home back

みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
おかんの愛 /  2005年12月02日(金)

仕事帰りに本屋で立ち読み。
探しものがあって、書店を3件はしごするが、目当てのものは見つからず、諦めてパラパラとそこいらの新刊など捲るうちに、以前から気になっていたりリー・フランキーの東京タワーを発見。
なんとなく立ち読みするうち、「うっ。」危うく涙がこぼれそうになってしまった。
流行りものを買うようで、なんだか少し恥かしいが、そのまま即買い。
久しぶりに定価で新書を購入した。家に帰って家事を済まして、少しずつ眠い目擦ってページを捲る。
以前から泣ける泣けるという噂は聞いていたが、コレは面白いです。
オカンとボクと時々オトンという副題の通り、リリー・フランキーの生い立ちや小さいころからの思い出を通して、おかんに対する想いを綴った本である。
涙しながら3分の一ほど読んだところで、久しぶりにすっかり、おかんに会いたくなってしまった。


 ひどく荒れた海で 沖が見えずに 夢中でただ泳ぎきった
 溺れずにすんで よかったけれど そこは朽ちた無人島で

 やっと出会えた人 抱きしめる君 もう会えなくなる 通りすぎていく

 やかん火にかけ 電話をかけた 君が笑った 夢でよかった

 そんな夢を見る 私のこと バカだなって君は 言うけれども
 変ることのない ママのような愛を 私はまだ知らない

♪遠泳より

前ちゃん曰く、私がひとりで書いたうたの中で一番の名曲である。
そう、私の中のオカンの愛は永久不滅である。そして私の中のオカンは何よりも偉大である。
子供を産んだことのない私にとって、そのオカンの愛とやらは、底知れず、測り知れないものがある。
どんなに激しい恋に落ちても、初めて唇から愛してると言う言葉が、口をついて出た時も、おまえのためなら死んでもいいと抱きしめられた時も、そこに永遠というものを感じたことが、私にはまだない。
だからこそ今を、確かなことだけを、この目に焼き付けていたい。
そんな気持ちで、生きてきたように思う。

 ずっとただそれだけのことが ずっと
 静かにそこにあるだけで ずっと

 明るくも暗くもない 普通の 普通の

 夕方の食卓に並べて 笑って 疲れて 眠るの
 今日起きた 出来事を話して 笑って 疲れて眠るの
 笑って 疲れて 眠って 笑って
 笑って 疲れて 眠るの
  
                                      
♪夕方の食卓より

先日、今度対バンする○十九壱さんに、たまたま出会ったとき開口一番で、「私あれが好きです!」とお褒め頂いた名曲である。
20代の私は、普通の生活、小さな幸せ。そういったものにずっと憧れながら、その裏に住む、誠実さと退屈。そんなものに恐れおののいて、なんだか今日まで、今の私にたどり着いた気がする。

「元気?何でもないんだけど・・・」と、オカンに電話などしてみた。
今年の正月カウントダウンは、東京に出てきて、6年の間で、始めて大阪の母のそばで迎えようかと思っている。
大阪ライブのための帰阪まで、あと一週間をきって、すっかりはやくオカンに会いたい。
それでも会うと会うで、また3分でケンカを始めてしまったりするのだけどね。
そんな永遠を感じられるほどのオカンの愛を知っている私は、幸せものだなぁとつくづく思う昨今です。
△ TOPへ








P R