ありがとうの日。

2004年11月12日(金) 23時36分
朝、いつのまにやら寝てしまっておりやした。
・・・駄目じゃーん。
夢見心地で、約束をすっぽかしたのを思い出す。

部屋の電気も暖房もPCも今朝帰って来た時のままで。

PCの電源を落とす前に、
あたしが日記用というか、頭を整理する為に使ってるページを見たのね。
そこにはカオスと感情しか無いんだけど。てかここも大して変わらんけどさ、
もっとずっと独りよがりな訳。

テキストより整理し易いってだけでそこに書き込んでたのに、
外し忘れた“コメント”の欄に、誰か書き込んでる。


えっ!???


焦る焦る焦る自分を抑えて、読みまちた。
内心、友人だったら死にたい、とか思ってまちた。
(幸運にも死なずに済んだけど。


あたしは泣いてた。
勝手にきた。


起き抜けに泣くやらありえん。
時間が経った今もちゃんとはわかんない。
あんな感触、初めて。
宮崎駿でも別れ話でも、あんな風には泣かない。

溢れて溢れて、自分でびっくりした。
泣きたい時に泣けない癖に。


とても感謝してます。ここから『ありがとう』を送ります。


SO YOUNG / THE YELLOW MONKEY

***

4限の再履、普段通りラスト30分だけ出やした。
やる気無い先生はあたしのこともどうでもいいみたいで、
だから甘いんです。そこが好きですっ。

Sjとお茶しまして、彼のご友人達に会って。
Sj本人もそうだけど、彼のお友達って面白い人ばっかりで。
その上気さくな方々で。今日初めて会ったのに、
もう長いこと友達やってる空気に入れてくれちゃうような。

みんなで話していて、大学生っぽさを感じまちた。
バイセクシャルも童貞も、今日はキラキラして見える。


Sjが渋谷まで一緒に行ってくれることに。
バスで行ってみることにする。
景色見ながら札幌と似てる道を見つけて、2人でウキウキ。
バス好き。電車嫌い。てか西武新宿線が嫌い。
結局あたしをクアトロまで導いてくれた後、彼はバイトへ向かいますた。
いいヤツ。ありがちょっ

実は1人でライヴを観るのは初めてだな、って思い出しつつ。
色々不満の残るものだった感は否めないけど、
金曜に居酒屋に居ない自分が新鮮で楽しかった。
たまにはいいよね、と自分を甘やかしているところ。

いい金曜でちた。みんなありがと。

***

気づいたら顔も剥がさずジーンズも履いたままで寝てた。
てか昨日の食器が放置されちょる。
早起きしたけど、寒くて池袋が遠く遠く遠く感じる。
今日こそCDの中身を替えようと決意。
  • URL:https://yaplog.jp/hard_to_say/archive/35