home back

みみずくずのボーカル、林レイナの超赤裸々日記

   プロフィール


林 レイナ
『みみずくず』のボーカル
11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー
好きなもの:銭湯
嫌いなもの:メロン

オイルショックの年大阪で産まれる
小学校の卒業文集に「声を使った仕事がしたい」と書く。
中学校では演劇部に所属、高校時代にはrockと物書きにあこがれ、
大学時代は4年間みっちりバンドに明け暮れる。
卒業後、一目惚れした人と大恋愛に落ち、当時ほとんどのうたをその人に捧げる。
1996年に結成したバンド「みみずくず」が関西にて話題沸騰。
2000年にはメジャーデビューを果たす。上京するが大恋愛が終わり、私生活が荒れる。
ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
FM福岡にて1時間番組のラジオのメインパーソナリティーを1年半務める。
2005年みみずくずが「MMZ RECORDS」を設立。
以後e.p.3部作やアーカイブシリーズなど、現在まで同レーベルより作品を発表。
もっと歌わずにはいられないと、ソロ活動もはじめる。
ギターを手に歌う「弾けず語り」のスタイルが、ミュージシャンや一部音楽関係者に
話題を呼ぶ。ますます精力的に活動する中、2007年妊娠する。禁煙する。
出産ギリギリまでライブ活動を行うが、みみずくずも初の活動休止。
2008年男の子を出産。本人は未だバージンだと言ってきかない。
東京は高円寺に在住。センベロと立ち飲みをこよなく愛し、「ちょっと風呂を
浴びてくる」と出かけたまま、高架下で飲んだ暮れていることも。
2010年みみずくずが活動再開。自らにしか出来ない音楽を追求するべく、
現在はアルバム制作中。

みみずくず最新作「東京ビリー」
林レイナ初のエッセイ集「ご飯いこか?」が絶賛発売中!



みみずくず「東京ビリー」
MMZ RECORDS MMCR-201
¥525(IN TAX)
¥500(WITHOUT TAX)


林レイナ「ご飯いこか?」
MMZ RECORDS MMZ-201
¥525 (TAX IN)
¥500(WITHOUT TAX)

御購入はMMZ RECORDS HPまで



月別アーカイブ
平手打ち /  2006年06月08日(木)

休み。

久しぶりにKちんにあった。
彼とも、もう、かれこれ10年くらいのつきあい。

友達の友達的に、ひょんなことから知り合ったのをきっかけに、
結構に、なんやかんやと、たくさん一緒の時間を過ごした人。

昔はいつも、私が困って、振り向くと、kちんが居た。
「どうした?」
「俺で良ければ、力になるか?」とか言って、手を貸してくれたりした。
同じ年だけど、どこか、にーちゃんのように頼りがいがあって、
きっと、どこか妹のように、私のことをかわいがってくれていた気がする。

みみずくずを手伝ってくれたり、NYに一ヶ月ほど一緒に行っていたこともあって、
友達以上、恋人以上みたいな気持ちが、わたしにはある。

美味いコーヒーと甘いものが食べたいというので、久々に、七◯森へ行った。
私は、スイーツはあんまりわからないので、とりあえずコーヒーが美味い店は、
スイーツも美味いはずだ!と思ったら、やはり美味かった。
メニューを見ると、高いな。とか思うのだけど、アルコールに使う1000円よりも
もの凄く有効な気がして、嬉しい。
昼間から酒のみが、スイーツをいただくと、
とても贅沢な気持ちになれて、いい。
これが自分ひとりじゃなかなかこうは、ならないんだな。

そうして、懐かし話やら、これから話やら、ケラケラわらわら話しているうち、
突然、Kちんから平手打ちを食らった。

気がした。

「らしくないよ。レイナ!それはらしくない!
そこは頑張るところだよ。
何より頑張るところだよ。じゃないと、あいつみたいに、
ヘタしたら、明日死んでまうで。」

去年の今頃、Kちんと私を紹介してくれた友達、(正確に言うと私の元彼でありKちんの親友)が、
死んだ。突然の交通事故で、死んだ。
びっくりして、私も、無理やりに、葬式だけはなんとか顔が出せたのだが、
Kちんの方は、しばらく残って、遺品の整理から、彼の位牌まで、手作りで作ってきたらしい。

「らしくない」かー。

その言葉を反芻しながら、帰り道、いろんなことを考えた。
そういえばいつも、わけのわからない自信に満ちた確信を定義して、
むちゃをするのが私。
慎重なKちんに、もっとやれよ!というのが、私。
だった気がする。

完璧主義すぎたり、のめり込みすぎるところがあって、人間関係も仕事も、何かと器用貧乏だったKちん。
30過ぎてやっと、今までやってきたことが、すーっと、ひとつのところへ繋がってきているように見えた。
今までのKちんは、仕事を変えたり、住処を変えたりしても、いつも遠回りしたり、損したりしている気がして、
「なんでやろうねー。」とふたりで笑い話にしていたけど、
今回はなんか違った。
「この方が、家具屋として、説得力あるし、安心してもらえるんよ。」と、
ハゲごつ眼鏡から、ロン毛に変身したKちんは、9万円もするインテリ眼鏡をかけていた。
「俺、Dが死んでから、ふと考えるようになってんわ。やばい、明日死んでまうかもしらんねや。」
穏やかな彼が穏やかに言った言葉やけど、そのテンションとムードも相まって、
久々に、ぐさっときてしまった。

私は彼の死を、結局なんとも思っていなかったのかな?

なんとなくにしていたこととか、あきらめてしまいそうだったこととかが、パラパラーと空から降ってくる。
生きているということを、幸せでも不幸せでもいい、もっと態度で示さなくては。


「レイナ恋はしてないんか?」
「うーん。珍しくあまし。」
「そうか、とりあえずそれちゃうか?やる気もハキもでんぞ。」
「でもどうせなら、ためいきが出るようなくらいの、したいのー。」
「何ゆーてんねん。それが一番大事やがな。」

といって、笑って手をふったけれど、
昨日の平手打ちは、思った以上にキツく、夜眠って朝起きても、
まだほっぺたがジンジンしている。
△ TOPへ








P R