みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
ミスター J / 2007年04月30日(月)
仕事終わりに着信履歴を見る。
中杉通りでタバコを一本吸う間、携帯電話に登録されたその名前を見ながら、
かけ返すかどうかを、じーっと考える。

Jに会った。
一年半ぶりだ。
何が食べたい?と聞かれて、ワインが飲みたいと言ったら、
レストランを予約してくれたようだ。
店の名前を聞いて、キャンセルしてもらうことにした。
パークハイアットホテルの中にある、超高級店だ。
前に一度連れて行ってもらったことがあるが、サラダが4000円くらいする店だ。
お肉は一万円くらいだったかしら?
天井がバカ高く、夜景が綺麗で、感激するほど素敵な空間だったのを覚えている。
慣れないピンヒールを履いて行ったが、ジーンズ禁止の文字と客層にビビっていた。

慌てていったん家に帰り、買ったばかりの赤いフルーツ模様のワンピースに着替える。
ホテルではなく、街のイタリアンレストランで待ち合わせしたのだ。
しっかりJの顔を見て、話がしたかったのだ。
今のまんまの私を、Jにもしっかりと見てほしかったのだ。
ふと思いついて、一枚のCDを取りに帰った。
ずーっと欲しくて、昨日やっと買ったばかりの『anthony and jhonstons』だったけど、
Jにプレゼントしたかった。
それを聞きながら、私の方もちょうど彼のことを思い出していたからだ。
時計を見ながら、走って行った。
そうっと覗き込むと、眩しそうな顔でじーっとこっちを見るJが居た。
店員が、無理ですよと言うほどたくさんの料理を食べながら、たくさん話した。
まじまじ見ると、文句のつけようがない程、いい男だった。

Jは私がたった一度だけ、この人の子供が産みたいと思った男だ。
大きな家に大きな家具を買って、ふたりで暮らしていた。
夏にはベランダにビニールプールを作って、ホースで水を引きながら、ビールを飲んだ。
名前を呼んでも聞こえない程、大きな家で、毎日がロサンジェルスのような休日だった。
出て行ったのは、私の方だった。
他に男が出来たわけでもなかったが、どうしても出ていきたくなってしまったのだ。
私は6畳一間の家を高円寺に借り、
Jの方は、400万ほどかけて揃えた大型家具に囲まれて、今もひとりでそこに暮らしている。

飛び出してから、何度かJに会ったが、一度も本気で向き合えなかった。
話を核心からそらすのに必死だった。
胸を張って、Jに会える気がしなかった。
わたしの一番は、歌うことである。
それが理由で、あの家を出たのに、生活に追われるのを言い訳に、なんとない時間を過ごしていた。
3件目の店で、やっと、正直に話した。
今の自分の気持ちや、生活、これからのことについてのそのまんまを話した。
おしゃべりなJが黙ってカメラを取り出し、私の顔を一枚だけ撮った。
シャッターを押す時、Jが「ありがとう」と言ったんだとわかった。
「おまえは俺が知ってる中で、間違いなく、一番に正しい女だよ。」と言われた。
「またまたー、そのトークだけで仕事取って来てるでしょー?こんな間違いだらけつかまえてー」と言ったら
「こんなかわいい女に、また出会えるかなー」と言った。

通りへ出て、別れ際、「また会おう!」と長い握手をした。
そのまま握った手を引っ張られて、彼の胸の中へ飛び込んでしまいそうだったが、それはなかった。
5歩歩いて、呼ばれた気がして振り向いてみると、バス通りへ向うJの背中だった。
別れ際が男前なことでちまたじゃ有名なわたしが、格好わるいなーと思いながら、
しばらくその背中を見送った。
ガラの悪い歩きかたが、ちっとも変わっていなく、胸がキュンとした。

朝起きたら、おかまの声になっていた。
「リリアンです!」と言いたいくらいだ。
当たり前だろうと思う。
思い返すと昨日はビール一杯、ワイン一本、ウォッカ2杯、泡盛を三分の二ほども飲んだのだ。
慌てて、おかまのまんま、ギターを抱えて出かける。
アバンチュールのライブリハだ。
ハスキーで歌った。
今夜は声を整えつつ、衣装にアイロンをあてて眠ろう。
昨日の一日で、確実に私のうたは3年分ほどの切実さを増すであろう。
明日はライブ、吉祥寺曼荼羅、20時20分。
アバン、受け止めてね。

 
鰯のブルース / 2007年04月21日(土)
如何せん疲れている。
疲労が困憊しているのだ。
思考が渋滞し、低迷。
背中に乳酸が滞っているのだ。

つい先日までは、やる気が、いわしの大群のように頭の中で
休まることなく泳ぎ回っていたというのに。

2週間前ほどから、突然、眠れなくなった。
正確に言うと、眠れないのではなくて、目が覚めてしまうのだ。
いわしの奴が、ぽかんと口を空けては、アレもしたい!コレもしたい!もっともっとしたいー♪と煽るもので、
すっかりとその気になってしまっていたのだ。
日中はあい変わらず、目一杯、手一杯で、帰宅する頃にはふなふな。
なんとか飯を喰い、風呂に入ると、髪もびしょ濡れのまま、浜辺に打ち上がった昆布のように眠ってしまう。
それでも目が覚めると、またぞろ揃っていわしが泳ぎ出すもので、
慌てて、台所で立ったまま、朝食など済ませてしまうのだ。

T所くんのライブを見に行った。
なかば無理矢理に仕事を早退し、ちゃりんこでいそいそと出かけたのだが、
ライブ中、大好きなヒロシの隣にも関わらず、船を漕ぐ始末。
これはやばいと早々に楽しい打ち上げも切り上げ、帰宅した。

玄関にて、鍵がない。
ポケットをまさぐり、カバンの中身でお店を広げても、どこにも見あたらない。
やってしまった。
通った道を戻り、探そうとするが、通った道が?思い出せない。
たかが一二杯で、先ほどまでの記憶を失うほどにまで、酒が弱いのか俺?
なんども駅から家までの道のりを行ったり来たりするが結局見当たらず。
そのうち、だんだん寒くなり、帰り道なくした小学生のように泣き、風邪を引く。
諦めて、家から一番近い居酒屋、HDちゃんにて、トイレを済ませ、しばし眠らせてもらう。

ってなわけで、本日、私にドタキャンされた皆様へ。
ほんますんません。
今日こそは、全ての予定をオールキャンセルさせて頂いて、ピーマンの肉詰めです!
肉詰める元気はあるんかい?とはどうかどうか突っ込まず、そっとしておいて下さい。
気分はマンボウの昼下がり。
久しぶりに、家でゆっくり、ベッドに腰掛けて、ギターでも弾こうと思う。

見兼ねたPちゃんが作ってくれたエビチリブラックタイガー
弱っているので、靡きそうになるが、やめる。

 
ミシミシ / 2007年04月11日(水)
おじさんが死んだ。
小さい頃は、頭を撫でてもらったり、家でご飯をごちそうになったりした。
そんな記憶はあるのだけど、随分と久しく会うこともなく、
亡くなりました。癌でした。と聞かされても、涙が出るほどに悲しいということはない。
けれども、わたしが知っているのは、元気なおじさんだけ。
こうゆう事があると、やはりピリっとする。

人間は、産まれた時から、もう死に向っていて、だから我々は、今を生きるのであって。
今出来ることを、やるだけ。
今という時を感じきるだけ。
そんなことって、いつもどこかで考えているつもりだが、どこかでぼんやりと考えていただけなのかしら?と、
ピリっとして、思う。

ライブが楽しかった。
大きな声で、歌って、話して、笑って。
お客さんも楽しんでくれているのが、ピシピシと伝わって来るいいライブだったと思う。
私は、前々から一生懸命準備をして、私に出来ることを精一杯やった。
だから、楽しかった。
ライブが終わって、見に来てくれた友達たちの輪に入る。
みんなあーだこーだと感想を言ってくれたりして、笑って酒を飲んでいる。

私のギターがうまくなったとか。
あれはギターがいいからだとか。
単に練習量の問題だとか。
俺の教え方が良かったんだとか。
最初の頃は本当にひどかったとか。
でも今日のライブは、本当に良かったと。

褒められても、ふざけて詰られても、嬉しい。
皆の顔が、無条件に嬉しい。
珍しく興奮して、腹も減らず、すっきりしたまま眠った。

朝目が覚めると、寂しい病にかかっていた。
やかんにお湯が湧いても、寂しい。
洗濯を干しても、寂しい。
母親の声を聞いても、寂しい。

再来週はみみずくず揃っての、久しぶりのスタジオだ。
アルバムだ。
ミシミシと生きている音のする方へ、
もっともっと歩いていかなければならない。
時間はいつだってあるようでないものだから。

 
秘密の食卓 / 2007年04月04日(水)
私の最近の帰宅時間は、ほとんど毎晩23時近くである。
この時間に極限腹ペコ状態で帰宅して、これまた
その時間から、自炊などして飯でも喰おうと思うものなら、
なかなかに、これには、困難な問題が、多々発生する。
ヘルシー&ビューティーを心がけつつ、胃袋の欲求を満たし、財布と相談しながらも、しばしの精神の安楽、
明日への活力をも産み出すための、ひとりの夕食とは、、、

理想と現実のギャップを感じながらも、あれこれ、毎日、むしゃむしゃと食べている。
帰りに遅くまで営業しているスーパーへ寄り、冷蔵庫や戸棚の中にあるものを思い出しながら買い物をする。
小松菜、ほうれん草、チンゲン菜、ネギなどの青もの。
ちくわ、かまぼこ、さつま揚げなどの練りもの。
豆腐、油揚げ、納豆、などの豆もの。
エリンギ、しめじ、えのき茸などのきのこもの。
気がつけば、毎日、似たようなものばかりが、かごの中に入れられ、追加される。

アソコにアレがあったはずだから。。。
そう思って買い物して帰宅した時に、そのモノ=アレがなかった時ほどの落胆といったらない。
絶対あったはずー!!!
と最初のうちは、そんなとこにあるとは思えない、あり得ない場所まで探し出すわけだが、
そのうち、そういえば、あの時、アレと一緒に使ってしまったのかもしれない。。。
と、遠い記憶を紐解いて、ほらさっさと諦めねばならないよ、という
今現在自分の置かれた状況を認識するまでは、ちょっとしたパニック状態なわけである。

今日の夕食。

飲み屋で話す話も、母親と話す話も、ステージで話す話も、どれも私は私なわけですから、
何も恥ずかしいことなどないでしょうと、open my mind が売りな開けっぴろげレイナな私であるが、
これは、どうかと思う。こんなの少し、恥ずかしいと思う。
からまた、こうして、書いてしまったわけ。
料理好きとして、一部食通として、食い意地番長として、、、
でも、ウマかった。これ以上ないというくらい、ウマかった。
そうゆうこと。
それだけのこと。

だからと言って、誰かに作って食べさせることもないだろうし、
ウマいよーと勧めて食べてもらうこともないと思うが、
こっそり、自分で、もう一度、わざわざ買い揃えてまで、
もしかしたら、作ってしまうかもしれない。

                       小松菜 ソーセージ 玉葱 納豆 マロニー 
                       残りごはん 牛乳 コンソメ 黒胡椒 
                       ベルギーサラダドレッシング少々

 








P R