今年もどうぞよろしくお願いいたします

January 15 [Mon], 2018, 19:31
松の内も今日まで、本年最初の女将日記の更新です。
もっと早く用意をしていたのですが、1日1日と遅れてゆき、本日とあいなりました
今年もよろしくお願いいたします。



今年は清泉亭の玄関飾りを。
紅型(びんがた)の子供サイズの鮮やかな着物をタペストリーのようにさげて、手前には戌年にちなんだ置物を。
同じ犬でもいろんな種類がありまして。
犬はお産が軽く、多産。子孫繁栄ですね。

このお正月の天気は、めずらしく穏やかでしたが、そのあとがぐっと冷え込みました。
10日過ぎてから全国各地で雪になりましたが、ここ多伎の里は真っ白になることはありませんでした。
ただ、寒いのはとびきり寒くて、水たまりで山茶花の花びらが氷漬けになるようなあんばいで。
まだこの先、油断なりませんね…
あたたかなひざしが恋しいです



こんな寒い時期には、やはりぬくもりの温泉とあたたかなお料理がうれしいもの。
この冬は特に、名物のうにめしが連日大好評。
ぐつぐつの小鍋で登場するうにの雑炊に歓声があがります。
うにめしは3月20日までの期間限定名物ですので、ぜひ今のうちに♪

そして本日は特別なお知らせをひとつ。

昨年ご好評だった出西窯さんとのコラボレーション企画が今年も始まります♪

創作会席コースが「木綿」と「藍」の2種類。

長年使い込んだ味わいのある当館ならではの出西コレクションを愛でつつ、ここでしか食べられない料理をおいしく召し上がっていただきます。

日帰りでもお楽しみいただけますが、なんとなんと!!!

今年はお泊りの企画がパワーアップです。
ちょっと奮発しちゃいました



お料理コースは出西窯作の器だけを使用して提供される創作会席「藍」。
出西窯さんでご利用いただける5%割引チケットに加えて、
出西窯作品が必ずお土産でもらえる、空くじなしのくじ引き特典がついてきます。

1等は大きな深鉢もしくは、女将お気に入りのエッグベイカー。
2等は中サイズのボウル、または呉須のマグカップ。

などなど、大変魅力的なラインナップとなっています。
上位商品の当選はかなりの高確率なので、出西窯ファンの方にはたまらない企画ではないかと…

そんなの早いもの勝ちじゃないか…というご懸念もあろうかと思います。
上位商品は同相当のものを随時補充してゆきますので、ご心配なく
確率は一定に保たれる予定です。
(ただし、同日に同プランの方が多数いらっしゃった場合は、一定数の中での抽選となります旨ご容赦願います。また、エッグベイカーに限り、再度納入困難なため、限定1となりますのでご了承ください)



この冬の目玉企画!1泊2食付で15,000円(消費税込)〜
(お部屋の条件により金額の変動がございます)
詳しくはホームページの宿泊プラン、もしくはお電話でお尋ねください。

ご遠方の方はもちろん、ご近所さまもぜひ!
たまには近場で、なにもせずのーんびりくつろぐ、というのも良いものですよ♪
ご夫婦はもちろん、女子旅にもおすすめです


神在月が近づいてきました

November 16 [Thu], 2017, 16:29
朝晩に限らず、だんだんと寒いと感じる時間が長くなってきました。
紅葉もすすんで、季節はすっかり晩秋。

10月は世間では神無月。
それを出雲では神在月と言い換えるのですが…

御神事は、月の暦にて行われますので、実際のカレンダー上では11月になることが多いのです。
ちなみに今年の神迎祭は11月27日。
そして神在月と呼称するのはそのお迎えからお送りするまでの1週間となります。
(今年は、と申しますのも、暦ですから毎年日にちが動きますので要確認です)

そしてこの季節になりますと、日本海側特有の雲の多い気候となってまいります。
特にここは、雲出づる國、出雲ですから、それはもう!

