『天体(そら)のメソッド』舞台探訪

July 15 [Tue], 2014, 22:22
(※8月4日写真追加)


7月12日、洞爺湖に遊びに行ったときに、北海道が舞台となる10月からの新作オリジナルアニメーション『天体(そら)のメソッド』の事前舞台探訪を再びしてきました。

この作品の探訪は、放送前ながらも個人的にすごく楽しくて、ついついまた来てしまいました。
それに、肝心の放送時期になったらたぶんここに舞台探訪で来るのは厳しくなってしまうから、今来るしかないっていうのもありますが。難点のひとつは「冬の到来」・・そして、国道230号沿線住人には毎年恒例の「紅葉渋滞」。
詳しくは、放送時期になったらまた記事にして説明します。
あと、前回の記事ではいろいろとレポートをしたのですが、いくつか修正する箇所が出てきたので説明します。


まずは6月25に記事に追記した、PV2のタイトルバックにも使われてる洞爺湖俯瞰のカット。


これは追記で書いたように洞爺湖を臨む山の上にあるザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパから湖を望んだビューです。
湖の周囲の地形と中心にある島の配置が一致しますね。


続けて、PVで印象に残るひまわり畑。
洞爺湖周辺には2〜3のひまわり畑があるのですが、うち二つを訪れてみて、まずおそらくはここだと思えたのが、最初の探訪記事でも取り上げたレストラン梓の横にあるもの。



まだ満開というわけではありませんが、つい二ヶ月前には更地同然だったところですから、二ヶ月足らずでこんなに成長するものかと驚きます。


PV1のタイトルバック。


赤い屋根の「梓」および周辺の風景はかなりアレンジ・改変されていますね。
梓の横にある山のように見えるものは洞爺湖の中心に浮かぶ中島です。
このひまわり畑が満開になったらまた行こうと思います。

PV2新カットより。

同じひまわり畑。たぶんこんなかんじかと。
このひまわり畑についてはちょっと書くことがあるのですが、次の記事で。


森と木の里センター。
行ってみたら、ちょうどここを借りてキャンプをしている人たちがいたので「天文台を撮らせて下さい」とことわってから回収。



下からではこれが限界です。







あと、ノエルが更にこのてっぺんで踊っているカットもありましたが、省略します。



駅前桟橋2前の広場。撮り直してきました。



アニメ背景で遠くに見える「駅前桟橋2」のゲートを入れるように撮るには、どこかで妥協しないといけないです。

なお、前回は「ここから、湖の中央にある中島へ行く遊覧船が発着する」と書いたのですが、実際にはこのすぐ横にある「駅前桟橋1」からの発着でした。

アニメ画でへたっていた2人の横に見えるのは、前回も書きましたが彫刻家の安田侃の作品「回生」です。

札幌駅にある同じ作者の「妙夢」の、穴の無いバージョンと思っていただければ。




そして、メインキャラクターごとのキービジュアルの場所も撮り直しと訂正。

戸川汐音(CV:小松未可子)のキービジュアル。
洞爺湖文化センターのすぐ近くにある金比羅火口災害遺構散策路の中にある「やすらぎの家」と、手前は「木の実橋」。


手前の道を入れて撮っていなかったので。
キービジュアルでその道のまわりに描かれている野の花はノラニンジンという帰化植物です。
実際にその場所にいくらか生えていたのですが、季節が早かったためか数は少なかったです。
おそらくは、キービジュアル用の写真を撮ったときには同じようにこの草が繁茂していたのだと思いますが・・これも、また近いうちに回収しなおしたいですね。





水坂柚季(CV:豊崎愛生)のキービジュアル。
洞爺湖温泉街からはかなり離れている洞爺水の駅手前にある浮見堂公園です。


・・・撮り直ししたのですが、手前の道の入れ方が、前回のほうが合っていましたね(爆)。
なんのために再訪したのやら・・(汗)。
しかも、連日の日照りのために手前の芝がすっかり茶色くなってしまって、そういう意味でも前回のほうが合っています。


でも、行ったらちょうど浮見堂公園に虹が架かっているのを見られました。

前回は「およそ東京の山手線くらいもあるという、洞爺湖全周の三分の一くらいの距離があります」と書いたのですが、実際は洞爺湖全周の四分の一くらいの距離です。まあ、遠いことに変わりはないのですが。




古宮乃々香(CV:夏川椎菜)のキービジュアル。
前回、「ここは金比羅火口災害遺構散策路のおそらくは第1展望台か第2展望台のどちらかだと思います」と説明したのですが、違っていました。
正しくはここは、「金比羅火口展望台」 になります。


金比羅火口災害遺構散策路などもここから一望できます。戸川汐音のキービジュアルである「やすらぎの家」と「木の実橋」もここから望めるのですが、乃々香の身体で隠される配置になっていますね。キービジュアルの場所が被らないようにしているんですね。
ここからの眺めは絶品です。

※なお、ここに立ち入るには1000円かかります。車で入っても徒歩で登っていっても、1グループ(5人まで)1000円です。例えば車で3人で乗っていって、3人で1000円です。
1000円という入場料には名目があるのですが、とりあえずは入る入らないは行かれた人の個人判断でお願いしますね。



椎原こはる(CV:佳村はるか)のキービジュアル。。
サイロ展望台です。
椎原こはるは実家のお土産屋の看板娘(自称)で、そのお土産屋のモデルにされているのがこのサイロ展望台のお土産屋なのです。


合わせどころに迷いました。撮影位置とズームの加減では、もっと一致するポイントがあるのかもしれませんが。
湖の中の島はオミットされたようです。



ノエル(CV:水瀬いのり)のキービジュアル。
洞爺湖の真ん中の「中島」にある鳥居とお堂。前回、神社と書いたのですが、鳥居だけで神社というものではなかったようです。 奥のお堂には大黒様が祀られています。


ここに行くには上に挙げた桟橋から遊覧船に乗っていきます。およそ25分の航路です。
往復1400円ほどかかりますが、春に横須賀の猿島に行ったときも、およそ島に向かうだけの往復航路が同じ値段だったので、遊覧ができるぶん、おトクなのかも?


