9ヶ月目の妊婦時代

July 31 [Fri], 2009, 22:55
うさはパパの地元に住んでいるのですが、うさが実家で出産するため自然と帰省する回数が増えてきました。


しかし、、、


パパ、ついてくるのめっちゃ嫌そう。


「お前の実家にかえるんだから、お前が運転しろ。」
「往復の運賃もお前が出せよな」


と当然のように言われていました。

妊娠9カ月。実家にいよいよ帰るという日も同じスタンスでしたね・・・。

行きは私が運転3時間。横でパパは爆睡。

実家について足がパンパンにむくんだ私に帰りの交通費をせびって帰って行きました。
銀○員のくせに・・・。給料そこそこもらってるのに・・・。


あと、お腹のなかで一生懸命動く息子の動きをみて一言・・・。


「気持ち悪りぃなぁ」

自分と産まれてくる子供が大切に思われていないことはこの時もよーく分かっていました。


でも、子供が産まれたら変わるのかな?そんな淡い期待を抱きながら実家で初めての出産を迎えることになりました。

みんなに祝ってもらい、結婚式を終えたばかり。夫婦仲が悪いなんて、誰にも相談できなかった。

パパ、自由を主張する。

July 26 [Sun], 2009, 22:24
私が妊娠したことが分かってからパパは最後の自由を主張することが多くなった。

私からしてみたら「私はもう自由にできないのに。スノボーも飲み会もいけない。つわりで苦しいし一人でいるのは心配だ」とおもうのだけど。


しかしパパにはそんなこと言っても通じない。


お金がないといっては妊婦健診費さえ渋るのに、スノボーには行く。
「俺に子供ができたからみんながお祝いしてくれる」といって飲み会に行く。



そばにいてほしいと懇願しても

「妊婦は病気ではない」と・・・・・・。
俺はこれから子供ができて自由がなくなるんだから、遊びたいと・・・・。


>そんなの、私だって一緒だ!
仕事もしたい!気になる人もいたけど・・・。でも頑張ろうって一生懸命子供の命を育んでるんだ!



パパはきっとただ結婚することで責任をとったつもりでいたのだろう。
ツライ生活の始めの出来事でした・・・。

パパ、妊婦宅へ引越しをする。

July 25 [Sat], 2009, 22:46
パパは私が妊娠した時期に同居していた父親が彼女との同棲を決め、突然住居を失うというピンチにいました。

そこで妊娠を口実に私の家に転がり込んできました。

私もまあ自然な流れとうけいれました。

そんな引越しの日の出来事。

パパの荷物をうさの家に運びこむのですが、とくにだれか友人を呼ぶわけでもなく、一人でやろうとしてました。
というか妊婦も手伝う人数に勝手に入れられてました。

「妊娠は病気じゃない」

とかいいながら

「テレビを運べ」「もっと荷物持てないの?」
など散々な言葉を浴びせられ…。

残りの荷物を別居していたパパの母の家に運ぶ途中でおなかの張りを強く訴えた私に対して、

「俺行かないといけないから一人で帰って」
と強制途中下車。挙句の果てに帰宅後、

「俺の母さんがお前のこと心配してたぞ。心配かけんじゃねーよ」
と・・・。


は?あんたが荷物運ばせたから体調悪いんですけど。

本当に残念なおとこです。

新婚旅行に行こう  その2

July 19 [Sun], 2009, 23:08
旅行先では、行き先の決定・行き方・金銭管理・現地人との会話などぜーーーーんぶうさの仕事でした。

さらに新婚旅行なのにびっくりな出来事が・・・。

@写真が一枚もない
読んで字のごとくです。

A三日目に完全別行動
これはですね、パパはケチなので2キロはなれたスーパーに歩いて行くと言い出したんです。
普通タクシーとか使うんだけどね。
一応妊婦なのでそれはしんどくて、それでも雰囲気悪くしたくないからついて行ったんですが、
それから買い物二時間してまして・・・。我慢強い私でもいい加減ついていられなくなり、ひとりで町に繰り出した次第です。