そのおかげもあって、天使の梯子とよばれる雲間から光がさす幻想的な風景もしばしば見えるようになるのです。

今回は秋に入ってからの小田の海と光のコレクションです

ツイッターにいくつかあげておりますが、若干違うバージョンをのせていますので、もう見たよーという方もよろしければチェックしてやってくださいませ♪



お天気はあまりよくないけれど、雲間から海の一点へ向けてスポットライトのように光がさしていました。
肉眼ではもっと眩しかったのですが、素人ではこれが精いっぱい




こちらは、1日お天気が良く、日本海が照り映える様子。辺り一面眩しい感じでした。




日没が近づく16時前ごろ。だんだんと色づいていい色になっています。
この日は珍しく海面に雲がかからず、おそらくはこの後、沈む夕日が見事に観察できたものと思います。
太陽にフォーカスしなかったのでにじんで見えますが、その分、海面に映る色がより鮮やかに撮れたものと…
(ツイッタでは太陽に合わせた画像をのせていますのでちょっと印象が違うかもしれません)



こちらが昨日撮った海です。
風が強く、潮が飛んで遠くがけぶるようなお天気でした。
雲の動きが早く、太陽が出たり隠れたりとせわしく。
ちょうど顔を出したところに出会えました。
まだ空の青さも鮮やかで。

神迎え---神様は嵐にのって移動するといわれます。
大風が吹くようになると、「ああ、今年も神迎えが近づいてきたな」と感じる晩秋の出雲です。







川辺秋麗 ありがとうございました

October 05 [Thu], 2017, 13:27
あっという間に10月がやってまいりました。
10月に入ると同時に雨がきて、朝夕の涼しさもひとしお、秋の深まりが急速に進んだ感があります。


9月最終日の30日土曜日、じつに10年ぶりとなる「美食サロン」を開催いたしました。

この度のタイトルは 川辺秋麗
 
1日だけの特別な催で、昼夜2席、定員25名様としてお知らせいたしましたところ、たくさんお誘い合わせいただき、昼夜各29名様にて満員御礼でお迎えすることができました。



美食サロンとは、文化と美食のコラボレーション。
お客様に、ぜひ小田温泉でご覧いただきたい演目と、その日だけの特別なコースをご用意してお楽しみいただくものです。

今回は、俳優・金子あいさんと波紋音(はもん)奏者・永田砂知子さんをお招きして、平家物語の語りを演じていただきました。

演目は、祇園精舎・敦盛の最後・那須与一の有名な3段を、事前の解説も交えながら、幻想的、かつ大迫力で感動の舞台に、ご来場のお客様皆様、大いにご満足いただきました。





(いつもの見慣れた玄関ホールも大片づけをして、演劇の舞台へ早変わり)


料理にも今日だけの特別な趣向をこらしまして。
平家物語にちなんで、「松茸清盛蒸し」「待て(マテ)貝源鯵(参った)檸檬〆」など、ユニークな献立が登場しました。
(女将写真に撮るのをうっかり…)

すばらしい演目と特別料理も魅力ですが、もうひとつの見どころが室礼です。

上にありました画像、豊穣の象徴の稲穂を大きく描いた見事な振袖を受付へ飾り、お出迎え。




お座敷には、平家物語にちなんで、那須与一と扇の掛け軸を。



こちらは隣り合った二つの部屋の床の間にそれぞれを掛けるという遊び心のある室礼でございました。





前回まではお座敷に座布団の形式でしたが、今回からは椅子に腰かけていただけるようになりました。



久々の大きな催でしたので、うまく運べるか心配しておりましたが、スタッフ一丸となって、なんとか滞りなく昼、夜を終えることができました。

殊に、この度は長らくのご贔屓様ばかりで(それはまるで親心のように)、新社長・新女将への励ましをたくさん頂戴いたしました。
感謝しきりでございます。



川辺の催しを終えて、次の日、しみじみとたくさんの方にお心を寄せていただきましたことに思い至り、改めて感動いたしました。

またこれからも、良い催しができますよう企画を練ってゆきたいと思います。
まだまだ行き届かぬことが多い若輩ではございますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


