みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
ゴホウビル / 2009年08月20日(木)
薬局で、2年半ぶりくらいに生理用ナプキンを買った。
あんまり久しぶりだったので、その装着感はどれくらい進化しているのかしら?と楽しみだったが、
ま、普通だった。いや、以前はもっと不快で、実際随分と改良されているのかもしれないけど、
よくわからなかった。たったの2年そこそこでも、随分と久しぶりな気がするものだった。
改めて、平然とした顔して、血を流しながら、こんなもの股にあてがって街を歩く女の人は
エラいなーと思った。

「あがったと思っていたけどね、きたよ。」といちようPちゃんに報告すると、「良かったねー」と肩を叩かれた。
良かったのかどうかはわからないけど、これでまた自分が、更にヒステリーにならないことを願うのであった。
少しは女を思い出して、エロレイナになれるといいな。
と思うが、色情おばはんになってきもわるがらるのだろうかね。

天太が里帰り先の大阪で、風邪をこじらせ、かるい肺炎になってしまった。
40度近くの熱が続き、ピークの3日間ほどは、地獄だった。
苦しそうな我が子を見るだけでもつらいのだけど、天太はコアラのようにわたしの首にずーっと巻き付いて泣いていて、
こちらの鼓膜も、だんだんもあーっとしてきて、ぎゅーぎゅーと首を締め付けられ、背骨もすっかり傾いてしまった。
布団を敷いた部屋から出られず、トイレに行くにも一苦労。
こんなのあり得ない!とさっき友達のブログを見たら、熱を出した我が子の看病で、トイレにも行けず膀胱炎になりそうだと
かいてあった。
おそるべし!子育ての現実。自分も親にこんな世話をかけて育ててもらったんだと思うと、いたたまれない気持ちになる。
おかーちゃんこんなわたしですいません。

すいませんとも思うのだけど、なんとも私という人は自己本位そのものでして、我慢というのがすぐさまいっぱいいっぱい
になってしまう。
人生我慢の連続記録なんだろううか。
今日も頑張ったね。
ちっとも頑張ってないんだけど、ご褒美ビールばかり飲んでいます。

 
ハローアイラブュ / 2009年08月04日(火)
ハロー アイラブュ みなさん
明日はM田が大阪からやってきて、久しぶりに、みみみミーティングの日なのであります。
いよいよみみ作動です。
ミーティングは大事なんだけど、ほんとははやく音を出したいです。
スタジオに入るならまじガチンコセッション◯◯◯分!と決めていて、そんな全くのフリーなスタジオはほんと久しぶりだから、
おしりを振り過ぎて、しっぽが千切れそうです。おしっこチビりそうに嬉しいです。

最近のわたくしの日常、母親というのは、ほんとにまじめな職業です。
我が子は食べちゃいたいほどかわいいけど、母親という職業はあまし好きじゃないです。
天太は一歳を超えた途端、ブレイクしたように、ますます奔放です。
保育園に連れて行くと、くわがたのようにわたしにしがみつき離れず、ひっぺがすと、野村萬斎のように泣きます。
ベビーカーでは、みなみの帝王の竹内力のように、どかっと足を組み、台の上に載せつつ街をながします。
空き巣のようなスピードで、家中の引き出しという引き出しを開け、CDを見つければケースから出し、輪投げように飛ばします。
ご飯時には、カラスのように米パン野菜を食い散らかし、コーンフレークを乳ボーロまき散らします。
スリよりもこっそりかばんから私の財布を抜いては、小銭を食べまね。
「危ない!!!」と駆け寄って「出しなさい!!!」と口元に手を入れると
「うそだよーん」的に舌を出して笑うのです。
夜になると、布団で、スリラーのゾンビみたいになって暴れます。
小さな猛獣です。
わたしは猛獣使いになんてなりたくない。
ツボの中に入ってる蛇の方がいいんです。
飛び出して、あの人をびっくりさせたい。
キャラがさ、違うんです。
ふざけてキチ◯イのふりをするのはわたしの仕事なんです。

ってことでしこしこ溜め込んだネタを持って、ひと暴れしてきたいと思います。

音楽は自由だ!!!!!

 








P R