みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
蛇男 / 2010年09月25日(土)
天気がめっちゃくちゃですね。
冬支度も何もないまま寒くて仕方ないので、靴下重ね履き。
気温差からか、二日前からアレルギーがひどくて、顔がボコボコになった。
ひどい顔なので、眼鏡をかけて誤摩化そうとしてみたら、あまりに不細工で、泣ける。
眼鏡の下は、目やにだらけのクエーターのような顔面。
売れない漫画家のようだけど、ほんものが隣に居るのでうすうす言えません。
  
朝から雲一面の空を見上げて、洗濯物を部屋干しにしていたら、今度はこっちが恥ずかしくなるほどの秋晴れ。
何もかも見透かされているような、透き通る青空に吸い込まれそうですね。
  
  親ばかというやつなんだろうけど、最近、天太がめちゃくちゃかわいい。
  拙い言葉で、毎晩、今日あったことを話してくれる。
  「天ちゃん、おっきいスイスイ(魚)のトンネルに行ったよ。」
  「かーさんタスキー(タクシー)乗った?天ちゃんちょっと雨降ったからタスキー乗ったよ。」と。
  何度も何度も同じ話をする。
  だんだん壊れたレコーダーみたいになってくる。
 「ねーねーおっきいスイスイのったよーかーさんは?ねーねータスキーは?ねーねー」となって、
 「うるさいっ。もう寝ろ!」とだいたいしまいにわたしが言う。
  先日は雨の中、水族館に行きました。動物園にも行ったし映画館にも行った。
  Pちゃんは相変わらず、漫画とバイトに追われる毎日なので、天太と母子家庭のようにふたりで遊んでいる。
  ママ友とかいうものも、一切作る気にもなれず、もくもくとふたりで。
  まだ2歳で、交通費も入館料もかからないので、今のうちさと楽しんでいます。
  そうして、半日ほとんどだっこしたりして、本気でくたくたになって、誰よりもはやく寝ているわたしで   す。
 
  「これ欲しいひと?」
  「はーい。」
  「これ食べたいひと?」
  「はーい、ちょうだいちょうだい。」
  「じゃぁ、どーっちだ?」
  「もーうちょうだいよ。ちょうだいちょうだい!」
  それもかわいいからなんだろうけど、Pちゃんはしつこい。
  ラムネ一粒でも、じらしにじらして、なかなかあげないで、ムキになって欲しがる天太を楽しんでいる。 
  本気でそれがいま欲しい天太は、だんだんイライラしてきて、最後にはいつも泣いてしまう。
  その繰り返しを毎日やっているので、見かねたわたしが、
  「あんたちょっとまじで、ほんまにしつこいわ。」と私が言うと
  「オレはしつこいよ。昔から蛇のような男だよ。ほら、知ってるでしょ?」と言われた。 

  そういえばそうだった。
  出会ったころから、Pちゃんの粘りは蛇のようだったのだ。
  ほんの5年程前のことだけれど、私は、いつでもふらふら遊ぶのが好きで、くらげのような生活をしてい   た。
  Pちゃんにつきまとわれるのがうっとうしくて、「今日はダメ!デートだから。」といつも断っていた。
  お洒落をして、男の子と道を歩いて、曲がり角を曲がるとPちゃんが居る。
  「何してんの?びっくりしたなー。」と言うと、
  「で、今日はどこ行くの?」とPちゃん。
  「見ればわかるでしょ?浴衣着てるんだから、お祭りよ!」と言うと、
  「じゃあ行こうか?」とくる。
  「はー?なんなのそれ?」と言うと
  「今日はみんなで楽しもう!」と言うのである。
   まーいいか。とわたしもわたしでそのまま3人でお祭りに行ったりしていた。
   そうやって歩いていると、またひとが途中で何人か増えたりして、
   わけがわからないままにまた酔っぱらったりして、まーよかよか的に、毎日が過ぎていった。
  その後もPちゃんは、わたしの盗まれた自転車を取り戻してきたり、無くした鍵を見つけてきたり、こんな大  きさのこんな棚が欲しいんだ!
  と言えば、ちょうどそんなようなものをゴミ置き場から拾ってきたりしていた。
  これがちょうどそんなような品を、どこかで買ってきたりしていたら、わたしの方も違ったのかもしれな   い。
  「こんなことされても困るから。」みたいな展開があったのかもしれない。
  「落ちてたんだよ、ちょうどそこに。ちょうどいいのがー。」なんて言うから、
  「やるじゃん!ラッキーじゃん!」なんて言ってしまったのだ。
  のろけに聞こえるのかな?
  それでもわたしは、本気でうっとうしいなーと思っていた。
  でもどこかで、どこまでやるんだろうこの人?と思っていたのかもしれない。
  こんなことになるとは、思いもしないでねー。

  小さなかわいい靴下と、穴の開いたでっかいボクサーパンツを干しながらも、全く不思議に思うわけです。
  ほんとにわたしって、おかーさんなんだーと。

  やっと出来た新曲をみかえすけど、まだまだである。
  いい線いってるんだけど、まだまだなの。もっと出来る。
  だんだんピントがあってきてるんだけど、ここだ!ってポイントがもっと見えてくるはず。
  ってことで、ちょっと時間が出来たんで、いまから制作、入りまーす。 
  またね。
  
  

