『天体(そら)のメソッド』舞台探訪

June 23 [Mon], 2014, 23:33
6月22日、洞爺湖マンガアニメフェスタ2日目、北海道が舞台となる10月からの新作オリジナルアニメーション『天体(そら)のメソッド』製作発表イベントステージを見てきました。

北海道は6月に入ってから半月にも及ぶ連続降雨と低温の日々。それがこの、洞爺湖アニメフェスタの日程に入ってから晴天に。本当に、半月ぶりに青い空と太陽を見ました。




イベントステージには主演声優のうち2人と、OP、ED歌手それぞれが来て下さりました。




イベントの模様は、長くなるのでまた後日の機会にでも。
他の参加者さんがブログに上げているかもしれないですし。





イベントメイン会場の洞爺湖文化センターの隣にある洞爺湖観光情報センターのロビーでは本作のパネル展示とPVが公開されていました。




モニターでは、今回のイベントタイミングで初公開となる新しい長尺PVがリピートで流されていて、新しい背景もたくさん出てきました。
動画はNGだけど、静止画撮影ならOKとのことでしたので、その場で画像を取得できました。




新PV自体は現在、公式サイトでも見ることができます。
http://sora-no-method.jp/

ということで、舞台探訪者の1人として早速新しい背景の実地探訪をしました。
PVを流しているその現地、洞爺湖自体がこの作品の舞台なのですから、こんな良いことはありません。
洞爺湖は、私と、今回同行してくれた友人にとって行き慣れた場所です。
だいたいの場所はその場で特定できました。楽しく、面白い作業でした。
私は舞台探訪に関しては特に最速を狙うとかそういうスタンスではなく、いつもは先人さんたちの探訪記を見てから後追いの形で自分も行くというスタイルなのですが、今回は自分でまず舞台特定をして開拓していけるわけです。
そういうのは私の住んでいるところでは数年に1回あるかないかの機会であるわけですが、やっていて本当に楽しかったです。舞台探訪をやり始めた頃を思い出しました。あの頃は探訪がとても新鮮で、そしてすごく面白く感じられたものでしたから。

本編比較画像は、敢えて現地で取得したモニター撮影画像を使ってみます。
なお、本作の舞台となるのは「洞爺湖」ではなく、「洞爺湖をモデルにした霧弥湖」という、架空の湖です。


嬉し恥ずかしなかんじで前置きが長くなりましたが、まずはずっと以前から公開されていたPV・1.5verからあった、お土産屋さんの内部。

これは、洞爺湖を見下ろす高台にあるサイロ展望台のお土産屋の一角です。
これはPV・1.5verが公開された当初から友人が「あれはサイロ展望台のお土産屋じゃない?」と指摘していたのですが、以前の探訪時には立ち寄れず、それ以後も江差線探訪ですぐ横を通ったときにも立ち寄れず、今回やっと行って確認できました。
ロケハン当時とは商品や展示物のディスプレイがすっかり一新されてしまっていますが、中央の細い木の柱と右上に見える横長のプリザーブドフラワー、右下の棚の下にある黒いマス目状の什器が一致します。

ちなみに、他の展示品。

店内撮影はOKなのですが、撮る場合にはとりあえず店員さんに一声かけてからにしたほうがいいですね。しかし、当初からここを特定できてた友人、すげー・・
ここのお土産屋についてはまたあとで書きます。




ここは、私も友人も「あそこだね」と一発でわかった札幌駅のバスターミナル。

いろいろ改変はありますが、パーツはだいたい一致。白いタイル壁は階段の外側ではなく、リアルでは内側のみですね。
昔はここからバスに乗って自宅方面に帰ったものでした。

防護柵。


洞爺湖方面に行きます。

余談ですが『WORKING!!』1期8話で小鳥遊君と相馬さんが温泉地に向かうためにバスに乗ったのはここと同じホーム上です。




同じバスターミナル内。
本当は進行方向逆だけど・・ 青い座席シートと「次とまります」ボタンはじょうてつバスと同じ型ですね。
洞爺湖に向かうバスなら、道南バスなのですが、今回は車がいなくて確認できませんでした。
急ぐ必要はないのでまたいつか。





この書店はわかりませんでした。まあ、断片的な映像で出てきたので舞台の流れがわからないので現段階では特定しようがないですね。
もしも札幌駅近辺だとしら・・ということで地下の文教堂書店(ちなみに『WORKING!!』1期1話でぽぷらがバイトを探していた場所から地下に降りた場所です)に行ってみましたが、雰囲気はよく似ていましたが、違っていました。



札幌駅近くに行ったついでに、以前も回収した道庁赤レンガ正面玄関を再撮。
 





メインキャラのひとり、椎原こはるの家業のお土産屋の入り口。
入り口は、先に書いたサイロ展望台のお土産屋のそれとは一致しないのですが、この熊の剥製はサイロ展望台の芝生の中にある二体の熊の剥製の片方をここに配置したものでしょう。 この剥製はここの名物でもあります。






