ニュース報道

July 21 [Mon], 2008, 22:18
 メディアリテラシー(報道を読み解くチカラ)の講座で、あるニュース報道の分析をした。
秋田県藤里町の事件で、畠山鈴香被告に、無期懲役の判決が出た日(3月19日)のNHK「ニュースウォッチ9」である。

 この日のトップで5分12秒をかけて、報じられた。
ちなみに時間として長いのは、スポーツ10分40秒、「日銀総裁空席」の6分48秒、ロス疑惑5分49秒。
この時間配分への、へー〜という感想はともかく・・・。

オープニングでは、鈴香被告のクローズアップと、「分かりましたか〜」の声。
「無期懲役」のテロップ。低い男声の「死刑の求刑にたいして、無期懲役の判決が言い渡されました。」

インタビュー: ラフな格好の70代男性  : 「軽いんじゃないか?」(死刑が妥当という意味)
         顔なしバストショット女性  : 「当然だと思いますよ」
            (刑の重さが当然なのか、死刑じゃなく軽いのが当然なのか、どっちなのか不明。)
            (あえて顔を出さない人を選んで放映。責任なく、発言も軽い。一応女性もということか)

裁判所: 裁判長のみのフラット映像、数秒と 長い。
      被害者2人の遺影のクローズアップ。「皆さん、撤収してください」の声。
      傍聴席 米山合憲君の両親のイラスト。
      鈴香被告の土下座を上からスケッチ。(惨めさ強調)男声「大事なお子さんをうばってしまい・・・」

判決: 事件の説明など、すべて男声ナレーション。
     事件現場を映すときはモノクロ・川の流れの音、ヘリコプターの音。
     判決理由(ナレーション)の間、鈴香被告がマスコミ相手に怒鳴っている映像。報道陣は映さず、その 部分(バック)は黒。その異様な形相にかぶせ、たてよこにテロップ。いかにも、この人変な人、頭お       かしい人 というような、<記憶の抑圧性>などのことば。
     判決  「死刑も充分考えられるが、・・・・」「しかし、下した判決は・・・」この間も、被告の大写し。

       当然行ったであろう精神鑑定の結果については報道せず、心神喪失・耗弱などの言葉もない。
       弁護側の主張についてもナレーターは言及せず。
 
       したがって、最近の厳罰化の傾向からは、2人殺せば死刑判決の考えられる中、なぜ、無期懲役 になったのかが、わからない。
       <死刑>ではなく、なぜ<無期>なのか、理由があるはず。説明すべきではないか。
       いや、判決文にはあるはず。それを報道すべきではないか。
       報道自体は、「こーんなに悪い鈴香、とー〜ぜん死刑だよネ」と、顔に(番組全体に)書いてある。

    専門家のコメント: 2人の弁護士。信頼できそうな服装。バックに法律書。
       渥美氏ー 「死刑じゃないことがおかしい。誰も納得しない。」突きつけるような話し振り
       元判事の村上氏ー 「よく考え抜いた末の判決だと思う。」

    スタジオ: 男女のキャスター。男性が、締めのコメント。


このニュース番組を分析するワークショップをしてみて、<メディアはすべて構成されている>ことがよくわかった。
映す必要のないものを延々と流し、映すべきものをカットする。

こうして、視聴者の感情を作り、空気を作る。

光市裁判では、余りの報道加熱に、放送倫理・番組向上機構(BPO)で取材自粛を取り決めた。
あの件では、当初そんなつもりのなかった被害者の夫・本村さんに、検察が「あんた、くやしくないのか、男ならマスコミに出ろ!」とけしかけたというたしかなハナシなある。
それでなければ、あんなまれに見る被害者の露出はなかった。


こういう中で裁判員制度が始まったら、どんな事になるのか?
重大刑事事件で、法律知識もなく、構成されたメディア報道によって、事件に対する先入観だけ植え付けられ、量刑判断までしなければならない。
欠席は罰金だとか。
カンベンシテクレヨと、どこに向かって言ったらいいのか???


この、メディアリテラシー講座は、男女共同参画推進センターの企画だったので、ジェンダーの視点もとうぜんあった。
被告は女。その他の登場人物は皆男性じゃないか。
ナレーターも、キャスターも(女性もいたけど発言せず)、裁判官も、専門家コメンテーターも。

NHKの放送関係職員の内、女性は15%。技術関係では4,1%。管理職・専門職では、2,8%。
民放は、放送20,8%・技術10,9%。  (いずれも’07年)
相当低い。これでは、女性の目で視る映像になりにくい。





       
     
  • URL:https://yaplog.jp/hi-san-pin/archive/35
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カウンセラーコスモス
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
心理カウンセラーです。 (カウンセリングステーション・ユー認定) こころに悩みを抱え、生きづらいとき、 ・・・・・話を聴きます。 ・・・一緒に考えます。 育児・生活・生き方・病気の悩みなど、どんなジャンルでも。 精神疾患や その後遺症にある方、ご家族の方に寄り添い、お力になれたらと思います。 無料相談会 やってます。 毎週 火曜日  10時半〜13時 京王線・国領駅北口  あくろす2F 市民活動支援センター内 はばたきスペース 通常のカウンセリング(有料)は、いつでも。 ご予約ください カウンセリングルームコスモス(鈴木) メール相談もやってます。 stbyw678@ybb.ne.jp
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像岩崎風水と申します。
» ロラたちの花丸ぞうきん   163 (2015年08月01日)
アイコン画像ノーラ・コーリ
» 青木悦さんに、エール! (2013年08月18日)
アイコン画像直樹
» 高森信子さんのSST (2012年10月03日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/hi-san-pin/index1_0.rdf