.

2006年11月29日(水)
カルく毒吐く水曜日

月曜日に発売される某週刊少年誌を読みました。
実に5年ぶりぐらいに。
いろいろと毛色が変わっていてもうビックリしました。

何にビックリしたかって。

このマンガ、主線が死んでる!
このマンガ、バストアップばっかり!
このマンガ、セリフばっかり!
このマンガ、背景がおろそか!
このマンガ、何のマンガ!?

一見さんなので物語についていけないかったため、つい技術に目を向けてしまいました。
作品のノリについていけないのは歳のせいだからいいとして、何だろうこの画力の下がり具合は。
純粋な絵の上手い下手じゃなくて、紙面から勢いを感じないのですよ。
もちろん全作品じゃありませんけど。

毎週読んでれば見慣れちゃって面白くなるんかなぁ……。

2006年11月29日(水)
第2部第3回「雲模様を描こう」

「半年ぶりの攻略だ! 気合を入れろー!!」(ガッ)
「ぎゃあ! なんか殴られるのすら懐かしいっす!!」


お久しぶりの「筆まめペイントを使った特殊効果」第3弾は雲模様です。
フォトショップでは標準装備されている効果ですが、筆まめペイントにはありません。
悔しかったので、前回に引き続きエクセルさんを併用して開発してみました。

1.Excelを起動する
今回のキモはExcel関数の利用ですが、式の意味なんかわからなくってけっこうです。
でもExcelの操作に関する基礎知識は必要かなー?

2.計算式を入力する・その1

まず図のようにセルの幅が正方形になるように調節します。
A1〜T40までの40行×20列を同じセル幅にしてください。
そしてA1〜T20までの20行×20列の範囲に[ =INT(RAND()*10)+1 ]という計算式を入力します。
すると範囲セルの中に1〜10までの数字がランダムに出現します。

3.計算式を入力する・その2
U1〜U4に[ ■ ]、U5〜U10に[   ](全角スペース)を入力します。
全角スペースを入れておかないと、この後の作業でエラーが出るのでご注意ください。

4.計算式を入力する・その3
[ =CHOOSE(A1,$U$1,$U$2,$U$3,$U$4,$U$5,$U$6,$U$7,$U$8,$U$9,$U$10) ]
という計算式をA21に入力します。それから式をA21〜T40の20行×20列に貼り付けてください。
すると■が出ている部分と出ていない部分のツートンカラーなセル範囲ができあがります。
出方が気に入らない場合は【編集】→【再計算実行】を行ってください。



5.画面をコピーして筆まめペイントに貼り付ける
ここでやっと筆まめペイントの出番です。
A21〜T40までをコピーしてレイヤーに貼り付けます。
コピーは【Shift】キー+【編集】で【図のコピー(ビットマップ形式)】を選択すると、選択範囲のセルだけきれいに切り取れます。
セルの線が余計なので、白をバケツで流し込んで消してしまいましょう。

6.ぼかし効果をかける
レイヤー全体を選択して、【効果】→【各種効果】→【フィルター効果】→【ジャミング】→【ソフトフォーカス】をかけます。
ジャミングは弱め(4〜6目盛り)、ソフトフォーカスは強め(10〜15目盛り)がいいでしょう。
するとあら不思議! 雲模様っぽいものが完成します。

  →  

「濃淡の微調整をしたい場合はU列のセルの■を増減させるべし!」
「ここで作ったExcelファイルは保存しておくと便利ですよ!」

これでごひいきブログ「ふしぎなことだま」さんで紹介されていた「仮想地図を作る」お遊びが筆まめペイントでも可能になります。
あまりソフトフォーカスをかけすぎると最初のバケツぬりに失敗するのでご注意ください。

【参考:比べるとアラが見えますが、手で描くよりは楽です。】

2006年11月27日(月)
フレンドパーク in 日本ハムファイターズ

今年もこの時期がやってまいりました。
日本シリーズチャンピオン・日本ハムファイターズが東京フレンドパークにやってきましたよ!

