みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
効率いいから マワリも速い! / 2007年01月26日(金)
一ヶ月の大阪帰省も、残すところ5日を切りました。
と思うと、「遊びたいーーー!」ってことで
こんなところに行ってきました!

『足湯居酒屋』

ヘルシー&ビューティーに、何より気を配りながら、
酒を飲む!
なんとも矛盾しているようですが、乙女の欲望とは、だいたいそんなものなのです。

となりが足臭そうなおっさんやったら、嫌やなー。なんて言ってましたが、
それどころか、カウンターは私と私の友達のみ。


つきだしはサプリメント!いろいろある中から、3種類選べる。←もちろんウコンは外せませんね。

ダイエットやら、血液サラサラやら、メニューは目的別に分類されたヘルシーフード。

他の人が注文した料理とか見てから、こっちも選んだりとか、出来へんやん!
こんな、企画もんみたいな店!とか言いながら、
それでもアミューズメント感覚で、きゃーきゃー言いながら、
結局、めちゃめちゃ楽しんでしまいました。

まぁ話のネタになるでなー
って、この発想は、完璧スナック通いのおっさんですね。

久しぶりにやっと会えた大好きなひととの夕食
どこ行っても楽しないわけないのですが、盛り上がりすぎて、終電を逃し、タクシー値切って、
みなみから緑地まで。
これがまた通用するんよなー
こうゆうのも、大阪の醍醐味ですね。

 
今度 飲みに行こう! / 2007年01月24日(水)
やってやったわ。
朝から段ボールをひっくり返して、思いっきり、捨ててやったわーーー

♪ 写真は燃やしてしまった 手紙も燃やしてしまった
 ♪ 全てもう済んだこと 何もかも終わったこと

偉そうな歌を歌いながらも、箸袋ひとつ捨てられない私。
「女の腐ったみたいな男みたいな奴やなー」と、よく言われます。

写真や手紙ばかりを入れた段ボールが、ありまして、引っ越しなどある度に、
今度はこれ整理しよう、今度こそは!と思いつつ、ちょっと開けては、「また今度にしようかな?」
と、すぐまたしまう。その行為を何度も繰り返していたわたし。
ある晩、突然、お告げかこれは?
というくらい、とっても気になりだす。
「あーあかんわ。あんなんあるからあかんねやん。明日死んだらどないしよう。なんか無性に捨ててしまいたくなってきた!!!」
と思い立ったのが、去年の年末。
一ヶ月近く経った今日、やっと実行いたしました。
後は燃えるゴミ日の火曜日まで、知らんふりするのみだ!

その箱の中には、結構乱雑に、2、3歳くらいの頃のものから学生時代の頃のものまで入っていたのでありますが。
めっちゃ面白いものも、多数ありました。

「もう、絶対に学校をさぼりません!(多分アルバイトも)」  林 玲以奈 と書かれて、赤い判子が押された紙
『わたしの家』 と書かれた未来予想の間取り図  ←犬の部屋が一番でかかった。

などなど突っ込みどころが満載の内容でした。

中でも一番びっくりしたことは、親友Kからのハガキ
ひとり旅好きの彼女は、フットワーク軽くあちこちへ旅行する度に、その場所からハガキをくれる。
国内外から、旅先だけではなく、ふと思いついたときにも、どしどしとハガキをくれていたようだ。
その量はまさに、靴箱ひとつ満タンくらいにもなっていた。
とにかく幼稚園からのつきあいで、私の方も全く記憶にないものもたくさんあるのだが、とにかくどれもこれも
文章が、非常に短い!文章というか、だいたいが、太いマジックでデカデカとハガキ一面に文字。
「こっちは暑いでー元気ー?」とか、「今日は湖に来ました!お昼ごはんはサンドイッチ」とか、
まぁ言えば内容は、ほとんどないよーなのだ。
でも、その言葉少なさから、なぜか余計に旅の空気が伝わって来て、どれも素晴らしいおハガキなのです。
中でも、一番のお気に入りを見つけた。

今度、飲みに行こう!

