2008年

December 30 [Tue], 2008, 21:38
 ここ何年か、年末はとても暇です。
この時期、感情を調整しながら 精神の安定を図らなければならないこともあり(前編<4年前>参照を)、本当は忙しいほうが気が紛れていいのだけれど・・・・

生まれ育った家は商家だったので、暮れの31日の夜半まで仕事をしたものだった。
学生時代も 暮れに限らず長い休みになると実家に帰って当然のように店を手伝った。
高度成長期の製造業。
個人でも、小さい会社でも、まじめに働けばそれなりに報われた、懐かしいともいえる時代だった。

御用納めが早くなり 休みが長いことは、<人らしい生活>のためにいいことだとは思うけれど。
今時、休みが長くても痛まない=賃金保障されている人のほうが少ないのではない?
この寒空に雇い止めになって、住まいも追い出されてしまう非正規雇用の問題はとりあえず置いといて(12月初めの頃のブログ参照を)・・・・

この頃は 役所だって3分の1が非正規雇用の職員だとか。
役所なら 有給ぐらいはあるかもしれない、月ぎめ月給で、だからまさか「正月休み6日分引きます」ということは無いだろう。でも・・・・、正職員の半分、あるいは3分の1、イヤ5分の1ぐらいの報酬で働かされている

一時期、ライフスタイルのひとつとして 派遣やフリーターを選ぶという、ススンだつもりの人たちのはやりがあった。
うちにも一人そういう娘がいたが。
しかしそのためには実は 本当は、「同一価値労働、同一賃金」 という大前提が必要だった。
それがなされず、相変わらず<パート労働は女子労働=家計の担い手ではない=パート時給低く安定> の延長に置かれたのだからたまらない。
雇用者側の都合のいいように、うまくひとひねりされてしまっただけだった。

ただ、今の非正規の人たちは、労働者派遣法の改定後の 製造業派遣の人たちでしょう。
1年以上前に、日野自動車のガテン系ユニオンの池田氏の話を聴いたことがある。
「反貧困集会」など、がんばっているだろうか?
私にも何か出来ることは あるだろうか?
せめて自分の立ち位置を確かめ、ぶれないことか?
先日来てくれた山中湖の指圧師氏は、「山谷にちょっと。」と配りに行かれた。
衆を恃まず、個で動くのだった。

ウーン、時節柄 つい話がそっちに行ってしまう。こんな風に書き出すつもりは無かった
でも、こういう話の〆に 今年の言葉をひとつ。
「グローバリズムのルビ=ふりがなは、テイコクシュギ」 ウン、確かに。
そしてその破綻も道半ば。

今年の総括でもしようかと思って書き出したのだった。

今年の(公的)活動の最後は、22日の日本語サポートだった。
9月にインドネシアから電通大に留学に来た20歳のリナさん。
純朴で、イスラムのスカーフがかわいい。
大学で週に10時間以上の日本語授業を受けているから、私とは復習(問題)だけでいい。
ソレニシテモ日本語って複雑。
ippun/nifun/sanpun/yonpun/gofun/roppun/nanafun/happun/kyuufun/juppun.  
え〜つ!どういう原則やねん。
促音と「ん」の時が「ぷ」なんだって、初めて知った。
しかも、同じ4でも、yonpun /shigatsu 。おなじ7で、 nanafunn/shichigatsu   って!
理不尽ともいえる法則を素直に覚えなければならない。そして覚えちゃうのだ、彼女ら。


今年は2月にカウンセラー養成講座が終わり、認定を受けることが出来た。
去年から引き続き 精神疾患の講演会などに顔を出すうち、精神障がい者家族会に入れてもらうことが出来た。
「家族にしか分からないのよ。家族じゃない人に分かるはずが無い。」という意見も多い中で、第三者的な意見を言ったりしながら 相談会やSSTなどに参加してで学ばせていただいている。
「境をこえてみようとする。」と説いた鈴木道彦氏の『越境の時』は、私に座右の書になった。

6月から、市のフリー活動スペースで、週に1回無料のカウンセリングをやっている。
市報に載せると とても反応がある。継続している人もいる。喜んでいただけたと思っている。

男女共同参画推進センターの企画講座は 今年もとても面白かった。
数年前、若桑みどりさんの講演を聴いて以来もうひとつ角を曲がった(曲がりきった)私の、女性学への基礎固めの勉強をさせていただいている。
このセンターの年1回のフェステバルが2月にあり、そのための実行委員会がナカナカ面白い。
1編の物語として そのうち書きたいと思っている。

成年後見人の一歩手前の、日常的金銭管理のサポートをする、「生活支援員」の講座を受け、登録している。
対象者が、認知症の人、知的障がい・精神障害の人ということで思い立った。
実際の現場はまだ持たされていない。

以前からの「○○女性学研究会」と、アサーションの自主グループもまた、だいじな勉強の場ではある。

個人で何ができるか?と模索した1年だった。・・・・何が出来たのだったか?


そういえば、3月に中高年パソコン教室に通い、中古パソコンと中古プリンター(キャノンなんかでいいのか?)を購入。5月に大胆にもブログを始めたのだった。
周りではあきれ返っているかも知れないけれど、まだ止める理由も無いので続けます。
ごく少数の読者の皆さん、よろしくお付き合い下さい。たまにお便り下さい。

良いお年を






  • URL:https://yaplog.jp/hi-san-pin/archive/71
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カウンセラーコスモス
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
心理カウンセラーです。 (カウンセリングステーション・ユー認定) こころに悩みを抱え、生きづらいとき、 ・・・・・話を聴きます。 ・・・一緒に考えます。 育児・生活・生き方・病気の悩みなど、どんなジャンルでも。 精神疾患や その後遺症にある方、ご家族の方に寄り添い、お力になれたらと思います。 無料相談会 やってます。 毎週 火曜日  10時半〜13時 京王線・国領駅北口  あくろす2F 市民活動支援センター内 はばたきスペース 通常のカウンセリング(有料)は、いつでも。 ご予約ください カウンセリングルームコスモス(鈴木) メール相談もやってます。 stbyw678@ybb.ne.jp
2008年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像岩崎風水と申します。
» ロラたちの花丸ぞうきん   163 (2015年08月01日)
アイコン画像ノーラ・コーリ
» 青木悦さんに、エール! (2013年08月18日)
アイコン画像直樹
» 高森信子さんのSST (2012年10月03日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/hi-san-pin/index1_0.rdf