『天体のメソッド』OP&ED補足及び2話舞台探訪その1

October 13 [Mon], 2014, 23:43
10月14日加筆修正

10月13日と11日に行ってきました。
今日は遠方からの友人を舞台に案内しました。本作のガイドをするのは初めてでしたが、とても楽しかったです。
基本、一人で気ままに廻るのが好きなのですが、たまには複数人数で行くのもいいものです。
今回は、以前までの記事で回収したOP&EDの舞台で新規に行ったものと撮り直しを少々。
まだ未発見のものも多いですが、わかり次第、アップしていきたいと思います。

OP、「とうや・水の駅」裏の桟橋。

湖を全周まわって探してみましたが、たぶんここで間違いないです。
写真にはうまく写ってくれませんでしたが、桟橋の手すりは曲がった先にも付いています。
ポールの有無、手すりの色、底板の違い(実際は金属板のようですが、アニメでは板張りになっています)など、改変点は多いですが、大よその形状は一致。



OPより、柚季の家だった「望羊蹄」(アニメではNOZOMI)。

このお店のメニューはどれも美味しいです。おすすめです。



OPより、こはるの実家、しいはら本舗(リアルでは、民芸御殿)。

窓と窓の間隔は広げられていますね。



お店の人にちゃんと許可をもらってから撮影しています。ブログ掲載も快諾していただきました。
このお店についてはあとで記事に書きたいと思います。


OPラスト、「金比羅火口展望台」から望んだ洞爺湖方面。

晴れていたら絶景だったのですが・・
入場駐車料として1グループ(車)1000円かかります。4人で行けば一人250円で済みますね。
個人で作り上げて管理している展望台で、駐車料がかかることを納得した上で入られて下さると良いです。
天気さえよければ洞爺湖と太平洋、両方を見下ろせる絶景のポイントです。
管理されてる方といろいろお話することができていろいろ面白い話も聞けました。
なお、ここは主役の乃々香のキービジュアルの場所でもあります。



EDより、「金比羅火口災害遺構」散策路入口付近。

撮り直しです。紫陽花の時期が過ぎているのは仕方ないです。ただ、前の記事にも書きましたが、この時期でもまだ咲いている花もありました。
遠くに見える三角屋根は「やすらぎの家」。町営温泉の遺構です。戸川汐音のキービジュアルでもあります。


EDより、おそらくは、海方向から見た「JR洞爺駅」ホームだと思います。

電柱と街灯が手前にあるように改変、電線の方向や街灯の本数も変えています。
わかりずらいですが、駅のホームの屋根・街灯・電柱と電線といったパーツの形状は一致しているのですね。写実というよりは、実景を簡略デザイン化したタイプの背景ですね。
↓参考までに、洞爺湖町役場方向から見たもの。




EDより、「赤川一号橋」上の電線。

電線の分配はそこそこで一致してはいます。おそらくは、実景写真にスミ入れして電線のシルエットにメリハリをつけたものではないかと思います。

EDより、「高砂貝塚」前。
欄干は、「赤川一号橋」。

洞爺湖温泉街ではなく、三豊トンネルの向こう、洞爺湖町の海側の街角です。
右端の住宅と物置、左端の屋根付きの骨組み?が一致します。
三豊トンネルからJR洞爺駅方面へ向かうルート上にあります。セイコーマートと踏切の間くらい。



EDより、「西口火口散策路」の木道。


カスガイで止めている木道の仕様と、杭と杭をつなぐヒモの白黒模様が一致しています。
このヒモは、おなじみの黄色と黒の標識ロープ(トラロープ)が気候のため退色したもの。
西口火口散策路は3話に登場するようです。




続けて、昨夜放送の第2話より、前半の舞台をいくつか。

1話にも出てきた「洞爺湖温泉バスターミナル」。




峯田義郎・作の彫刻「旅ひとり」。
♫まぼろしの緑もとめて〜(違)

四角い穴の向こうに見えるのは羊蹄山。

天気さえよかったら・・(前日は雲ひとつ無い快晴でした)




しいはら本舗外観。壮瞥町にある「民芸御殿」です。



「民芸御殿」入り口。








民芸御殿は湖畔ぞいの道から昭和新山へ向かうT字路のところにあります。
食事処兼お土産屋ですが、お食事は予約をした団体さんのみの受付ですのでご注意ください。
ただ、中には民芸品やお菓子、海産物などのお土産も売っていますのでお気軽に立ち寄りください。
写真を撮る場合はお店の人に断ってから撮るようにしましょう。
なお、夏場はこの店舗の両脇に見事なひまわり畑が広がります。


こちらは、洞爺湖町の、おなじみ駅前桟橋2付近。
アニメ作中のしいはら本舗の立地前の風景。

前にも書きましたが、乃々香の右横の特徴的な家が一致するのがわかります。






安田侃・作の彫刻「回生」を真横から見たところ。
上に提示したアニメ作中のしいはら本舗前の場所から湖畔方面に歩いてすぐの場所です。



このカットはPVのときからおなじみですね。
右端に見切れているのが「回生」。



左にあるのが「回生」。



紅葉はかなり進んでいました。



「床丹橋」。
手前の道路は3・4・8中央通。



右に見えるのが「北海道洞爺湖サミット記念館」。この1階部分が、上でも出てきたバスターミナルになります。



アニメ画の左側に、現実にはそこには無い、しいはら本舗がありますね(※しいはら本舗の外観モデルの民芸御殿自体は、ここからかなり離れた壮瞥町側に在ります)。
そして、その右横には現実に存在する家並みが連なっているのがわかります。
架空のものと現実との融合具合が面白いですね。

なお、私の撮った写真↑は、方向は合っているものの、合わせる場所を致命的に間違えていますね。
次回、撮り直したいです。




長くなったので、続きはまた後日に。
  • URL:https://yaplog.jp/hiphaist/archive/306
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒパイスト
  • アイコン画像 誕生日:8月15日
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ヒパイスト
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年07月16日)
アイコン画像knikko
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年05月26日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年04月15日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年02月18日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月28日)
アイコン画像けいじ
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月20日)
ヤプミー!一覧
読者になる