2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
«2006年10月 | Main | 2006年08月»
テレビ局探検隊☆★ / 2006年09月30日(土)
今日は駿台のハイレベル模試でした。
どじな某N山先生のお陰で偉い目に遭いました。
彼のお陰で国語の点数は予定より確実に10点低い・・・。
内容については割愛。
試験は16時に終了。
そのままお友達のチャイナ娘とチャリを漕いでお出かけ〜。
行き着いた先は・・・FBC!!
ここでFBCについて知らないアーバンな方々にFBCの紹介。
FBCとは福井放送のことです。
つまり福井の民放局。
チャイナ娘の母親が通訳として働いているところ。
そんなチャイナ娘がFBCの唯一無二の女性記者と知り合い私を話題に出したことがきっかけとなり今日という日が成立した。
つまるところFBCの社内見学。
黙々とチャリをこぐこと二十分。
見えてきましたFBC!!!
土曜日ということで駐車場がらがらなので適当に止めてチャイナ娘がテレフォン。
・・・・着ましたきました憧れの記者、A野さん!!
か、かわいい。
てかおしゃれ。
ホンとは今日は仕事休みということで普段着なのだがこれがまたカワイイ。
あとで33歳と判明したけどそんな風には見えないよ、姐さん!!
挨拶もソコソコに局内に侵入。
入ってすぐのところにいきなりスタジオ。
見学者用にガラス越しから見える仕組み。
見学もソコソコに「これより先は関係者以外侵入禁止」の向こうへ。
高鳴る鼓動。
スタジオの隣の部屋にお邪魔させていただく。
何ていう名前の部屋だろう、編集する部屋!?

ドラマなんかによく出てくるモニターがあって、・・・とりあえず放送の核になる部屋。
カメラ小僧はもちろん写真を撮ってますよさあさあ露出〜〜。
ってわけで編集する部屋はこんな感じ。
ドラマとかそのまんまです。
男ばかりでむさいーー。
ケド皆さんプロでした。
興奮興奮!!!
一人で顔真っ赤にしてました。
で、スタジオの方では番組の始まる10分前の模様。
まだ10分あるーーーというわけで中に侵入させて頂く。
優しいディレクターのおじさん。
もしやセーラー服フェチ?
中にいたのは福井選出の国会議員。
安部政権についてのお話。
至近距離に迫って撮影会を始める私。
テレビ局の人って怖いイメージがあったけど実は皆さんいい人でした。
さて、福井出身の議員さんをここで露出。。
どれが天下の代議士様かといいますと向って右二人。
一番右のいかにもなやつは比例代表の糸川議員。
この人が当選した時は「あんた誰??」って感じでした。
いわゆる刺客です。
もともと会社役員だったのがいきなり議員。
アーバンな皆様はご存じないでしょうね。
私も久しぶりにこの人思い出したから。
二人目の女は稲田議員。
福井一区代表。
この人出てきたときも「あんた誰??」って感じでした。
いわゆるくのいちです。
片山さつきの目立たないバージョン、見たいな。
一言二言会話したけど興味なし。私の興味は記者にしか傾いてないから。
別の場所であってたら取材しまくってました。
で、ここもそろそろ飽きたのでAのサンに他のところも案内していただく。
行く先々でA野さんが「F島の3年生で記者志望の子です」というと、とりあえず皆さんF島に反応する。
すごいよF島!!アーバンじゃどってことはないけど福井じゃ通用しますね。
で、続いて皆様記者志望に反応。
色々どんどん教えてくださりまして最終的には「就職はうちに」

A野サンにジュースをおごってもらいながらおしゃべり。
自販機のジュースが全て100円だったので驚きました。
もうね、興奮して興奮して質問することがのどのあたりにつっかえてぐしゃっとなってうまく出ない(涙)
あれなんだって、上司のセクハラじみた発言も笑って対応できなきゃダメなんだってさ。
まあ、逆セクハラと天下に名高い私には朝飯前さ。
で、いろんなことを知っている必要があるらしい。
まあ、国語教師にも物知りのお墨付きをいただいた私ですし、あらゆることに対して興味意欲関心がわくので余裕ーー(勉強除く)
そのほかにも色々ーー。
結婚している人のほうが心に余裕があるとかホンとはカメラマン志望だったとか裏話みたいなのも聞き、書き出したら限が無い!!
やっぱり私は記者に成るのだーーー。
そしてごめんなさい、NHKの記者になるのらーー。
(あくまで私の考え。)記者は一見主義主張のない仕事に見える。ただ事実を視聴者に伝えるだけ。
しかし、それが大事なのだーーー!!!
視聴者に正しい情報を私そこからそれぞれが思い思いに考えることが大事なのだーー。
それに、記者にだって主義主張はありますよ。
取材における質問の仕方も何を取材するかもそれらは全て主義主張でしょーーー。
あー、今は嫌な嫌なお勉強を我慢してやって大学行ったら取り込みたい知識を取り込めるだけ取り込んで最終的には記者になりたいよ。

 
Posted at 20:55/ この記事のURL
スタンダードを見くびるな / 2006年09月28日(木)
文転者と数三Cの入らない人向けの授業テキスト。
当初私は「は?スタンダード!?馬鹿にしやがって。別に数学出来ないからブンテンしたわけじゃないのになんでこんなしょぼいの使わなきゃならないのよー」と思ってました。
が、あけてびっくり玉手箱!
東大京大の問題がざくざく!
なんじゃこりゃーなんじゃこりゃー!

