食事療法を基本に“一病息災”
2016.07.27 [Wed] 19:00

糖尿病と診断されたら
 糖尿病と診断されたら、まず覚悟を決めることが一番大事です。
 最近は「病気とたたかうべきか、たたかわざるべきか」の議論が盛んですが、こと糖尿病に関しては「病気とたたかう」というより、「一生お付き合いしていこう」という姿勢が好ましいと言えるでしょう。
 昔の人は“無病息災”と言いましたが、糖尿病では「一病息災」、つまり一病を得たおかげでかえって生活に充実感が増したことを喜ぶ気持ちの切り替えが必要です。

バランスのとれた食事を
 糖尿病治療の基本になるのは、正しい食事と適度な運動です。中でも食事療法は欠かせません。カロリーをコントロールした食事、決められた一日の総エネルギー量の中で偏食をなくし、腹八分目でバランスよく食べることがなによりも大切です。
 糖尿病だからといって食べてはいけないものはほとんどありません。あくまでそれぞれの量が問題なのです。
 たんぱく質、糖質、脂肪、各種ビタミン・ミネラルなど体に必要な栄養素をまんべんなく、バランスよくとることは当然です。配分としては、糖分六割、たんぱく質二〜三割、脂肪一割、ビタミンとミネラル〇・五割が理想的です。
 たんぱく質は体の組織、血液、インスリンの維持などに必要な栄養素で、一日の摂取量の三分の一は動物性たんぱく質からとるようにしましょう。
 ご飯やパン、めん類、いも類などの糖分は、糖尿病にかかると食べてはいけないように思えますが、それは誤解です。糖分は一日一定量は補給する必要があります。大事なエネルギー源なのです。
 ビタミン・ミネラルの含まれた野菜や海草、果物なども欠かせません。



バナバ茶で糖尿が消えた!
バナバ茶で糖尿が消えた!



 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。