 
今日で季節が / 2010年09月16日(木)
今日で季節が変わったな。二日ほどまえ、自転車にのっていつもの坂を下っていると、
突然に夏の終わりと秋の気配を同時に感じました。
雨、寒いですね。
そしてわたしはやっぱし雨が降るとこうやって、何かふつふつともの想い、もそもそと起き出し、なんかし始めるのです。
昨日は明け方4時に目が覚め、薄暗いキッチンに電気をつけて、久しぶりにものを書きました。
みんなが起きてきて、朝ごはんの支度をして、それでもまだ止まなくて、ずっと滞っていた作りかけのうたをかきました。
何歳になっても、秋とか、切ないんだよね。
考えていることがあって、ひとつのうたにふたつの違う詩をつけて、メンバーにプレゼンするんだ。
どんな意見がでてくるか楽しみです。

先日は、コーへイちゃんとスタジオにで新しい試みを詰め込んでデモ作り。
やっとみえた!アルバムの構想!かなりいい感じに仕上がってきました。
何より嬉しい心躍る瞬間です。どんどん湧いて来るアイデアを、更に進めていきます。
芸術の秋ってやつですかね。真ん中にある消えない青い炎が、小さく燃えています。

母がペット検査という、検査のために数日仮退院をすることになった。
ペット検査とは、特殊な薬と放射線を使って、身体の中全体のがん細胞を検査するというものらしい。
被爆の問題があるから、一度退院してから、検査しないとだめなんですんって。
検査のための仮退院とはいえ、4ヶ月ぶり以上の外の世界。
「いまから退院でーす」と電話をかけてきた声が、いつになく、明るかった。
これで何も見つからないとよいのだけど、何も出来ないので、祈るばかりです。

母が病気になって、毎晩、毎朝、家族のものが寝ている間、
ベランダから空を見上げていろんなことを考えるようになった。
真下にある自転車置き場から見上げたら、わたしの上半身はかなり怪しく見えるらしく、よくびっくりされてますが。
数年前、母とふたりで、箱根に旅行した。
大人になってから、大した目的もなく、のんびり母と旅行に出かけたのはそれが初めてに近く、
最近、その時のことばかり、思い出すのである。
母の方も同じらしく、珍道中を思い返し、「あれは楽しかったねー、行って良かったわー」といつも話している。
これが、小さいころから親に大切なものだと教えられていたが、当たり前すぎてピンとこなかったもの。
思い出っていうやつなのかー。と思う。


家族旅行に行きたくなった。
どうしても。
ご存知の通りの、いつだって危ない経済状態の我が家で、Pちゃんとは,
新婚旅行はおろか結婚指輪やレストランの食事でさえやったことない我々。
なんとか無理してでも、どこか旅行にでも行こう!と思い立っています。
いつかなんて言ってたら、一生行けないかもしんないっ。
ま、そのくらい貧乏だからね。と思うのでした。
ほんとはひとりでギター持って、全国ツアーがしたいんだけどね。
そちらの方は、五年後あたり、坊やが添い寝を卒業したら、必ず、やってのけますんでね、うふふふ。

しかしみみずくずの新曲たのしみだなー。


 
うみはうみ / 2010年09月05日(日)
まだまだ本気で暑い日が続く。
先日は関西できばってリゾートなどしてきて、相当楽しかったのですが、どっと疲れがでている今日この頃。
でもやっぱし久しぶりの海は、、、海だった。
田舎に住むなんて考えられないほど、ネオンと安酒が大好きですが、海辺に別荘がほしいです。
そこへ時々ギター持って、犬連れて、ふらふらっと一ヶ月ほど出かけれたら、最高と思います。
でもとりいそぎ、一番欲しいものは、体力です!!!

二歳児の欲望はあまりに凶暴で、チャンネル権、フランスパンのはじ、えだまめ、アイス、争い全てに負けっぱなしです。
子供用に作られたものって、身近にあるだけでも、ほんと疲れるものが多い。
子供が何に反応するかってことと、子供を育てるうえでの親の苦労(歯磨きしようよ。お手伝いしようよ。)などなどが
リサーチされて作られているんだろうけど、結構ひどいものが多い。
求められるものだけを寄せ集めて作っている感じの。
ロマンはよ、パッションはよ、、、
あー自分の音楽では、本当にやりたいことを、作ろうっと。と強く想います。

そうも言いながらも、週末は天太に見せるDVDを借りに、高円寺のドラマに通っています。
ほんの数十分だけでも、おとなしく座ってそれを見ていてくれることの有り難さ。
矛盾してるけどね、なんとか、いいのがないかしらと、利用してしまいます。
くれよんしんちゃんは結構好き。

それらの子供向けに紛れて、また、year of houses を借りました。
何回みてるかしらね?ニールヤングが大好きです。
ことあるごとにこれを見て、ロックバンドや、男のロマンに恋焦がれています。
今晩もなんとかみる!

そしてPちゃんが誕生日ってことにかこつけて、今日はステーキ。
昨日は寿司です。
毎年忘れていて、はっと気づいて、大慌てなのですが、肉屋の向いが画材屋だったので、
特売の国産ステーキ肉と、漫画家の羽根を買いました。
ついでにでっかい模造紙も買って、天太とくれよんで殴り描き。
床の上に紙を置いて、おりゃー!!!とストレス発散しています。

水木しげるは結構好きだったんだけど、毎朝ゲゲゲの女房をみて、「こんな旦那はったおしたったらええのに」と文句を言っています。
海辺のカフカを読んで、結構面白かったので、ダンスダンスダンスを読んでみて、ゲロ吐きそうになったり。
やっぱりだめかも村上春樹。
以上、近況でした。またね。

 








P R