みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
Gスポーツしましょ! / 2007年08月26日(日)
昔から思っていたことである。
35歳を超えたら、オーバー35歳の女子を集めて、ミニスカートを履いて、
ギャルバンドを組むんだ。(ギャルではないから御バンドとなるが、それはシー!)
またまたいつもの空想癖で、バンド名はナニにしようか?初ライブはどこか?衣装は?
曲は?メンバーは?などなど、ふとした折にリアルに想像していた。
エンジェリンヘビーシロップみたいなのがいいけど、あんなギター弾けないし、少年ナイフは大好きだけど、
もう少し、悪い感じも欲しいし、フラメンコ ア ゴーゴーって手もあるけど、あれを35歳を超えた女の色気でやったら捕まるぞ!
って、私が曲を描いて歌うんだから、林レイナの世界に他ならないのだけど。

それはなぜか私が10代の頃から、公言していたことで、気が付けばもう、今年で34歳になるわけだから、
そろそろな話なわけである。
いつもそうなのである。理由もよくわからないまま、こうしたい!とだけ先に思ってしまう。
きっと何かあるのだろうと、後付けで考えるも、どういうことなんだろう?かはよくわからない。
まだまだお子ちゃまだったわたしは、その辺の年頃からこそ、本当の女になれると思っていたのかしら?
←実際はあまり変わらないけど。
ちょっと若いってだけで、ちやほやされなくなってきたその辺からこそ、本当の愛を語るにあたいする思ったのだろうか?
←実際はあまりわからないけど。

東京は高円寺へ出て来て、7年ほどが経つ。
別だんそれについて、その話が進むわけでもないが、ひとつ決めていたことがある!
見つけたぞ!ベースは、こいつだ!!!
Tちゃんである。
Tちゃんは、我々みみずくずがこよなく愛しているスタジオの店員さんであり、MMZレコーズの半ば無理矢理スタッフであり、
それ以上に、今ではすっかりわたしの、悪友である。
高円寺の母である。
ふたりで過ごしてきた季節の中では、いろいろな面白いことがあった。
「天ぷら卵うどん事件」やら、「水槽のかめ事件」やら、「早朝ヒッピー伝説」やら、とにかく数えきれないほどに。
怪しげで、気になるでしょ??
そんな話をしながら(Tちゃん無許可!ですが)ライブをしたいと思う。
だって絶対に面白いから。

ってことでやっちゃいます!

『Gスポーツ』

林 レイナソロ 初のバンドタイプの演奏です。
しかも、ドラムはノビー。知らないひとは感じろ!とにかくわたしにとってハートのファミリーのようなメンツです。
(文脈から誤解を招かぬよう、いちようノビーは男子ですよ。)

「クリトレナ」では例の凸起物を、こちらの「Gスポーツ」略して、Gスポでは、深い深い穴を、探索する旅になるであろう。
穴の世界へようこそ!なのである。

そしてそして、林 レイナソロライブ、今年は早くも、これにて、打ち止め!
だからって、この日のために、新曲まで用意しました。
名曲のリアレンジもいっぱい。
衣装も新調しました!

ってことで、是非とも、夏が終わるまえにみなさま、Gスポーツしましょう。
Gスポで、いい汗かきましょう!

街は阿波踊りの喧騒の中、目もくれず、俺たちGは今日も練習だぜ!


 
ハハカエル / 2007年08月19日(日)
ハハカエル。

昨日より少し涼しい夜風に吹かれながら、母帰る寂しさをじんわりと噛み締める。
数年ぶりの多摩川の花火大会。
夜空に打ち上がる花火を見ると、毎回思う。
あー花火っていいなー。思ってたより、全然いいじゃん!
「ふぁー」とか、「コレはコレはでかいぞでかいぞ!」とかついつい言ってしまう。
毎回にそう思うのは、打ち上げ花火の質が年々進化しているからなんかなのではなく、
とにかくそれが、夏!だからなのである。きっと。

その一瞬の瞬間のために、手袋とかしてるおじさんが←想像です!精魂込めて火薬詰めてるところとか、
ちょっと靴連れなんかしながら、慣れない浴衣に下駄ならす高校生の女の子のうなじとか、
きんぎょみたいな帯をして、眠気と格闘してるお子ちゃまの、花火の灯りに照らし出された横顔とか、
そんななのかな?とも思う。

