2006年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
«2006年05月 | Main | 2006年03月»
気付いたら / 2006年04月30日(日)
【今日のランキング】
学校休んでいる間にやるべき課題がたまっていたことに今頃気付く。のんきだなあ。その膨大な量にいまさらながらおののく。メジアンやるにもノートがなくて混乱。準拠問題集の提出日が明後日であることに気付く。範囲は10ページ!!布団のなかでうなることに精一杯ですっかり忘れていた。あー、どうしよう……パニックになるとどうにもなりません。

 
Posted at 23:42/ この記事のURL
午後に読んだもの / 2006年04月30日(日)
【今日のランキング】
久しぶりに何を思ったか坊っちゃんを読みました。坊っちゃんはテンポが良いから一気に読んでしまいます。坊っちゃんって、結局負けちゃったんですよね?最終的に辞表だして東京帰ってくるし。なんか淋しいんだよなぁ。清さんと坊っちゃんの関係は好きです。なんだかんだで西洋には勝てません、みたいなのを感じてしまいます。今の社会の仕組みは明治維新の頃に出来たらしいです。ってことは坊っちゃんの話は今の時代でもおおいに通じますね。まあ、野だいこみたいなの普通にいるし。ぼっちゃんと山嵐がいないからなあなあになってるけど。うらなりさんもいますね、息苦しそうに。

 
Posted at 22:20/ この記事のURL
小説かきてー / 2006年04月30日(日)
【今日のランキング】
以前から幾度となく叫んでますがやっぱり「小説かきたいんじゃ!」です。ブログ書いてりゃ十分でしょ!ときつい一言いわれそうですが、ブログはね、垂れ流しなんですよ。ぼたぼたぼた……と。なんかこう雰囲気でいうならだらしない感じ? で小説は堅い握り飯なんですよ。ぎゅっと濃縮された。つまり微妙に違うんです。で、そんなの大学合格してから書きなさい!って叱られそうなんですけど、それじゃ遅いんじゃ!と叫んでみる。この微妙な感性のうちに書かなきゃ!と使命みたいに書いちゃいましたが今書かなきゃいつ書ける!って話。だけどどうやって書く?展開は?と悩むことが山積みなんで良かったらあとばいす頼みます(>o<)/

 
Posted at 20:05/ この記事のURL
受け攻め度チェック / 2006年04月30日(日)
【今日のランキング】
後輩(オス)に誕生日と血液型を教えたら勝手に占われてしまいました。その占いによると私は鬼畜攻めらしいです。これは喜んで良いのだろうか。ちなみにその後輩も鬼畜攻めだったみたいです。まあ、彼はスカトロが大好きだし相手を辱めるという意味でなんとかを舐めたいとか、主従関係がたまらない等々言っている支配欲満点の男なのでうなずけますが。かわいそうな事に色々豪語するけど童貞なんだな(笑)で、私に関して。うーん、私としては見た目(日常)は女王さまだけど実は……みたいなのを狙ってるので(笑)まあ、占いとなってますが当たる当たらないはどうでもよくて話のねたにしたら楽しいなレベルですけどね。気になる人はここをクリックしてください。

 
Posted at 15:47/ この記事のURL
頭痛!!痛い!! / 2006年04月30日(日)
【今日のランキング】
うわぁーん\(>o<)/ 腹痛が治まったと思ったら頭痛が勃発!!痛い!!あー、どうしてこうも都合の悪い体なんでしょうね。明日は学校ですよ。なんとかしなくちゃ。