パパとの旅行はいつも気を使って疲れるものでした。

新婚旅行に行こう。

July 19 [Sun], 2009, 23:01
そんな感じで体調不良もあり、新婚旅行も行かなくていいやと思っていた私。


そんな折、パパが


一生に一度のことなんだから新婚旅行に行こうよ
と言い出した。

私もそりゃあそうだと思ったのですが、相変わらずあとは丸投げ。

パパは旅行の手配とかが一人でできない人なので、結局私の仕事がひとつ増えた。
疲れた。


しかも、直前になってまたドタキャンをしようとしていた。
その時、私が「パパが自分から言ったのになんで自分勝手なことするの?」と聞くと
怒って私を突き飛ばしたりもした。

妊婦ですよ?5カ月ですよ?切迫流産とか言われてるんですよ?

でも、もう引き返せないし、、、結婚式挙げて新婚旅行も行きました。

続く。

結婚式をしよう!

July 19 [Sun], 2009, 22:51
パパは大手企業のサラリーマンなので、当然支店長を呼んでの結婚式が必要となります。
しょうがないから、私も「やるかー」って感じで立ち上がりました。

私は本当は親戚だけの式と食事会で良かった

パパは式場担当者に「全部一番安いものでいいです」と言い放ち、結婚式までの間に式場に3回しか足を運ばなかった。
私は大きなおなかを抱えて式場に何度も出かけた。
うーん。ほんっとに楽しくなかったな〜。


式場には行かないけど、自分のプライベートの飲み会にはばっちり参加。
同期の女子から電話が入り「すぐ行きまーす」と出かけたり、
お金がないからといつも言っているのに同僚とボードに出かけたり。
連絡なしで上司と朝まで飲んでいた事もありましたね〜。


結婚式が終わった後、友人たちに「結婚式なんて楽勝だ」なんてふれて回っていました。
なんのこだわりもなく、感動もない結婚式でしたからね・・・。楽勝ですよね〜。


当初はいろいろやりたい気持ちもあったけど切迫流産・早産と体調不良が重なって、私もぜーんぜんやる気をなくしていったのでした。


お父さん、お母さん、良い結婚式ができなくてごめんね・・・。

ちびうさができた

July 19 [Sun], 2009, 22:33
私とパパはできちゃった結婚で結婚した。

距離を置き始めてからちゃんとしたデートは月に一回程度。

そうなってからけんかも減ったし、お互い時間を大切に会うことができたと思う。

でも、お互いがどういう行動をしているかは、全く分からなくなった。

妊娠が分かった時、私は「やっぱりこの人と結婚したほうがいいんだな」と単純に思った。
エコーに移った子供の心臓はバクバクと動いていて、この命を絶やすという選択肢は私に浮かんでこなかった。

顔も手もない存在だけど、とてつもなく愛おしく守るべきものだと感じた。

パパも結婚しようと言ってくれた。




いろいろな友人に報告したとき、前回のプログに登場したカレだけが


「よく考えたほうがいい」
「それは、うさのすべてを捨てても守るべき命なんか?」


そう言った。

これはのちに分かったことだけど、カレは母子家庭で育っていた。
そんなこと知らなかった私は、彼に少し反発した。

最後に二人で会った井の頭公園。
カレは寒くないかと聞いてくれて、応援の言葉をくれた。

中央線のホームで別れる時、もうカレには二度と会わないし連絡もしないと思った。

私の懺悔

July 18 [Sat], 2009, 20:53
そうしてパパと若干の距離を取り合うようになった私。

まず、合コン始めました。

前から飲み会って嫌いじゃなくて誘われたら盛り上がるタイプ。
何度か合コン行きましたね〜・・・。
とある回は友人とふたり、男の子の家に泊まった回もありました。
(注:特に大事件は起こらなかったです)