もっともっと単純に、夜空に浮かんだそれが、一筋の光が、どんどん膨らんでは破裂して、一瞬にしてふぁっと消えてしまう様が
まるで銀河の☆☆のようで、私と私が私の中の宇宙を感じるその瞬間!だからなのかしら?とも思う。
が、それもまたちょっと違う気もする。

気持ちいいので飲み過ぎた。
親戚のにーちゃんの家は、多摩川の花火大会を見るために建つような家で、ベランダの塀に両肘付いて、ど真ん中目の前に広がる夏の夜空を堪能した。
気持ちがいいので、すっかり飲み過ぎてしまった。
ビール→焼酎→ワイン→焼酎→ビール→ワイン←のエンドレスサマー。
それでも、そうとうにせっかちの貧乏性が、ねーねーと煩くて、脳裏に帰りの田園都市線がちらついた瞬間、ファイナルの10分を棒に振って、
そうっとそうっと引き上げる。

ドン!ドドン!!
と、地響きをたてながら、打ち上がる花火を背に、振り返らず、ひとり駅へ急いだ。
花火を見ている母の横顔が、キレイだったと思い出しながら。
たまたまだろうが、「ほら、見て!」と肩を叩こうと隣を見たときの母の視線が、
花火とは全然別の、なんにもないところを向いていて、それが妙に切なく、果敢なく、
とても綺麗で、となりで、黙って唾を飲んだ。
明日からも、頑張ろうと思った。

久々にかーちゃんのとなりで眠ったからかしら?これがほんとの中学生日記です。

空に消えてった 打ち上げ花火 ♪  

 
空白の鰻 / 2007年08月13日(月)
早朝5時起床。
小鳥がピチュピチュ鳴いている。
空はまだこれからといった感じで、今日もますますと夏の真ん中へ向って始っていくのですね。
そそくさと豆を惹き、コーヒーを入れ、米を研ぎ、炊飯ボタンを押し、
テーブルを拭き、ヨーグルトを食べる。
好きです!この時間。
誰にも邪魔されることもない(さすがに寝てるからね、みんな。)わたしだけの時間。
ケイタイにメールが入ることも、集金も、勧誘もお届けものも、なんにもない。

夏バテ知らずの胃腸が自慢だったのにー。
急性胃炎とやらになってしまう。
なんでもストレスや冷えなどの原因による、胃腸の炎症、胃潰瘍の一歩手前みたいなものらしい。
相変わらず、毎月のことですが、生理前のイライラが止まらず、そこら中のでっぱりと喧嘩してしまうのだ。
ちょっとした誰かの言動だったりに、いちいち反応してみたり、暑さだったり、自分の不器用さだったりに、
いっぱいいっぱいになってしまっては、イラっとして、そんなときに限って、引き出しに指なんか詰めちゃったりして、
くっそーとか言いながら、半泣きなわけです。ちっこいのぅ。

そんなわたしに必要なのはこの、午前5時の静けさ。
音楽さえ必要のない、貴重な時間なのです。
私の場合いろんなものをとっぱらって、
この静けさの中で、じーっとしていると、だんだんとやりたいことが湧いてくる。
そしておもむろに、手帳へ書きなぐったりするわけ。
それは誰かに言い忘れていたことだったり、新曲のネタだったり、今度のライブの曲順だったり、
食べたいものだったり、行ってみたいとこだったりする。
友達の言う、俺メモってやつかしら?
そして、気づいたときに見返しては、実行したものについて、赤線を入れている。
これが以外と、結構な確率で、赤線が入れられているのだ。
まぁそれだけ現実身を帯びた、空想なのでしょうが。
赤線を見ては、やってやったわ、わたし。
とほくそ笑むわけです。

鰻。

あーこの文字だけは、白いままだぜ。
結局食い意地かよ!?自分。と思いながらも、そうなんですよ。
しかもうなぎだけは、ス−パーで売ってる奴などに興味がなく
のれん潜りてぇーのです。
もう、こうなってくると、鰻が食べたいのか、鰻と書いた
のれんが潜りたいのか?
いろんな思い出も相俟ってか、それが特別な行為
に思えて仕方ないわたし。

