ドリームガールズ

February 23 [Fri], 2007, 23:30
※ネタバレあり

アカデミーの助演女優賞を逃した菊地凛子が惜しい、惜しい
という報道で湧き立った今日ですが、受賞したのが
この映画で圧巻の歌唱力と存在感を見せつけた、
ジェニファー・ハドソンと知ったら、当然と大納得でした。
ストーリーは、成功を夢見てオーディションを受け続ける少女3人の
コーラスグループと、彼女らに曲を提供するメンバーの1人の実兄が
ステージを観て成功を確信し、彼女らを売り込んで成功を目論む
自動車ディーラーの男と出会い、大成功を納めながらも
友情や愛情、ドラッグや金、愛する者の死に翻弄されて苦悩の果てに
自分のあり方に気付き再出発を決心するまでを描いたもの。
シュープリームスとモータウンレコードがモデルだそうです。
まあアメリカンドリームの光と影といったよくある話ですが
当時を彷彿させながらも垢抜けたファッションや
ビヨンセとそれを取り巻く黒人女性もそれぞれに魅力あって
キャスティングもなかなかだったんではないかなと。
エンディングも、雨振って地固まる的で、でも説明しすぎず
想像力もかき立てられたのが良かったですね。
楽しめて元気が貰える、鉄板な映画でした。

本日の評価:★★★★☆

モンロワール VS スリジェ

February 09 [Fri], 2007, 23:29
バレンタインが近づいてますね。
私には関心のない行事なんですが…
本命の人にあげたい人はいいけど、
何年もOLやっててなんだかあげないといけない雰囲気とか
感じると、非常にめんどくさくなって。
勿論、日頃お世話になってる人とかには
いつか何かの機会にお礼とかしたいと思うけど
それを「この日に」「この形で」と求められてる雰囲気が嫌。
こういう日なんで用意してみました〜と
皆で男女関係なく食べるんならいいけどね。
それに対して男の人もお返し用意しなくても済むし。
少々の値段のものに、男性だからと気を遣って
女性の人数分のあげた以上のものを
用意とかされると心苦しい。
そんな話はさておき、この時期のいいとこは
普段あまり出回らないとか目を向けない
美味しいちょっと高価なチョコに勢いで手を出せることかな。
友達がシーのお土産(だから行きたいんだってば!)が
あるというので、以前貸し切りで入れなかった
スリジェに行って食事&チョコ購入してきました。
私は行こうと思ってなかったんだけど、友達がお菓子作りを
お勉強していて、このお店のパティシエは
一昨年フランスでのチョコ作りの世界大会で
3位になったらしいのだ。
(これを書いてる日にはTVにも巨匠と紹介されてた)
で、食事の後に楽しみなデザートのケーキを。

これはリスというケーキ。
買って帰る人もいて人気みたい。
外側の白い所のまろやかなクリームっぽい味と
ベリーの酸味が絶妙。

こちらはイビサ。これも同じ系になっちゃった。
ピンクのフランボワーズのムースの上には
やはりミルキーな味のメレンゲ?
底がサクッとしたタルト生地でかなり気に入った。
他にも見た目に楽しい美しいケーキばかり。
で、お土産は買っている人の多かったチョコを。

これはオレンジショコラ。
漬け込まれたオレンジスライスに
ビターなチョコが大人な上品な味で
美味しい紅茶に合いそう。
オレンジとチョコの相性の良さを実感。
それとチョコの詰め合わせを購入しました。
そして、同じ日、通販で注文していた
地元神戸のおすすめ店の生チョコ詰め合わせも
届きました

左:ソフィアの色彩 右:パステルの菓実

見えにくいけどパンフより。
左の緑の箱には抹茶やロイヤルミルクティー、
キャラメル味の、
右のピンクの箱にはストロベリー、オレンジ、
ラムレーズン味の生チョコが入ってます
とっても美味しいおすすめなので
バレンタイン過ぎても是非注文してお試しあれ♪
今年はお世話になってる方々とこれを
つまみたいと思います。

http://www.monloire.co.jp/

シーに

February 07 [Wed], 2007, 1:01
行きたぁーい
行く人ぉ〜?!