっていて、劇中カットを確認できてありがたいのですが、特にここの場所でのシーケンスのものが多く多数のカット回収が現時点でできたりしますね。
いくつか上げてみます。









BDが出たらカット回収したいですね。ただ、その頃は季節が合わないかもですが。
劇中では春休みなので3月のはずなんですが、リアルの札幌で3月なら本当はもっと雪がたくさんあるはずなんですが、まあファンタジーということで。

なお、作中でこのモニュメント前にあった注意書き看板(両面)は現在はアピアのドーム前にあります。ロケハン当時はモニュメント前にあったんでしょうね。

現在モニュメント前にあるのはこの片面看板ですね。


六花や凸守がポーズとっていたのは大通公園3丁目の噴水前。くみん先輩のキービジュの場所でもありますね。
ただここは、札幌雪まつりの準備のため封切り直後に行っても立入禁止になっていて、翌日にはもう噴水自体も見えなくなってしまいました。

雪まつり開催中の今はこの噴水はパークエアという人気のスキーショーの骨組みの下になっています。





まあ春になればまた見られますが。
ただし、作中の3月はここの噴水は、リアルでは冬季のため稼働していないのです。が、アニメ作中では冬でも噴水の水が出ていることがたいへん多いので、まあアニメですねと。大通公園の噴水が冬でも出ていた例は乃木坂春香、サクラカプセル、DTB流星の双子、ドラえもんなど多数あります。

狸小路4丁目から見た狸小路3丁目。ここも事前にsgoさんが見つけられていました。
なお、左側の青い店舗、ドンキホーテ札幌店は4丁目に新店舗が出来、昔から市民に馴染まれたここの店舗は閉店が決まったそうなので舞台部分消失確定です。というか・・






・・その狸小路3丁目南側にある千秋庵本店もビル老朽化に伴い解体予定で、映画公開時に既に工事の覆いの中で見られませんでした。勇太と六花が市電に乗っているシーンで車窓から見えるタウシュベツ橋梁のような眼鏡橋様の建物が千秋庵本店です。現在はこうなっています。

現在の狸小路前は二年前のループ化に伴い市電が通過するようになりました。劇中でも市電が交差する様子が描写されていましたね。


追跡組の凸守とモリサマーが行きたいと言ってた店のうち、凸森の背景(イメージ)にあるスープカレー屋の原景は行列のできる店として有名な「GARAKU」がモデルです。狸小路から割と近くです・・が、なんとここも半年ほど前にすぐ近くに移転してしまい舞台消失(!)。作中のイメージ背景の元の風景の現在がこうです。

転載はしませんが、画像検索すればまだ移転前の、作中風景のモデルとなった旧店舗の写真がまだ見られますね。
なお、もう作品舞台モデルとは関係なくなりますが、移転後の現在のGARAKUがこちらです。

(2月18日追記)
ブログ更新後のsgoさん情報で凸守が行きたがってた味噌ラーメン屋がわかりました。狸小路2丁目にある「辛味噌ラーメン札幌海老秀 狸小路二丁目店」です。

あとはモリサマーが行きたがったジンギスカン屋のイメージ風景モデルだけがまだ不明ですね。スープカレー屋のように消失してしまうかもしれないので早く見つけたいところですが・・

勇太と六花が六花の母のマンションに向かおうとするシーンの最初に出たのが南9条橋。
ここは京アニKanon8話に登場していて、アングルも全く同じに中二恋映画に登場しているのでKanon探訪をした人には堪らない作品背景ですね。

場所的には中島公園の北側の交番の道路挟んだ向かい、セブンイレブンの横です。
というか、昨夜まで雪まつりの雪ミクライブをやっていたゼップ札幌から歩いて15秒くらいで行ける場所です。

南9条橋から東方向に行ったところにあるのが豊平川に架かる南大橋です。
劇中のアングルに沿って撮っていくと、こうですね。











この橋は個人的には自宅から札幌市中心部に行くときにいつも通りすがっているところなので、馴染みのありすぎる場所が大好きな作品の新作劇場版に出てきて嬉しかったですねえ・・
なお、橋を渡った先の国道36号に至る道すがらには六花の母のマンションぽい建物が点在していますね。BD発売後に見つけてみたいものです。

マンション行って六花の母が不在だったあと勇太と六花がいた公園は中島公園内の北側にある中島児童公園。
ここは以前札幌に住んでいたびーとるさんが真っ先に見つけていまして、教えられて行ってきました。
写真一枚目の右側に見える四角い建造物が地下鉄南北線中島公園駅3番出口。南9条橋、南大橋含め探訪の際はここを利用すると便利です。作中背景にもなっていますし。










作中で2人が座っていたベンチ。もう雪に埋もれてしまいそうです。


なお、この公園は札幌の人形劇・児童激の劇団として知られる「こぐま座」の前でもあり、、雪まつり開催中の現在、雪のステージが作られています。探訪時に骨組みが作られていたのを見ました。