まだいろいろ書きたいことがあるのですが、今回も長くなったのでまた次回にまとめて。



(※8月4日写真追加ぶん)
8月2日に追加探訪に行ってきました・・・が・・・

戸川汐音のキービジュアル、ノラニンジンが繁った状態での撮り直し・・なのですが。

木の実橋に生えた若いポプラの木が・・・・


あと、舞台となっていると思われた壮瞥町のひまわり畑が・・花期が終わってひまわりの花はほとんどありません・・

もっと早く行けばよかった・・・

他の、昭和新山へ向かう道路沿いのひまわり畑はまだなんとか生きていたのに。

ショックが大きすぎて記事が書けません。ホントに。
放送開始前にもう一回くらい記事を上げる予定なので、いろいろ詳しくはそのときにでもと思います。

  • URL:https://yaplog.jp/hiphaist/archive/262
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
こんばんは。
私はどうしても東京とその周辺の県と比べてしまうので、北海道はなかなかアニメの舞台にならないな・・と思っていたのですが、なるほど、もっと舞台になる機会が少ない県も多くありますよすね・・。
4月からの春期は北海道が舞台として出てくるアニメがぜんぜんなかったので「今期は無いなあ・・」と思っていたのですが、なんだか申し訳ないです。
『フランチェスカ』ですが、お土産屋でそんなに商品が出ていたとは知りませんでした・・北海道自体での認知度もそんなにはいっていないと思いますし、大丈夫かなと思いますが・・。
面白いかどうかは人それぞれと思いますのでなんともいえないのですが、地元の風景が確実に出てくるということで毎週楽しみには見ています。
ニコニコ動画のアニメチャンネルで配信してますので、期限がありますが全国で視聴はできますよ〜。

森と木の里センターは、あの空中の通路からのアングルを撮られたというだけで羨ましいです。望遠鏡は残念でしたね・・管理人さんとはなかなか会えないとは聞いていましたが、このたびは盆休みだったとは・・
まあ、まだ放送前ですし、放送が始まってからでも・・と言いたいところなのですが、あのあたりは11月に入る前に雪が降ったりしますので、放送期間には逆に難しくなりますし、厳しいところではありますね・・。
August 18 [Mon], 2014, 23:29
北海道は舞台となる作品が多くてうらやましいです。
北海道はどこ行っても画になりますしね。
お土産屋さんで見かけたフランチェスカのグッズの多さには驚きました。
こちらでは放送していませんが面白いアニメですか?
森と木の里センター内部と言っても天体観測ドームの中には入れなかったので残念です。
宿泊予約をしたとき断られましたが案内人の方もこの日ばかりはお盆休みなんですよね…
次に北海道に行くときまでの楽しみにとっておきたいと思います。
August 17 [Sun], 2014, 22:23
どうもこんにちは。ブログ、拝見しました。素晴らしいです!!地元の私がまだ手をこまねいているというのに、本州から来られてこれだけ精力的にまわられているというのは本当に感服します。
当の、森と木の里センターに実際に泊まられておそらくは、まだ誰も撮っていなかった施設の外の内側部分のカットを撮られたというのは素晴らしいです。
それに、レストハウス梓を望むひまわり畑のカットをPVに正確に撮られていますし・・私は何度行っても間違ったところから撮っていたようで・・(汗)。
そして、私のいまいち至らない探訪記事がそちらの探訪時のお役に立てたというのがすごく嬉しいです。
舞台探訪の記事はけっこう書いてきましたが、たまに「面白い」と言って下さる方はいたのですが、「役に立ちました」と言われたのは初めてで。
自分個人が好きなように書き綴っているだけでいいか・・と思って思うままにアップしてきたのですが、人様のお役に立つときがきたんですね。

作品はまだ放送前ですが、とても好きになれそうな雰囲気を持っていますし、放送が始まったら地元の利を生かして舞台探訪の情報を発信していきたいと思います。
10月を過ぎたら、おそらく毎週更新していくと思いますので、また見に来ていただけたらと思います。
ありがとうございました!
August 17 [Sun], 2014, 19:56
ヒパイストさんの記事を参考に天体のメソッド聖地巡礼に行ってきました。
http://yaplog.jp/tyu-kyu-2/archive/61
大変参考になりました。ありがとうございました。
August 17 [Sun], 2014, 13:25
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒパイスト
  • アイコン画像 誕生日:8月15日
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
2014年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ヒパイスト
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年07月16日)
アイコン画像knikko
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年05月26日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年04月15日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年02月18日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月28日)
アイコン画像けいじ
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月20日)
ヤプミー!一覧
読者になる