出産秘話A

2005年12月31日(土) 17時25分
PM11時頃:手術室へ移動。全身麻酔の後、子宮l口を切開し、吸引
        分娩を行う。3〜4人がかり。お腹もぐいっと上から押さ
        れました。

12月31日
AM 0時6分:吸引分娩成功。でもベビの泣き声小さく、チアノーゼ。
         酸素ボックスへ。ママは睡眠薬で眠りの世界へ&、縫
         合を受ける。

〜AM1時頃:ママは睡眠薬が切れ、病室へ。
        ベビは小児科の先生の診断を受ける。

AM 3時頃:小児科の先生がママベッドの傍まで来て、ベビの入院を
        報告。ママは承諾。ベビが小児科に移動する前に看護婦
        さんが一度だけ、ベビを枕元へ。初めてのご対面。ものの
        1分でお別れ。。。(涙でちゃったよ〜)

で、10日間入院することに、、、

出生秘話@

2005年12月31日(土) 17時07分
12月30日
 AM3時頃:破水したのに気づき、市民病院へ電話後、病院へ。
         (子宮口の開き具合は2cm程度)
〜AM7時頃:陣痛があり、その間隔が短く、かつ強くなってくる。
         (AM6時頃、子宮口の開き具合は4cm程度)

その後ぱったりと陣痛が遠のく。

PM0時〜6時:毎時間誘発のため錠剤を服用。陣痛が強く、間隔も
         短くなる
         (PM6時頃、子宮口の開き具合は5cm程度)
〜PM8時頃:陣痛を苦しく感じるものの、子宮口が思ったより開かな
         い。
         (子宮口6=>7cm)
        ベビの心音が下がる
〜PM10時頃:子宮口が8.5cmぐらいになったところで、ベビの心音
         が心配なため、分娩室で一度いきんでみる。
         先生の判断で、吸引分娩に。但し、吸引分娩で出産
         出来なかった場合に、ベビの心音が下がり死亡してし
         まう危険があったため、吸引分娩に失敗したら、即、
         帝王切開にうつれるように、手術室にて吸引分娩をす
         ることに。。
        
         この頃、ママは意識もうろう。ババが付き添っていてく
         れたため、手術の承諾書などを代筆して、手術室へ行
         く準備。でも手術室がふさがっていたため、1時間くら
         い待ちぼうけ。もうママはヘロヘロ。苦しすぎて記憶が
         定かじゃない

入院秘話Aへ
プロフィール
■代替テキスト■
はるな
2005年12月31日産まれの女の子
パパ、ママの3人家族です

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haruharunomama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる