クイーンズウェイ初体験

2006年06月04日(日) 1時11分
今日はちょっとした用事で出かけてきました。
その帰り、思うところがあり、池袋のクイーンズウェイ(RAJAのリフレクソロジーサロン)に行ってきました。

今までにもリフレの勉強のため…と何度も行こうと思いました。
「今日こそ行くぞ!」そう思って受付に行ったこともあります。
でも混んでいて土日は1時間待ちは当たり前。
そんなに待てないな…と思ってやめてしまいました。

今日は旦那様も一緒に行ってきました。
1人で行ったらまた費用を考えたりして行けないだろうな…と思ったからです。
でも2人で行ったら費用は倍かかってしまうんですがね(^^ゞ

で、今日はやっと実際に行けました。

試験終了\(^^)/

2006年03月29日(水) 18時59分
この前の日曜日(26日)、受験してきました!!
場所は東京ビックサイト。
仕事をしていた時は時々行っていたのですが、
どうやって行っていたのかすっかり行き方を忘れていました。
オーソドックスに新橋からゆりかもめに乗って国際展示場正門で下車。
日曜日なので、お台場海浜公園に遊びに来ている人も沢山いましたが、
問題集を開いて必至に勉強している人も沢山いました。
私と同じように受験をするんだなぁ…と思いましたが、
みんな必至な様を見て何となく疲れてしまい、私はテキストを閉じました。

ホテルでアロマトリートメント体験

2006年02月27日(月) 22時25分
先週、淡路島と大阪へ旅行に行ってきました
どちらも初めてです。
淡路島へは大阪から高速バスを利用しました
今はフェリーに乗らなくても橋でつながっているので楽ですね。
バスは大阪の他に、神戸三宮からも出ています。

初日はホテルでアロマトリートメントを受けました。
アロマサロンを併設していたわけではなく、
客室での出張トリートメントでした。
客室トリートメントってどんなものなのか興味があったので
良い参考になりました。
マッサージベットを使わず、
客室のベットでのトリートメントって腰とか痛めそうですね。
反対側のトリートメント時にはベットに乗って行なったり大変そうでした。
歩き疲れ、息子ちゃんの抱っこ疲れから
足と肩がとても凝っていたのですが、
恐らくそのあたりを分かってトリートメントしてくれていたようです。
それは良かったのですが、でも、でもなのです。
分かった上であえて行なっていてくれているのは分かるのですが、

痛い!

せっかく気持ちよかったのに、
足の裏と肩のトリートメント時の圧が強すぎて痛いのです。
肩のトリートメント時には、
「痛い」と思うだけでなく、だんだんと不快になりました。
足の裏と肩以外の部分のトリートメントは気持ち良かったんですけれどね…

凝りすぎている部分へのトリートメントの圧は弱めに、優しく…

これは私が将来トリートメントを行なう時の良い勉強になりました。

会員のつどい

2006年01月29日(日) 13時22分
「会員のつどい」行ってきました
セミナーのテーマは『カンキツ系を知りつくす』。
どんな内容だったのか少しご紹介します。

浸出液のローション

2005年12月28日(水) 10時32分
ちょっとお休みしていたら、前回更新からもう1ヶ月も経ってしまいました
この1ヶ月の間にちょっと効果のあったことがありました

息子ちゃんがひどい乾燥肌で、ひどく体をかゆがるのです。
いろいろな蜜蝋クリームや、乳液クリームを作ったりして塗っていたのですが、
全く効果がなく、乾燥性湿疹はどんどん広がるばかり。。。
一日のほとんどを幼稚園で過ごすため、ケアが出来るのは朝と夜だけ。
なかなか良くならないのも仕方がないのかなぁ…と半ばあきらめかけていました。
病院で薬をもらった方が良いのかなぁと思いつつも、
乾燥性の湿疹だと分かっているのでわざわざ病院に行くのもなぁ…と
どうしたら良いものか頭を悩ませていました。

