死刑判決  160

November 18 [Thu], 2010, 11:13

候補者が二人ともに政府の方針に楯突くし、
そのことはアメリカばっか向いているメディアにも受けないので、‥‥
その沖縄県知事選は全くの無視で、
小沢支持のデモが1,000人規模で2度も行われているらしいが全く伝えないし、
これが小沢好きの人と検察のやり方に異議の人とメディアの下司なやり方に異議の人のデモであるらしいかららしく、
これらは背筋も凍るように恐ろしいし、憤りも天を突くのだけれど、‥‥
バカラシイ海保のビデオ流出の報道に自分たちでさえも飽きたのか、
11/18は朝日新聞でも、裁判員制度で初めての『死刑判決』に、かなりのページを割いている

裁判長が異例にも控訴を勧めた、とか
判決の重圧からか、記者会見に出たのは一人だけだった、とか
「死刑」を判決することの重大さを訴えることはしている。

今年できた映画 『BOX袴田事件 命とは』 では、でたらめな捜査の末に犯人とされた袴田さんに多数決で死刑判決を下し、その判決文を書かされた元裁判官の熊本典道さんの深い苦悩を描いている。
彼はその後、こんな重大なことで不本意なことをせざるを得ない裁判官を辞めてしまう。
その熊本氏は新聞にこのように書いて、裁判員になるかもしれない市民に訴えている。
「もし、死刑判決を出す際、わずかでもためらいを感じたら、裁判官や他の裁判員と徹底的に話し合ってほしい。全員の合意が形成されるまで、判決を出すべきではない。多数決で人の命を奪ってはならないのだ。」(7/18 『朝日』より)

この裁判員制度では、「死刑判決」は裁判官1名以上を含む多数決で決められる。
陪審員制度のアメリカでさえ、死刑執行される州(33/50)の殆どが、陪審員の全員一致でなければ死刑にはできない仕組みになっているという。
この裁判でどういう内訳で死刑判決が多数派になったのか、裁判官の内の何人が? 裁判員の内の何人が? との情報は出ているのか不明だが。
控訴を勧めた裁判長は、「無期懲役」派なのか?

しかし、何ゆえ重罪な事件を裁判員制度に持ってくるのだろうか?
それこそ専門的な知識と経験が求められる裁判事案ではなかろうか?
この制度の反対派の論点にはこのこともあったらしいが、‥‥
もっと軽微な犯罪から始めるべきだという反対理由もあったらしいが、‥‥
残念ながら一般的には(少なくとも私には)伝わらなかった。

そもそも裁判員制度は、市民の分断を画策するものかもしれない。
善良な、上部階層に生きる市民が、[悪いことをした人を]取り締まる、懲らしめる‥‥。
人が、あっち側の人を裁く、排除する、魔女狩る、‥‥。
せめて、人がどんなに危ういものか、どんなに脆い者か、いつあっちへ行ってもおかしくないものか? その自覚は持っておきたい。
こんな裁判員制度を作られて、――このために莫大な予算を使って、不正支出をして市民に損害を負わせながらなお、これに乗せられるのならば‥‥。

地球上でもはや時代遅れの「死刑制度」の、この国での存置理由も、その辺りにあるのか? と思う。

すべての暴力を拒否したい。
犯罪も、DVも、戦争も、死刑も。
国家による殺人という死刑は、最も避けることができやすいではないか?

裁判員制度で、今回ひとつだけ救われることがあった。
東京新聞のコラムより
「『素朴な質問ですが…』と前置きして、女性の裁判員が被告にこんな質問をした。『時間を巻き戻せるとしたら、どこに戻りたいですか?』。被告の答えは、学生時代だった。『もっと本を読んでいたら、根本的なところから変われたかもしれない』と」

本来、裁判は被告の無罪を証明するためにあるのではない、‥‥
本当に被告は犯罪を犯したのか?
検察の起訴内容に間違いがないか? と検察を質すものだ。
検事に質問すべきなのだ。
裁判員制度が始まってからの裁判の様子の報道では、裁判員は皆被告に質問している。
それっテェ〜、‥‥おかしくナイ?
でも、たまに上記のような質問を被告にすることで、
被告が最初から凶悪犯として生まれたのではなく、フツウの人生を送れたかもしれない人であったかもしれないこと、
在監での(自分と自分の罪を捉えなおす)心の変化のこと、
そして、犯罪が不可避なものであることへ気づきだとか
この社会のゆがみへの気づきだとかへ、少しだけ持って行ってくれる。


私が支援にかかわる確定死刑囚の風間博子さんのことについては、近々書きたいと思っています。


 


PS:記述に誤りがありました。
  下から2番目の段落で、「無罪を証明するものではない。」と書き直しました。
  逆の書き方をしてしまいました。
  裁判が、検察の「有罪証明」の検証の場であることは、変わりません。
  • URL:https://yaplog.jp/hi-san-pin/archive/162
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カウンセラーコスモス
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
心理カウンセラーです。 (カウンセリングステーション・ユー認定) こころに悩みを抱え、生きづらいとき、 ・・・・・話を聴きます。 ・・・一緒に考えます。 育児・生活・生き方・病気の悩みなど、どんなジャンルでも。 精神疾患や その後遺症にある方、ご家族の方に寄り添い、お力になれたらと思います。 無料相談会 やってます。 毎週 火曜日  10時半〜13時 京王線・国領駅北口  あくろす2F 市民活動支援センター内 はばたきスペース 通常のカウンセリング(有料)は、いつでも。 ご予約ください カウンセリングルームコスモス(鈴木) メール相談もやってます。 stbyw678@ybb.ne.jp
2010年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像岩崎風水と申します。
» ロラたちの花丸ぞうきん   163 (2015年08月01日)
アイコン画像ノーラ・コーリ
» 青木悦さんに、エール! (2013年08月18日)
アイコン画像直樹
» 高森信子さんのSST (2012年10月03日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/hi-san-pin/index1_0.rdf