.

2006年5月29日(月)
仮面ライダーカブト第18話「ロード」


皆の衆、ハーモニカを吹きながら歌うのじゃー!!
ゴンと大介のコンビがほんっとうに大好きだったんで、今週はツッコミを忘れて泣きました。

まあこれ描こうと思ったきっかけは「めちゃイケ!」のやべっち寿司に高橋ジョージ&三船美佳夫妻が出てたからなんですけどね(笑)。
風間大介22歳、ゴン8歳。その差14歳。
対する高橋ジョージ47歳、三船美佳23歳。その差24歳!
今は犯罪ですが、あと10年ぐらいして、メイクアップアーティストとモデルさんとして新たな出会いをしてもらいたいです。

エストポリス伝記の主人公だって言ってるじゃないですか。
「思い出はまた、作ればいいんですから……。」って!

■ 感想
今週は本当にもうゴンと大介でおなかいっぱいです。
カブトでこんなに満足感を得たの初めてじゃないでしょうか。(おい)

ZECTの福利厚生は意外と行き届いているとか、ワームの出現の仕方があまりにご都合主義だとか、もうそんなことはどうでもいいです。

【珍しくカブトで良かった点を褒めてみる】
その1
天道たちがチームを組んでゴンを助けに行ったのがすごく良かったです。
心の中で「ミッションスタート!」と叫んでいました。
でもたいちょおには帽子を取った大介と矢車さんの区別がつかないことが判明。アウチ!

その2
カブトとドレイクが阿吽の呼吸でザビーを撃破した方法がステキ!
ちゃんと前半のカブトvsドレイク戦で伏線を張っておいてのライダーシューティングとライダーキックのコンボ!
まあクロックアップのタイムラグを使うのは、タダでさえ世界設定がぞんざいなカブトワールドでは後々致命傷になる気もしないではしませんが(笑)。
ああダメ! 今日は褒めなきゃ!!

2006年5月29日(月)
轟轟戦隊ボウケンジャーTASK15「水の都」


【ぎゃー。ラギの資料がなさ過ぎ。出来損ないのウルトラマンみたいになってしまいました。】

ステキすぎてどうしようかと思った今週のボウケンジャー。
冒頭からお父さんお母さんには恐怖のお知らせ、牧野先生が10号機を開発中です!


仲間のために悪い組織に身を売る!
故郷の再興のために熱く突っ走る!
基本的に悪い奴じゃない!

イベントNPCとしては最高級においしいキャラが登場しました。いいよこういうキャラ大好きだよ!
今週の展開具合からすると仲間フラグを立ててもいいような。でも人間体が若干ブラックとかぶる気がするのでオススメ物件ではありません(笑)。
不思議仙人バーザみたいな長老もステキです。

今回の敵はジャリュウ一族。個人的にはそろそろガジャ分が足りなくなってきましたが。
リュウオーンの非道ぶりは相変わらず芯が通っていてステキ。背中の剣がかっこいいなー。
でも「水の民ごときが我らを走り回らせるとは、生意気なー!!」は微妙に語呂が悪いね。
ラギが竜の力を手に入れてあんな姿になってしまったことを思うと、やはりリュウオーンももともと人間だったと考えてよさそうです。

50分頃から「え、尺足りない!?」なんて心配していたんですが、来週に続いちゃいます。
予告の「水の民の想いを冒険ごっこにするな!!」に心を打たれました。ラギったらもう青春爆発ファイヤー!!

以下は第15話でたいちょおが受信した偏見データと感想の混ざり物です。

2006年5月27日(土)
巨人首位転落!

♪チャーンチャ チャッチャ チャラララーッ(NHKスポーツ番組のオープニングメロディ)
NHKは最後まで放送してくれるから好きさ。

今夜はロッテ×巨人戦。
対巨人戦とはいえ、このカードがゴールデンに放送されるなんて時代を感じます。

【島国根性丸出しの原俊介応援レポート】
9回裏に代打で登場の原俊介。
原監督はよう辛抱して使ってくれてます原俊介。
東海大相模つながりが強いわけじゃないんだろうけれど原監督に愛されてます原俊介。
でももうそろそろ結果を出さないと危ない原俊介。

そして巨人は負けてもいいけど原俊介にはがんばってもらいたい複雑な心境のアンチ巨人ファンたいちょお。
祈りが通じたのかヒットで出塁! でも走れないので代走川中。
よしこれで残塁で終わっていいや!(え)
なーんて不遜なことを思っていたら、川中が牽制球で刺されました。アウチ!