大変なことが起きてしまいました

September 17 [Sun], 2017, 7:27
楽しい文章は読み手も楽しい気持ちですらすら読めるもの。
書き手がつらい気持ちで書けば読む方もつらいもの。
今から書きますのは、少し苦い文章です…

昨日午後、小田温泉に食中毒による営業停止処分がくだりました。

数日前にお食事なさったお客様が体調を崩されたと報告がありましたそうです。
検査の結果、ヒラメに寄生する微小な(10マイクロメートル)虫「クドア」が原因と特定されました。
会席の中のヒラメのお造りが問題でした。

症状で大変な思いをされたお客様はもちろん、昨日、今日のご利用を予定されていたお客様、また、当館を親しい方にご紹介くださったお客様や、小田温泉を支えてくださる多くの方々に計り知れないご迷惑をおかけして、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでございます。

おいしい料理を提供して90余年、初めての出来事です。
今までこつこつと信用を築いてきてくれた先代をはじめとして、その上のご先祖さまたちにもごめんなさい。

9月1日に代替わりをいたしまして、たくさんの祝福をいただいたところ。
そして、折しも、その発生した日は、社員揃って産土神社の神様へご挨拶に伺った日でもありました。

いずれのお客様も、お料理をきれいにおあがりくださり、にこやかにお席を後にされていただけに、許されない裏切りを働いてしまったようで、ひどく胸が痛みました。

お叱りを受けて当然の身なれば、覚悟をしてお詫びのお電話を差し上げましたところ、かえって労りのお言葉をいただきました。
ご予約の方に事情の説明でご連絡いたしましたら、困惑はされども、穏やかにお返事くださいました。
のみならず、処分明けの一番ご予約の皆様には、どちらさまも変わらずお越しいただけるとのこと。
中毒の原因がはっきりしたことで、停止が最短の2日で納まったことも奇跡のようでございます。

いままでお客様にたくさんの感謝をしてまいりましたが、このようにお気持ちの温かさにふれて救われることがありましたでしょうか。
涙がとまりませんでした。
これは、見えない力(それは神様という存在だったり、小田温泉を思ってくださるたくさんの方々のお心遣いだったり)のおかげ様であると心底感じました。

大きな禍は小さく、小さな禍は黄泉の彼方へ。禍福はあざなえる縄のごとし。

いつでも良いことだけなんて都合の良いことはありません。
今回の出来事があったからこそ、涙が出るほどの感謝をすることができました。
きっとこの気持ちを身を以て知る必要があったのですね。

私ごときの感傷はさておきまして。

当然、起こしてしまったことは、言い訳などできませんし、許されることでもありません。
今回のことを大きな教訓として真摯に受けとめ、誠実に、謙虚な気持ちで、小田温泉一同、信頼回復に向けて一丸となって努力いたします。

そして小田温泉をかわいがってくださる皆様に、安心してご利用いただけますよう、9月18日からまっさらな気持ちで再スタートいたしますので、これからもかわらぬご愛顧を、どうぞ、どうぞよろしくお願いいたします。




夏、ですね…

July 27 [Thu], 2017, 18:58
毎日お暑うございます

またまた久しぶりの更新となりました。
日記どころか月記であることも放棄したかのような…

先だってお越しのお客様に「見ているよ〜4月から止まっているけどね(笑)」とさりげなく教えていただきましてハッとした次第
申し訳ございませんでした…

ここ数か月はもっぱらツイッタに注力しておりまして。
このブログのスタイルも近いうちに変更できたら、と考え始めております。
よろしければ、この機にツイッタの方もフォローしてやってくださるとうれしいです
ツイッタアカウントはコチラです↓
https://twitter.com/odaonsen

本日はそんなツイッタで呟いた内容から、毎度反響をいただきます今の時期もっともうれしいこちらをご紹介

老若男女、この季節は多くの方が手放せない「アイスクリーム」

たくさんのファンの皆様に長らく愛されながらも販売が終了してしまったいちじくババロアにかわりまして、現在料理長手作りのオリジナルアイスクリームが登場しています!



