自然に無理なくダイエット
2016.07.21 [Thu] 11:14

ダイエット効果
 カフェインには、脂肪を燃えやすくする働きがあります。とすれば、カフェインを含む紅茶にもダイエット作用があるハズ。著者の研究室では、マウスを使った実験でそれが立証されています。
 マウスを以下の2群に分けて一年間飼育し、その後、それぞれの体重の増減を比較しました。

@【通常の餌十水】を摂取し続けたマウスの群
A【通常の餠十紅茶】を摂取し続けたマウスの群

 このように一年間続けた結果、紅茶を一緒に飲食させたA群のマウスのほうが、体重の増え方が2割も少なかったのです。
 このとき同時に脂肪のつき方を比較してみたところ、@群の方の肝臓のまわりには脂肪がたくさん沈着していましたが、A群では全くそれが認められませんでした。
 また、血液中のトリグリセリド(中性脂肪)の値は@群のほうがはるかに高い価を示すことがわかりました。
 紅茶の減量効果はほぼ間違いないといえます。
 ただし減量効果をねらう場合は、紅茶に砂糖を入れるのは禁物。砂糖のほうがカフェインより体内に吸収されるスピードが早いので、作用も砂糖のほうが先に出てしまうのです。
 ミルクは影響ありませんが、できればストレートティーを飲むようにしたいものです。





おいしいだけじゃない 紅茶はえらい!
おいしいだけじゃない 紅茶はえらい!



 

食中毒の解消に短時間で対処
2016.07.21 [Thu] 11:14

「感染型」と「毒素型」中毒
 細菌性の食中毒は、つぎの2種類に大別できます。
 ひとつは、食べ物と一緒に取り込まれた菌がその後体内で繁殖する「感染型」。もうひとつは、食物自体が産出した毒素を食べた場合に発症する「毒素型」の食中毒。
 いずれにしても、症状が重い場合は、生命さえおびやかす危険なものです。

菌の繁殖を抑制する
 紅茶が食中毒症状の改善に、極めて有効な作用をもっているとの研究報告がされたのは、つい4年前(平成元年)のことでした。
 昭和大学医学部細菌学教室の島村忠勝教授らのグループが、コレラ菌の研究を進めているなかで、お茶にコレラ菌の活動を抑える働きがあることを発見したのです。
 以後、煎茶や焙茶などさまざまな種類のお茶で実験を行ない、抗菌作用の有効性について発表しています。そのひとつが紅茶でした。
 紅茶に関する実験と報告は以下のとおりです。
 まず、菌を接種して固めた寒天の上に、紅茶液をしみ込ませた直径8ミリのパルプディスクをのせ、一日培養しました。
 その結果、ディスクの周辺に菌の繁殖が進行していないことが判明。つまり紅茶には、菌の繁殖を抑制する作用があることが確認されたわけです。

腸炎ビブリオを1時間で殺菌
 島村教授の研究グループはその後、さらに一歩進めて、紅茶の殺菌作用を調べる実験も行なっています。
 こんどは、菌を増やすための液体に紅茶を注ぎ、一定数の腸炎ビブリオ(菌)を加えてその分量の変化を観察しました。
 すると、感染型の腸炎ビブリオが、1時間後には全滅したのです。これほど短時間で殺菌されたことに教授も驚いたといいます。
 この実験は、腸炎ビブリオ以外にコレラ菌、毒素型のブドウ球菌についても行なわれ、同様の有効性が証明されました。



おいしいだけじゃない 紅茶はえらい!
おいしいだけじゃない 紅茶はえらい!




 

優れた薬効を生みだず成分
2016.07.21 [Thu] 11:12

有効成分カフェインとカテキン類
 ヨーロッパ諸国で茶は「東洋の神秘薬」として愛飲されてきました。万病に効くとまでいわれる茶の薬効が、どのような成分のどんな働きに起因しているのか、
順に見ていくことにしましょう。
 紅茶の主要成分はカフェインとカテキン類(タンニン)。身体に吸収されると、以下のような有効作用を発揮します。

〈カフェイン〉
@利尿・発汗作用で体の老廃物の排出を促す。
A強心作用(心臓の機能を高める)で体内の血液循環や新陳代謝を活発化す
B大脳の中枢神経を剌激して、思考力のパワーアップに役立つ。
C疲労回復作用。
D筋肉収縮の力を高める作用、等々。

〈カテキン類(タンニン)〉
@血中のコレステロールを減少させ、成人病の元凶ともいうべき動脈硬化の予防に役立つ。
A過酸化脂質の生成を抑える働きがあるため、老化防止に有効。
Bガン細胞の増殖を抑制する作用があるとの報告もある。
C風邪のウイルスを抑制するため流感の予防、治療に効果的。
D脳卒中などによる死亡を予防し延命効果がある。
E下痢を止める。
F1991年の茶国際シンポジウムで、エイズ予防に効果的と報告される、
 等々。

ビタミンとアミノ酸の働き
 カフェイン、カテキン類以外の成分では、疲労回復に役立つビタミンB群、甘み(うまみ)成分のアミノ酸(タンパク質)の働きも見逃せません。生の茶葉に含まれるビタミンCは、発酵の際に失われます。
 紅茶が、動脈硬化に関わる成人病、ぜんそく、インフルエンザ、食中毒などの諸症状の予防・改善に有効なのは、こうした成分の相剰的な働きによります。


※表省略


おいしいだけじゃない 紅茶はえらい!
おいしいだけじゃない 紅茶はえらい!


 

緑茶、ウーロン茶との違いは?
2016.07.21 [Thu] 10:28

紅茶と緑茶は同じ茶樹からできる
 紅茶が緑茶と同じ茶樹の生葉からつくられていることは、あまり知られていないようです。ついでにいえば、ウーロン茶もまた同じ樹からつくられています。
 茶はその学名を Thea sinensis L といい、ツバキ科の植物に属します。
 紅茶、緑茶、ウーロン茶の違いは、その製造工程によって類別されます。
 お茶を作るには、茶の芽や葉の汁に含まれている酸化酵素の働きを活用します。生葉を蒸すことにより酸化酵素の働きを止めて作ったのが緑茶、完全に発酵させたものが紅茶、そして発酵を途中で止めたものがウーロン茶です。
 茶葉を緑茶にするか紅茶にするか、あるいはウーロン茶にするかは、生産地の気候風土、茶樹の品種によって適・不適があります。日本では紅茶の生産は昭和20年代を最後に、以来ほとんど行なわれていません。

日本の茶樹は「中国系統」
 紅茶の生産に適しているのは、高温多湿で昼夜の気温差が激しい亜熱帯地域の茶樹です。一般に「アッサム系統」と呼ばれており、タンニンの含有率が高いため、香り、味ともに濃厚で、紅茶向きの品種といえます。
 現在、紅茶は世界二十ケ国余りで生産されていますが、なかでもインドのダージリンとアッサム、スリランカのウバ、中国のキーモン(祁門)は、独特の香りと滋味をもち“四大銘茶”といわれています。
 ちなみに日本や台湾、中国の茶樹は「中国系統の茶樹」と呼ばれ、葉に含まれるタンニンの比率が低く、アミノ酸が比較的多く香味がデリケートであるため、緑茶やウーロン茶の生産が中心になっています。
 最近はインドネシアやケニア、トルコの紅茶生産量が増え、日本にも輸入されています。




おいしいだけじゃない 紅茶はえらい!
おいしいだけじゃない 紅茶はえらい!