みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
しばし ただいま / 2006年12月31日(日)
のぞみ号で大阪へ。
年末ということで、車内は家族連れが多い。
小さい子供の母親を見ると、だいたいわたしと同じ年くらいなのであろうか。
ビールを飲むお父さんと、お菓子を食べる子供に囲まれて、「新さん」(=I ジマンが貸してくれたマンガです)
読みながら笑いこらえる私。
ダメだ、集中しすぎると、ついつい「プッ」と吹き出してしまう。
キョトンとこっちを見る子供に、口パクで「何だこのヤロー!」
お父さんの方には、見つからないように、顎まで出したが、無反応。
まだ、知らないか!?って言うか、もう、知らないか!?

告白します!
わたしは今日から一ヶ月、大阪で、母の家にて住まわせてもらうことにしました。
しばらくは、この家に、ただいまと言って、帰ってくるのである。
理由はふたつある。
母の為とわたしの為。為などというと、恩着せがましいし、うちの母親は怒るであろうので、
母と離れて暮らすのが、気がかりなわたしが、自分で納得する為、ということにしておこう。

丸々一ヶ月も、東京を離れ、仕事を休んだりするのは、いつぶりであろう!?
で、その一ヶ月をどうするのか、その後の生活をどうするのか、は、さっぱりわからない、
そんなことではやばいのだが、決めてしまったことなので、実行してしまっているのである。
たかが一ヶ月なのだが、それなりに、準備というか、大掃除も兼ねて、朝からボストンバック3つ分の
荷物を大阪へ送った。
大好きな友達なんかにも、ひとりずつ会ったりして、気になることはそれなりに済ませてきたつもりだ。

ギターを担いで、パソコン抱えて、喘息の薬と、録音出来るウォークマンとを、
持って乗り込んだ新幹線であるが、
一ヶ月、本当に必要なものは今手持ちの、これだけで全部だなーと思う。

どんなキッカケにせよ、こんな機会はなかなかないのであろうから、
普段と違った生活が始まることに、ワクワクしてもいる。
ちょうど一年の切り替わりでもあることだし、いろいろなことを考えたり、始めたりするにも
丁度がいいではないの。

出発前に会った友達が言っていた。
「正月は嫌い!というか、年末はもっと嫌い!一年かけて積み上げてきたものを、
また初めっからやり直すような気持ちになるからさ。」

置き去りにされては困るほどに、この一年、積み上げてきたものがあるという証拠の、かっちょい発言。
さっさとリセットして、来年は頑張るぞーとか思ってる場合ちゃうで。
「今があるから、これからがある。今のものからしか、これからのものは産まれません!」
ふと思い出したが、愛しい人PVの前田くんの名言なのである。(地元の漁師ではないですよー)
わたしの一年はどうだったのかしら?
?でも、ひとつ言えることは、去年の私より、今のわたしの方が、
明るくて、逞しいから、好きである。

 
遠い記憶 / 2006年12月23日(土)
遠い記憶を紐解いてみる。

だいたいわたしは、私の腰は、どうして、こんなになってしまったんだろう。

日頃の運動不足が蓄積して、そこへ不規則な生活週間もあいまって、ある日突然になんのきっかけもなく、

中華料理食っていたら、ここまでこんなになってしまうのだろうか?

自らの力でほどいた記憶の結び目からは、なーんにも出てこず、?マークの嵐。


そういえば、腰が崩壊したその一昨日は、久々に酒を飲んだのであった。



続きを読む…
 
恐怖のチャイム / 2006年12月21日(木)
午前中チャイムが鳴る。
「林さーん、東京ガスです。」
あ、やばい、またしても、ガスが止まるのだ。
「待ってください!」と玄関まで行こうとするが、全く立ち上がれない。
うーうー這いつくばっているうちに、ガス屋のおばさんはピコピコ領収書を作って
ポストに突っ込むと、そそくさ階段を降りて行ってしまう。

はーと肩を落として、ガスコンロを捻ってみる。
やはし。カチカチとスイッチの音だけはするものの、むなしく着火されることはない。
またずるずるとつたい歩きで、ベットに向かっては思う。
今日も風呂は無理ということか。