名言ですね!このひとことのみ!これは、凄い。格好良すぎる。Kが男なら間違いなく惚れるぞわたし!
ちゃんと、切手も貼って、彼女の家から、わたしの家へ、届いているのだ。
もちろんこのハガキのことも、この頃あたりに何があったのかも、さっぱりわからないのだが、
これは永久保存物ですね!と思い、

「おかーさん、これ、わたしが死んだら棺桶に入れてね!」と母に言うと、
「OK! 任しといて!」と母が答える。

って、頼むわたしもわたしですが、任しといて!っておかーさま。
『で?わたしの方が、先逝くんやっけ?』とふたりで笑いこけたのでありました。



 
あなたは ヒロシで泣けますか??? / 2007年01月19日(金)
3時半就寝、8時起床。
そんなに酒を飲んだでもないが、ライブの日は、終わってすぐには、眠りたくないのだ。
本当は、ひとりにもないたくないのだ。
見に来てくれた友達や手伝ってくれた前ちゃんと、12時頃まで話して、解散。
家に帰って、居間に座って、夜中まで、ひとりぼーっとしていた。
ちょっと寝不足だけど、不思議と、眠くはない。
朝食はハムトースト、コーヒー、いろいろヨーグルト。

陽の射すうちに、面倒そうな母を説得して、ふたりでゆっくりと、緑地公園を散歩する。
花壇は、工事中で寂しく、遠回りして鴨を見ながら、池の外周をぐるっと一回り。
昔住んでいた家の前を通って、戻ってきた。
母はそのマンションの一階部分で、20年も洋服屋を営んでいたため、懐かしいね!少し変わったね!
など言いながら歩くだけでも、結構楽しい。風は心地よく、寒くない。

昨日は、無事ソロライブ終了。
来てくれた人、どうもありがとう。
ジャングルライフは、とってもアットホームな雰囲気で、リラックスして、楽しく熱唱した。
とにかく会場が広くていい。靴を脱いで、まったりとソファーや床で、食べたり飲んだりしながら、くつろいで
ライブを見てくれているお客さんを見ていると、こっちも気分がよく、気持ちよく歌える。
昨日のように、いくつかのバンドが出るブッキング形式のライブだと、いつも思う。
♪あー、わたしって、オルタネイティブ♪
良くも悪くも、昨日も、浮いていたであろうが、たくさんの人に、
「面白かったよー」と声をかけてもらった。
こんなうたを歌うひとが居ます!ということをみんなに見てもらえて、嬉しい。

わたしのソロライブは、みみずくずよりも、よりもっと、個人的なことを歌ったうたが多いし、
へんてこなうたが多い。
代表曲??のヒロシなどは、わたしが友達の、5◯歳のゲイボーイに捧げたうたであって、サビも♪ヒロシ♪であって、
ある人が聞いたら、「で、ヒロシって誰なんよ???」で終わりかもしれない。
それでもわたしは、ヒロシが歌いたいんです!
誰かひとりに向けた感情の強さや、愛の正体を、自分なりの形で歌い続けていきたいと、思うわけですな。

ギャラで髪を切った。
ずっとずっと、気になりながらも、もう半年もほったらかしで、伸び放題だった。
いつも東京で、決まった信頼出来る人に、何年も一筋でお願いしていたので、
うわきをしてしまうようで、どこかココロもとなかったが、今日、ギャラで、髪を切りたかったのだ。
そうして、ギターを出してきて、うたを歌った。
ライブは昨日で終わって、一段落だったのだが、普通にふっと歌いたくなったのだ。

髪を切り、うたを歌って、なかなかに満足な一日でした。
マル。


 
4の5の言わずに / 2007年01月15日(月)
8時起床。
朝食は、レーズンパンとコーヒーにヨーグルト。
母に教えてもらって、無糖のヨーグルトに少し、果汁100%のジュースやフルーツゼリーを混ぜて食べる。
というのに、はまっている。さっぱりしてウマい。
朝食べるといい。
さぁ、今日を始めてやるか!?という気分になれます。