天王洲ランチ

2005年11月24日(木) 22時55分
以前働いていた会社の方からお誘いを頂きランチに行ってきました。
天王洲、私が大学生だった頃はオシャレなスポットとして
かなり注目されていたようですが、
最近は汐留や六本木ヒルズなどもっとオシャレな場所が増えてしまい
ちょっと埋もれ気味ですね。
それでもモノレールに乗って天王洲に着くと、やっぱり非日常を感じます。
通勤していた時は日常でしたが…

ランチ、ちょっと個人的なトラブルがありまして中止になってしまいました。
でも、お昼休み中に会社に着いたので
ちょっとお話ししたり、お土産として作った
ミツロウクリームとルームフレッシュナーを渡すことが出来、
とても楽しい一時を過ごすことが出来ました。

その後はちょっと時間があったので、国会図書館に行ってきました。
やっぱり国会図書館は便利ですね。
本屋さんで閲覧出来ない本が確実にあります。
絶版本も。
絶版の本は残念ながら閲覧している方がいらしたらしく
見ることが出来ませんでしたが、
もう一冊の目的の本をちょっと見ることが出来ました。

「ハイドロゾル」という本です。
フレグランスジャーナル社から出ています。
ハイドロゾルとは芳香蒸留水、フローラルウォーターのことです。
精油については様々な本が出版されていますが、
フローラルウォーターについては、化粧水の代用として…
くらいしかあまり説明がありません。
でも精油の蒸留過程でできる副産物として
多少なりとも効果効能があるのは確かです。
でもそれについてあまり良く研究がされていないような気がします。
精油についても完全ではありませんしね。

なかなか興味深い内容でした。
あまり時間がなくじっくり読むことが出来ませんでしたが、
フローラルウォーターの品質期限や、効果・効能、
様々な症例についての具体的な使用方法など詳しく書かれています。

やっぱり買おうかなぁ…と思った本でした。

蜜蝋クリーム

2005年10月29日(土) 19時10分
今日は蜜蝋クリームを作りました。
蜜蝋クリームを作る時、
溶かした蜜蝋がある程度固まるまで
竹串でぐるぐるかき回さなければなりません。
固まるまで割と時間がかかります。
でもこのぐるぐる、馬鹿にしてはいけません。
必要な行為だったのです。

初めて作った時にはぐるぐるなんてしなくても…と思い、
ほとんどぐるぐるしませんでした。
そのままほったらかしにされた蜜蝋クリームは…

石のようにかたくなってしまったのです!!

ぐるぐるはホイップと一緒。
均一に固めるためと空気を包み込んで
柔らかくなめらかなクリームを作るために必要だったのです。

そんなこと常識でしたか?

でもレシピ集には作り方として
「竹串でぐるぐるかき回す」とはあっても
それは何のために必要なのかは書いてありません。
こういうちょっとしたことってとても大切だと思うのです。

ある人には当たり前のことでも、他のある人には当たり前ではない。

こういう事ってすぐに忘れてしまいます。
常に初心に返り「これって常識?」と立ち返ってみることが
人に教える時にはとても必要な事だと思います。

アロマ奨学生

2005年10月21日(金) 1時39分
今月初め、とあるアロマ通信講座の
アロマ奨学生募集の新聞広告が入っていました。
さんざん迷ったあげく、
「参考図書がもらえるだけでももうけもん」と思い、応募してみました。

昨日、1次選考通過のお知らせとして書類が届きました
そして今日、2次選考のインタビューとして電話がありました

今回の応募は500人以上あり、1次選考通過者が約200人、
そのうち奨学生が5人、優待奨学生が25人、
一般受講者を30人選考するそうです。

うーん、この応募者、1次選考通過者の数字って本当かなぁ?
どの程度の地域にチラシを入れているのか分からないけれど、
そんなに応募する人っているのかなぁ?
アロマってそんなに普及しているかしら?
確かに奨学生として完全無料受講が出来ればもうけもんですが…
ちょっと「まゆつば」だな…と思いました。

それにしても、高いですね、受講料
全部受講すると50万以上します。
通信講座なのに…
「これだけの受講料を払うならスクールに行くわ」
と思うのは私だけでしょうか?
地理的、環境的、その他様々な事情で
スクールに通いたくても通えない場合には良いんでしょうけれど。
それにしても高い気がするなぁ。
それともこれが相場?
間違っているのは私の方でしょうか?