すぐさまチャイムが鳴る。
「林さーん、東京電力ですー」
まじっすか?この冷え込みで、エアコンまで止められては、なるまい。
今度は大声で引き止める。
「今開けますからー。払いますからー。待ってて、待ってくださいー」
なんとか料金を支払い、ほっとする。

CDを変えるにも一苦労なため、もう本日5回目くらいの、ゾンビーズである。
冬の天気になぜかぴったりフィットして、意外と飽きずに、聴ける。
何より暗い気持ちにならないのがいい。
椅子に座るのもせいぜい30分が限度な状態のため、まる二日、全くベットの中で過ごした。
部屋の中が恐ろしく散らかった状態である。

バガボンド24巻
松本大洋「日本の兄弟」
つげ義春 「蟻地獄 枯れ野の宿」
東海林 さだお 「タクアンの丸かじり」

ベッドから手の届くところに、積み上げているもので、軽いものを選んで、ほとんど読んだ。
らくがき帳とえんぴつを手に、絵を10枚ほど描いた。
寝転びながら絵を描くと、思うように描けない分、
何かしらこれはこれで、面白い絵も描けたなー。


世間は年の瀬に向かってあれこれと皆様お忙しい季節。
増々冷え込む今日この頃、くれぐれも、腰には、ご注意くださいましね。


♪ひとり 腰痛 バイバイ♪ →もちろんこれも名曲=青春バイバイにのせて、どーぞ。


 
事件発生!!!本番直前、チュール、トイレに軟禁か? / 2006年12月19日(火)
くあー。やってしまった。
この日記に、あれも書こうこれも書こうなどと、嬉し楽しいことがいっぱい詰まった
週末だったのだけど、今はもう、この事で頭がいっぱい。
頭がいっぱいというか、身体がいっぱいいっぱい。

ギックリ腰!?
をやってしまったようなのです。
「どうする、俺???」
って、選ぶカードもないほどに、
その日は日曜日のため、いつもの整骨院もおやすみ。

朝から腰痛を感じていながらも、まぁなんとかなるか、前日リハなんぞかまして帰宅。
へっぴり腰で、ご飯作るのも億劫だし、Pちゃん誘っていつもの中華屋でも行くか!?と
おちおち出かけたのですが、ご飯を食べて、ものの30分ほどでその店を出ようとしたところ、

『うっ。立てない!』というところまでいってしまい、
なんとか店を出て、おちおちと歩くも冷や汗ばかり出てくるわ、全くもって進まない!
とうとう一歩も歩けないところまでいってしまい。

「悪いが、Pちゃん、
わたしをおんぶして!あと、ほんとに重いからね。」
なんつって背中をかしてもらうはめに。

「僕最近、力仕事してるからねーぜんぜん平気だよー。」
なんて言ってたPちゃんも、いざわたしをおぶった途端、

「膝抜けるーーーー!」
と言って小刻みに震えていました。

10数年のライブ生活で、初めて、ライブハウスのリハーサルを飛ばしました。
これは、もう本番を成功させるための、どうしようもない選択でしたが、
アバンひとりにリハを任せて、ほんまごめんよう。

しかも本番直前に、鍵が壊れて、曼荼羅のトイレに閉じ込められ、本当に出られなくなってしまい、
キックでなんとかしようにも、腰に力が入らない。仕方なく、この手で、扉ごとぶっ壊してしまいました。
曼荼羅さんもごめんよう。

コルセットぐるぐる巻きで、少々怪しい動きでしたが、上半身は、鍵壊すほどに元気一杯。
「アバンチュール、最高!」とのかけ声も頂きました。
あー、無事終わって、ほんまにほっとした!

しかし、今年は正月のインフルエンザから始まって、いろいろありました。
謎の皮膚病、じんましん、痔、そして、とどめのギックリ腰か。
来年こそは、身体鍛えてやる!!!とベッドで誓うわたしです。



♪=ひこうき雲のかえうたで、是非、みなさまご一緒に!

あーー少し寒いね
あーー温かい蕎麦を
寝たきり わたしに 作って くれた人

感謝します!

