清私印

September 28 [Sat], 2013, 16:55
清朝民間篆刻芸術の隆盛を中国印鑑の発展の過程の中で、承明篆刻勢いのもう一つの印章印の発展の光り輝く時代。各流派遠宗秦漢広く集める衆に収めて、心が積開拓それぞれの芸術の分野で、社会に文人印鑑を彫るの風を集めてファッション、印譜大量流通、印学の理論の検討と研究も展望、各流派所収門徒多くは皆それぞれ伝承、それに基づく上上強大になるの華夏石版文化は清代の文人思潮の波に足が漢の印鑑と並ぶ新しい芸術境界を形成して、華夏実印史上は漢以来印鑑文化の第二次空前繁栄局面。
程邃生まれ、明万暦年間、卒于清康熙年間。徽派の創始者、字穆倩、号江東布衣、安徽歙县人、善诗文書画や金石考証、コレクションも富。
林皋(1658――。字、鶴田、福建莆田人、仮住まい常熟、彫刻刀法挺劲なめらかできれいで、構成が秀麗で、当時の影響も大きいため、世に言う「林派」。
丁敬、浙派法人印の創始者、字敬身、純丁、号龙泓魯山人、研林外史など、浙江銭塘人。また勝手に書画、当時と名の賢い金农汪启淑など、特に親しい。
董洵(1740――?年)、字企画泉、号小池、読んで巢を作り、浙江会稽人。董洵善絵兰竹、工詩、篆刻を切って剣術は大きくなって、秦漢に追いかけ、構成の変化。
蒋仁(1743――1795年)、字阶平初名、泰、は揚州平山堂「蒋仁之印」が古銅貨1枚、きわめて大切して、その名を変更、改字山堂、号女ベッド山地の住民、吉羅居士など。平生は務功名は簡単に人奏刀筆使いが要求。
邓石如(1743-1805年)、トウ派の創始者、字も伯、日終瞭白山人、安徽怀宁人。力説し「本印一体」、「本は印、印は本が出」、その篆刻本作品に達した印鑑通販の結合の高い境界。
巴慰祖(1744-1793年)、字晋堂、婦堂、号の籍、子安、蓮舫、安徽歙县人、清朝の彫刻家、富収蔵、善模造銅、精印鑑を彫る、集『四香堂摹印』、『百寿図印譜』、『四香堂印余」などと伝わるは、漢印て精髄。
黄易(1744-1802年)、字大易、号小松、蓮の弟子など、浙江杭州人、西冷八家の一つ。幼受け家訓、父が亡くなった後で、家計を習法学、だんだんで有名で、を汶上を挙げ、阳谷県のお知らせ、工詩文、善書画、かつて丁敬に弟子入りして、宗漢。
奚冈、初名鋼、字純章、鉄生、号なんぞ人、モンゴル人、鶴渚生、蒙泉外史、散木居士など、浙江銭塘人(今杭州)に生まれ、清乾隆帝十一年(1746年)、卒は嘉庆八年(1803年)、九歳を失うこと隷書、そして画で知られる、及び長や書画実印作成を彫る、西冷八家の一つ。曾遊学日本と、丁敬、黄易、蒋仁と並び、後代の人を「杭州4家」では、性の良い飲酒、時にはそれを「酒狂人称」。
  • URL:https://yaplog.jp/hihaode/archive/21
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/hihaode/index1_0.rdf