ばーちゃんが来る。
うちのばーちゃんは、とにかく元気。
少しづつ、小さな病気をする方が、結果、健康でいられるのだろうか?
ちょくちょく不良を訴えて、病院へ行っては、検査や手術をするのだが、あっという間に回復。
毎日、暇でしょうがない!と言っては
タバコスパスパスパー
あんこみたいで、かわいい。
おまけに、デパ地下が大好きというあたりで、もう、尋常でないエネルギーを感じる。
数時間、大阪の女らしく、しゃべりまくっている。
来週は、ふたりで映画を見に行く約束をした。
「あー、それ楽しみ!元気出たわー、ほななー」と帰っていった。

明日は東京から、友達が来る。
聞き上手な彼女と会うと、いろんな話をしてしまう。
別れ際は、いつも、いつも見送る側みたいな顔して、寂しそうに手を振っている彼女。
ところが次会うときには、いつも、とんでもなくわたしを驚かせる。
あいつは実は、とんでもなく能動的なのかもしれない。
もう、充分にメールで驚かされたのだが、その詳細をゆっくり聞く予定。
金もないので、母の冷蔵庫から、料理でも作って、もてなそう。

わたしは。
一昨日あたりから、凹んでいる。
やりたい事が進まないうえ、所持金と残りの時間が減っていく。
一方、かまわずに、いろいろな事件がわたしに降りかかる。
はね除けられず、逐一焦ったり、苛ついたりしてしまう私。
小物です。

ギターを弾いて歌う。
エネルギーが分散されていないので、いい。熱が入る。
あと、3日でソロライブ。
関西では、初めての試みなので、お客さんは来てくれるのかしら?
曲の反応はどうなのかしら?
MCはウケるのかしら?
などなど、気がかりでもあるが、伝えられる気でいる。
十二分にある。
はーーーーー 4の5の言わずに、早く歌いたい!

謎の卓上アート BY 母 

 
まだまだイケテルわけ / 2007年01月06日(土)
14時就寝、7時起床。
もち、こっちにもマウスピースを持ってきているので、理想的な睡眠。
昨晩は夕食も7時半に取っているので、おなかもペコタン、心地よい目覚め。
コーヒーを入れ、知っとこ見ながら、母とふたり、胚芽パンを頂く。
いつもなら、慌てて、台所でパンを齧り、知っとこ=世界の朝ごはんの振り向き美人/知ってますかね?
の顔を確かめる間もなく、自転車に乗っている時間。
あー優雅ですねー
とは、
いかないんだな。コレがまた。

続きを読む…
 
あけました おめでとう / 2007年01月02日(火)
母の家は、明るくて、広い。
普段は高円寺のワンルームのアパートで生活しているわたしからしたら、当たり前なのだけれど。
この家は、ファミリータイプの3DKで、わたしと母がふたりで、食事をしたり、風呂に入ったり、テレビを見たり、コーヒーを
飲んだり、眠ったりするのには、充分な広さがある。
きっとこれも、ごく普通なレベルなのだろうけど、ひとつひとつの部屋がドアで区切られているので、食卓と、ものを書く机が別にあったり、
風呂とトイレが別にあったり、洗濯物がベランダに干せたり、花を飾るスペースがあったり、何もかもの作業をするのに、それに似合った
空間と道具が揃っている。
あー、毎日の家事が楽しいのです。きちんと生活しているーという実感。気分がいいので、率先して、母の分まで家事をやってしまう。
「わたしのやる事なくなるじゃなーい!」ってな具合に。

大晦日は、ばーちゃんとママンが作ってくれた煮物と、わたしの用意した簡単な炒め物とで、野菜を中心とした夕食にした。
テーブルに焼酎と取り皿を用意して、母とふたりで、紅白を見た。


続きを読む…
 








P R