強力な抗酸化作用
2016.07.25 [Mon] 13:52

吉川教授の実験
 次頁のグラフを見てください。これは京都府立医科大学の吉川敏一先生が『ESR測定』という方法で、活性酸素におよぼすルイボスティーの影響を調べたものですが、波形が大きいほど活性酸素が多いことをしめします。
 グラフを見ると、明らかに、ルイボスティーを加えたbのほうが、波形が小さく抑えられていますね。
 つまりルイボスティーには、SODによ
く似た、活性酸素をやっつける「抗酸化作用(SOD様作用)」が期待できるわけです。

野菜の一〇〜五〇倍のパワーが!
 一般に、過酸化脂質の中和能(抗酸化作用)をもつ食品としてビタミン類を多く含む緑色野菜が注目されています。
 私の調査では、ルイボスティーの抗酸化脂質ラジカルの中和能は、普通の野菜の約一〇〜五〇倍。緑黄色野菜の中で一番抗酸化作用の強い赤ジソとくらべても、おとらない抗酸化作用をもつ結果になりました。
 もちろん、多くのお茶類も強い抗酸化能がありますが、前述のように細胞にやさしいというルイボスの優れた特徴を考えるとこの意味がおわかりと思います。
 ルイボスティーのこうした強い「抗酸化作用」は、ルイボスティーに含まれている「ケルセチン」と「ポリフェボール」というフラボノイド成分に由来すると考えられています。これらフラボノイド類が、活性酸素の発生源に直接作用して、活性酸素の産出を大本から封じ込めるというわけです。
 しかし、ルイボスのすべての成分が明らかになったとは思っていません。いずれにしろ、ルイボスが酸素ラジカルを中和するということは、活性酸素による遺伝子DNAへの悪影響や細胞の突然変異が抑えられ、発ガンに至らずにすむのです。

健康栄養薬(食品)としてのSOD
 SODの抗酸化作用が注目されている昨今では「SOD食品」というものが出回っているようです。とくにドイツやフランスではSODをカプセルにして経口摂取するものが出回っているようです。
 本来SODそのものは細胞内で産出されるものであり、食物として摂取すると、SODは酵素タンパク質であり、消化酵素や酸で分解され、その活性はほとんどなくなると考えられます。そのためにSODそのものは腸から吸収されることはほとんどありません。従って、SODを飲んでも何らよいことは期待できません
 その点、天然物の低分子成分が細胞へ直接働きかけるルイボスティーなどのもつ「ラジカル中和成分」は生体内の各種のラジカルという危険分子を除くのに大切であることがおわかりいただけたかと思います。
 つまり、日常はルイボスティーその他ラジカル中和物質を摂取して、体内の活性酸素を抑えておけば、発ガンや老化の防止に大いに役立つといえるでしょう。


※図省略




アフリカのお茶 ルイボスティー
アフリカのお茶 ルイボスティー




 

発ガン抑制効果がある
2016.07.25 [Mon] 13:52

ルイボスティーで発ガンが半減
 そこで、次の研究報告を見てください。 長崎大学医学部の小松賢志助教授らがマウス(胎児)の細胞を使って、発ガンに対するルイボスティーの有効性を調べた実験です。
《実験内容》(試験管内の実験)
「@ルイボスティー(濃度二%)を加えて培養したマウスの細胞」と「Aルイボスティーを加えずに培養したマウスの細胞」にそれぞれ放射線を照射し、発生するガン細胞の数を比較しています。
《結果》
 六週間後に、それぞれの細胞一万個あたりに発生したガン細胞の数を調べた結果、次のようになりました。
@ルイボスティー添加…………一・三九個
Aルイボスティー無添加………四・七二個 ルイボスティーを加えて培養した細胞のほうが、ガン細胞の発生数が三分の一以下に抑えられていたわけです。
 この他、静岡県立大学の木苗直秀教授らのマウス実験では、発ガンの指標ともいうべき細胞の突然変異や染色体異常の発生が、ルイボスティーによって最小限に抑えられたことを確認しています。

知識をもってガンを予防しよう!
 どうやらルイボスティーには、発ガンを抑制する効果がありそうです。いったいルイボスティーのどのような作用が、発ガン抑制に効果的に働くのか、その作用のメカニズムを探ってみることにします。
 多少、専門的な難しい言葉もでてきますが、恐ろしいガンから身を守るためには、しっかりと知識をもってその予防につとめることが大切です。頑張って読みすすめてください。





アフリカのお茶 ルイボスティー
アフリカのお茶 ルイボスティー


 

アフリカ原住民の伝統的常用茶
2016.07.25 [Mon] 13:50

西欧の植物学者が再発見
 このお茶が世界に知られるようになったのは二〇世紀に入ってからです。きっかけは、植物学者のノーチェ博士の南アフリカへの調査訪問。博士がルイボスのお茶を知り、ヨーロッパに持ち帰ったのが、文明社会に紹介された最初です。一九〇四年のことでした。

豆科の植物
 ルイボスの学名は「アスパラサス・リネアリス」と言います。南アフリカでも、ある特定地域││セダルバーグ山脈地帯││だけに自生している豆科に属する針葉樹の一種です。日本の「お茶」の木とは似ても似つきません。
 成長すると一〜一・五メートルほどの高さになり、茎は細長く、葉は松の葉に似ています。お茶には、このルイボスの葉と小枝を乾燥させたものを用います。
 針葉樹のルイボスがアフリカにみられるわけは、この辺りは乾燥地帯で雨が少ないため、葉から水分が逃げるのを防ごうと、砂漠の植物のような進化をとげたと考えられています。
 このことは、このお茶の効果とも関係しています。
 さらに、乾燥した高原地帯特有の強い紫外線の直射から自らを守るため、このお茶の最大の特徴である強力な「抗酸化成分」が多量に含まれるのだと考えられています。