 
リンゴ疑惑 (は晴れたのだけど。。。) / 2006年12月14日(木)
友達と約束をした。
夜遅いのだけど、先方が、わが町高円寺にライブを観に来るついでということで、
わたしも仕事終わりなら、10時、11時、ちょうどいいかもしれないね!
ということで、前々からケイタイメールを使って約束をした。

「君の描く絵がとっても好きなのよ。」と話をしたら、
「じゃあ君の絵をプレゼントするよ。」という話になった。

楽しみで、部屋のどこに飾ろうかなど思案しながら、連絡を待った。
寒い日で、わざわざ絵を持って家に訪ねてくれるのだから、何か温かいものでも
振る舞いたいと、スーパーでたくさんの根菜を買い物したが、私自身も残業のため
結構な時間になってしまった。
今から作り始めると、ちょうど電話が鳴って、バタバタするかしらん?と考えあぐねていた。
して、そのことをまた、別の友達に話をした。
「彼が来るなら、僕の働くお店で、温かいものでもふたりで食べにおいでよ!」という話になった。
彼は人気ものなのである。
それは名案だと思い、ケイタイ電話をテーブルに置き、パソコン仕事を始める。

小一時間ほど、それなりに集中して作業するも、全く連絡がない。
?確かに昨日のメールでは、今日の約束のはずだったよなー
と、思いながら、そろそろ友達の店の閉店時間が近づいた。
もちろん当人にメールをしても、全く返信がなく、諦めて風呂に入ろうとした時、
無性に腹が減っていることに気づく。
あーダメだ。コンビ二でも行って、まずは、何か食べよう。

続きを読む…
 
マウスピースのスキャット? / 2006年12月10日(日)
歯医者に行った。
何年ぶりだろう?急患で。
数日前からずっと、数週間かしら?歯が痛いのを騙し騙しに生活していたのだが、
ついに、限界に達しましたのだ。
歯科助手の友達から情報収集をして、評判の医院を探したら、
なんとそこは、うちから自転車で5分のところにあった。

少々歯医者に詳しいもので、右上5番と6番の間あたり、インレーが入ってるんですけど、
中が虫歯で、たぶんもうマ抜までいってるかと思うんですけど。なんて知ったかをして、
パノラマサイズのレントゲンを撮ってもらった。

「1本も虫歯ないですねー」
口の中をチェックした後も
「丈夫な歯だねー、これはそう簡単に虫歯にならないよー。歯茎も綺麗だし。」
?そうなの??
じゃぁこの痛みは?
私の歯は、凹凸が深く、上下の噛み合わせは、ガッチリとそれはそれはよく噛める、んだけど、遊びが無い。
よってこの状態で、歯を強く噛み締め、歯ぎしりなどしようとすると、顎に対する負担がかなり多くなる。
いびきと歯ぎしりは一切しません。寝言専門です!と自負していたのだが、
そうとうな力を入れて、噛み締めまくっているらしい。
どうりで痛みのあるのは、夜中と明け方。
今だに信じられないのだが、とにかくこの痛みは、虫歯の痛みではない。のなら、削るべく虫歯もない。
のなら、どうやって痛みが消えるわけん!?
ってことで手に入れたマウスピース。

この不眠症の私が、この3日ほど、きっちり8時間ほどの睡眠。
そして、何より嬉しいのは、筋金入りの肩こりも少し和らいでいるのです!
今思えば、ライブ当日に寝違えた?のも、あれは噛み合わせのせいだったようです。

あなたの噛み合わせ 大丈夫ですか???

って感じで、あまりに調子がいいもので、誰にでも言いたくて仕方がないのです。

ってなわけで、ぐっすり睡眠 明けのスタジオ。
久々のコーヘイくんとのふたりレコーディング。
なんだかゆったりした気持ちで、珍しく、椅子に座っての歌入れ。

昨日からの雨も上がり、冬の晴れ空に冷たい風が吹く。
スタジオの目の前の、幼稚園に植えてあるイチョウの葉が、風に舞う。
真黄色に紅葉したその色と、ふたつのハートが結びついたようなその形。
足元にじゅうたんのように敷き詰められた中から、一枚、拝借してまいりました。


今日のフォト

左 私の歯(マウスピース)
右 イチョウの葉(on the PA卓)

どちらも綺麗でしょ?
お後がよろしいようなんで、今夜はこれにて、お開きーーーー

 
アバンがうちにやってきた! / 2006年12月09日(土)
アバンがうちにやってきた!

