みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
湿気の野郎め / 2005年07月31日(日)
レコーディング、録音作業オール終了。
給料も入ったし、よーし遊んでやるー、と予定を入れまくるが、泣く泣くキャンセル。
まずは・・・とジェットコースターTちゃんと、ギャルデートを阿佐ヶ谷の串揚げ屋で開催するが、2時間ほどでダウン。ほんの数杯飲んだだけで、喘息の発作が。
えーん、最近何も悪いことしてないぜ。
昨日も六本木で久しぶりにNさんに会う予定だったのにー。
またも薬に頼ってしまったため、身体がむくんでだるい。
マッサージのチラシとにらめっこするが、それさえ行く元気もなく帰宅。
喘息∩アレルギーのNBくんに相談するが、この季節、湿気がなくなるのを、ただただ待つのみだよ。俺も相当つらいよー、と返答。
湿気の野郎め、おまえの仕業かこの野郎。
おまえのような奴は、ピピッと。除湿してやる!とエアコン様で。
健康な身体が欲しいっす。

今月から給料にほんの少し余裕ができたため、念願のヨガか水泳でも始めようかな?と思う。

そんなで、タバコとアルコールは減らして、今日は髪でも切りに行こう。

働いて、お給料をもらって、家賃を払って、レコードを買って、新しい音楽を聴きながら、例のテーブルで、牛乳を飲みながら、道行く人を眺めながら、思う。
これが、生きていくということなんだなー、生活をするということなのかー。
それはがまんの連続で、繰り返しで、何もしなくても、何かしても、時は流れて、今年も夏がやってきた。
世界はただ、飲み込んで、吐き出して、人間はただ、戦争を、経済を、政治を、石油を、子供を食べて食べて、死んで、生まれて、繰り返して、廻って。
ベッドのシーツの皺のように、それは単調な繰り返しのようで、2度と同じ模様ではないのです。
寄せては返す波のように、過去も未来も、今なのです。
今だと感じる今さえも、その瞬間にはもう過去となり、未来と感じるこれからさえ、その瞬間にはもう今なのです。
ふと見逃しそうなシーツの皺も、少し離れたところから、じーっと見てみると、なんとも複雑に折り重なった今の痕跡。
自由奔放のようで、計算しつくされたようで、偶然の事故のようで、はっとした出会いのようで、なんとも美しく、見えるときもある。

続きを読む…
 
なんてことない時間 / 2005年07月24日(日)
7時起床。シャワーを浴びて即刻昨日の詩を見なおす。
いいんじゃない?コーヒーを入れて、細かいところに手直しを入れる。
本日、次作EPの歌入れレコーディング18時より開始。なんとか間にあった。
これで夕方までに何度か歌いこめば、準備完成。後は気持ちのいい休日を過ごして、気持ちを集中させるだけ。

整骨院に行って身体をほぐして、鼻歌まじりに台所に立つ。
鴨のスモークと、生姜、厚揚げを使って、切干し大根を煮る。冷蔵庫のパクチーをまぶして、美しい!!しかも激ウマ。天才だね=私。
やっとほっとしたぜ。
ホルモン剤が身体に合わず、生理がきたらきたで、貧血、嘔吐、腹痛の先週だった。
体調がいいといいとで、ついつい飲みすぎてしまうため、
昨日は、プチ休肝日をとって11時就寝。
なんか逆に調子悪い気もするが、明日あたりすんごい身体が軽いはず!と信じている。
うちの部屋は、18平米に無理やりにリサイクルショップで買ったセットで2500円の椅子とテーブルがおいてある。
だいたいは出窓と向いあって、プチカフェ気分でなんでもない時間を過ごしている。
というか、何をするにも、そこで過ごすしかない間取りなんである。
でも、結構いいんだな、これが。
毎日の天気をぼーっと確認しながら、
2階の窓から通りを見下ろしていると、毎日いろんな人が、うちの家の前を通っていく。
少し通りからは入り組んでいるため、向こうからこちらをのぞき込む人はほとんどおらず、
安心して人間ウォッチングが出来る。
小学生やら、OLやら、サラリーマンやら、カップルやら、若者やら、和服のおばさまやら、
ギター青年やら、ほんとにいろいろである。
もちろん、毎日同じ時間に通る人なんかもいて、これが結構面白い。
ちょっと気持悪いが、足音でわかる人までいる。
空想癖のある私は、そこでその人の職業や家族構成を考えたりする。
映画が一本できそうだぜ。
そうして、ぼーっとしていると、たまに友達が訪ねてきて、
お土産をくれたり、野菜をくれたりコーヒーを飲んでいったり、
夕飯を食べて、また帰っていったりする。

続きを読む…
 
次なるステージへ 今 / 2005年07月15日(金)
披露困憊。仕事を早退して、産婦人科へ行く。
生理が来なくなってから、2ヶ月以上が立つ。
妊娠検査薬で試して陰性だったものの、下半身は地下3F、背中にはおばーちゃんが三人くらい居るのがつらかった。
ストレスと過労が原因らしく、身体が、お●んこが、硬直しているのだろう。
ホルモン剤をもらい、とにかくまじめにそれを飲めば、1週間ほどで、月のものがやってくるらしい。
パンツを脱いで台に乗ったことの侮辱されたような気持ちと、
やはり子供が出来ていなかったこととの安心感で、妙な脱力感。
かえり道では、今日こそすぐにベッドに横になろうと決めていたのに、
やはり眠れず、クーラーをかけない部屋で、フライパンをふりまくり、ストレス?を発散する。
盛り付けまでしたものの、
珍しくあまり食べる気になれず、冷蔵庫へしまう。

