あの後

July 27 [Fri], 2012, 14:20
かなりのご無沙汰です。

花音を失ってからのブログのまま放置してしまっていました。



実は



実はあの後



妊娠していました。



そして



出産しました


今、もうすぐ6か月になる男の子がいます。

10回以上も流産して、しまいにはお腹で8か月育てた娘を死産。

こんな私でもママになれました。

旦那をパパにすることができました。

妊娠中は、娘を失ったことの悲しさと、すぐに授かってしまった罪悪感や不安など。

精神状態はいいものではありませんでした。

初期には生理のような大量出血もあったり、妊娠したことを誰にも言えず、

ひっそりと暮らしていました。

エコーなど不安な日は「花音、この子を守って」

と娘にお願いするダメっぷり・・・。

出産した瞬間は涙が止まらなかったです。

今は可愛い寝顔で横にいます。

本当に可愛い。

宗教など信じてない私ですが、

時々、死後の世界、とかあの世とかってあるんだろうか、って考えることがあります。

肉体は滅びても魂は・・・?

お腹から出てきた瞬間が「生」なら、

お腹にいたあの子は生きていたとは言えないの?

などと、無い脳みそで考えてしまいます。

・・・話がぶっ飛びましたが、

放置しすぎたので、現状の報告でした!

読んでいただきありがとうございます!

花音のこと 出産編【2】

June 02 [Thu], 2011, 20:28
妊娠編に引き続き、出産したときのことを綴って行きたいと思います。
尚、とても辛い内容のため、苦手な方はスルーしてくださいね。

出産編【1】の続きです。














個室へ入り、旦那さんと相談する。花音を出産した後着替える服のこと。

助産師さんは用意した方が良いという。

「さびしいな」にも書いたとおり、二人でベビー洋品店に走った。

こんな辛い買い物は初めてだった。

ぬいぐるみもすごく悩んでピンクの羊と、うさぎのきぐるみを着たキティーちゃん。

そして子宮頚管を縛ってあったので抜糸の処置をした。

麻酔無しで処置を始めたが奥すぎる、との事で、麻酔をすることになった。

腰椎麻酔は苦手だった。以前脳貧血になったから。

ここら辺は記憶が薄く、

いつ処置が終わったのか分からなかったが、

やはり脳貧血が酷かった。

SPO2が80代になってた。爪の色が暗くなってた。

わたし、ここで死ぬのかな、って思った。

苦しんでる私をみて、旦那もそう思ったって後から聞いた。

不思議と死ぬのが怖くなかった。

処置が終わって、旦那の耳元で「一緒に死のっか?」って言った。

旦那はぎゅーって強く抱きしめてくれた。

その後「冗談、頑張って生きなきゃね。」って言ったけど、本当は、ちょっと本気だった。

でも、両親や心配してくれてる人のことを考えると、2重の悲しみになるのかな、と思ったらダメだと思った。

そうして長い長い4月5日は終わった。明日は陣痛剤を始める。

何度も、何度も、お腹の中が動くことを願ったけど、動かなかった。





花音のこと 出産編【1】

May 21 [Sat], 2011, 16:59
妊娠編に引き続き、出産したときのことを綴って行きたいと思います。
尚、とても辛い内容のため、苦手な方はスルーしてくださいね。









2011年4月5日

この日は生涯忘れられない辛い日となりました。

朝、目が覚め、胎動を感じようとお腹をトントンしましたが返事がありませんでした。

でも、寝起きから胎動が無いのはそんなに珍しいことではなかったので、その内動くだろうと思い、朝食の準備をしました。

朝食が済み、一休み。その間も胎動は感じられず、旦那に動かないことを話しました。

「気になるなら病院言って来れば?」と言われ、すぐに準備。

この日の仕事はちょうど遅番だったので、仕事前に行くことにしました。

旦那も気になってるようで、「病院でたら電話ちょうだい」と言われました。


そして病院に到着。先生に朝から胎動が感じられないことを伝え、エコーしてもらいました。

この時は、「元気に動いてますよ」の一言が早く欲しくて、安心して仕事へ向かうつもりでした。

でも、返ってきた先生の言葉は全く違うものでした。

正直、何を言われたのかよく覚えていません。何となく、心臓は動いていない。今から取り出してももう手遅れという事を言われた気がします。そして、即入院になるから、と言われました。

夢なのか現実なのか分からないまま泣きました。ぜったいうそだ。悪い夢だ。と思いました。

ひたすら先生に、「どうにかなりませんか」「どうにかしてください」とお願いしたことを覚えています。

その後は、看護婦さんに抱えられながら入院する病棟へ行きました。

入院部屋の準備が出来るまで、個室で休むことに。

その間中、ずっと「いやだ・・・いやだ・・・やっとできた子なのに。旦那に言いたくない。家族に言いたくない。なんで?どうして私ばかりこんなことが起こるの?みんな楽しみにしてたのに。誰にも言いたくない。悲しませたくない。」と言ってました。