アフリカのお茶 ルイボスティー
アフリカのお茶 ルイボスティー


 

ローズヒップオイルの美肌効果
2016.07.25 [Mon] 13:09

 ローズヒップには、直径5〜6oの種子が20粒ほど入っています。お茶に使われるのは、その種をすべて取り除いた果皮だけで、かつて種は捨てられていました。
 しかし最近になって、種にも美肌成分が豊富なことが明らかになり、現在では種を搾って抽出したローズヒップオイルが、化粧品として利用されています。
 加齢にともなう肌の衰えをはじめ、シワ、シミ、乾燥肌、日焼けあとのケア、さらにヘアーオイルとしても有効とされています。種に含まれる代表的な美肌成分は以下のとおりです。

【トランスレチノイン酸】
 トランスレチノイン酸は、ビタミンA(レチノール)の誘導体。ビタミンAよりはるかに強い活性をもち、皮膚の再生を促したり、皮脂の分泌を抑えたり、コラーゲンや保水成分(ヒアルロン酸)の体内合成を高める働きがあるといわれています。

【抗酸化ビタミン】
 種の中にも、抗酸化力の強いベータカロチン、ビタミンE、ビタミンPが豊富に含まれています。これらを多く含むローズヒップオイルを肌に塗布すれば、肌の表面から活性酸素の害を防ぐことができます。

【必須脂肪酸】
 ローズヒップオイルは、リノール酸およびリノレン酸という2つの必須脂肪酸を高濃度に含んでいるのも特徴です。リノール酸とリノレン酸は植物性の脂肪酸で、皮膚を健康に保つ働きがあるといわれています。


美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ
美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ


 

こんなときにもぜひローズヒップを
2016.07.25 [Mon] 13:07

 《鉄欠乏性貧血》
 鉄の摂取が足りないと、血液中で酸素を運んでいる赤血球(ヘモグロビン)がうまく作られなくなって、息切れ、めまいといった貧血症状が生じてきます。
 これが鉄欠乏性貧血で、鉄を補給すればすぐに回復します。
 若い女性は、月経によって定期的に多量の鉄が失われるので、潜在性の鉄欠乏性貧血のケースが多くみられます。
 手軽においしく鉄を補給できるローズヒップは、貧血対策にうってつけです。

 《白内障》
 加齢にともなって、目の水晶体が白く濁ってくるのが白内障です。紫外線の影響で発生した活性酸素が、水晶体を酸化するために濁りが生じてきます。
 ビタミンCをはじめとする抗酸化成分の豊富なローズヒップは、白内障予防にも有効です。

 《そのほか》
 月経痛の軽減、疲労回復のほか、ストレスの多い人や妊婦の栄養補給などにも、ローズヒップはぜひおすすめです。


美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ
美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ


 

みずみずしい素肌の回復を助ける
2016.07.25 [Mon] 13:07

天然保湿因子がキーワード
 表皮のターンオーバーが円滑に行なわれないと、肌にさまざまなトラブルが生じてきます。乾燥肌もその1つです。
 肌のみずみずしさや、しっとり感は、角質層で水分を抱えているNMF(ナチュラル・モイスチャーライジング・ファクター=天然保湿因子)や細胞間脂質の量が重要な決め手となります。
 通常、NMFや細胞間脂質は、角質細胞が皮膚表面まで押し上げられる過程で作られます。ところが、ターンオーバーが正常に進まないと、それらの合成がうまくいかなくなります。すると、肌の水分量はぐんと低下し、本来のみずみずしさが失われてカサついてくるのです。
 肌が乾燥すると、化粧ののりが悪くなったり、シワができやすくなるほか、アレルギーや過敏症状を招く引き金にもなります。
 ローズヒップの有効成分の相乗効果で、表皮のターンオーバーが通常の活性を取り戻せば、肌のうるおいの回復に役立ちます。


美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ
美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ

 

ビタミンCを援護するビタミンP
2016.07.25 [Mon] 13:04

ビタミンCを守るサポーター
 ローズヒップには、ビタミンPも豊富です。ビタミンPとは、フラボノイド化合物のことで、ソバに多いルチンや、レモンの中のヘスペリジンがこの代表です。
 ビタミンPは、体内ではもっぱらビタミンCを援護する強力なサポーターとして働きます。
 例えば、ビタミンCがコラーゲンをつくるときにそれを補強し、毛細血管を強くしたり、毛細血管の機能(透過性)を正常に保つうえで貢献します。
 また、ビタミンPは、自ら抗酸化物質として活躍する傍ら、ビタミンCが酸化されるのを防ぐ役目も果たしています。
 さらに、ビタミンCは熱に弱く、食品を加熱調理すると大幅に減ってしまいますが、ビタミンPが一緒に存在すると、ビタミンCの損失が抑えられます。ローズヒップティーに多量のビタミンCが温存されているのは、ビタミンPのおかげなのです。
 加えて、ビタミンPは、ビタミンCの吸収をよくする働きもあります。




美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ
美肌アップに野バラの秘薬ローズヒップ