『天体のメソッド』考・香川編+8話「彼女の信じること 」舞台探訪洞爺湖編

November 25 [Tue], 2014, 2:00
昨夜放送された8話では洞爺湖周辺の舞台はたいへん少なく、また湖畔近辺での新規の物件は全く無い回だったので初めて時間に余裕のある探訪ができました。
そこで今回はまた趣向を変えてお送りします。8話の洞爺湖パートは、今回はサブ的に。

まず始めに、時間の余裕があったので1話が放送された頃以来久しぶりに洞爺湖町の海側にEDの汐音パートの背景の再確認に行けました。それで・・以前の記事でこのカットは「おそらく海方向から見たJR洞爺駅ホームだと思います」と書いたのですが・・

今日再確認してみたら場所的には合っているのですが、実際にはEDの背景は駅のホームの屋根ではなく、この駅の特徴である「町道洞爺駅跨線橋通り線」のシェルターの付いた通路を海とは逆の、役所方向から見たアングルであることがわかりました。また誤情報の提示をしていたことになります。申し訳ないです。


正しくは、こうです。


奥に見える「JR洞爺駅」の自由通路のシェルター、電柱の位置と電線の分散方向、街灯が一致します。
これで確定と思います。
実景左側の洞爺湖町役場庁舎、JR洞爺駅の通路以外の施設、電柱の支柱などはオミットされてますね。以前も書きましたが、写実というよりは、実景を簡略デザイン化したタイプの背景といえます。

記念?に。



さて、7話では乃々香たちが札幌駅からJR豊浦駅(が、モデルになってる駅舎)を経由して香川県のJR豊浜駅(が、モデルになってる駅舎)に着くという超展開になっていました。
アニメ作中に出てくる霊園の最寄駅である「幌美内駅」の外観モデルはびっくりすることに四国の香川県にあるJR四国・予讃線の「豊浜駅」であるということが特定されていますが、実は香川県は北海道の洞爺湖町とまんざら関係性が無いわけではないということがわかってきました。

なお、「豊浜駅」の写真は、そのウィキペディアのページに掲載されていますので各々ご確認ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E6%B5%9C%E9%A7%85

ふたつ前の天メソ記事で、札幌から支笏湖経由で洞爺湖に行ってみるという企画ドライブをしてみましたが、今回はいつも私が行っている、中山峠経由、喜茂別から留寿都を通って洞爺湖へ行くルートで説明します。


中山峠。既に雪が。

アニメ『北へ。』のアイキャッチにも使われた展望台からの眺め。なお、羊蹄山は常に雲に覆われているような山なので、こうして姿を拝めるのはなかなか無いことなのです。



中山峠から留寿都町を経て洞爺湖町に入ると、まもなく「香川」という地名に行き当たります。




「洞爺湖町香川」地区にあるのが、「道の駅・とうや湖」。


ちなみに並べてみるとちょっとだけ似てなくもないですね。

まあいちおう、「駅」と名前ついてますし。



道の駅・とうや湖からちょっと行くと、豊浦町方面へ向かう道が分岐します。

洞爺湖町「香川」から「豊浦」へ。
アニメでの行程とは逆になりますが、ネタというかシャレの範囲ではありますが、ちょっと面白いことではないでしょうか。

分岐した道を行くとやがて豊浦町に。



太平洋側の道路に合流します。
そこからすぐのところに豊浦駅はあります。



ところで豊浦駅を再訪して気づいたのですが、アニメ画では豊浦駅の駅舎自体はオミットされていますね。
上の、ED汐音パートでの洞爺駅もそうですが、なぜ駅舎だけがアニメ設定から消されるのか・・



ちなみに、これが豊浦駅に停まる車両。

余談ながら、以前の記事で書きましたが、アニメ7話ではラストで汐音が乗って帰るのが富良野線の車両だったりしましたが、実は汐音役の小松未可子さんは以前、『プリティーリズム・レインボーライブ』というアニメで「涼野いと」という役をレギュラーでやっていて、その涼野いとが母親に会いに行くエピソードでその富良野線の車両に乗ったりしているんですね。
↓これがそれを紹介した記事。
http://yaplog.jp/hiphaist/archive/155

真ん中の子が「涼野いと」です。

ちなみに、先週日曜の小松未可子札幌ステージでは「北海道に縁のある役」ということで、小松さんが涼野いとのキャラソンを歌ってくださいました。
そしてその日の夜に放送した『天体のメソッド』7話で小松さん演ずる汐音が以前涼野いとが乗ったのと同等の車両に乗るシーンがあるというのもちょっとしたミラクルではと思うのですが・・。
ちなみにミラクルといえば、私的なことではありますが、上で提示した、私の『プリティーリズム・レインボーライブ』の記事をアップしたのは、私が探訪に行った日のちょうどぴったり一年前の2013年11月24日だったり。


閑話休題、上で書いた「香川県は北海道の洞爺湖町と関係がある」というのは、上記のネタ的なことだけではないんです。
これは、のぞみンちこと「望羊蹄」の道路を挟んで斜め向かいにある「とうやMarche(マルシェ) 」という洞爺湖物産とお食事の店の店内より。


