home back

みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
Aさんマークの /  2006年06月21日(水)

引っ越しも、無事終了。

母の新居はもともと3DKだったものを、誰かが改装して2LDKにしたのであろう間取り。
玄関を開けると、まっすぐ奥へ続くリビングが見渡せて、なかなかいい。
荷物がまだまだ多いが、収納も多く、南と東の両方にベランダが。
一度も咲いたことのなかった鉢植えが、引っ越して2日で、かわいく花をつけていた。
そしてまた、南側のベランダの目の前が、浄水場のため、リビングからの眺めは、駅2分とは思えないほどの
快適空間である。

ね。牛でも放したい感じです。




あれこれ工夫して収納したり、この機会にと、バスマットやらまな板やらもろもろ新しいものを
買いに行ったり、すっかり私も引っ越し気分になってしまった。

母の荷物は、実は4トントラック満杯ほどあって、今回の引っ越しはAさんマークの引っ越し屋さんに、
らくらくパックという奴を頼んだのであった。
男手もないし、仕事も忙しいので、ちと高いけど、えーいい思い切って!的な決断だったのだが、
凄い凄いすごーーーい。
私はプロの仕事に感動してしまいました。

まずは引っ越し前日、女の子2名が派遣され、梱包を手伝ってくれる。
=聞けば歳は10代らしいが、十分プロ。

「ここをよろしく!」と食器棚などひとつ頼むと、
四角い箱にいろいろな形の食器を、パズルの様に梱包。
段ボールには、中身の種類と元あった場所、これから行くであろう場所を明記。
気持ちいいねー。
おまえも手伝えよ!とは言われないけどさ、ただただじーっと見てしまう私。

そうして、今日ここで、私が手伝えることってもうないですか?
というところまでやって帰って行った。

そして、当日。乗り込んできたのは、5人の成年男子。たぶんほとんどが20代前半。
なんか新選組みたーいい!!と手を叩く私。
隊長らしき人(この人のみ20代後半かな?)がまず、クリップボード片手に荷物の確認。
大型家具の引っ越し後の配置やら、段ボールの中身、荷物の総量を確認。
ひょっとして、土方歳三???

本日のメンバー自己紹介を終えると早速開始。
部屋の中まで入ってくるのは3人、後の2人はエレベーター前で指示を待つ。
まずは捨てるものを、廊下の隅へ出しておき、床などに傷がつかないようマットを引きつつ、
小さなものから順に、バケツリレー的に、トラックの前へ運びだす。
私の沖田くんは???と一番隊長を探す私。
居ましたね、一番小さくて、若そうで、男前の力持ちが。

あれよあれよという間に、部屋の中がみるみる空っぽに。
歳三は指揮もとりながら、自ら一番デカイものや、高価そうなものなどを担当。
やっぱ上に立つものは、こうでなくっちゃねー。
ビデオの2倍早回しくらいのスピードで事は運び、今度は新居への運び入れ。

「どこに置こうかな?やっぱりこっちで。」などと優柔不断な母に嫌な顔ひとつせず、
電気の傘なんかも、装着してくれ、あっという間に4トン分の荷物はそれぞれの場所へ。
ブラボー!その汗。素敵すぎますーと喜びまくる私でした。


荷物開きも、そこそこに決着をつけ、東京へ戻る。
あれこれ用事を済ませようと、ノートパソを持って乗り込んだのぞみだったが、膝の上に開きっぱなしで、
京都あたりからそうそうに、すっかり眠ってしまった。

大した荷物も持っていないようでも、
私の腰痛は全開に悪くしてしまい、今朝方くしゃみをしただけで、「うっ。」と倒れ込んでしまいました。
んー天気もはっきりしないし、身体が思うように動かないのは、何かといらいらする。

というよりも、帰宅して、自分の家に帰り、
なんじゃこれは?この狭さは!と改めて、愕然としてしまった。
今年はなんとかゴリ押しにて、間逃れた更新料。
これを区切りに、来年の今までには、絶対に。
どんな手を使っても、引っ越してやる!!!と燃えるわたし。

気分転換に、朝からごはん。
腹ペコで、パンなど齧りそうなところを、ぐっとがまんして、麦ごはんを炊く。
スイッチを押しておいて、近所のOKマートにて、袋持参のお買い物。

本日の朝食

ちくわとつるむらさきとショウガの炒めもの、同じくつるむらさきのみそ汁、うりの浅漬け、
めかぶ、さばの塩焼き、麦ごはん

やはり、自炊の満足度の高さにひとり頷く。

もう、Aさんマークのらくらくチーム荷物部隊の人なら、誰でもいいです。
あなたに死ぬほど手料理食べてもらいたいなー
もらってー?ってな感じでした。
△ TOPへ








P R