メンバーは金子・稲葉・森本・八木・田中賢。
意外とこじんまりまとまりました。
むしろ去年の千葉ロッテのほうがはっちゃけていました。

ゲームは5ゲーム中3ゲームクリア。
後半失速しましたが、前半にボーナスコインを稼いだのでコインは5枚とうまく行き渡りました。
リクエスト商品はこちら。

金子   東京ディズニーランド&シー・家族で使える年間パスポート
稲葉   ホームシアターセット
森本   カーテン
八木   ノートパソコン
田中賢 絵画

絵画って! 
森本のカーテンよりもツッコミポイントが高かった気がします。
若いのにずいぶんと高尚なおねだりです(笑)。

絵画を無心するセンスがあるんだったら、シーズンオフにたしなんでみるのもいいんじゃないかと思ったり。

2006年11月27日(月)
仮面ライダーカブト第42話「そこで使っちゃうのか」


アンチミミック弾の価値がよくわかりません。
ワームが取引に要求してくるほど重要なアイテムだということは、もっと大切に使うべきものなんじゃないんでしょうか。
ZECT的には「二兎を追って二兎とも獲ってこい」という意味でカガミ青年に作戦を任せたんだと思うのですが、なんか微妙な結果です。

■ 感想
あいかわらず内容についていけないうえに一夜明けて印象に残るシーンが4コマのネタだけって言うのもどうなんでしょうか自分。
物語の焦点をどこに持って行きたいのかがよくわからないのでオロオロしています。

こっちが本筋じゃないといけない気がする最強ワーム対ハイパーカブト。
時間を止める効果に制限時間があることを見越してゼクターを空間移動させて攻撃。
それだけのことで勝てる相手だったことにちょっとガッカリ。

なんかフィーリングで倒してるよな……。

最強ワームはより凶暴になって復活したみたいですが、あんな雄叫びを上げて復活したキャラはたいがい知性を犠牲にしてパワーアップするので、もうタイムストップを使うことはなさそうです。
やっぱり最後は黒カブトか。
と見せかけてひよりがラスボスだったらどうしよう。

◎ 思い出したようにツッコミをひとつ
なんかパパンいわく「友人」がついに登場しましたが、頭からすっぽりと黒ローブでした。
車田マンガの敵キャラかよ!

2006年11月26日(日)
魔弾戦記リュウケンドー第47話「謎の龍戦士」


【ゴッドとかアルティメットとかマスターとか、カラーパターンが多すぎて表現しきれません。】

最終決戦直前、クライマックスの階段を一段飛ばしで駆け上がっているはずなのに、あけぼの町はいつもどおりなのがステキです。

ゲキリュウケンの本体を「狙ったイケメン」で攻めてこなかったのも何とも言えない快感。グッジョブ!
まあ、フッくんもかつて「シブがき隊」として一世を風靡したジャニーズタレントなんですが(笑)。
これが30分後だったら歴代レギュラーがゲストで、60分後だったら意味不明な長髪インテリ系なんだろうなぁ。

ゲキリュウケンが魔弾龍と融合した元人間だったということは、ゴウリュウガンやザンリュウジンも、かつてはあーいう格好をした戦士だったんだなーと思いました。
ザンリュウジンはいつもノリが軽いし一番人間くさいのでイメージできそうですが、ゴウリュウガンって……?
コンピュータ喋りをする人間。どんだけお堅い人なんでしょうね。
それとも出力音声が調整できていないだけで、意外と占い好きなお茶目さんだったりして。
ファイナルファンタジー5の「暁の四戦士」みたいな「かつて戦った英雄」設定がけっこう好きなので、妄想が広がります。

白波さんが完全にSHOTに出入り自由になってることは気にしないことにしました。

2006年11月26日(日)
轟轟戦隊ボウケンジャーTASK39「プロメテウスの石」


【「エーゲ海の塩」を売っているスーパーを嗅ぎ当てた功績を認めてあげましょう。】

今週は総集編。
なのでレビューもまとめ気味に割愛。(えー)
だってネガティヴについての整理はTASK33のレビューでやっちまったし。
公式のあらすじ以上のネタが見えなかったよ。

「謎の贈り物をしたのは誰か」を推理しつつネイティヴを回想していくってのはまあいい手かな〜と思いました。
コントはつまらなかったけど。いや本当につまらなかった。あんなのベタじゃない。
プレシャス岩いわく「自分をイイ男だと思っているから照れが出て面白くない」というのは的確なツッコミだったと思います。
まあみんなはっちゃけっちゃったら、それはそれで問題のような気もしますが(笑)。

ガイが外を出歩くとき、人間に出会ったら姿をまめに消しているところがツボでした。
ああ、そうやって生活してるのね。
食べ物もきっとそうやってお店から掠め取ってるんだね。