看護婦さんは、私の肩を抱きながら、「うん、うん、」と聞いてくれました。

ひとしきり大騒ぎした後、静かになった私に、看護婦さんは「旦那さんに電話しようか」と。

勇気を振り絞って携帯を掛けました。旦那もきっと大丈夫、って言葉を待ってると思ったら辛くて辛くて、声を出す前に泣いてしまいました。

この時に旦那に言った残酷な言葉。私は本当に酷い嫁です。





花音のこと 妊娠編【4】

May 20 [Fri], 2011, 9:57
引き続き 花音のことを綴っていきます。
尚、ほぼ自分のための記録の為思い出したら追加などしていきます。






1月にシロッカー手術を受けた後は2月、3月と、とても順調に過ごしました。

お腹は日に日に大きくなり、仕事をしてたので大変でしたが、

職場の皆は優しく、ほとんど大変な仕事は代わっていただいたので感謝するばかりです。

職場環境にとても恵まれていました。

「性別は分かった?」とか、「ベビーグッズ用意した?」や、「生まれたら・・・」

など、初めてのマタニティトークが楽しくて仕方ありませんでした。

実は、妊娠報告は、職場以外誰にもしておらず、こんな会話が出来るのは職場だけでした。

でも、6ヶ月に入り、大事な友達一人に話しました。

その友達もベビ待ちなのです。だから言うのは迷いました。

自分だったら、と思ったら、臨月や出産後に報告されるのは嫌だったので、

安定期を過ぎた今、話そうと思いました。

「よかったね〜。リリちゃんが苦労してたの知ってるからすごく嬉しいよ」と言ってくれました。

その他に、4月入ってすぐに出産予定の友達に会うこととなり、その子を含め3人と会うことになったので、

メールで妊娠を報告しました。3人で出産後の4月の29日に会おうね、と決めました。

大きなお腹を見せるのをとても楽しみにしてました。

8ヶ月(4月前半)に入ったら、旦那と色んな人に話ししていこうか、と決めました。

他の友達などには風邪を引いてる、仕事が大変で、などと言ってずっと会わず、

よくここまで隠し通したな、と思いました。

色んな人の喜んでくれる顔が浮かび、早く報告したい気持ちでいっぱいでした。

3月の後半には7ヶ月後半になり、そろそろベビグッズもそろえたいな、と思いました。

もしかして、早産にもなるかも知れないからと、ネットやカタログでいくつかチェックを始めました。

入院パジャマも可愛いのが良いな、とか、セレモニードレスは作ろうかな、とか。

でも、まだ買うのは躊躇していました。

そういえば、「花音」って名前も考えるの苦労したな〜。

夜、必ずお互いに今日考えた名前を報告し合ってました。

これはどう?っていいながらノートに沢山書き留めて。

結局、お互い納得した「花音」が最有力候補となって、そのまま命名、となったね。




はぁ〜、一気に妊娠中のこと書きました!!誤字脱字など、あるかも・・・。
次は出産編。大事な花音が生まれたことだもん。
辛かったけど、嬉しかった。忘れずに書かねば・・・。

花音のこと 妊娠編【3】

May 20 [Fri], 2011, 9:31
引き続き 花音のことを綴っていきます。
尚、ほぼ自分のための記録の為思い出したら追加などしていきます。




2010年12月10日 人生初の母子手帳をgetしました。

保健婦さんに簡単な説明を受けました。

妊娠中のこと出産のことが沢山書いてある冊子を受け取りました。

憧れの“おなかのなかにあかちゃんがいます”のキーホルダーも入ってました。

でも、かばんに付ける勇気はありませんでしたが・・・(;^_^A



12月某日  紹介状を持って地元の病院へ。

普通の妊婦検診を受けることが出来、とても嬉しかったです。

年明けに、シロッカー手術をすることになりました。

円錐切除術したので、妊娠したら手術することは前から決まってました。



1月某日  シロッカー手術のため一週間の入院。

同意書には低い可能性として、感染症や破水など、恐ろしい言葉が書かれており、

不安一杯の入院生活でした。

でも、毎日ベビちゃんの心拍を聞くことが出来、安心も出来ました。

手術の時、円すい切除のときの看護婦さんが来て、

「よかったねぇ。妊娠継続するために頑張ろうね」 と言ってくれました。

手術が終わり、経過も順調で退院後は一週間自宅にて安静に過ごしました。





花音のこと 妊娠編【2】

May 20 [Fri], 2011, 9:05
花音のこと 引き続き綴っていきます。
ほぼ自分のために記録しているので思い出したら追加などしていきます。






7w5d 7週を超えたことが無い私にとってココはまた大きな壁。

このころにはツワリも出てきて、

「気持ち悪い〜。でもありがたい」とよく言ったものです。

私にとって嬉しい気持ち悪さでもありました。

そして赤ちゃんも12ミリ(^-^*)

