2006年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
«2006年07月 | Main | 2006年05月»
メール返そうよ / 2006年06月30日(金)
Iさんとメールをするときのパターン。
どっちかが疑問型のメールする。
返すついでにいくつか質問。
Iさんから疑問メール。
答えるついでに私も疑問メール。
返信なし!

うわぁーん、傷つく!

 
Posted at 00:33/ この記事のURL
誕生日 / 2006年06月29日(木)
Iさんから誕生日教えてくれとのメール。
誕生日占い?
私は信じないよー。

アナウンサーっていうと転勤属。
ってわけでIさんも確実に数年後には転勤しちゃうわけか。
淋しいな。寂しいな。
Iさんは社交的だからいろんなチームでバレーしたりしてて友達がたくさんいるわけです。
本人も転勤とか意識してるのかなぁ。
つらくないのかなぁ。
昔いろんな生きものを飼わせていただいてましたが、いつも最初に考えたのは

いつかお別れがくるんだよな

ってこと。
出会いがあれば別れがあるということばは残酷だと思います。

 
Posted at 19:26/ この記事のURL
パンク / 2006年06月29日(木)
下校時に愛車がパンクしました。
ちょうど近くに知り合いのチャリ屋があるので押していきました。
が予想以上にとおく、30分以上歩き続けました。
くらくらしてきました。
チャリ屋についた頃にはずいぶんくたびれてました。
チャリ屋のおじさんいわく「今時このパンクの仕方はめずらしい」
へっ?
おじさんが見せたのは

くぎ!

漫画の世界ですね。
まあ、昔「漫画みたい」と私の存在にたいして言われたことあるからしようがないです、と妥協。

けさは道で蜘蛛が巣作りしてもろそこ入って正面から巣壊して私も蜘蛛もひどいめに遭いました。
しかもセーラー服に染みが付いてると思ったら直径3センチ大の蜘蛛だったし。
厄日!

 
Posted at 18:03/ この記事のURL
セックス語っても / 2006年06月27日(火)
たかだか17才がセックスについて語ったところでどうにもならない。というか内容が浅い。
何語っても浅い。
何考えても何思っても浅い。
薄っぺらー。

小論文に関する話があった。
夏休み中に学部に関係する本(新書)を一冊読めとのこと。
…一晩一冊ペースですよ、私。

昨日英語の時間にスイッチが入った。
普段私は英語の時はもくもくと自分の勉強してて教師の声は右から左状態。
で、右から教師のことばが入ってきたんだけどどうもいってることがおかしい。
というわけで右から脳みそ入って刹那に口からはきだした。
ほとんど無意識のうちに間違いを指摘。
そしてまた自分の勉強に戻る。
たまにスイッチ入ります。
変なスイッチ入ったらどうしようww

 
Posted at 23:01/ この記事のURL
じこちゅーー / 2006年06月27日(火)
色々無いようで色々あって疲れました。
生理が来てよかったね。
色々色々物想ふ今日この頃。
クタビレター。

私の悩みなんて所詮ちっぽけさ。
だけど、誰がちっぽけだと決めたの?
相対的に見たら大人の悩みに比べて17才の悩みなんてくだらないでしょうよ。
だけど相対的に見たら宇宙のなぞに比べて大人の悩みなんて鼻糞にすらなりえないでしょ。

すべての価値判断は相対的ーー。

 
Posted at 21:40/ この記事のURL
ちいさいとき / 2006年06月27日(火)
まあ、りかちゃん人形で遊びましたよ。

だけどそれよりもレゴを好んでました。

そしてそれよりもトーマスを好んでました。

トーマスのおもちゃとビデオと本が大好きでした。
線路つなげて楽しんでました。
乗り物関係の本を大量にもってました。
いろんな車の本とか電車の本とか。
今思うと私が電車好きなのにもわけがあるんですね。
本には特殊な車(移動図書館とか飛行場で使われる車とか)が乗ってました。
で、幼い頃の私は飽きる事無くみてました。
父の伝手で消防車にもよく乗ってました。
てか母方の祖父が元国鉄職員(雷鳥の車掌)で、母もそれにともない電車好きです。(時刻表見て仮想旅行してたとか)
なので無意識のうちに娘にもそういうおもちゃ類を与えたのでしょう。
久しぶりに敦賀に行って祖父に国鉄時代の話を聞きたくなりました。
ちなみに祖父の実家は滋賀にあるのですがもとは伊井直弼藩主時代の家老でした。
よって田舎の名家なんですけど今は誰もすんでないのでその面影は墓にしかありません。
墓地には同じ名字の墓ばかりです。分家。
ってこのことはまた今度書きます。
話しだすと長くなるので。
自殺とか自殺とか自殺とか登場するし。

 
Posted at 00:00/ この記事のURL
寝台特急日本海 / 2006年06月26日(月)
いつ見てもほれぼれします。
青光りする車体。
行き先は堂々青森。
線路が青森までつづいている証拠。
夜の闇のなかを黙々と走る。
想像して鳥肌。
電車ファンを愚弄するな!

 
Posted at 20:28/ この記事のURL
奈良の事件 / 2006年06月25日(日)
車でラジオ聞いてて父親におまえにもそういう可能性あるかと尋ねられてないんじゃない?と答えた。
臆病だからできないんーよ(笑)

中高生が事件を起こすと学校側は決まって「おとなしくて普通の生徒でした。まさかあんなことするなんて」と言う。
嘘こけ!
おとなしくて普通の生徒なんているわけないし!
そもそも普通の生徒なんていないし。
それぞれ何か特徴があるはず。
担任はそれらを把握してるはず。
だけど敢えて言わない。
責任回避☆
「実はいつも教室では一人で云々」言いだしたら学校の責任追求されるからー。


久しぶりに司馬遼太郎が読みたい。
私、何を隠そう司馬遼太郎が大大大好き☆
今はやりのなんとかかんとかって小説があって、知ったかぶりの女の子たちは馬鹿の一つ覚えみたいに‘超おもしろい!’って言いますがこちのが百倍おもしろい。
まあ、始めて読んだ時は小学生だったし、しかも初めての司馬遼太郎作品が‘殉死’で更に、母の昔読んだやつだったから黄ばんでぼろくて振り仮名なくてつまらなくてこいつイヤーって感じだったんですけど。
燃えよ剣あたりから入ればよかったな。
なにはともあれ今は大好き。純粋に楽しい。

平野啓一郎がなんとなく久しぶりに読みたい。

 
Posted at 22:32/ この記事のURL
あしたは / 2006年06月24日(土)
三時に起きます。宣言。

 
Posted at 22:15/ この記事のURL
金とセックス / 2006年06月24日(土)
知り合いの先輩が夜の仕事を始めて、お金もらわずに女を抱くのが嫌になったらしい。
その先輩ってのは○CU(話の内容の都合により大学名は虫食い)に通ってらっしゃる。
前はそんなこと言わなかった。
セックスってなんだそのていどなのか、と思わずにいられない。

 
Posted at 21:14/ この記事のURL
yaplog!広告

| 前へ
 
GMO Internet, Inc.