みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
ブラックホールベイビー / 2008年09月18日(木)
毎日、朝と夕方に一度、ベビーカーを押して散歩に出ている。
川沿いに咲く花の名前を呼んでみだり、天気を見てその日の風に吹かれたり、空を見上げて雲の形を見つけたり。
東京へ戻って、早くも20日ほどが経つのであるが、そんな気持ちで歩いたことは、今までには、まだ、ほとんどない。
そんな呑気な散歩のイメージとは、ほどとおい胸のうちなのである。
なぜならそれは、、、息子がぐずるからである。
ぐずらずとも、私の下半身がイカゲソのため、まっすぐ歩けませーンのである。
明日でちょうど3ヶ月が経つといのに、完全に息子の成長に取り残されているわたしの身体である。
息子の天太くんは、先日からだんだんと、首が座り出したようで、
それと同時に突然に、彼の様子が急変したわけです。
一ヶ月を過ぎたころから、なんだか良く笑い、良く眠る、いい子ちゃんに成りすましていた彼だったのだが。
3日ほどまえからは、寝かせても泣く、抱いても泣く、おっぱいをやっても泣く、おしめを変えても泣く。
うんざりして、置いておいたら、火がついたように、泣くわけです。
きっと今までよりぐんと、目が見えて、耳が聞こえて、もの凄いスピードで、乳以外のことがどーっと自分に入ってきて。
怖いことも、嬉しいことも、思い出が一気に増えて。
泣くんでしょうなー(すいません、全て推測です。)
こっちはといえば、24時間、理屈の通じない相手とガチンコしているわけで、相当な精神力が必要なんである。
世の中のかーさんが、これを人知れず?やってのけているかと思うと、本当に頭が上がらない。
って、弱ったことに、わたしもかーさんになってしまったわけで、寝ても覚めても、休みがないとはこうゆうことをいうのですね!

子育てをしていて思うのは、人生遊びが大切ですね。
育児って結構、想像力を使うんですねーと思う。
だって、眠いし、重いし、ウルサいし、麺類茹でたら、泣くわけですよ。
オムツを替えて、風呂入れて、こっちだって、楽しまなきゃぁやってられないことばかし。
昨日までバカウケだったギャグも、今日の彼には通用しないわけですよ。
あやしながら、「さぁ、今日は何して遊ぶかよ。」
と、なんか新しいこと、考えるのに必死なわけです。
そうしてきっと、赤ちゃんってば、第六感がまだピンピンしているため、こっちが手を抜いたりしたら、
即刻、モロバレしてしまうんですねー。(すいません、全て推測です。)

「おい、息子よ!人生とは、いったい何ぞや!?」と問いかけると、
世の中の酸いも甘いも、昨日のわたしのブルースも、何もかも全てわかったような目をして、じっとこっちを見てみたりする。
青いほど白い白目の中の、黒い瞳の真ん中は、ブラックホールのような空洞になっていて、時々吸い込まれそうになる。
「どこかで以前、一度お会いしたこと、ありません?」と聞くと、
「何万年も前からずっと、何度も何度もうまれて死んでいるのでね。」と言ってきたりするのである。

 








P R