超えたことの無い壁を乗り越えたことで少し自信が出来ました。



9w3d  このころはツワリはかなり酷く、病院へ着いても横になったりしてました。

赤ちゃんは25mm。初めて人間らしい姿を見ることが出来、涙・・・。

旦那に、「毎回泣いててどうする」といわれました。

旦那さんは常に冷静です。

だって、嬉しいんだもん。かってに出てくるんだもん。



11w1d 今日順調ならばAクリニックは卒業です。

絶対大丈夫、と思う反面もしもの時の覚悟も両方持ちながら診察室へ。

赤ちゃんは無事成長していました。なんと8センチ!

あまりの成長に夫婦共々びっくり。

こんな日が来るとは思いませんでした。一生卒業することが出来ないと思っていました。

A先生には不育症だけでなく、心のケアまでしてもらい、感謝の気持ちでいっぱいです。長距離の通院でも苦になりませんでした。

花音のこと 妊娠編【1】

May 16 [Mon], 2011, 9:05
大切な花音のこと・・・記憶だけでなく、記録することによって、
辛いことも悲しいことも思い出しますが、
忘れたくない細かい記憶を辿り、少しずつ綴っていこうと思います。







2010年10月。高温期14日目。ドキドキしながら妊娠検査薬を使う。

なんと、陽性!! でもちょっと薄い気が・・・。

とっても嬉しい反面、強い不安と恐怖が押し寄せてきました。

早速不育症で通っていた病院へ電話して、翌日に予約を取りました。

次の日、約5時間かけて名古屋へ到着。

前回の妊娠時に来たときは病院で検査薬が薄く科学的流産になってしまったけど、

今回はくっきり陽性。涙がこぼれました。

その後、免疫療法である、ピシバニールを打ってもらいました。

そして、ヘパリンは経験ありましたが、自信が無かったため練習させてもらいました。

4週とちょっとだったため、この日はエコーはやめておきました。

旦那と「まだまだ涙するのは早いよね。これから一つ一つ壁を乗り越えて行こうね」と言い合いました。




5w3d  再び名古屋です。

この日は覚悟を決めてエコーしました。

何と胎嚢が見えました。小さな卵黄のうも見え、エコー写真に「順調です」と書いていただき、またまた涙です。




6w6d 今日は心拍が見えるかどうかの日。

絶対見える!と祈りながら、恐々診察台の上へ。

心拍確認!!赤ちゃんは4.4ミリに育っていました。

小さな小さな赤ちゃんを見て愛おしく思いました。

帰り道、こんなに幸せで良いんだろうか、と思いました。

全ての物がキラキラして見えました。

こうなってしまった原因

May 12 [Thu], 2011, 9:07
花音を失って35日経ちました。

少しずつですが、花音の記録を残していこうと思います。



花音が亡くなってしまった原因は 「臍帯過捻転」 でした。

臍の緒が極度にねじれて細くなってしまう状態です。

そのせいで花音に栄養や酸素が行き届かなくなったそうです。

私の主治医は前もって予知できないもの。

一瞬のことだから、早くくれば助かったのでは、ということではない、とおっしゃってました。

悲しいことに、赤ちゃんが元気良すぎたのが原因とも。

でも、私が悪いわけじゃなかった、と安心できないのが正直な所。

退院してから色々調べたら、死産の多くは臍帯異常によるものがもっとも多いようでした。

でも、私のように死産になってしまう場合は少なく、

生きて生まれてきて、臍帯過捻転が見つかる場合もあるそうです。

思い起こせば7ヶ月検診のとき大きさが2週ほど小さめ、と言われてました。

ただ、先生はこのくらいの誤差は心配するものではないとおっしゃいました。(その後もこの事は関係ないとおっしゃってました。)

でも、あの時しつこく検査をせまればよかったんじゃないか、と思います。

退院後知ったのですが、カラードップラーというものがあり、

臍帯の血流を調べられるドップラーがあることを知りました。

そのときから少しずつ捻じれてて成長が遅かったとしたら、気づくことが出来たのではないか、と。

今、ああすればよかった、なんて言ってもどうにもなりません。

でも、もう一度妊娠出産を希望している私としては、

次は死なせたくない、絶対生きて生まれてきて欲しいのです。

もし、妊娠している方がこれを読んで不安に思ったらすみません。

私も、2週間遅れているといわれてたとき、パソコンで調べたら、

「死産」というワードに行き着きました。

でも、結局はそのワードを避けて、

「成長が遅くても元気に産まれた」 とか、

「小さく産んで大きく育った」 などという言葉を選んで探し、

安心していたのを思い出しました。

「死産」というワードを避けたのは、怖かったから。そう思いたくなかったから。

今思えば、万が一不安要素があればとことん主治医に詰めるべきだと思いました。

それで何も無ければ安心ですし。

勝手に納骨された・・・

May 06 [Fri], 2011, 18:58
ちょっと愚痴です・・・。


5月4日、5日と温泉旅行に行って来ました。

それなりに温泉も良く、お料理も良く満足して帰ってきました。

いつもどうりに仏壇に 「花音ただいま〜(^-^*)」 ってお参りしようとしたら、

ない!!花音の骨壷が!!

