ついに

August 31 [Fri], 2007, 23:22


今日付けで退職しましたぁ。
◯年、よく守られたなー。
良い人たちにも巡り会って、
豊かな、彩りある日々となりました。
神様に感謝、ですな。

冒険とイマジネーションの海へ♪

August 09 [Thu], 2007, 23:51
行きたい、行きたいと騒ぎながらなかなか行けなかった所に
やっと行けた〜。


思えばタワー・オブ・テラーが出来てから一度も行ってなかったですなぁ。
炎天下は想定してたので完全防備だったけど、
開園時間に行ったし平日だし、お盆前というのに

パス取るのにいきなり最後尾が橋にさしかかる大行列…な、萎える。
まあでも、一緒に行った友達も私も、目的はほぼ
タワー・オブ・テラーだけだったし、このためにパワー費やしても
後はのんびり行こう、と話に没頭してるうちに、
いい感じの時間帯のパスも取れて、お次はインディージョーンズへ。
以前はなかなかパス取るのに手間取ったイメージだったけど
我慢出来る程度並べば入れる感じだったんで、そのまま並んだら
すんなり入れちゃいました。
あの待ち時間の表示、結構長めに書いてあるもんだね。
△10minくらいに考えてていい感じだった。
その後は朝も早かったし、暑かったので少し早いお昼に。
当然ながらガラガラ!でもこの作戦が功を奏していいペース。
その後は目当てのポップコーン買いながら、私が行ってなかった
(けど周囲の評判悪く敬遠してきた)海底2万マイルなんぞも行き、
満を持してタワー・オブ・テラーへ。
想像はしてたけどやっぱり絶叫。
落ちる系のアトラクションは各地にあるけど、そのタイミングが
分からないのがいい。
最初に入れられる部屋で、オブジェが途中で消えるしくみが
どーしても謎で、後で2度目に行った時も目を光らしてたんだけど
やっぱり分からんかった。次回の課題です。

普段はアトラクションに専念してて見ないのに、一応移動しながら
ショーも見てみたよ。
沢山のきらびやかなクルーザーにキャラクターが乗ってご挨拶、という
お子様大喜びの。
でもメインどころのミッキーは高い塔の上…
当然移動中の舐めた我々が良いポジションのわけがなく。
しかも日光NGの私は日傘を畳むわけにいかず、
(ショー観覧中の日傘は禁止)係員に何度も注意を受ける。
遠目には楽しめたしいいか〜と満足してたら
海部分の奥の橋の上なら係員もいなくて人も少なく、
日傘差しながらしばらく観覧出来た♪
そして各クルーザーがショーを終えて挨拶しながら
引き上げて来て、ちょうど橋の下を通るので、
しっかり間近で見て挨拶してもらえる。ここはいいかも。
しかし人気者のミッキーはなかなかやって来ず。
他のクルーザーがはけてしまってしばし…キター☆

高かったタワーはするする引っ込んで、ミニーも中へ引っ込んだ。
でもミッキーは最後まで愛想をふりまいてプロ意識を
見せてくれました

それからは暑さにくたばりそうになって、
ところどころのウォータースポットから撒かれてる
水を浴びたり室内でブロードウェイ・ミュージックシアターや
アリエルのショー観たり。
これは好き嫌い分かれるんだけど、私は毎度つい行ってしまう。
ブロードウェイ・ミュージックシアターって、いつも行くと
自分含めて寝てる人多いよね。快適な椅子だからかな。
元気になって、センター・オブ・ジ・アース、
レイジングスピリッツ、ベネチアンゴンドラと巡り、
最後に何とかもう1度タワー・オブ・テラーへ行ってから
いよいよ本日のメインイベントであるディナー

実は今月末でお仕事辞めるので、ちょっと最後の贅沢を…
と、ミラコスタの地中海料理のお店を予約しておいたのだ。
宿泊はしないので、手にスタンプ押されて中へ。



贅沢っつってもバイキング形式の安いコースだけど。
お食事だけが目的ではなくて、ここのテラスに出て
夜のショーを観覧出来るからなのですよ。
8時10分頃からのショーなので、7時台は予約時には
埋まってたので、8時の予約で、ショーまでの10分に
食べる、食べる!(2時間制だからね)