巨大人形劇の舞台ステージとなっていて、作中に出てきた遊具も舞台セットとして活用されていました。


それ以外の背景では、PVにも出ていた時計台。上映初日直後はこんなかんじ。


すすきの交差点と中央の時計塔。たしかこのアングルだったと思いました。


大通4丁目北のビル。3丁目噴水のある場所の斜め向かいです。


勇太と六花が札幌から青森へ向かうのに使ったのは、二年前に廃止された今は無き「はまなす」。
フォロワさんが映画特典でもらえたフィルムがそのはまなすののびのびカーペットだったそうで、画像お借りしました。

札幌市電のループ化後を本編で描く一方で既に消失しているはまなすを登場させるのには何か思わくがあるのでしょうね。そういえばあのサイゼリアも過去の物件ですし。
ちなみにはまなすと札幌市電ループ化はほんの短期間ですが同時期に重なっているので完全に架空の物件というわけでもないわけですね。ただ、その時期ははまなすの席は埋まっていたでしょうし、こののびのびカーペットは通常運行時でも人気が高すぎてなかなか取れなかったそうなので、急な旅程のあの二人に取れるわけもなく、そこは完全にファンタジーなわけですが。

上のは一昨年3月22日、札幌駅に最後に入線してきたはまなすです。


あと完全に余談ですが、映画公開から2週間ほど経った1月19日の「クレヨンしんちゃん」で札幌に行く回があり、中二恋TOMにも登場した場所がいくつか出てきて面白いなと思いました。「クレヨンしんちゃん」はかつて石原監督が動画として参加していましたので。




あと、野原一家が北海道に発つ前に出た羽田空港第2ターミナルのこのカット、全く同じアングルが中二恋TOMにもあるのも偶然ながら面白いです。



更に余談ですが、七宮とくみん先輩は札幌に来ませんでしたが、くみん先輩の映画キービジュが札幌なので惜しいなあと。あと、七宮智音役の長妻樹里さんは北海道出身なので、七宮にも北海道に来て欲しかったなあと、個人的には思いました。ちなみに長妻さん、twitterによれば出演作の「結城友奈は勇者である -勇者の章-」最終話放映時は北海道の実家に帰省していたそうで、それとほぼ同日の中二恋TOM封切り日は北海道にいたことになるんですね。まあそれだけですが。
あと声優ネタでいえば、ガルパンで青森県の高校の生徒(プラウダのノンナ)役をしている上坂すみれさんの凸守が青森駅前でオタオタしているのが面白かったり。本当どうでもいいですね。


最後に。本当はこの記事は札幌雪まつりで札幌に来る探訪界隈の人も多いだろうから、旅程の傍らのなにかの参考になけばとざっくり書き始めたのですが、しばらくブログを書いていなかったためカンが戻らなくて結局そのタイミングでは間に合いませんでした。いろいろと後悔が残りますが、作中の時間である3月はこれから。その時期にこちらに来られる方もいるかもしれませんので、なにかの参考になれば幸いです。では。たいへん失礼しました。
  • URL:https://yaplog.jp/hiphaist/archive/502
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメントありがとうございます。すっかり時間が経ってしまっててすみません。しばらく見にこなかったもので。
本編のキャプが無いのでわかりずらいですが、聖地巡礼のお役に立てるようでしたら嬉しいです。BDの発売も7月に決まり、本編映像が手軽に見れるようになったらジンギスカン屋さんも見つけて行ってみたいです。
たいへん失礼しました。
April 15 [Sun], 2018, 21:32
MH
初めまして。
中二恋の映画を観まして、今度札幌に聖地巡礼に
行こうと思っているのですが、ヒパイストさまのブログ
とても参考になります!
ラーメン店とカレースープは食べに行こうと思うのですが
森サマちゃん背景のジンギスカンはどこなんでしょうね?

WEBやグーグルなんかで色々調べていますが…
なかなかそれっぽい店見つかりません(;^^
February 27 [Tue], 2018, 2:24
コメントありがとうございます。いろいろと、「あっ」て思うような背景出てきましたね。サイゼリヤ(いちおう本文でもちらっと触れてます)やたまやもわかってはいましたが、自分で行ったところだけ触れることにしてました。
札幌ではもう見れませんが、まだ上映中なのでなんとかもう一度見たいと思っています。BDも待ち遠しいですが。早くキャプを持ってカット回収したいですね。
February 18 [Sun], 2018, 22:58
C-009
コメ失礼します。

私も映画観ました。過去に京アニ作品で登場した背景、本当によく登場しましたよね。
Key3作品のほかに、『涼宮ハルヒの消失』のサイゼリアや石原監督作品以外では『たまこまーけっと』のたまやとか。ある意味これまでの集大成かと、勝手に思っています。

和歌山に関して言えば、和歌山港から徳島に渡れば『境界の彼方』の大歩危と一緒に周れるかもしれませんね。

やや長めの文、失礼しました。
February 12 [Mon], 2018, 23:47
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒパイスト
  • アイコン画像 誕生日:8月15日
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
2018年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像ヒパイスト
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年07月16日)
アイコン画像knikko
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年05月26日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年04月15日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年02月18日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月28日)
アイコン画像けいじ
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月20日)
ヤプミー!一覧
読者になる