 
Posted at 15:20/ この記事のURL
17歳という時 / 2006年04月30日(日)
【今日のランキング】
自分の考えていることは紛れもなく17歳の女の子の考えていることであり13歳の子が考えることでも21歳の人が思っていることでもない。そのことに対して私の場合、未熟だ云々といって嘆いてしまう。だけど、逆の発想をすれば17歳の今の私だから考えることが出来ることであって一年後の私には絶対に無理だと思う。高野悦子の日記に共鳴できるのも私が17歳だからかもしれない。もし32歳の時に出会っていたら笑い飛ばしていたかもしれない。はやいうちに読書に出会えていて良かったと思う。どうあがいてもここ4ヶ月ばかりの私は17歳でほっといても生きている限り4ヵ月後の私は18歳になる。そんなことをうつらうつらと考えていると「17歳」というものにたいして特別なもの、みずみずしさ、そしていとおしさすら感じてしまう。もしかしたらこの感情というのはブログを書いてるホンの暫くだけのものかもしれない。だけど、今の自分にいとしさを感じる瞬間があったことは事実なんだし。17歳の今を大切にするには・・・やっぱり勉強でしょうかね(笑)最終的に話題が勉強に帰着する辺りが受験生の悲しい性です。まあ、受験生といっても全く勉強できてないだめだめ受験生ですが。こう見えても私、県内トップの進学校にいるんですよ(笑) 一年生の頃はここまでうつうつじゃなかったから成績もなかなかよかったんですよーなどと過去の栄光に浸ってのほほんとしてみる。微妙に前向きというか明るくなれたブログでした。


 
Posted at 10:46/ この記事のURL
どうすればいいのだらう / 2006年04月29日(土)
【今日のランキング】
私がこうも年上男性に憧れを抱くようになった原因は絶対父親にあります。父がどんな人かというとインテリです。「自称、感情的じゃない」ってな感じで。説教なんかも理論的に見せ掛けてますが、実は感情を晒しまくり、みたいな。理屈家というか屁理屈家。自分の非を認めない。話が非常に長い。うんちく披露が大好き。自慢が大好き。叱ってのばすをモットーに日々娘を怒鳴り散らしております。小さい頃は食べるのが遅くてよく追い出されたものです。成績に関して誉められたことは一度もありません。どんなに完璧に見えるものからでも小さな欠点を見つけだすのが得意業。タバコとお酒が大好き。寛容に見せ掛けているけどね。知的な感じを醸し出そうとしてもやっぱりオスはオスでエロ本から獣姦までなんでもお任せ(笑)と長々とうだうだ書きましたがそれらについてはもはや救い用がないのであきらめてまつ。
そんなことより何よりも約束守れ!!私は幾度となく「私の前でタバコ吸わないで」と言いました。ええ、またいつものように怒鳴られないかと不安に刈られつつも幾度となく言いましたとも。で、その場ではわかった云々言うわけです。が、ほっとするのも束の間、次回の説教では「あかん…」とか言ってスパスパ吸うわけです。それ以降は平時でもスパスパ。こんなことが二三回つづいたら、私ももはや言う気が失せます。というか父にたいして絶望しますよ。たとえば父親がもとからどうしようもない人だったらそりゃしょうがないですよ。そうじゃなくて、自分はまともだ、と思い込んでるに違いないような人間がですよ、堂々と約束破ってさ。それでいて娘には説教の嵐。説教の時にタバコ吸い出したら勇気をだして「タバコ吸わないで」って言えばいいんでしょうけどそんなことしたら相手に話題をすり替えるなって言われかねない…。娘との約束すら守れない人に他人との約束が守れるんでしょうかねー。
一言で「立派な男性」と言ってもどんなんだー!って話ですけどそういう人に憧れちゃいますね。

 
Posted at 17:45/ この記事のURL
今年は彼氏を作らないとか言ってみる / 2006年04月29日(土)
【今日のランキング】
まあ、受験生だし当たり前といえば当たり前です。高校は行ってから付き合った男の数・・・無駄に多い!! まあ、彼氏居なくたっていわゆる「愛人!?」なるものはそこそこいるし。むしろ私は彼氏を作らない方がいいですね。優しい先輩がたくさん居るし。メールして来てくれるし!!受験頑張れって応援してくれるし!!(お前も浪人生だろ!と内心思ったり思わなかったり) つまり優しい人がたくさんいるのにこれ以上何を望むんだって話。てか、先輩達のことは皆大好きだし、先輩がたも私のことを(一種の妹キャラ的に)愛でてくれているのでそれでいいじゃないか!! そもそも私に一人だけを特別に愛するとかは無理なことに気付き始めた今日この頃です。

