みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
マル金 / 2010年10月07日(木)
タバコ値上がりしましたね。
私が愛飲していたマルボロライトなんて、少し前にパッケージも変わって、440円になったみたい。
タバコの値上がり、高いけど、考え方によっちゃ一本22円、一箱で20回楽しめる。
めちゃくちゃな高級品だとも思わないのはわたしだけかしら?
まー税金吸ってるようなもんなんだけどね。
だから買いだめもしないし、ぼんやり別物になったマル金を眺めていましたが、
実は、気がついたらプチ禁煙していました。
それぐらい、体調悪かった先週。
この2週間ほど、つらかったなー。
妊娠出産で禁煙して、あたまおかしくなって、再煙しはじめたころに、やっと自分を取り戻したもんだから、
もう簡単には手放したくないんですの。

昨日は3時までかかったけど、土曜日の歌入れの歌詞がいい感じに仕上がって、ほっとしている。
やってみないとわかんないんだけど、家で考えてきたものをスタジオで試すの、どきどきする。
新曲、たまごのきみ、Gリフがすごく好きで、かっちょいいんです。
その場の思いつきも含めて戸惑いなく、いろいろ試せるデモ作りは、楽しいんだよなー。
撮るだけ撮って、後日コーへイが編集してくれたものが、宅ファイルで送られて来るんだけど、
待ち遠しくて、はやくじっくり聞きたいから、そんな時は天太の寝かしつけが、ひどいです。
泣くだけ泣いていいから、ほい、寝ろ!みたいなね。
そしていよいよファイルを開いたら、イヤホンを耳に突っ込んで、夜中にパソコンに向ってひとりで叫ぶの、
「コーへイ!!!天才っ。」
先日は前ちゃんからも、ドラムのアイデアテイクがいろいろ送られてきて、それもかっこ良かったなー。
家で具合悪いのに酒飲んで、頭の中では40回目のみみずくず解散!みたいな気持ちになっていたから、
ふたりの音に、勇気付けられました。置いてきぼり食らってる場合ではないですな。


Kさんのこともあって、いろんなことを思ううちに、別れの言葉について、ぼんやり考えていたんだけど、
O田さんの言葉を思い出した。
事務所を辞めることを決めたとき、それを社長である彼に伝えたら、
「あなたに惚れて、良かったと思ってます。素敵な夢を見られたこと、一時は一緒に同じ夢を見られたこと、幸せに思います。ありがとう。」
って、薄い頭下げられたら、ウマいなーと思いながらも、まいってしまったなー。
ほんとはその夢が開いて、みんなで更なるところへ、行きたかったんだ、、、と思ったのだ。
だから随分経って、子供が出来たことを伝えたときの言葉が、ショックだった。
「女のひとは、ま、やること、いろいろあるからね、男はあきらめちゃダメよ、まだまだこれから、ところんやんなさいっ。」
と隣に居るPちゃんに言ったんだ。
「何をー!!!!産んだらもうおしまいみたいな言い方しやがってー!」と腹わた煮えくりかえりながら、メンチを切っていたわたし。
覚えとけよ!もう一回、必ず、みみずくずの音で、唸らせてやるーーー。と思ったものでした。
そういや、はやくアルバム作って、ボクらの生き様、持っていかないとさ。
先に死なれたりしちゃっちゃ、大変ですから。

ってことで、にじりにじり、みみずくずのアルバムも、進んでいます。
よし、続きでもやるかっ。



 
女子高生に突っ込んで下さい / 2010年10月02日(土)
もしも自分が死んだら、「お墓や戒名もいらない、遺体は燃やしてしまったら、骨にして、海に全部を巻いてしまってほしい」
とかいう話はよく聞くけれど、そういう死を自分の身近に感じたのは初めてのことだった。
Kさんが死んだ。用意周到に。

「久しぶりー!」と手をあげると、
「なによーレイナちゃん元気なの?たまには顔見せてくれないと、死んじゃうわよー。もーう歳なんだからー」と
口元に手をあてて、上品に笑っていたKさん。
歳だったし、数年前から少し身体も悪くしていたし、道で会っても昔のように、冗談を言いあうことも少なくなっていた。

ほんの数週間くらいだろうか、姿が見えなくなって、だんだん気になってしかたなくなってきたころ、ある知人からその死を聞いた。
わたしの方は、どこかに入院でもしているなら、ひとめ会いたいと思い、いろんなところから、なかば無理矢理に聞き出したのだ。
「ボクも他言しないでくださいって、言われているんです。亡くなったこと以外の詳しいことはボクも知らないんですよ。」
と言って、教えてくれた共通の知人の彼も戸惑っていた。
「でもやっぱレイナさんにはね、言っておくべきなのかなーと、思いました。」
そういって、手を振って別れたあとに追いかけてきてくれたのだ。
驚いたわたしは涙も流さず、
「とにかくね、教えてくれて、ありがとう。」とだけ言ってそのまま呆然と家に帰った。
用事を済ますために出かけたことも忘れて、そのまま家に帰ってきてしまったのだ。

夜になって、みんなが寝静まったあと、ベランダでぼんやりいろんなことを思いだした。
ふたりで映画を見に行ったことや、餃子を食べに行ったことや、酔っぱらって、渋谷で手を繋いで歩いたこととかを。
しまったなー、いつでも会えると思って、最近、ご無沙汰だったなーと、ぼんやり。
そしたらやっぱりどうしても会いたくなって、思い立って、今度は5年ぶりくらいの友達に、電話をした。
葬儀はもう済んだのかしら?お墓でもあるなら、好きだった花でも持って会いに行ってみようと。
無駄に般若心経なんかも覚えているんだし、と。

『「お墓や戒名もいらない、遺体は燃やしてしまったら、骨にして、海に全部を巻いてしまってほしい』
ってことらしいんだよね。だから故人の意思を尊重して、それはもう個人個人に想うしかないんだよね。

わたしなんかよりずっとKさんのそばに居た友達は、そう言っていた。

「とにかく教えてくれてありがとう。」
またもやそれだけ言って、電話を切った。
それから、今日で一週間が経った。
自己満足なんだろうけど、Kさんに会いたい、Kさんのために???なんかしたいという気持ちが募る。
個人個人に想う?どうしろっていうんだよー!と時々腹が立つような気持ちにもなったりして、ため息をついてしまう。

葬儀屋で働いている友達に相談して、自分が死んだら、葬式もお墓もいらないなんてことを本気で考えていたわたしだけど、
少し、考えが変わってきたのかもしれない。派手にみみずくずでも流してもらおうか?とかね。

あっという間に一日が過ぎていく。作詞も思うように進まず、
時間を垂れ流しているような気がして、眠れない一週間でした。

http://takedasatoshi.seesaa.net/archives/20100926-1.html

友達が、ネットラジオで、みみずくずを流してくれているようです。
ちょっと落ち込んでいたので、これ聞いてちょっと、元気も出ました。
だって、ベタ褒めやん。
しぶとく、また作りますね。ありがとう。

 








P R