2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
«2011年09月 | Main | 2011年07月»
一人で出かけた / 2011年08月02日(火)
覚書。
武蔵小杉
千葉
成東
大網
成東
銚子
外川
犬吠
銚子
佐倉
成田空港
成田
我孫子
日暮里
蒲田
川崎
向河原
武蔵小杉
新川崎

一日で結構乗降したもんだな。

死ぬまでにあとどれだけ乗降できるんだろ。

明日からまた怒涛の塾。
きつい。
やめてもいいんなら多分やめるよ。
でもまあお小遣いは欲しいわけで。
九月に結構貰えそうだな。
父親がしつこく塾のバイトはどうなんやというから
ならやってやるよお前が思ってるよりも劣悪じゃ
ということを見せつける一種の実証実験として始めた。
のだけど、ずるずると四年目。
一つのポジションを築いてしまったわけで。
やりやすいと言えばやりやすい。
けど、やっぱり一日これはきつい。

日帰りでもなんでも、どこかに行くのは楽しい。
楽しいも楽しくないも相対的なもんだから
楽しくない塾があってこそ映えるんだろうな。

本格的にきつくなったら窮状を訴えればよい話で。
それをしないのはまだまだ余力があるからでしょう。

明日か明後日には新しいおもちゃが届くので
それは一つの楽しみ。
バンドがしたいのに、お友達がいなくて心底悲しい。
見ず知らずの人とやるってのはやだしな。

休日にきちんと遊んでしまった。
昨日は日暮里の変な店で変な集まりがあった。
当初思っていたメンツでは無かったのだけど、それはそれで
十分楽しいわけで。

私は動き続けていたいんだなあ。
いろんな人に会うのも好きだし
いろんなとこ行くのも好きだし
なんでも首突っ込んでみたい。

ただまあ時間は有限なわけでして。
焦るわ。

まだ22だと人は言うけれども、
22歳という時間が永劫に続くわけではない。

かようにいらんことばかり考えるのは夜だからだな。
ベースの練習はやろっと。
今思えばベースを選ぶからお友達を探す羽目になったわけで
間違えたのかもしれないけど
そんなんどうでもいい。
とりあえず、後輩を取り込む。
そして願わくばヤプーズのコピーが出来ますように。

会社からは次の面談がどうのこうのというメールが来てた。
これもゆっくりではあるけれど動いているのだな。

経理関係の仕事してる人たちが皆知ってて、すごいすごいって言ってくれるのが嬉しい。
出版関係の知人にも、すごいすごいと言われるのが嬉しい。

嬉しいけど、あからさまに自慢するわけにもいかんやろ。
でも、自慢したくなる言いふらしたくなる。のでネタに走る。

なんで内定もらえたのかは未だにわからんけど、
内定の電話貰った時から一貫して心の底にあるのは
この会社から内定もらえて嬉しいということ。
最も、決心と言うのは徐々に固めていくものだけど。
そのために、出版物を送ってきて下さるのでしょうな。
あきらめなくてはならないものがあるというのも本当のところで。
それはどこでも同じで。
なんでもかんでも手広くやってる会社なんかないからね。
例えば、仮に自分が金融関係で働くとなっていたら、
もっとあきらめなくてはいけないものは多かった。
出版に関われないわけで。
そんで、出版と言っても、会社ごとに色があるわけで、
そうすると、畑違いの物はあきらめるということになる。

このことを私はネガティブに捉えているのかと問われたら
それは違うんだろうね。

なんだろ。
この決心の類は、多分「働く」ということに対するものだと思う。
今は、何に対しても適当なことが言える。
でも、それがなくなるということで。
逃げられないのだな。

まあ、そりゃ考えることもあるでしょ。
でも、神保町行ったり、会社の出版物本屋で見つけたりするたびに
にやにやしてしまうのも本当で。

ちょっとタイムマシンで高校生の自分のとこに行って色々教えてあげたいわ。
一番すっきり収まったと。

来年になっても鉄道趣味はやめない。
本は読み続ける。
文章も書く。
その他の趣味も行動も変えない。
あとは、願わくばちゃんとお友達が見つかっていること。
そんで、歌うたいたいという人と曲作りたいという人が
何故かうまくみつかっていて、私は言葉を書いていますようにだよな。

夜中だなあ。

特に何も考えていないということが書いているうちに分かってきて切ない。

相変わらず意味のないことを書いている。
でも、他意はなくとも書かないとどうにもこうにも。

別に綺麗な文章書こうと思ってこのブログに向かってるわけではなく。
伏線などに気を使う程に起承転結はないし。
そもそも、指の動くままにしか書いていないので
展開なんて考えられるわけもなく。
平仮名、カタカナ、漢字と言う日本語に必要なものの羅列に過ぎん。
それでも、夜な夜な書くのは、
しかも何年も続けているのは
必要だからなのだろう。

過去のものを読み返すと、あほとしか言いようがないことばかりで。
それは恐らくいまここに書いているものもいつかはそうなる運命であるということを示してるわけで。
別にそれでもいいんだよな。
そんときはそれが真剣だったわけなので。

環境は予期せぬ方向に変わっていく。
良い方向へも悪い方向へも。
良い部分はずっと保持していきたいものです。
というか、このところはいいものばかりなので、
大事にしてきたい。
あと、もっと膨らませたいし、
新しいこともなんかしたい。
漠然としすぎてるが。
いっそ小説でも書いたらいいんか。と、やはり言葉の世界につっこむのだった。
やっぱりまずはベースか。
私も曲とか作りたい。けど、歌詞を作りたいという気持ちの方がつよい。けど。
あれだな、全部やりたいんだなやっぱり。
やりたいことは次から次にぽんぽん浮かぶ。
それを我慢することは簡単だけど、
面白くない。
我慢のできない人間であることは重々承知してる。
人様に迷惑かけない程度に、全部やろ。

そして、今日はもう寝よ。
明日倒れる。
最近途中で声がでなくなったり立ちくらみになったりするのよ。
ガンバろ。ガンバろ。と自分を鼓舞する。


 
Posted at 01:35/ この記事のURL
yaplog!広告

 
GMO Internet, Inc.