『天体のメソッド』PV3舞台探訪

September 25 [Thu], 2014, 20:56
10月新番『天体のメソッド』のPV3が昨日、24日に公開されました。
本当は、東京で1、2話上映会のあった一昨日からの公開だったはずですが、何かの手違いで非公開状態になっていたので、実質、昨日からです。
ちょうど昨日、洞爺湖に行く予定にしていたので、ちょうどいいので新カットのわかるところをまわってみました。
既に上映会で1、2話を見た人が推定100人以上はいるであろう現段階で、断片的なPV映像の検証に意味があるのだろうか・・とは思いつつ。

以前のPVにもあった、天文台の中のシーン。
最初に森と木の里センターに行ってから四ヶ月、やっと中に入ることができました。







望遠鏡。







ここは、望遠鏡のある最上階部分をかなりアレンジしています。




望遠鏡の根元です。




森と木の里センターと山(有珠山)と湖をひとつのフレームに収めるのはこれが限界でした。







湖中央の中島の形状からして、森と木の里センターから望んだ洞爺湖だろうと思われます。





なんと、最初のPVから出ていた道庁赤レンガは中学校校舎でした!!

門が閉まった状態は無理でした。朝、洞爺湖から向かいましたが。
なお、アニメ画にある自動車用の信号機は、2年前くらいまでは存在していました。
以前、ここの前に在った道路は潰されて現在は札幌新名所のストリートができています。
東京の有楽町駅前みたいなものと思っていただければ(大ざっぱずきる説明)。



遠くに見える山の稜線や砂浜らしきところなど、ひょっとしておそらくは「とうや水の駅」あたりだろうと思います。

写真はあえてロングで撮ってみましたが、稜線がそれとなく一致しているのがわかると思います。



ノエルがススキを持ってくるくる回るここは、まずおそらくは西山火口散策路。
東京アニメセンターの美術展示でもこの西山火口散策路にある遺構が3点ほど出ていますし。


山の様子は改変されています。
ただ、散策用木道の仕様は完全一致。木道の両脇の柵は、紐まで同じです。
道の周囲にはアニメでノエルが持っているススキが群生しています。

この近辺の散策路でこうした木道があるのはここだけです。
山の様相は違うのですが、これは他の散策路の様相をミックスしているのではと。





森と木の里センターの宿泊棟から天文台へと繋がる通路。
森と木の里センターに宿泊すれば撮ることができます。





天文台の望遠鏡。
アイピースまたは極軸望遠鏡部分。





天文台棟の、1階から上階へと繋がる螺旋階段。


改変度が高いので、一致させて回収するのは難しいです。
いちばんの変更点は、アニメでは塔内中心部に支柱があること。実際には、この天文台の下には支柱はありません。
なお、ここは最新キービジュアルの場所でもあります。




洞爺湖名物、洞爺湖ロングラン花火大会。

4月下旬から10月末まで、毎日湖面に花火が上がります。

この柵は、湖畔の各ホテルの湖面方向にあります。






これはたぶん、道道2号の昭和新山へのT字路と、湖から壮瞥方面へ抜けるまでの区間のどこか。
ガードロープもそれとなく合ってます。


下には、ちょっとした砂浜も。




森と木の里センターの連絡通路の欄干。





以上です。


森と木の里センターに宿泊して、朝、中山峠を越えて札幌に戻ってきましたが、もう、紅葉が始まりかけていました。
紅葉の季節です。そして、渋滞の季節です。
前にも書きましたが、来月上旬の3連休あたりは札幌市南区からここらあたりまで車で混みます。
札幌方面から行かれる方は、車でもバスでも、お気をつけ下さい。






  • URL:https://yaplog.jp/hiphaist/archive/294
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
動画拝見しました。私の撮ってた写真が他の探訪者のお役に立てて嬉しいです。

あと、次回の記事で書く予定にしていますが、天文台は現在は冬季閉鎖中のため一般の方は立ち入ることができないのです。
今年の利用は5月1日からで、予約は4月1日から受け付けています。
私は、特別のツテで入らせていただいていて、許可をいただいた上で撮影させていただきました。
最終回放送後も、天文台に入りたいとの問い合わせが多いそうなのですが、冬季間は完全立ち入り禁止ということになっていますので、ご了解いただけると・・そのことを広く知っていただくためにその旨を記事にするという意味も含めて今回、許可をいただきました。
詳しくは明日の夜に記事にしますのでお待ちくださいね。
February 01 [Sun], 2015, 0:43
daidaishi
私も近いうちに天文台リベンジしたいです。
管理人さんへは事前に予約などは入れておいたほうがいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

あと、動画ですが、昨日アップロードが完了しました。タイトルは
『紅葉を楽しみながら「天体のメソッド」聖地巡礼してきた』です。
January 31 [Sat], 2015, 23:56
お役にたてたようでよかったです。

昨日、天文台の管理人さんにお会いする機会があったのですが、天文台がアニメに登場した反響に驚いていました。
特別に許可をいただいて天文台の近影も収めてきましたので、近いうちに公開します。
January 31 [Sat], 2015, 22:34
daidaishi
ありがとうございます。
1枚だけでしたが使わせていただきました。
動画はPart1〜4までありますので時間が有るときにごゆっくり。
今回はPart4で使わせていただきました。
本当にありがとうございます!

January 31 [Sat], 2015, 14:59
どうもです。
あ、センターに入ったけど、天文台管理人さんの都合が合わずに望遠鏡が見れなかったのですね。
私が撮った天文台内の望遠鏡写真は、ここに載っているものは使っていただいて大丈夫です。
動画ができましたら、拝見させていただけると嬉しいです。
January 29 [Thu], 2015, 20:31
daidaishi
望遠鏡も見れたなんて羨ましいです!私も10月末に紅葉を楽しみながら行ってきました。その模様を動画にしています。
差し支えなければ望遠鏡の画像を参考画像として使用させていただきたいです。ご返答お待ちしております。
January 29 [Thu], 2015, 1:35
放送始まってからでいいかなあとかゆっくり構えていたのですが、やっぱり道を作る意味でも事前に入っておいたほうがいいと思って、宿泊と見学を申し込んでみました。
私はもともと天文好きなので、管理の人と天体トークで盛り上がって楽しかったです。
ただ、当日は曇天のため望遠鏡で星空を見ることができなかったのが残念です。
なんでも、天文台の望遠鏡としては日本最小のものなのだそうで。

放送が始まったら、また随時、レポートを上げていきます。
October 05 [Sun], 2014, 0:07
天体ドームの中に入れたんですね。うらやましいです!
望遠鏡もちゃんと実在したことが確認できてうれしいです。
いよいよ放送ですが、こちらは地上波でやらないのでスカパーで見ます。
October 04 [Sat], 2014, 20:16
ちょうど今、連載中の『咲-Saki-』でも洞爺湖近辺が舞台になっているのですが、そこでは洞爺湖文化センターや有珠山ロープウェーの駅が高校の校舎として登場してたりします(笑)。
赤レンガは、こうして門が閉まった状態だと意外と高校にも見えてしまうから不思議です。

October 01 [Wed], 2014, 0:06
えぞりす
かつて札幌駅を校舎にした漫画はあったけど、道庁赤レンガを学校にするのは古今例が無いかも
September 28 [Sun], 2014, 9:06
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒパイスト
  • アイコン画像 誕生日:8月15日
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像ヒパイスト
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年07月16日)
アイコン画像knikko
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年05月26日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年04月15日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年02月18日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月28日)
アイコン画像けいじ
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月20日)
ヤプミー!一覧
読者になる