慌てて母に 「お骨知らない?」 って聞いたら、

「あぁ、納骨したわよ」だって!!

信じられないのと、悲しみと、怒りで訳が分からない!!

まだ四十九日まで日があるし、それより何より、

親の私たちが納骨に参加できなかったことが何より悔しい

しばらくは泣きながら 「なんで一言言ってくれなかったの?」

って怒りをぶつけてたけど、

母は 「あんたたちがいつまでも引きずってるから・・・」 って。

母と父で私たちが旅行に言ってる間に納骨したようです。

これ以上話をしてても余計苦しくなるから、

「分かった」 と一言言って切り上げました。

母と父にも言い分があるのかもしれませんが、

私からしたら ありえない !!

毎日手を合わせることで私たち夫婦と花音が繋がってる感じがして大事な時間だったのに。

でもね、時間を置いて考えました。

お骨に手を合わせるだけが供養じゃないのかもって。

心の中に花音はずっと居るわけだし、

こんなことで喧嘩しても花音が悲しむかもって。

なるべく笑顔でいよう。花音の事で喧嘩はしたくない。

だから部屋の一角に花音のスペースを作りました。

よく天使ママさんのブロガーさんがやってるのを真似して。

花音の母子手帳やエコー写真や思い出の品を置いて、

そこにお花とお菓子を飾りました。

「花音、今日もママは花音のことばかり考えてた。愛してるよ花音」

不思議体験

April 30 [Sat], 2011, 16:36
こんな話をすると、危ない人だと思われるかもしれませんが

花音の火葬の日、待合室で待っていた時、

私たち夫婦は不思議体験をしました。

泣いてぐちゃぐちゃになってた後、少し落ち着いて涙を拭いていたとき、

右上のガラス張りで空が見えるあたりから

赤ちゃんの鳴き声が。

気のせい・気のせい、と何度も思っても聞こえてくる。

じゃ、隣に家があってそこの家に赤ちゃんが居るのかな、

って思ったけど、そこの周りには家一軒も無い様子。

耳の中で聞こえる気もするし、何度も右上を見ても何もない。

あまりに聞こえるので、隣に座っていた旦那さんに、

「ねぇ、変なこと言っていい?頭おかしくなったって思わないでね。なんか、さっきからずっと赤ちゃんの泣き声が聞こえるの。気のせいかな、って思うけど、ずっと聞こえるの。」

って思い切って言うと、

「実はオレも聞こえるんだ。」って!!

すごくびっくりしました!!

旦那さん曰く、花音がバイバイって言ってくれてるんだよ、だって。

最後まで良い子だったね、って二人で話しました。

時間にすると5分くらいの不思議体験でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リリー
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1977年
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
年齢:35歳

結10年目。



2007年7月子宮頸ガンになってしまいました。2度の円錐切除を終えました。 現在は3ヶ月に1回の検診を受けています。

2008年2月に、7度目の妊娠も初期流産。
2009年5月に、8度目の妊娠も初期流産。

2010年10月  陽性 
2011年1月   シロッカー手術
2011年4月7日 娘を出産(天使ちゃん)
2011年4月9日 娘をお空へ帰しました 


2012 2月 息子を出産
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村 にほんブログ村 マタニティーブログへ

子宮頸ガンワクチン最新ニュース
(万有製薬)
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像やたこ
» こうなってしまった原因 (2013年08月16日)
アイコン画像ぐみ
» あの後 (2013年07月05日)
アイコン画像リリー
» あの後 (2012年07月31日)
アイコン画像りとるりりーママ
» あの後 (2012年07月30日)
アイコン画像リリー
» 花音のこと 出産編【2】 (2011年07月01日)
アイコン画像佳織
» 花音のこと 出産編【2】 (2011年06月28日)
アイコン画像リリー
» 花音のこと 出産編【2】 (2011年06月04日)
アイコン画像KISEKI
» 花音のこと 出産編【2】 (2011年06月03日)
アイコン画像リリー
» 花音のこと 出産編【1】 (2011年05月28日)
アイコン画像KISEKI
» 花音のこと 出産編【1】 (2011年05月27日)