とりあえずは、うなぎ目指して、胃腸の調子を整えなくては。

あ、そんで持って、明後日、14日は、
下北沢、八時だよ、全員集合ー!ね。
王将で待ってます。あ、間違い、その隣ね。
残り少ない 林 レイナソロライブを、どうぞよろしく。 

 
おばけじゃないよ おかまだよ! / 2007年08月09日(木)
またひとつ終わった。
新宿でのゲイイベントが終了。
プロのミュージシャンとして参加お願いします!なんて言われてほいほい受けるも、
気がつけば、ゴミ集めや、画鋲張りまで、手伝う展開となってしまったわけ。
それでも、あまりにみんながかわいくて、準備も含め、その光景をじっと見ているだけでも楽しめたイベントだった。
エナジー漲る若い子(おかまちゃん)達は、瞳がキラキラしている。これからどんな未来を歩んでいくのだろう。
当日はもちろん、ライブですから、いつもと変わらず、自分の持つ力を、ありったけで挑んだわけだが、
そういった特殊な環境でのライブだっただけに、いろいろと思うことがあった。

しかしおかま月間だったなーと思いつつ、電話をかけた。
居るはずのない人に電話をして、どうせ出ないだろうから、留守電にでもーと思い呼び出していると、
2コールで電話に出た。
「はーい?」
「きゃー出た!」
「出たわよー。ちょっと、おばけじゃないわよ、おかまよー。」
ヒロシである。

母の夏休みの上京に合わせて、ヒロシと会食をしようと企んでいるのだ。
母が高円寺に来るのは、何度目かで、毎回ヒロシを含む高円寺の友達達を招集している私。
年齢も性別も様々な、家族のような仲間達の中で、愛されて楽しくやってますよ。と、母に報告したいわけだ。
「まー、仕方ないわねー。結婚はまだかしら?と思うけど、ヒロシちゃんは男の子の方がいいんだもんねー。
でもこんないい友達いっぱいで、安心したわ。」
となる予定なわけです。
あの店にしようか?この店に行こうか?と思案中。わたしの貴重な夏休みです。


そして、先日からの夏の林 レイナ4題イベントなわけですが、お次は3にあたる部分ですね。

1 7月26日(木)吉祥寺曼荼羅 WITH コーヘイ
2 8月4日(土)コラボレーションPOE夢夏祭り 
  限定ユニット写夢猫にて 
  新宿2丁目コミュニティーセンター akta
3 8月14日(火) 下北沢251 
  100% 林 レイナソロ
4 9月2日(日) 吉祥寺曼荼羅 
  林レイナソロ 初のバンドタイプ=Gスポーツ




告白します!

「自分、どんだけー?」と言うほど、走り続けてきた今年の林レイナのライブ活動ですが、
このラスト4番目の9月2日を持って、今年は打ち止め!にしたいと思います!
「えー!?」とか言ってくれたら嬉しい。
飯、風呂、糞、寝る以外は、ほとんど家に居る間もなく、慌ただしく過ごしていた毎日に、いったんピリオドを打ち、
籠ります。みみずくずのアルバムに向けて、本気で取り組む所存でございます。
14日は、久々の100%ひとりライブです。
しかも、ステージを閉めて、客席の真ん中にアンプを置き、たったひとりでギター一本という、ちょっと変わった環境でのライブ
になります。お客さんに包まれると言うことかしらん?どんなやろう?本人もちょっとわかってない!が普通じゃない!って感じで。
是非とも、お誘い合わせの上、ご来場ください。

14日の夜、下北沢の大将で、待ってます!あ、その隣ね!よろしく。

*8月14日(火)下北沢 CLUB251 『251presents〜アンプラウド vol.1』
 OPEN/START - 18:30/19:00
 前売/当日 - ¥2,000/¥2,500(1drink込)


先日の夏祭りのアンコール光景 凄まじい けど 楽しそうでしょ?


