みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
思い込みの快便 / 2005年12月30日(金)
昨日は労働最終日という事で、開放感でいっぱいになる。
Tちゃんとボブ・ディランの映画を見にいくつもりだったのだが、微妙に時間が間にあいそうになく断念。
マーティンスコセッシが撮ったドキュメンタリーで、しかもディランのお話ということは、面白くないわけがないのだが、なんせ3時間半のフィルム。この5時起き生活の私には、正直睡魔に勝てる
自信がない。
それでもどこかでなんとかして観てやるつもりである。
眠る前から、さぁ明日こそは、何時まで寝てやろうか?と企んでいたのに、やはり、5時ピッタシに
目が覚める。なんとかもう一度眠ろうと7時ごろまで粘ってみるが、諦めて布団をまくる。
シャワーを浴びて、ブラインドーを開ける。冬の済んだ空気と出窓から斜めにさし込む朝日が気持ちいい。


続きを読む…
 
今年もあと三日ですね! / 2005年12月29日(木)
寒いー。5時起き生活も残すところ後、一日。
随分慣れたなど言いながら、ここ2ヶ月は5時に起きるために生活していたような節がある。
せっかくし込んだ体内時計をそのままに、今後もそこそこの早起きを続けたいなーと思う。
本日も5時起床、いつものコンビニでお昼に飲むカップスープとホットコーヒーを買って駅まで小走り。
あまりの寒さに弁当がご飯の時は、カップyの味噌汁、サンドイッチの時はスープと、ルーツのアロマブラックを購入するのが、定番。
コンビニのおねーちゃんも毎朝同じ人で、またこの人だわ、飽きないわねーとか思っているのだろう。
はじめは無愛想な人だったが、今日は、「寒いですね、行ってらっしゃい。」と言われた。
小鼻を真っ赤にしつつ、ホームでコーヒーを飲んで、電車を待つ。
電車も時間が時間だけに、通勤ラッシュ前、だいたいは席につくことが出来る。この季節、一度座ると2度と立ちたくない程、座席のシートがポカポカ温かい。
そうとうに眠いのだけど、どうにかこうにか小説など開いて読み始める。
今日の読書アイテムは、般若心経の読解本。これが結構面白い!


続きを読む…
 
ライヴ収め / 2005年12月23日(金)
仕事収め。昨日で今年のライブは全て終了。
本当に寒い夜だったので、温かい拍手が身に染みた。
メンバーにも、友人にも聞かせたことのない新曲を皆に披露出来て嬉しい。
やはり、ひとりのライブは、余裕というものがちっともないので、演奏はギリギリだったけど、楽しくて、又ベラベラとステージでひとりしゃべりまくってしまった。
寒い中見に来てくれた友人と、終電まで、瓶だし焼酎を飲む。
やりきったぞ!という心地よい開放感とアルコールで、本当に気持ちよくお喋りが楽しい。
またまた下品なエロトークと、汚い下ネタ全開で、ゲラゲラとたくさん笑った。

前日の深夜まで、コツコツと個人練習に勤しんでいたため、腱鞘炎と背中がやばし。
前身の筋肉に全く遊びがない。

続きを読む…
 
人間関係 / 2005年12月19日(月)
晴れたねー。
昨日は、この冬一番の寒さと聞いていたので、ライブ前日だし、びびって家でゆっくりしようと思っていたが、突然掃除魂に火がついて、やりまくる。
初めにエアコンなど大掛かりなものに手をつけてしまったのでほとんど半日仕事。
分解して、歯ブラシと綿棒を両手に埃とヤニとに格闘。
そこいらの拭き掃除やらなんやらも済ませて、二人の来客を済ませ、豊田道則の新譜、「東京の恋人」を何度も聞く。
豊田マニアとして、(身内でね)有名な私。
彼の作品のここ最近の音源は、ライブ一発弾き語り撮り録音のようなものが多く続いていていたので豪華なメンツをゲストにバンドサウンドで録音された今作に非常に満足する。