北海道の洞爺湖町は香川県の三豊市と友好都市関係にあるんです。

ちなみに三豊市はアニメの「幌美内駅」のモデルの「豊浜駅」のある観音寺市の隣町になります。
姉妹都市提携は1975年なので、来年で40周年ということになるでしょうか。当時は三豊市になる前の香川県財田町と北海道虻田郡洞爺村との提携でした。そういえば、提携時の香川の「財田」と同じ地名が洞爺湖町にもありますね。
3話、オリエンテーリング回に出てきた廣瀬光・作の彫刻「STONE BOY-KAZE(TOYA)」があるのが「財田キャンプ場」でした。

ただ、香川県三豊市のほうは「さいた」、洞爺湖町のほうは「たからだ」と読むそうですが。

また、「三豊」といえば、本編で何度も登場して、最新話8話にも出てきた「三豊トンネル」。
「洞爺湖町三豊」地区にあります。

ともあれ、突飛に思えた香川県の駅の登場でしたが、香川県と洞爺湖町に密接な関係性があることは証明されました。だから、それがアニメの設定に織り込まれていると言い切るつもりではないですが、ネタとして面白いというか興味深いと思いますし、ひとつの可能性の提示として。

ちなみに「とうやMarche(マルシェ) 」、洞爺湖の物産を広めるためにかんばっているお店です。
名物のあか丼(赤毛和牛丼)がおすすめ。

当ブログは「とうやMarche(マルシェ) 」さんを応援しています。


ところで・・・以前の支笏湖ルートの記事で、アニメに出てきたのと同じ「幌美内」という地名が支笏湖畔にあります・・と紹介したのですが、そこ以外にもよりずっと洞爺湖に近い伊達市に同じ地名があることがわかりました。
そういえば、「留辺蘂」とか「美馬牛」とか、特徴的な名称なのに複数の市町村にだぶって存在する地名って、北海道にけっこうありますね。
しかも、伊達市のほうの「幌美内」はすぐそばに大きな霊園があるという点でもアニメに出てきた「幌美内」と共通するという・・。
早速、行ってみました。
「伊達市幌美内町」は、伊達市内で最も大きいという「伊達市霊園」とは高速道路を挟んですぐ隣にあります。
伊達市霊園。
「墓石は撮らない」という自分ルールをとっているため、苦しいアングルになってます。

遠くに有珠山と昭和新山を望めるロケーション。

なお、「伊達市幌美内町」はそのほとんどがなにも無い山地でした。「町」とはついていましたが。


ただ、伊達市を一望できる高台にあるので眺めはよかったです。

洞爺湖町のすぐ隣の伊達市で、「すぐ横に大きな霊園のある、【幌美内】という地名」というのは偶然にしては出来すぎていると思えるのですが、もしも万一、この土地の案件がアニメの設定の元になっているのだとしたら、それもすごいことだと思います。
ただまあ、まだネタの域を出ない、これも可能性のひとつではありますけど。



8話、洞爺湖パート。

アバン、おなじみの湖畔。
ふと気づいたけど、この柵越しのカットって多いけど、これって駅前桟橋1の、遊覧船乗り場から回収できますよね。








おなじみ、バスセンター前。



















































今回の謎背景。
手前から、「湖畔ぞいの通りの街灯」「ホテルニュー洞爺湖横のコンクリート塀」「洞爺湖サミット記念館」・・この3点をこういうアングルで回収するのは不可能です。




札幌編については、また後日に。
  • URL:https://yaplog.jp/hiphaist/archive/343
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
どうもはじめまして。
EDの汐音の場所に行かれたんですね。私のブログがお役に立ったとのことで・・。
マップも無く、画像比較もいまいちわかりずらい上にいろいろ余計なことを書いて好き勝手に構成してますが・・自分の好きなようにやれればいいなというかんじで続けてますけど、他の方の探訪に役立てたと聞くととても嬉しく思います。
自分の書きたいように書くと言いつつも、他に現地へ赴かれる人のヒントになればとも思ってもいるので。
洞爺駅のあの場所は、実際に行ってみると「ああ、ここが汐音が背を向けて歩いてた背景なんだな」と強く実感できますよね。
サミット記念館とか駅前桟橋前とか、わかりやすいいつもの場所に行くのとはまた別の感動がありました。
とりあえず、最後まで探訪は続けて記事にしていきますので、また見ていただけたらと。がんばります。
November 30 [Sun], 2014, 23:39
まくれ〜
はじめまして。まくれ〜と申します。
『天体のメソッド』放送以来、こちらのブログを楽しみながら、そして聖地巡礼の参考に拝見してます。
先日、豊浦駅〜洞爺駅をまわってきたのですが、まわる直前にこの記事のエンディングの汐音のシーンの項目を読み大変役に立ちました。シーンと実写の一致に驚きました。
長文失礼しました。これからもブログがんばってください。

November 29 [Sat], 2014, 7:54
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒパイスト
  • アイコン画像 誕生日:8月15日
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像ヒパイスト
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年07月16日)
アイコン画像knikko
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年05月26日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年04月15日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年02月18日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月28日)
アイコン画像けいじ
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月20日)
ヤプミー!一覧
読者になる