 
Posted at 11:05/ この記事のURL
わりと健康 / 2006年04月29日(土)
【今日のランキング】
今朝の体温は36.1.平熱じゃないけれど昨日、一昨日に比べればなかなかいい感じ。食事も普段のが食べれたし。何故かパンが見当たらなくてショックでした(笑) ヒマなのでスペシャ見ることに。テレビ嫌いだとかなんだとか言ってもスペシャは結構見るからテレビ見てる時間は決して少ないとはいえませんね。つけるといきなりスガシカオの19歳が!!このPV、なかなか官能的なんだよな。というわけでお気に入りです。で、ヴィンテージ特集とかでケミストリーが流れてました。懐かしい・・。「夏草云々」ってやつが流行った当時の私は確か中一でした。で、塾でこの歌が話題になって「あれ、七草じゃないっけ?」などと言い出す人もいて・・・懐かしい。中学生の頃の英語の先生は大学生だったんですけど私が中一の当時大学一年生で(つまり高校出たばっかり)なかなか素敵な方でした。いかんせん身長が低い・・・。今は定時制高校の講師をやってらっしゃいます。(まだ教師にはなれてません笑)私も来年には当時の先生と同じ年齢ですよ!!ぞっとします。六年のなんとはやいことか!!てかその前に大学受験。志望校すら決まっていない私に何をしろと!!ってこう悲観敵にばかりなっていてもねえ。とりあえず、今の段階でセンターの数TAと英語が9割超えているような超えていないような・・・となかなかいい感じなのでそれを強みに頑張るぞい!・・・から元気っす。塾でライバルだったA君とM君は今もバリバリ勉強していることでしょう。二人とも何故かK志高校に行ったのであまり成績を知る機会は無いのですがA君は金大医学部志望でM君は京大志望だとか。すごいなあ。てか私もそれくらい狙ってかなきゃならんのになにグチグチ言ってるんだろうなあ・・・・。読書しようにも本屋にも図書館にもいけず新しい本が入手できない状態・・。田舎暮らしは不便極まりない!!そしてコンプレックス極まりない!!

 
Posted at 10:25/ この記事のURL
会話のレベル / 2006年04月28日(金)
二年ばかり前に一歳年上の知り合い(オス)が言っていた言葉。「僕は同じ年令の人とより大人と会話するほうが楽しい」この人はどういう人かというとアニメが大好きで、秋葉系?ってやつなんですかね、そんな感じの人で。読書するわけでも何するわけでもなくただアニメを見てアニメから得たことだけを世の中の現実と考えるようなどうしようもないヒトでした。で、私はその時なにを思ったのかというと「はっ?馬鹿なんじゃないのこいつ。年上の人はおまえの低い会話レベルに照準を合わせてくれてるだけなの。同じ年代の人はお前の会話レベルが自分と同じだと考えて、自分のレベルで話すからお前にはそのレベルが高くてつらいだけなの。つまり大人が子供と話すときにしゃがむようにレベルを自ら下げてくれてるの」とわかったようなわかってないようなこと。今の私には部活やらブログやらのおかげで大人の知り合いがいるわけですよ。で、その方達とのメールが楽しい!たとえば相手がアナウンサーとかでテレビ局の裏情報が知れるとかってのはありますけどやっぱり何よりも
豊富な人生経験が皆さんもってらっしゃるあたりが魅力的なんですね。ところで今の私は冒頭に書いた例の男になってはいないでしょうか。なんか皆さん私の会話にわざわざ照準合わせてくださってる気がしてならないんですね。

 
Posted at 21:10/ この記事のURL
yaplog!広告

| 前へ
 
GMO Internet, Inc.