どれも美味しいお料理で、大満足。
そんな庶民の大人の我々の耳と目に飛び込んで来たのは
あちこちから聞こえるバースデーソングと
それを歌われているお子様、お子様、お子様。
大して食事も召し上がっていない様子に
思わず「もったいない…」の声が漏れる。
そんな時、店員さんからショーの開始を告げる声。
一斉に店内の客はテラスへ。
いやもう、大変な闘いですよ。
周りは、お子様にいい場所でショーを見せようと
必死のお父上たち。見せながら、ビデオも構えてる。
少し後ろの方がいいかな、なんて遠慮しては
いけなかったのだ。だって、始まったらみんな
お父上がお子様を抱いたり、肩車始めたんだから。
しかも、お子様が喜んでショー観てるならいいが
本日のショーは炎と水と光と音楽による、
自然の雄大さ?を表現したような抽象的なもの。
「ブラヴィッシーモ」というやつです。
キャラクターも出て来ず、炎の熱さがテラスにまで
伝わって来るような、迫力はあるけど子供には
意味がわからんはずのものです。
我々の前で肩車されてる子は、全くショーを観ず、
キョロキョロと周囲の人観てる…。
周りの子たちもほぼ同様。なんだかな〜。
価値もわからんうちから、大人もしんどい思いして
子供に贅沢はさせん!と固く誓ったのであった。

ショー自体はそれなりに楽しかったけど、
もっと大人のしっとりした楽しみ方出来るかと
期待したのは当てが外れたわ〜。
花火が上がるかと思ったのになかったしね。
でも十分アトラクション楽しめたし、
友達としゃべり倒したし、
なかなか味わえない楽しみ方出来たので、
それはそれで思い出になりそうです。

いつもシーなので、そろそろ次はランドにしようかな。
USJにもまた行きたいな〜。

餃子

August 06 [Mon], 2007, 22:09
5本の指に入る大好物、餃子。
急に無性に作りたくなって皮を買いに行く。
張り切って100枚入り買いそうになって我に返る。
100枚入りは薄いんだよね。
薄いのより少しもっちりした方が美味しいし…
と自分を納得させて50枚入りにしたけど、それで正解だったかも。
100個作って冷凍すれば…なんて思っておきながら、
結局美味しくてどんどん焼く勢いになりそうだからね
以前、友人宅で一緒に作って好評だった
チーズ入りのも作りたかったんだけど
何チーズだったのか、はっきり思い出せず
今回は見送りまして、ノーマルなものを。


そういえば初めてバイトしたの中華料理屋だったなぁ。
今思うと相当美味しかったよ、あそこの餃子。
あれで餃子好きに拍車がかかった。
猫舌ならぬ猫手?で、熱いもの持つの苦手なのにラーメン鉢持ったら
涙目になってたものだった
でもいつも残った餃子をタダでくれて、嬉しいんだけど電車内で匂い
気にしつつ持って帰って。
当時はバイトに親がいい顔しなかったもんで、夕食がわりに
帰り道の公園とかで食べてたこともあった。

今は心置きなく沢山作って堂々と沢山食べられる










…なんて言ってる場合じゃねえ

なぜゆえに

August 03 [Fri], 2007, 21:24
以前友人と横浜をふらついていた時にお見かけしてから
どうしても頭から離れず、また出会える事を切望していたら
今度は新宿の閉店間際の店にてバッタリ運命の出会い。
あれから1年…






あの時はもっと凛々しくしっかりかかっていたパーマ…
どうしてそんなに伸び切ってしまったのか。
我が家の水が合わなかったのか。


変わり果てた後ろ姿も切のうございます。


ちなみに同日に出会って養子に行ったブラザーの近影…




無念です。
どうやったら元の姿に戻れるのか知ってる方教えて下さい。
それから、そもそもこいつらの正式名称は何というのかも!