印を彫る

October 14 [Mon], 2013, 17:19

琢印、刀寓ペンで玉印鑑などの文字の多くは、ラインが細かく、太さが。ある磋琢後、画数の両端に飾らない、金属的感;ある磋琢後、両端に少し修飾させ、平らで斉、まるで刀を切り。前者は「赵复」、後者は「隗长」。両者の刀イタリア、筆意均顕が、前者はいくらか含蓄があって、後者は少し露。でもなんだか、刀寓ペンで、そこに道だ、丸い転、清丽、温もり、別の1種の静かさ、上品な風貌。殳篆書の中で、ある玉実印を更に備えて、木の美婉然。
漢末年の農民蜂起は地主階級に弾圧され、買収、分化による解体を逃れていが、地主の強豪武装集団内部の争奪の方を拡大。長期政権を争う結果形成三国鼎立。西暦263年魏滅蜀漢、265年司馬炎率軍を奪った魏晋政権と改称、纪元280年晋呉が消え、65年の三支局の面、ひとまず統一。
  • URL:https://yaplog.jp/hihaode/archive/25
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/hihaode/index1_0.rdf