薬用茶として飲む時の注意
2016.07.26 [Tue] 21:00

副作用の心配はない
 バナバ茶は今のところ、副作用の心配はありません。
 ここで好転反応について説明しておきましょう。漢方や民間療法ではよく「好転反応」といわれますが、これは体の毒素や老廃物を排出するために出てくる症状です。
 湿疹や吹き出物、腫れ、おできなどのほか目がかゆくなるとか、鼻がつまる、体調が崩れるなどです。しかし、好転反応は誰でも必ず出るというわけではありません。むしろ出るほうがまれです。
 出た場合は、あくまでも体が良くなっていくための一時的な現象ですから、慎重に様子をみられたらいいでしょう。

一日に飲む量は
 普通、健康食品には一日に何粒飲むとか、一回に何錠飲まなければいけないといった決まりはありませんが、それとまったく同じで、バナバ茶も飲む量が決まっているわけではありません。
 前項でも述べましたが、ごく一般に、普通のお茶を飲む感覚で、飲まれるといいでしょう。一日何回でもかまいません。
 バナバ茶はカフェインが含まれていませんので、妊娠中でも子供でも安心して飲むことができます。

薬の常用者にも問題はない
 普通、薬を二種類以上飲むといった場合は、双方の副作用が重なって、人命を損なうような危険にもなりかねないので細心の注意が必要とされます。
 病院などで出された薬を常用している人が、バナバ茶を飲んでもいいのかと心配があるかもしれませんが、さきほども述べましたように、バナバ茶には副作用がありませんので、併用してもかまいません。
 しかしバナバ茶に限らず、薬を服用する際は、水か湯冷しで飲むといいでしょう。




バナバ茶で糖尿が消えた!
バナバ茶で糖尿が消えた!



 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。