証2部銘柄の平均水準(7月31日時点で順

August 04 [Mon], 2014, 9:25
 岩井コスモ証券投資調査部副部長・有沢正一氏――前日の米株大幅安にもかかわらず、8月1日の日経平均株価が底堅く推移しているのは、日本株を売るだけの決定的な材料を欠くためだ仮に、世界的なリスクオフの流れが強まれば、為替、債券市場も反応するはずだが、そうはなっていない言い換えれば、きのうの米株安は月末に絡めた利益確定売りの動きが過度に進んだのだろう

 特に、為替市場が1ドル=102円台後半のドル高円安水準で推移している点では、為替感応度が高い電機株を中心に投資家が押し目買いを入れやすい3月期決算企業の第1四半期決算(4−6月)が佳境に入っているが、業績が良い個別株を中心に買われ、全般相場を下支えするというボトムアップ型相場で基調の強い展開は続くだろう

 参考銘柄としては、村田製作所<6981>、塩野義製薬<4507>中・小型株ではエスアールジータカミヤ<2445>、建設用仮設機材の販売・レンタルほか太陽光パネル架台や住宅用化学―反転のタイミングうかがう好実態・割り負け株
モーニングスター 2014/8/4 08:55
 本州化学工業<4115>の押し目を狙いたい株価は6月23日に955円の年初来高値を形成したあと、調整入りとなったが、7月後半からは800円を前にして底堅い動きに移ったすでに25日移動平均線とのプラスカイ離がマイナスカイ離に転じるとともに、1月後半から下値支持線として機能する75日線にも接近中であり、反転のタイミングをうかがう段階に差し掛かっている

 15年3月期の連結業績予想は、売上高が210億円(前期比21.5%増)、営業利益は24億円(同36.6%増)13年3月期を底に成長路線を取り戻し、07年3月期に記録した営業最高利益22億1900万円を8期ぶりに塗り替える見込みだエポキシ樹脂などの機能材料が新用途拡大とともに堅調に推移する見通しで、生産効率の改善なども寄与してくる

 投資尺度面では、PER7倍台、PBR0.6倍台同じ東証2部銘柄の平均水準(7月31日時点で順に15.05倍、0.90倍)を大きく下回っており、割り負け感は歴然だ

 特に、為替市場が1ドル=102円台後半のドル高円安水準で推移している点では、為替感応度が高い電機株を中心に投資家が押し目買いを入れやすいヴィトン 財布 新作

 特に、為替市場が1ドル=102円台後半のドル高円安水準で推移している点では、為替感応度が高い電機株を中心に投資家が押し目買いを入れやすいiphone ケース ブランド

 特に、為替市場が1ドル=102円台後半のドル高円安水準で推移している点では、為替感応度が高い電機株を中心に投資家が押し目買いを入れやすいiPhone5s ケースシャネル
  • URL:https://yaplog.jp/hfhrdt/archive/17
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/hfhrdt/index1_0.rdf