もちろんアバンチュール仕込みのための練習。
とても寒い日で、アバンが、仕事帰りの練習だったため、
まずは私の昼ごはんの残りのうどんで腹ごなしをしてもらう。
豆乳味噌うどん。
本当に残りものだったため、大した具もなく、なんと、うどん出汁が、ちょうどキレていることに途中で気づく。
豆乳と味噌でのごまかしうどんで、ごめんねアバン。
それでも、うどんに落とした生卵をいつ潰すかの行為を楽しみながら完食していただきました。
ちなみにわたしは中盤まで、もしくは後半までそのままで、後々になって潰した、その黄身の濃厚さを楽しみます!

わたしの用意した詩を載せて、歌ってみる。
アバンの選曲しぶいー渋すぎるーーー。
いつもいつも彼が持ってくる曲は、わたしにドンピシャで、詩を書くうちにその曲の素晴らしさにのめり込んでしまう。

キーとコードを確認して、何度かアレンジを手直し。
いざ、声をあわせて歌ってみると。
めちゃくちゃいい!!!
たまらん!
声を重ねるハーモニーに、歌いながらも、うっとりとしてしまう。

当たり前だけど、ソロでやるときとも、みみずくずでやる時とも違う。
パッションだとか、感情的だとか言うよりは、
なんともリラックスした楽しそうな声で歌うわたし。
アバンチュールで歌うときの声は、なんか、『ええ女』みたいな声が出る。

3時間ほどの作業を終わって、缶ビール一本で、あれこれ話をする。
アバンチュールのことというよりも、
一人っ子同志お互いの、家族のこと、バンドのこと、人生のことなどなど。
アバンと話していると、本当に、何の違和感もなく、私たち、姉妹だったかしらん?
なんて思ってしまう。
そうして、いつもいつもすぐにテンパってしまって、焦って机の角で小指ばかり打つわたしは、
とっても癒されるのです。
デカイぜ、吉井功!あ、アバンね。
デカイのは懐の方ってことで、2人して、頑張って痩せようね。アバン!ってな感じ?

明けて翌日、練習テープを聞いて思う。
これはね、今度はね、そうとういいですよ。
アバンチュール!
水色の中の暖かいオレンジ。
どこまでも柔らかでいるのに、いらないものはいらないという、潔く芯のある音楽。
私は夏女ですが、アバンチュールは冬が似合う。

未体験の方も是非、
ちょっといっぺん来てみてみー。
なんかね、『ちょっとしたことが、幸せ』みたいな気持ちになります。


フォト
夏のヨッシー!

 
それは 心地よい疲れ / 2006年12月06日(水)
吉野屋の牛丼を食らう。
こうゆうタイプのクイックな、お店に行くのは、すごく久しぶり。
通っている整骨院のすぐ下が、吉野屋で、時間がなかったのでなんとなく入ってみた。
「牛丼」を出すのは、平日のランチタイムのみということらしく、店内は結構込んでいる。
並と卵を注文。
おーこれがアメリカ牛をも恐れぬ顔ぶれかー。
おっちゃんにまみれて、牛丼を食らう。
ライブも終わり、もういつトイレを、もよおしてもいいと思うと、気が楽で、
あっさり間食してしまった。

昨日のライブは、楽しかった!!!
もう、10周年ラストライブもこれで、思い残すことがない。
思い残すことがないほど、出し切った感で、大満足である。
実際は、痔と下痢が本当にひどく、冬の曼荼羅、楽屋なし、過酷な待機場所状況もあいまってさ、
本番直前までは、目が潤むほどに、おしりが、おしりがイタかったのですが。
そんなものは、すぐさまふっとんでしまって、興奮しましたね。
お客さんの楽しんでくれている顔がすぐ近くにあって、あっという間の幸せな時間だった。