フレイバーは都度変わります。
そして自家製ならでは、安心の無添加。
ご宿泊のコース料理のデザートとしてつく事もありますが(その時々によります)、単品でのご注文も可能でございます。
現在販売中の中から一部ご紹介いたします♪



こちらはクリーミィな黒糖ジンジャー。
生クリームたっぷりのなめらかさとショウガの繊維の食感の違いがクセになります。
奄美産黒糖の上品な甘さと優しく香るショウガのバランスがいい感じ




こちらはできたてほやほや、マンゴー&ラズベリー。
たっぷりのマンゴー果肉と果汁で、今回はあえて卵を使用せずに作っています。
濃厚なマンゴー、それだけでも十分おいしいところへたっぷりのラズベリー果肉を加えました!
もっちり濃厚なマンゴーが舌の上でとろけるかと思えば、ラズベリーのプチプチした食感とすっきりとした甘酸っぱさもやってきて何度もおいしい…!!

お泊りに限らず、ランチタイムにご利用のお客様も、お食事の後にプラスワンでのご注文が可能です♪
残念ながら、アイスクリームだけを食べに…はお受けできませんのでその点だけはご了承くださいませ。

食後に、もうちょっと何か…というお気持ちに沿うラインナップ、どうぞお気軽にお声をおかけくださいませ

桜まとめ

April 11 [Tue], 2017, 11:15
今年も桜の季節がやってまいりましたね!
毎年若女将日記で桜の観測枝のレポートをしておりましたが、今年はツイッターを使っていましたので遅くなってしまいました
まとめというかたちで一気にご報告したいと思います
まずこちらが4月1日開花の第1花。


例年なら厨房上の屋根の辺りが早いのですが、今年は敷地の端の川辺でございました。
ここのところ1、2年の開花が特別早かったので、今年はだいたい平均的な流れに戻ったなという感覚です。
咲き始めから2日間気温が一気にあがったおかげで、とてもボリュームのあるよい花見になったと思います。



いつもの定点観測をまとめて。上から順に、4月1日、2日、4日、6日、7日。
開き始めてからあとは早いこと!




こちらは6日のはたご玄関真上の桜の枝。これ以降、青空が見えなくなって残念。まさに花曇り続き。

ここからあとの写真は、濃霧の中の桜が幻想的でしたので、まとめて掲載します。
8日土曜日の朝から、あたり一帯が濃霧に覆われました。
(こんなに濃いのは珍しいのでついついはしゃいでいっぱい撮ってしまいました)
肉眼ではもっと濃くみえました。小田川の対岸が霞むほどで、もはや山や海の方角は真っ白で何も見えず。



山にそびえる高速道路の橋脚もまったくみえません。












日曜日になって、一足早く散り始めたのは清泉亭横の桜。ひらりひらりと花吹雪…




そして今日、いよいよ雨となりました…
思ったほど散らずに残ってくれています。よかった
明日以降、もうしばらくお花見が楽しめそうです。






小田温泉の出西のうつわ その6

February 28 [Tue], 2017, 19:54
いよいよこのシリーズも最終回となりました。


数々の特徴的な出西窯のうつわをご紹介してまいりましたが、今回は干支をあしらったお茶碗です。

毎年いただいていますので、干支によっては2つ3つあるものも…
その年その年で使用する土、デザインが異なり、ずらり並べてみると壮観です。



(同じ申でも、右端の茶碗は主石飛鴻の絵付によるオリジナル)



手触り、手馴じみも全て異なります。

一点一点作り手の愛情を感じますね


さて、ここまでご覧頂いて参りました幾つかのシリーズを中心に、今まで大切に使ってきた暖かみのある器を一堂に集めてコース料理でご披露いたします。


3月21日までの特別な企画。

この機会に民芸の器を楽しんでみられませんか?
元々お好きな方も、初めて興味をお持ちの方も、沢山の方に触れていただけましたらうれしいことこの上ありません。

全6回、ご覧下さりありがとうございました






小田温泉の出西のうつわ その5

February 21 [Tue], 2017, 12:49
今日はまたレア物のご紹介です
いや、全部レアじゃないかといえば、そうなのですが、出西さんの歴史の中でもちょっと珍しい取り組みではないかという器でして…