男性とアロマテラピー

2005年10月12日(水) 16時12分
連休に旦那様のお友達の家に遊びに行ってきました
どこでどうこの話題になったのか忘れてしまいましたが、
私がアロマスクールに通っていることが話題に上りました。
お友達の奥様もアロマに少し興味があったようなのですが、
ちょっと複雑な表情。
どうやら旦那さんがアロマの香りが苦手のようなのです

レモンとペパーミントの香りを香らせておいたところに
旦那さんが帰ってきてとても不評だったと言うのです。
それ以来「くさくするな!」と言われたとか…

我が家の旦那様も最初は香りが苦手でした。
私が「アロマを勉強する!」と宣言した時は
「良いけど、俺がいる時に部屋をくさくしないで」と言われたほどです。

男性ってあまりアロマテラピーのような香りが好きではないのでしょうか?
確かにアロマが好きな人でも最初に精油の香りを嗅いだ時には
少し違和感を感じたと思います。
それは「天然の香り」であっても「自然の香り」ではないからなのでしょう。

香りの苦手な男性に香りだけで勧めるのは難しいと思います。
何かしら効果を実感させてあげた方が香りに対する興味が湧き、
芳香浴も受け入れてくれると思います。

う〜ん、一度出張リフレでもやりますか…

日本人とにおい

2005年09月29日(木) 23時27分
以前、嗅覚の授業で、「嗅覚は鍛えられる」ということでした。
確かに、最近においに敏感なのかなぁ〜と思うことが多々あります。

今まではそんなに自分の家のにおいって分からなかったのですが、
最近は家に帰ってきた時ににおいを感じます。

排水口のにおい、トイレのにおい、そして精油のかおり。。。
特に嫌なにおいに今まで以上に敏感になったように思います。

先日図書館で「においのはなし」という本を借りてきました。
その本によると、古代の日本は「におい」について感心がなかったようです。
というのは感じるほどの「におい」(良い香りも嫌なにおいも)が
なかったようなのです。
身近に強い芳香を放植物がなかったこと、
雨風や高温多湿な気候、
体臭が少ない上に水が豊富で入浴や行水を頻繁に行なうことができたこと。

古代の日本人はにおいに感心を持たず、
「香り」を表現する言葉を持っていなかった…

これは私にとっては驚きでした。
P R
2006年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■プロフィール■
■名前■  eri
■住んでいるところ■  埼玉県
■趣味など■  アロマテラピー
■家族構成■  夫、子供1人
最新コメント
アイコン画像こけし
» サークル修正 (2008年10月19日)
アイコン画像ぷるん
» サークル修正 (2008年10月05日)
アイコン画像まさる
» サークル修正 (2008年09月30日)
アイコン画像酢だこ
» サークル修正 (2008年09月27日)
アイコン画像50t
» サークル修正 (2008年09月25日)
アイコン画像たなとも
» サークル修正 (2006年09月08日)
アイコン画像れいこ
» サークル修正 (2006年07月22日)
アイコン画像kimamaかな
» サークル修正 (2006年07月03日)
アイコン画像kimamaかな
» 第1回 子育てアロマサークル開催 (2006年07月03日)
アイコン画像かな
» クイーンズウェイ初体験 (2006年06月06日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:heilung-garten
読者になる
Yapme!一覧
読者になる