続きを読む…
 
オーバー60‘Sの宴 / 2005年12月14日(水)
ツアーも終わって、今日からまた仕事だ!と張りきって5時に起きるが、シフトを間違えて、休みのところ気づかず、錦糸町まで出勤。カーやってしまった。
せっかく来たから働いていくか?と誘ってもらったが、今日はいいっす!と言って、そのままスタバで読書。
そうです。私が出勤の時間はスターバックスさえまだ準備中なのです。
2時間ほど集中して、ページを捲るうちに夜も明けて、おういい天気。窓越しに見ていると、まるで真夏のような入道雲。
ところが、いざ表へ出ると青空のウソツキー。寒いんだなー。
陽も登ったところで、襟を立て直し、丸の内線へ。
東高円寺まで出て、まずは整骨院でマッサージ。
そのまま高円寺まで歩いて、久しぶりにウインドーショッピング。
あまりの寒さに、耳の付いたニット帽を680円で購入。ショートカットの私には必需品、かわいいし、温かい!

続きを読む…
 
ココロのヌードストリッパー / 2005年12月11日(日)
ひこうき雲ツアー終了。
録音して、ジャケット作って、チラシ作って、営業廻って、発送して、お客さん誘って、DM出して、リハーサルして、ライブして。
一枚音源を発売するとなると、これはもうやるべき事が山盛りである。
終わった。とりあえずひと段落だね。と大阪からの帰り道コーヘイと話す。
東名高速からふと、空を見上げると、大きく長ビューンと伸びた、ひこうき雲が。
まぁなんてよく出来たエンディングでしょう。

久々に開放感を満喫したく、眠いながらも、551の豚マンを持っていつものSラへ。
なぜか偶然大集合していた高円寺メイトとおおいに盛り上がる。

続きを読む…
 
日曜日の湯気 / 2005年12月06日(火)
日曜日。
東京でひとり暮らしなどして、音楽や自主レーベルなんてやっていると、休みの日はやっぱり一日それでつぶれてしまう。
ライブ前最後の練習。東京で一度ライブをやったため、ますますの仕上がり。
ワンマンライブを決行するのは、今のところ、東京・大阪がだいたいなのであるが、先攻する方には、旬の初ものようなういういしさが、後攻の方には、さらに練り込まれて熟成した深みがある。
ライブは生ものであるし、毎回一回きりの何が起こるかわからないのが醍醐味。
おしなべられなくて当然なのである。
が、みみずくずが上京してからの数年は、地元の昔からのお客さまにいいところを見せたい一心で、どこか肩に力が入ってしまい、なかなかに空回りが続いていた為、ある意味、この順番でライブを行うのは、正解かもしれない。
しかし、私の今までの人生の中のドラマから生まれた曲達を、ドラマティックをテーマに構成されたこのライブメニュー。
これを故郷大阪で決行することは、私にとって、もの凄く意味深いことである。
私自体、これほどドラマティックなことは、ないというような催しで、しかも、そこへ皆を巻き込む術を鍛えるために私のここ数年があったといって過言ではないと思う。


続きを読む…
 
おかんの愛 / 2005年12月02日(金)
仕事帰りに本屋で立ち読み。
探しものがあって、書店を3件はしごするが、目当てのものは見つからず、諦めてパラパラとそこいらの新刊など捲るうちに、以前から気になっていたりリー・フランキーの東京タワーを発見。
なんとなく立ち読みするうち、「うっ。」危うく涙がこぼれそうになってしまった。
流行りものを買うようで、なんだか少し恥かしいが、そのまま即買い。
久しぶりに定価で新書を購入した。家に帰って家事を済まして、少しずつ眠い目擦ってページを捲る。
以前から泣ける泣けるという噂は聞いていたが、コレは面白いです。
オカンとボクと時々オトンという副題の通り、リリー・フランキーの生い立ちや小さいころからの思い出を通して、おかんに対する想いを綴った本である。
涙しながら3分の一ほど読んだところで、久しぶりにすっかり、おかんに会いたくなってしまった。


続きを読む…
 








P R