 
Posted at 22:23/ この記事のURL
こないだの自己採点 / 2006年09月28日(木)
土日にあった模試の自己採点結果が返ってきた。
マークだから恐らく点数とかそのまんまなはず。
順位とか書いてあるんですけどそれが理系の中の順位だから参考にならねぇ!
文系における自分の位置が知りたいのだー。
おそらく理系教科のおかげで文系の中のほうが順位はいいと思われ。
まあ、もともと大した点数じゃないけどー。
だけど今回の模試は悪いながらもどかっと点数があがりました。
上がったって言ったって元が悪くてようやく人並みになれましたーって感じ。
やっと温存していた力を発揮するときが来た!
そこまでためてないけど笑
ゲームの溜め技チックだな。
それにしてもわるーい!
頭が悪い(涙)

 
Posted at 20:06/ この記事のURL
何もないとか言うなよ / 2006年09月28日(木)
淡い色の花びらが空からはらはら降ってくるわけでも、青々とした稲穂が風に揺られとそわそわしているわけでも、一面まばゆい限りの白銀世界というわけでもなくて本当に何にも無いけど、そこには秋があります。

膝小僧を掠める薄の穂。
靴下には自然の奇跡の産物、くっつき虫。
枯渇した木々ではスパイダーが夜支度。
耳の神経研ぎ澄ませば鈴虫が存在証明を掻き鳴らしています。

真紅を讃える彼岸花。

秋を皮膚で感じています。
ちょっとした優越感。

 
Posted at 18:44/ この記事のURL
てくてく / 2006年09月28日(木)
風が優しい。
ノコノコ歩いてると頭のなかから勉強もエロイこともふっとんで空っぽになりますわ。
頭が軽くて。
非日常ですわ。
何にもなくてあるのは空っぽ乃私と何にもないたんぼと稲刈りの後の淋しさと風と風と風と、それからアンニュイ。

 
Posted at 17:41/ この記事のURL
僕の友達って誰だし / 2006年09月27日(水)
後輩から

ー友達が先輩の写メ欲しいって言うんですけど、送ってくれませんか?

というメールを受けた。
友達って何者!ケダ者!

もちろん拒否った私に対して

ーなんでですか?

お前はいつからそんなに偉くなったんだい!
こちとら歯が痛むー。

ーマジでお願いしますよ〜orz

なぜか懇願。逝け!

ー実は僕個人としても欲しかったりしますw

うわぁー、私はこんな後輩を持った覚えは無い(涙)

 
Posted at 20:59/ この記事のURL
京大オープン! / 2006年09月27日(水)
学校の長廊下は三階部分が屋外になってる。
チャイナ娘と空を仰ぎながら一時間ばかりグチグチ言った。
身体の毒素を抜いた感じ。
すこーしすっきりした。

河合塾の京大模試が返ってきた。
まあ、一ヵ月前のだから全然参考にならないけど。
当たり前だけど全然点数無かった。
偏差値は軒並み五十弱。
その中で国語だけ偏差値六十越えとったー!わーい。
これと言った勉強してないのに。
一つ判明したのは私と京大の国語が相性良いこと。
ただ古文がぼろかったので単語やるよー。
センターも古文が点喰い虫だから。
合格には程遠いー。
今日は歯医者に親不知抜きに行きます!

 
Posted at 17:17/ この記事のURL
気付く事無く / 2006年09月27日(水)
誰も気付いてないし私も気付いてなかったけど徐々に疲れだしている。
もうすぐ衣替えだからリストカットを再開しようかな。
心が疲れやすい思春期です。
自慰行為に耽った後の虚しさとけだるさがひたすら続くイメージ。
彼氏欲しい。

 
Posted at 00:35/ この記事のURL
安売り / 2006年09月26日(火)
最近書いたあいさんに関して。
あの人とあの人の取り巻きがみんな死ねばいいと心のそこから思う日々。
「もう、このクラスマジうざい!」
(そう言うお前が一番うざい。)
「きもいー!」
(そういうお前が一番きもい。)

あの人達以上に最悪な生きものを見たことが無いから形容のしようがない。
とにかく 本当の馬鹿としか言えない。

なんなんだろう、雰囲気というかイメージは「100円ショップに売ってそう」な感じ。

どうしたらあんなふうに育つのかがわからない!
あいさんに関しては母親がわざわざ学校に出向いて
「先生、よろしくお願いします!私甘やかしてきたことにだけは自信ありますから!」
この娘にあの親。
父親は総合病院の外科部長で母親は歯科衛生師の専門学校講師で祖母は華道かなんかの先生のはず。
17才であれはやばいよー。
まわりが迷惑被ってることに気付いてないし。
別にさぁ、何もしなくて良いから ただオトナシクしていて欲しい。
私は無駄に神経質だから耐えられないわ。

 
Posted at 23:34/ この記事のURL
平静を / 2006年09月24日(日)
保っているかのように見える私も相当焦っています。
目の前に憧れの都会生活一人暮らしがあるわけなのだけれど実感がない。
成績悪いし超つらいんだよー、よしき!
意気込みじゃなくて成績が必要なのだ。
ただまだ私は涙を流してないです。
つまりまだまだ余裕ぶっこいているということ。
もっと追い込まれる必要がある。
都会にいくのだ四畳半に別れを告げるのだ。
自分を試すのだ半径一キロ以内にコンビニの存在する世界に飛びたつよ!
地味に数学しようっと。
目標は色鮮やかだけどやってることは実に事務的な作業。
だけどこれが私を遠くへ連れていってくれるのね。

 
Posted at 20:06/ この記事のURL
yaplog!広告

| 前へ
 
GMO Internet, Inc.