『パレーズ エンド』 と ベネディクト・カンバーバッチ 228

November 13 [Thu], 2014, 11:39
ベネディクト・カンバーバッチ主演の 『パレーズ エンド』は、今年観た中で最高のDVDだった。
とは言え、映画ではなく BBCのテレビドラマである。
ストーリー、脚本、撮影、俳優の演技、どれをとっても素晴らしい。
このレベルのものは映画でもそうそうはないと思う。
ツタヤの「準新作、80円」オンラインクーポンで、しかも有効期間が1週間。
で、3巻全5話を見ることができた。

ベネディクト・カンバーバッチは、何年か前DVD『アメイジング グレース』で主人公の奴隷解放運動をサポートする友人の首相・ウィリアム・ピット役で印象的だった。
それから『つぐない』など。
ごく最近もいろんな映画で名前順で5番目ぐらいの助演でよく出ているなと思っていた。
『裏切りのサーカス』『戦火の馬』『それでも夜は明ける』『8月の家族たち』。
同じ英国の俳優でも、イケメンジュード・ロウや演技派ユアン・マクレガーのちょっと下。
でも、ジャイムズ・マカヴェイのように主演を張る格の俳優ではないのだなと思っていた。
ところが今年の夏の日本のテレビドラマ(を何とか毎週you tubeでキャッチ)で若い女性の中で人気のある俳優として「ベネディクト・カンバーバッチ、遅れているあんたたち男ども、知らないか。」ナンテ出てきた。
なんと2010年にBBCのドラマ『シャーロックSHERLOCK』で世界的に人気が爆発、日本でもNHKBSで放映、2012年と13年にシーズン2、3までできている、去年来日の時は成田空港に1,000人、とか。
観てみると、確かに『シャーロックSHERLOCK』は面白い。
今現在のロンドンに生きているシャーロックという奇想天外な設定なのだ。
ベネディクトが、すっ飛んだ人格のシャーロックを好演、
脚本と撮影も冴えわたっている。
が、60代後半ともなる身には話の展開が早すぎて、ついて行くのに精いっぱいだ。

この『パレーズ エンド』はちがう
2013年BBC制作。
日本ではWowowで放送なので公式サイトはそれになる。

あれ、ベネディクトってこんなにハンサムだった? とまず魅せる。
クリストファー・ティージェンスは1880年ぐらい生まれか。
ヨークシャーでイギリス国教会よりも古い家に生まれ、エドワード7世朝、第一次大戦前からロンドンの政府統計局に勤める、ブロンド碧眼、いつも背筋を伸ばしている好青年だ。
問われて、自分の生きる指針は「duty」だと即座に答える。
上の者にも下の者にも気配りし、雇人の生活を保障するのは雇う側の義務だ、
つまりノーブレス・オブリージュ=高い地位や身分に強制として伴う義務。
だから、労働者の年金法案なんぞを出す自由党は認められない、18世紀で世界は終わった、と嘆息する。
それと人格者の男はこうあらねば、という「男性規範」の義務感で生きている。
女性を敬い、決して人格を傷つけない。
他人の子を身ごもっていると知りながら、奔放な貴族の女性(レベッカ・ホールが熱演)と結婚。
遊び歩く妻を見てみぬふり。
離婚などという、「枠組みを壊す」ことはしない。

そうした中、女性参政権運動の活動家で、その父が死んで以来クリストファーの父が生活の面倒を見ていた若い女性と知り合う。
はつらつとした、体育の教師だ。
心が通じ合う会話ができた。
意図的に彼の悪意のうわさが流された時も、問う彼女に「僕のことを知っているだろう?」とにこやかに。

統計家の立場からの進言も英国上層部に届かず、開戦回避の努力をせず、
サラエボ事件をきっかけにドイツが戦線布告。
英国もどの層においても巻き込まれる。
現実から逃げたい気持ちもあったのか、妻や平和主義者の若いヴァレンタインの反対を押し切って、大尉として仏軍支援の前線へ。
精神のバランスを崩す兵士も多い中、2度も死線をさまよいながらも、戦後帰還できた。

クリストファーも兄も古い館を「こんなモノ!」として、執着せず、新しい時代を生きることになる。
女性参政権も1918年、ささやかながら(30歳以上)勝ち取った。
そのヴァレンタインと共に暮らすことになるだろう。
しかし形の上で離婚はしないようだった。
このあたりについては、どう解釈していいのか筆者には分からない。
結婚制度は紛れもなく家父長制から来ているのではないのか?

ソンムあたりの塹壕で、故郷の歌をトランぺッターが奏でる。
それを聞きながら爆音の中、愛の歌を必死で書き留めるその歌をyou tubeで拾い、譜面に採った。
恋愛ドラマではあるが、その時代と戦争の、スケールの大きいドラマでもあった。

今やベネディクトは、毎日開ける数独ゲームに張り付くamazonの抗告にも出てくるようになった。
気品もいいが、それにもましてバリトンの声が魅力的。

とりあえず書き留めておく。
  • URL:https://yaplog.jp/hi-san-pin/archive/230
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カウンセラーコスモス
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
心理カウンセラーです。 (カウンセリングステーション・ユー認定) こころに悩みを抱え、生きづらいとき、 ・・・・・話を聴きます。 ・・・一緒に考えます。 育児・生活・生き方・病気の悩みなど、どんなジャンルでも。 精神疾患や その後遺症にある方、ご家族の方に寄り添い、お力になれたらと思います。 無料相談会 やってます。 毎週 火曜日  10時半〜13時 京王線・国領駅北口  あくろす2F 市民活動支援センター内 はばたきスペース 通常のカウンセリング(有料)は、いつでも。 ご予約ください カウンセリングルームコスモス(鈴木) メール相談もやってます。 stbyw678@ybb.ne.jp
2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像岩崎風水と申します。
» ロラたちの花丸ぞうきん   163 (2015年08月01日)
アイコン画像ノーラ・コーリ
» 青木悦さんに、エール! (2013年08月18日)
アイコン画像直樹
» 高森信子さんのSST (2012年10月03日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/hi-san-pin/index1_0.rdf