これはおそらく、洞爺湖から札幌方面へ上がっていく道路から分岐して高速道路へと繋がる三豊トンネルの内部だと思います。






三豊トンネルの出口。
札幌方面から苫小牧まわりで洞爺湖へ高速道路経由で行ったときは高速を降りてすぐここを抜けてT字路を右折すればほどなく洞爺湖温泉街なのです。

トンネル出口付近にある内部の細かい設備が悉く一致しているのでおそらくここでしょう。
助手席から友人に撮ってもらいました。




駅前桟橋2。
イベント会場になった洞爺湖文化センターから湖方面へ降りていくとすぐ見つかります。

右横の温泉ホテルが入るようには撮れませんでした。
なお、右横に三角に見える台座はおそらく、安田侃.作の彫刻「回生」のものかと。札幌駅にある、『生徒会の一存』などにも登場した「妙夢」の、穴の無いバージョンです。
今度行ったときに撮り直してみます。


ここから、湖の中央にある中島へ行く遊覧船が発着するのです。






続けて、5枚展示されていたメインキャラクターごとのキービジュアルの場所。
全て、その場でわかったのですが・・・・

まずは、戸川汐音(CV:小松未可子)。
イベント会場の洞爺湖文化センターのすぐ近くにある「やすらぎの家」です。
手前は「木の実橋」。

実は、有珠山噴火のときの廃墟です。

ここに関してはちょっと書きたいことがあるのですが、それはまた後日。




水坂柚季(CV:豊崎愛生)。
洞爺湖温泉街からかなり離れている洞爺水の駅手前にある浮見堂公園です。

ここは友人がすぐに特定しました。洞爺湖温泉街からだと、およそ東京の山手線くらいもあるという、洞爺湖全周の三分の一くらいの距離があります。徒歩では行けません。車とかバイクとか自転車でないと・・バスもあると思いますが、本数もそんなに無いのでは。
ちなみに写真の遠くに見える2人は今回のイベントに来ていたコスプレイヤーさん。




古宮乃々香(CV:夏川椎菜)。主役です。
ここは金比羅火口災害遺構散策路のおそらくは第1展望台か第2展望台のどちらかだと思います。
訂正です。当初、記事には上にあるように書いたのですが、実際にはここは「金比羅火口展望台」から望んだ風景でした。
詳しくは後で書いたこちらの記事を参照ください。
http://yaplog.jp/hiphaist/archive/262
(直接リンクでなくてすみません)





椎原こはる(CV:佳村はるか)。
先に何度も書いたサイロ展望台です。
この椎原こはるは実家のお土産屋の看板娘(自称)で、そのお土産屋のモデルになったのが先述したようにこのサイロ展望台のお土産屋であるため、ここがキービジュアルになっているわけなんですね。
撮影当時は観光客の団体がいたのでアングル合わせは諦めて人のいないところで合わせました。


ここのソフトクリームはおいしいですよ。


回収時は霞がかって湖がよく見えなかったですが、コンディションが良ければこんなきれいに湖が見渡せます。

ちなみに『ひだまりスケッチハニカム』で洞爺湖を見下ろすアングルの背景がありましたが、おそらくはここからのロケーションではないかと思います。

更に余談ですが、この展望台の住所は洞爺湖町成香。

『咲-Saki-』に出てくる北海道の有珠山高校の本内成香のネーミングの元になっているといわれている地名ですね。もちろん、ここの展望台からは有珠山も望めます。

なお、この展望台には遊覧ヘリコプターもあります。つまり、これをうまく使えばアニメでの俯瞰カットを空中から回収することも可能なんですね・・・ただ、私、高いところは・・・。






最後に、ノエル(CV:水瀬いのり)。

ここは、洞爺湖の真ん中の島にある神社なんです。
ここに行くには、上に挙げた坂橋から遊覧船に乗っていくしかありません。
今回はイベント参加優先のため、やはり時間のかかるこの場所は諦めました。
また次回の探訪のときに行きたいと思います。

(6月25日追記)
PV2のタイトルバックにも使われてる洞爺湖俯瞰のカットの撮影場所がわかりました。
やはり、洞爺湖マンガアニメフェスタに行っていた別の友人からの指摘です。ありがたいことです。

これは、北海道洞爺湖サミット及び、映画『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』の舞台にもなっている洞爺湖ウィンザーホテルから望んだ洞爺湖です。
ちょうど、ウィキペディアの「洞爺湖」の項にその、ウィンザーホテルから撮った写真が掲載されていますので、比較していただけると(こっちには写真引用はしません)。
湖の周囲の地形や、なにより湖の中にある中島や弁天島・観音島の並びがぴったりと一致します。
洞爺湖ウィンザーホテルは、札幌方面から一般道路でサイロ展望台の横を通って向かったときに、道路の右側に見える山の頂上にある、特徴的な形のホテルです。
  • URL:https://yaplog.jp/hiphaist/archive/249
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒパイスト
  • アイコン画像 誕生日:8月15日
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
2014年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像ヒパイスト
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年07月16日)
アイコン画像knikko
» 『人造人間キカイダー』ロケ地探訪 (2018年05月26日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年04月15日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』舞台探訪 (2018年02月18日)
アイコン画像ヒパイスト
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月28日)
アイコン画像けいじ
» 『サクラダリセット』PV舞台探訪 (2017年05月20日)
ヤプミー!一覧
読者になる