終わって、そのまま曼荼羅で、出演者、関係者のひとと、打ち上げ。
「ライブがよくなかったら、本当はそのまま帰ろうと思ってたんだけど。」と言いつつ
ココロの友『Iジマン』の姿も。
以前はバンドのギターリストとして、一時はみみずくずのサポートとして、音楽活動をしていた彼。
今は、ソロでのみで勢力的に活動している彼だが、
「俺もバンドやりたくなったよ!誰かと一緒に音楽をやるって、こうゆう事なんだー素晴らしいことなんだってね!」
そう言ってくれたのが、一番嬉しかった。
わたしの伝えたかったことは、伝わったんだ!と思うと、にんまりしてきて、
肛門の痛みもどこへやら。もう気持ちがいっぱいで、なぜだか酒もそこそこに、ほくほくと高円寺に帰りました。

明けて本日、4丁目カフェでのメンバーミーティング。
ほとんど白紙である来年のスケジュール、アルバムに向けて、
いやはやその前に、MMZとは何なのか?についてなど話す。
日頃の業務、仕事、生活、時間に追われていると、ついつい言いたいことも後廻しにしてしまったり、
向かうべきところの焦点があいまいになってしまったりする。
もっともっと、更にがっつり組みなおさないと!
前ちゃんのチャンチャンコ姿が、見れなくなってしまうよ。
そんなこんな事を考えるにも、いいキッカケになるこの『10年』という数字。
きゃー実際は、もう、新しいことを始めるのが、楽しみで仕様がないの。

ふふふふふふ・・・・

ふふふ・・・


追伸 昨日のライブに来てくれた人で、予約したのに、CDRがもらえなかったという人が居ます。
   BBSにコーヘイからも書き込みがありましたが、こちらの手違いです!
   本当にごめんなさい。
   是非ともご一報を下さいまし。

今日のフォト 
みみずくずレコ発ライブのお楽しみ=おみやげ
東京版with ニーネは、マーブルチョコでした!

 
1 2 3 ダー!!! / 2006年12月02日(土)
ライブに備えて休みをとった。
とっておいてヨカッタ!
朝から歯医者へ行って、整骨院へ行って、←ばばぁです!
ますは身体を整える。と、思ったんだけどー。
昨日からなんと「痔」になってしまった。なんでーー???でも、もう人生3回め。
しかも、生理、痔、下痢と3拍子揃ってるやん。
苦しいーーーと、
燃えるんです。そんな方が。
だってMですから。
そうして、おしりを押さえて、K1見ながら、今にいたります。

アンケート作って、?ネタ仕込んで、曲確認して、、、
なんてやってたら、あっという間に日が暮れてしまった。

名古屋大阪を終え、ショートホープep発売記念最終ライブ。
10周年記念ライブもラスト、しかも今年のラストライブにもなる明日のライブ。
今夜は、もう一度、ゆっくり見つめ直そうと思う。

我々が、今、出来ることの全ての意味を。

もっと

名古屋大阪のライブは存分に楽しめたし、客席からも、暖かい拍手をたくさんもらった。

でも、もっと

もっとなんか出来ることがあるのでは、なかろうか!?

もちろん、大阪と比べ、演奏する人も、曲やメニューも大幅に変わるわけではないのだけど、
その日その時その瞬間に、鳴り響く音楽に、2度と同じものはないから。

亀みたいに首を延ばして、ドラム叩く前ちゃん。
半分ない眉毛八の字にして、笑うとなんかオモロい顔。
普段、特によく笑うタイプじゃないけど、時々、すごいいい顔して笑う。
私が、ライブの途中に、後ろを振り向いて、その顔が見れたのは、
今まできっと3回くらいしかない。
やはし、その3回はめちゃめちゃいいライブやった。

そんなライブにしようぜ、コーヘイ。
あのおっさんの顔が出たら、絶対皆にもなんか伝わるライブになるの。

愛と笑いと衝動の ロックンロールショー


今日のフォト

大阪を離れて、わかったことのひとつ
故郷とはおかんの愛なのである。
おかんの手料理に勝るものはなし!

母がタッパーに入れてもたせてくれた、ビーフストロガヌフ with  パセリライス

 








P R