大脱走とか色々

September 20 [Wed], 2006, 3:16
NOVAのCMで、ジャングルジムに食われた白人のおっちゃんを言葉が分からないので無視しちゃうってやつありますよね。
あれ見てるとどうしても大脱走のヒルツを思い出すのです。あの鉄条網にからまったヒルツを。
そして追っ手はドイツ人。
「助けてくれ!謎の鉄条網に食われた!」とかって英語で助けを求めるヒルツを「ごめんなさい…」と涙ぐみながら無視するドイツ兵、みたいなそんな映像が頭をよぎります(笑)。

それはさておき大脱走のイリヤ…じゃないアシュレーですよ。
イギリスではNoblesse-Obligeの精神が浸透してて、第二次世界大戦でも貴族の師弟が従軍する例が多かったそうです。普通の国民に従軍させるのはよしとしなかったとかなんとか。

んでもってあのアシュレーの若さと士官(年齢的なこと考えたらやっぱ少尉?)という階級を考えると…貴族の子なんだろうなあ、やっぱり…ってことで。
英語とか苦手だししかもイギリス英語は不得手だしで字幕見てるだけなんで、貴族っぽいしゃべり方もしてたのかどうかとかちっともわかりませんが、たぶんそういうことだったんだろうなと。
いつもきちっと軍服着込んで帽子も装備してて、身綺麗にしてましたしね。理想に燃える青年貴族みたいなそういうキャラなのかなーなんて想像しました。
そう考えるとあの自己犠牲のシーンが余計泣けるんですよね。
義務感が半端じゃなかったんだろうなっていう。
あそこで無視してたら絶対助かってた(ノーマークだったし)のに、それでもあれをやったっていうことの背景にあるアレコレを考えすぎて切なくなりました。
親とかきょうだいとか、友達とか、ひょっとしたらいたかもしれない許嫁とか…。そういうものよりも任務を優先すべきだと判断するに至るまでの逡巡とか考えすぎてあああああああ…

それは別として、こないだのNHKの放送だとまっっったく敬語を使わないので、なんかビッグXとアシュレーが同格っぽくてどうなんだろ…と思ったりもしました。
年齢的なこととか地位のこととか考えたらどう考えても二人の会話シーンはアシュレーには敬語使ってる翻訳が必要だったんじゃないかなー…。
あと、字幕に「くたばれイギリス!」がなかったのもなんか寂しかったです。くたばれって言われてるのに「行こう!」って走り出しちゃうアシュレーがかわいかったのに。
  • URL:https://yaplog.jp/haywire/archive/25
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像kai_a
» イリヤの属性について。 (2007年05月02日)
アイコン画像(仮)
» メルフォお返事 (2006年09月12日)
アイコン画像   J
» メルフォお返事 (2006年09月12日)
アイコン画像   J
» メルフォお返事 (2006年09月12日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haywire
読者になる
Yapme!一覧
読者になる