出西窯さんは、柳宗理さんのディレクションシリーズがあることでも有名です。


同じように、お隣鳥取県でご活躍の因州中井窯さんも柳ディレクションを製作されていて、こちらは鮮やかな青と黒の染分がトレードマーク、きっとご覧になったことがおありではないかと思います。


そのご縁でか、コラボ作品が作られたことがありまして、ちょっと出西さんにしては珍しいデザインと言われるものがこちら!!






右側が中井窯さんのお皿です(参考)


これ、お持ちの方、少ないのでは〜?(^ω^ )三( ^ω^)


なんせ、私、お気に入りの逸品です


さて、このシリーズも残すところあと1回です(`・ω・´)b




つづく

小田温泉の出西のうつわ その4

February 20 [Mon], 2017, 10:29
がんばれがんばれ…
もうちょっとあります!

前回は出西ブルーについてでしたが、本日はグリーンについて。





深みがあって美しいグリーン。
しかし、緑釉のシリーズは、そんなに多くないはず。


先だってお邪魔した時に見かけたのは、三彩のポイントとしてや、カップ、花生け、盃でしたでしょうか。


全体が緑釉の器となるとさらにレアです。当館もこの全体がグリーンの器は10枚しかなく、今回はこの枚数に合わせて限定10人前と設定させていただいた次第で。
深い深い緑がとても美しい器です。


写真右側の縁がグリーンの大きめな皿は数もあり、普段から大変活躍してくれています。
今まで目にされたお客様も多いのではないでしょうか。


さて、本日はこんなところで。
このチャレンジブログ企画(笑)も残すところあと2回。
よろしくお願いします





小田温泉の出西のうつわ その3

February 16 [Thu], 2017, 13:48
冬休みをいただいており、ちょっと間があきましたね。
お知らせするポイントはまだありますんですよ〜


本日は呉須のシリーズについて。


今ではすっかり出西といえばこの出西ブルーのイメージが定着したのではないかなと思います。






深みがあって美しいですね。
私は個人的に鉄釉の縁との組み合わせが気に入っています。
当館にも定番の平皿がありますが、レアなシリーズとしては、左上の片手付の器でしょうか。
お出しすると、しばしばお尋ねいただくのですが、かれこれ10数年前のモデルで、残念ながら、今はない形です。大きさは、ちょっと大きなカフェオレボールくらい。
(近いものだと、現在は丸みを帯びたカップのシリーズがありますね♪)
煮物に汁物にと使い勝手が良く、出番の多い器です。


盃は今回の為に新調しました。
同じ呉須でも色味の違いが楽しめます。
いいですね〜



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ふわっと女将
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:島根県
  • アイコン画像 趣味:
    ・温泉
    ・旅行
    ・グルメ
読者になる
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ふわっと女将
» 大変なことが起きてしまいました (2017年09月23日)
アイコン画像浜田屋陸上部
» 大変なことが起きてしまいました (2017年09月23日)
アイコン画像ふわっと女将
» 大変なことが起きてしまいました (2017年09月21日)
アイコン画像さすらいの釣り人
» 大変なことが起きてしまいました (2017年09月17日)
アイコン画像若女将
» 収穫始まりました〜! (2015年09月08日)
アイコン画像T.Nakano
» 収穫始まりました〜! (2015年09月07日)
アイコン画像若女将
» 椿のはなし (2015年03月16日)
アイコン画像浜田屋遼太
» 椿のはなし (2015年02月21日)
アイコン画像若女将
» 青葉の季節 (2014年05月02日)
アイコン画像★パリンドローム
» 青葉の季節 (2014年04月29日)
月別アーカイブ