● 本日のゲットアイテム「プロメテウスの石」
怒らせると半径1kmが爆発してしまうという意思ある石。
半径1kmぐらいだったら、コントで気を引いている間に背後からデュアルクラッシャーを使って固めちゃって、ゴーゴージェット(マッハ5)で太平洋にでも落っことしてくればいいんじゃないかと身もフタもない提案をしてみる。

2006年11月24日(金)
「現代用語の基礎知識2007」を買いました

付録は日常の常識マナー集。

「現代用語の基礎知識」2007。
私は時代錯誤なナマモノなので、せめて流行の時事だけは抑えておこうと毎年買っております。
ってすでに起きたことしか載ってないんだから(当たり前だ)いまさら?って気もしますが、直近の記憶は脳内からダダ漏れなので、せめて補完を。もう短期記憶貯蔵庫はダメダメですわ。

とりあえず毎年最初にチェックするのは「こども文化」。
その年の特撮ヒーローシリーズに関する基礎知識が載っているのですが、まあこれが気持ちがいいぐらいストライクゾーンを外れています。
そのハズレ具合を楽しむイヤな大きいお友だちなのです(笑)。

今年のスーパー戦隊は5人の戦士がもう一人の最強戦士シルバーとともに悪の軍団アシュと戦っているそうです。
今年の仮面ライダーは隕石の衝突で海が干上がりワームが出現したため、ライダーが戦っているそうです。

そんな設定だったのか!(驚)

リュウケンドーも載っていたのですが、こっちは公式にあらすじが掲載されているためか、見当違いはありませんでした。ちっ(え)。

明らかに間違ったものが堂々と活字化されているのを見ると、情報は何でも鵜呑みにしちゃいかんなーと思います。
サブカルチャー程度なら日常に支障はありませんが、もっと重要な情報が間違って記載されていたらどうしよう。

ワタシ愚民だから乗っちゃうよきっと!

2006年11月21日(火)
轟轟戦隊ボウケンジャーTASK38「虹の反物」


【腰からケツにかけての丸みにご注目ください。】

モチーフは鶴? スーパーシズカ、けっこうよかったです。
でももうちょっと腰のラインに女性らしさがほしかったのよ。(何のフェチだ)

実は今回、大変な読み違えをしておりました。

先週の予告を見て思ったのは
「来週は風のシズカが強大な力を持つプレシャスで大変身するんだ!」
これは合ってました。
しかし。
「あの女の子は、シズカが強大な力を得るためにはじき出されたシズカの良心なんだ!」
「ブルーはシズカの良心に頼まれて、
 プレシャスの暴走で凶行に走るシズカを身を挺して止めるんだ!」

妄想違いもはなはだしかったのでした。

ゲストの猫娘と風のシズカの顔を区別できていなかったのが敗因なのですが。(えー)
ああそうさ私の目は節穴なんだよ!
彼らが他の番組に出演していたってまったく気がつかないさ!
若い子はみんな同じに見えちゃうんだよ!

以下は第38話でたいちょおが受信した偏見データと感想の混ざり物です。

2006年11月20日(月)
仮面ライダーカブト第41話「人生はポジティヴに」


ワームとネイティヴの違いとか目的とか、肝心な謎の部分をぼやけっぱなしにされたまま突っ走られているんで、いまいちカガミ青年に共感できない今日この頃。

■ 感想
第1話から欠かさず(1話分見逃しましたが)視聴してきたというのに。

今回、置いていかれました。
高速のヴィジョンが遠のいていく!!

まあ落ち着け。
散々じらされて挙句の果てには放置かと思われた伏線のうち、解明された謎を整理しよう。

1.ZECTはネイティヴの支配下にある組織だった。
2.ネイティヴは35年前に隕石に乗って地球にやってきたらしい。
3.ライダーシステムはワームを倒すためにネイティヴがつくった。

しかし謎が解明されたことでさらに深まる謎もこんなに。

1.そもそもネイティヴが地球にやってきたのは何故ですか。
2.実在する人間に擬態するのは何故ですか。
3.ネイティヴはワームと何故対立しているのですか。
4.ネイティヴは35年前からワームが地球に来ることはわかっていたのですか。

ああもう何がなんだかさっぱりだ!!

2006年11月17日(金)
超こち亀を読みました

週刊少年ジャンプでおなじみの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」30周年記念本・「超こち亀」を、遅ればせながら読みました。
コラボ漫画の執筆陣があまりにゴージャスだったのでつい買っちゃいましたよ。2100円もするのに。
しかし値段に恥じないお買い得な一品でした。

ネタバレのない程度にざくっと内容を説明すると。