I島くんのライブを見に行った、アバンから、メール。
「やっぱり彼は最高だった。」と。
わかってた。病院なんか行くより、彼のライブを見るほうが元気になること。
昨日のライブのことなど、自分の今の気持ちをアバンに打ち明ける。
秋まではアバンチュールライブをお休みしたいと。

アバンはやっぱり大人だ。いい男だ。
みみずくずもヨシンバも乗り越えてきた壁が、やっと僕達にも見えてきたんだね、と。
むしろそれを乗り越えていくことにわくわくするよ、と。
私もはやくアバンと次のページを捲りたい。

続きを読む…
 
その、ヘアースタイル / 2005年07月15日(金)
ちょうど、まったくの一年ぶりにJと会う。
あの頃のように、新宿西口で待ち合わせをして肉を食べる。
出会ったころのように、痩せて黒く焼けた肌のJがあいかわらずの眩しそうなしかめっ面
で立っている。なんだかすごい髪型になっていたが、
「おう、生きてたか?」
「なんとかね、生きてるよー」と、少し照れくさい。
家族や仕事の話など、お互いを取り巻く環境の話などする。
「おまえに会う前は、あれも聞こうこれも話そうと思ったのに、不思議と全部忘れたな。
おまえが出ていって、すぐ引っ越そうと思いながら、新しい植木とグラスを買ってしまって、まだあそこに一人で住んでるよ。
ヒトカドの幸せからはますます縁遠い毎日だよ。
でもおまえが出ていった時の悪い思い出も、全部忘れたよ。
楽しいことばっか覚えてるよ。」
返す言葉が見つからず、黙って牛肉を食べる。
「おまえの新作を聞いて、おーきちんと自分の生きる道見つけたんだ、と思ったよ。
すごくいいよ。びびったよ。
あれがひねり出せたんなら、なんとかなる。気をぬくなよ。」
Jに誉められるのは、初めてのこと。
いつも何をやっても駄目出しばかりされていた。
そうだ、私この人にずっと誉められたかったんだ。私のことを、女としてだけではなく、
人間として、モノを作る人として、ちゃんと認めて欲しかった。
そうだ、認めてほしかったのではなく、
認めてもらっていない気になっていたんだ。
嫉妬していたんだ。
自分の進む道へ、足元の花など蹴散らかしても気にも留めず、突進する彼の姿に、
自分を重ね合わせては、何か見つけられない自分に焦ってばかりいた。
店を変えても、車だからとウーロン茶を飲みながら、
自分の作品のことばかり話す彼を見て思う。
一見変わったのは、二人とも、ヘアースタイルだけのようだけど、
二人出会って別れなければ、髪型だって変わっていなかったかもしれないのね。
当たり前だけれど、我々はいまを生きていくしかないわけで、
私はまた、新しいうたを歌いたい。
Jよ、君のそのスタイルには、脱帽です。と思う。

続きを読む…
 
ひまわりよりあじさい / 2005年07月03日(日)
朝7時30分起床。
今日からやっとバイトを始めたPちゃんにカレーを温め、コーヒーを入れてやる。
先日はあまりの彼のだらしなさに、また説教ばかりしてしまった。
「どっかでなんとかなるや、って思ってんねんおまえは。
どうにかなるとかなるようになるって言葉はね、
本気でがんばって始めて言える言葉やねん。
おまえのように何の努力もなしに、ぼーっとしてる奴に今より良くなる資格はない!
地獄へ落ちろ!!!」
「ほんとだ。」
「自分のこと恰好いいと思う?恰好悪いし、情けないやろ?」
「はい、がんばります。」
そうゆう顔してるわ、と思う。
だいたい中学生ではあるまいし、何を言っても全肯定では話にならない。
悔しい顔も出来ないほど自分のやったことに自信がないのだろうか?
私はこうゆう顔をする人を他にも知っている。
こうゆうタイプの人はよっぽどのことが無い限り、たぶんまた同じ事を繰り返すと思う。
「改心します。」との言葉に騙されて、「ひどい・・・あの人を信じた私がバカだった。」なんて涙を流していたのはもう遠い昔のことである。
ふっふっふ。
そんな経験によってこの私という冷血人間が出来あがったのじゃー!!!
信用のないおまえのがんばります。なんて言葉に何の期待も持っておらんわ。
2度目はないぞ!3秒で切って捨ててやる。阿呆は死んでも治らんのじゃ。
阿呆の泣き面見とるほど、私の人生暇ではないわ。(少々お下品で失礼!)と思う。

休日は忙しい。今のみみずくずは休日が勝負なので、やることが山盛り。
おまけにしっかり遊んで人生を謳歌せねばならない。
11時半、H子到着。
HPの打ち合わせ。その後Iプクランチを平らげ、いつもの荻窪の店へ
・・・そして東高円寺へ廻って整骨院。なんとか今日中にこの背中の疲れを取りたい。
コーヘイ宅で新曲デモの歌入れ。
歌詞が未定のため、ふにゃふにゃ歌いでやり過ごす。
今週は久しぶりに閉めきりに追われての製作だ。
秋に発売予定、次作はいいよーサイケです。
コーヘイくんのMIXもますます腕を上げ、猛威を奮いまくる予定。
くー楽しみです!

続きを読む…
 








P R