そしてクラブに少しハマりました。

月に二回くらい行ってたかな〜。あんまり六本木詳しくなかったからいつも同じクラブで
同じ男の子と遊んでた。
あの暗闇でちょっと手をつないだり、腕をからめ会ったりするその場だけの
楽しみを味わい・・・それ以上の関係になった人はいませんでした。
お酒はたくさんおごってもらいました。


それと、ちょっと気になる人ができました。

それは社会人一年目の時に友人たちとの飲み会で出会った カレ。
だから、パパと距離をおく前からの友人ということになる。
カレは契約社員として働いていて、当時彼女もいた。
見た感じは、、かなりのおしゃれさんで、背が高くて、お酒が飲めない人だった。
たまーに二人で会って、お互いが読んだ小説の話をしたりしていました。

私がパパとの間に子供ができたとき
「本当に今子供を産んで、うさは幸せになれるのか?」
と私に問うた、唯一の人。

冷却期間をへて

July 18 [Sat], 2009, 20:41
冷却期間を置いて私の結論は

パパを追いかけず、他の人も見ながら毎日を過ごそう

ということになりました。


このころから

毎日メールしない。
友達との遊びを優先する
合コン断らない
クラブにデビューする

ことを始めました。



でも、本当は無理してやっていた事。
本当はパパと仲良くやりたかったけど、無理だなと思ったから
無理やり外に目を向け始めた。

パパとの付き合いは心が通っておらず、別れる勇気がない二人が
義務で体を重ねるだけのものになりました。

パパと約束すると

July 18 [Sat], 2009, 20:17
パパと約束するのは、大変でした。

だって「約束」が嫌いだから。


パパ

当日連絡してお互いの予定が合わなかったらしょうがないじゃん。」
「付き合っていて、週に一回も会うの?」
方針としてはこんなかんじです



私が病院に就職したのちもそのスタンスは変わりなく・・・。
病院はシフト制での勤務だから、希望をださないと土日の休みに合わないのだけれど、
パパは相変わらず約束には気乗りしない様子でした。


そして忘れもしない衝撃発言が飛び出しました。


私、社会人二年目、まだ下っ端です。
パパとラブラブな休日を過ごしたかった私は先輩に頼みこんでGWの休みをもらいました。
そして二人で奥多摩に日帰り旅行に行くことになっていました。


そ・れ・が

二日前になって
「約束の前日なんだけど、Aの結婚祝いを俺の家でやることになったからさー。
奥多摩!?いくよーべつに朝まで飲んでいたっていけばいいんだろ?」


Aクンは前回のプログに書いた彼女がいるけど浮気3またしていたご友人です。
この年、浮気相手と正式に付き合い、結婚まで決まりました。

なぜか私とパパが遊びに行く前日に仲間内で結婚祝いをする事になったのです。


一応約束の日は来ましたけど、酒臭いし、途中のパーキングで寝ちゃうし、
最悪でした。
私もいよいよキレて、説教をすると
「もううさと約束しないよ!だって約束破るとすぐおこるんだもん!」



・・・はぁ?と思ってこれをきっかけに冷却期間を置くことになりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:happyusagi
読者になる
2009年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像うさ
» 友人たちとのこと@ (2009年11月06日)
アイコン画像うさ
» 友人たちとのこと@ (2009年11月06日)
アイコン画像iw7869
» 友人たちとのこと@ (2009年11月04日)
アイコン画像まーくん
» 友人たちとのこと@ (2009年11月04日)
アイコン画像うさ
» 夫と暮らし始めた日のこと。 (2009年11月01日)
アイコン画像iw7869
» 夫と暮らし始めた日のこと。 (2009年10月29日)
アイコン画像うさ
» 真相は・・・? (2009年10月25日)
アイコン画像iw7869
» 真相は・・・? (2009年10月23日)
アイコン画像うさ
» ちびうさ、突然の入院 (2009年10月23日)
アイコン画像うさ
» 対決。 (2009年10月23日)
Yapme!一覧
読者になる