 
ネコはネコでも2丁目の猫 / 2007年08月01日(水)
家にたどり着いた途端の雷雨。
わたしにしては珍しくセーフ。雨が入り込んでこないよう窓を閉めて、コーヒーを入れる。
ますます本降りになっていく雨音を追いかけるように、時折稲妻が走る。
真っ黒な空、窓の外を見ていると、私の野生?も掻立てられ、なんだかゾワゾワした気持ちになる。
この感じ、すき。

夏休みは終わりだ!
ライブと普段の生活に追われ、大阪へ帰ることを諦めざるを得なくなった。
仕方がない!今年いっぱいはやりきるんだと決めたんだから!
と言う思いと、あー、かーちゃんばーちゃん元気かな?
みんなで、テレビの前に座って、スイカに塩をかけて食べるシーンが頭をよぎる。
昔からそうだった。
そんななんとなく過ごす家族の時間に出会うと(恐らく、あまりそんな機会が少なかったから余計。)
あーこれを幸せって言うんだろうなー。と感慨深い気持ちになってしまう変なガキだった。
その癖、その幸せな風景の裏にある、平凡とか退屈とかを、影絵のように映してみては、

はて、私にとっての幸せとは!?んー、難しい問題だな。なんて思っていた。
最近になって思う。
スイカの方を手に入れ、維持していくのは、とっても努力の必要なことであって、平凡や退屈なんてものは、
そう簡単にその裏に、住み着いてくれないものなのかもしれない。

母親を、東京に呼ぶことにした。
嬉しい。
指折り数えてしまう。
呼ぶといっても、単身赴任で、こっち=東京に住んでいる母の弟(わたしの叔父にあたるひと)が強力サポーター
として、母を呼んでくれたのだ。
どの道を歩いて、どこへ連れていこうか!?何を食べようか!?
そればかり考えてしまう。
私の部屋は狭くて汚いけど、大阪の実家へ私が帰ったときとはまた違う、いろんな話が出来たらと思う。


ニアミスでかーちゃんには魅せられないけれど、またまた来週もライブがある。
前回の日記、

1 7月26日(木)吉祥寺曼荼羅 WITH コーヘイ
2 8月4日(土)コラボレーションPOE夢夏祭り 
  限定ユニット写夢猫にて 
  新宿2丁目コミュニティーセンター akta
3 8月14日(火) 下北沢251 
  100% 林 レイナソロ
4 9月2日(日) 吉祥寺曼荼羅 
  林レイナソロ 初のバンドタイプ=Gスポーツ

お次は 2 にあたる部分ですね!


この日は、とてもとても熱心に私の歌を好いてくれている、Tくん主宰のコラボレーションPOE夢のイベント。
「夏祭り」
数ヶ月前、みんなそれぞれで、思い思いの詩を書くコミュニティーに入らない?ということで誘われて、
詩を書くことなら、ほとんど日課ですからねー『OKー!!!』
なんて気軽に入部したんだけれど、気がつけばまわりはほとんどゲイ!いいんだけどさ。
そうよ、そうゆうことなんです。当日も多分、場所があなた2丁目のコミュニティーセンターですからね。
まぁ元々、ヒロシという曲を書くくらい、全く、ゲイとの出会いに運命感じちゃってるわけだから、なんの問題もないわけですが、
10人くらいでお酒飲みながら、打ち合わせといいつつ、ギャルトーク!なんてしていて、ふっと、「あ、皆男なのか。っていうか おかまか。。。」
と不思議な感覚に陥るわけよ。
「でもでもーみんなかわいらしい子ばっかりなのよー」
って間違って、自分が一番おかまシャベリになってる今日この頃。

ってことで、ライブもするのですが、しかもお代は頂きません。
結構たっぷり歌います!当日は林 レイナソロ初のピアノとのユニット。
「写夢猫」で登場です。
もちろん、お客さまの性別、性癖は問いません。
皆様、出来たら浴衣でおいで下さいよ。私も浴衣で歌います。
じんべとか夏祭りっぽいものも素敵かと思います。そんな格好してたら、お得なこともあるらしい。
六尺姿なんてのも、見れたりするかもしれないらしい←個人的にはとても楽しみ。
ようは、お祭り気分ってことです。よろしく!



「Collaboration Poe夢 夏祭り」
2007年8月4日(土)18:00〜20:00

場所:community center akta
http://www.rainbowring.org/akta/
・入場無料
・お酒販売有り
・簡単なおつまみも用意してます。

朗読会&ライブetc...

・朗読者
林レイナ/風太郎/ぷやひろ/ヘテー/ぢる

・ライブ演奏
BonD(ぢる&彪)
写夢猫(林レイナ(from みみずくず)&たつまさ(from カノープス))

・総合司会
きょうすけ with 風太郎


浴衣/着物/甚平/ハッピでお越しの方には特典あり。

 








P R