その後延長10回表、ロッテが強攻ともいえるヒットエンドランを皮切りに2点をゲット。
裏は守護神「ガムをどうぞ」の小林投手がシメて終了しました。
阪神が勝利していたため、この瞬間巨人は首位転落決定。ひゃっほう!
現時点での0.5ゲーム差なんて差の勘定には入りませんが、アンチ巨人ファンとしては素直に喜びましょう。

今日の試合結果
【巨人 4-6 ロッテ】
【西武 0-2 阪神】

【オリックス 7X-6 横浜】

……サヨナラ負けーーー!? せめて3回に1回ぐらいは勝って!!(悲鳴)

2006年5月24日(水)
もしもクロックアップできたなら

なんかやりたいことと体調と時間と気力と技術のバランスが取れないのでフラストレーションがたまってます。
もっとこうサクサクと軽快に物事をさばけんのかね自分!

そこでクロックアップ機能がたいちょおに装備されていたらどうかと考えてみました。
ん〜〜〜。

あんまり意味がないや。(え)

クロックアップは本人単体がすばやく動くためのものなので、仮にクロックアップできたとしてもPCの処理速度まで上がるわけじゃないし、ペンのインクが紙に染み出す時間も変わらないんですよ。
つまりはたいちょおが望む作業にはまったく使えないと。
利用できるとすれば電車に乗り遅れそうになったときの時間稼ぎぐらいですか(笑)。

ちなみにドレイクがクロックアップすると銃を使わなくなるのは弾丸の着火〜発射に至るまでの速度よりもライダーたちの動きの方が速いからだと思います。
ってこんなこと書いて今後ドレイクが銃使ったらどうしよう(笑)。

2006年5月22日(月)
仮面ライダーカブト第17話「日本一の味噌汁」


4コマ目のベタフラッシュに意味なく力を入れすぎました。
ヒーローたるもの「ギターケースにギター」などという直球を仕込んではいけないということですな!
そしてザビーは影山に固定したと考えていいんでしょうか。
そろそろザビーにツッコみたいね〜(笑)。

■ 感想
ドレイクの脱皮前についている口の管、アレぶった切ると大介は酸欠になったりするんでしょうか。(発想がエス)
カガミ青年の脳内妄想が回を追うごとにかっこよくなっているのに大笑い。
100回ぐらい語らせたら最後にはスーパーヒーローカガミマンぐらいに進化していそうです。/p>

2006年5月21日(日)
轟轟戦隊ボウケンジャーTASK14「蘇る過去」


今回はきっと皆さんが予想したとおりのシーンを描いたんじゃーないでしょうか。

やはりイエローにはブルーよりもブラックか! 横浜よりも阪神なのか!!(違)
今回のポンチ絵はボウケンジャーフリークならば誰もが「ふぉ〜〜〜」と息を漏らしたであろうブラックの告白シーンです。めちゃくちゃ苦戦しました。
ナゼって。
ポンチ絵は、相手を抱きしめられるほど手足が長くないんだよ!!(爆)

というわけでブラックとイエローのラブラブ話だった今回。
ここまでストレートに好意を示されると清々しいですね。若さってステキ!
イエローが怪傑ズバット化することもなくなったようですし、次回腕輪がらみの話が出てくるときには今週以上の超展開が期待できそうです。
……ボウケンジャーは前半でハードルを上げ過ぎてる気もしないではありませんが(笑)。
大丈夫! やればできる子たちだからみんな!!

それにしてもスーパーダイボウケンの強度の高さはちょっと反則じゃありませんか?
攻撃はすべて紙一重でよけておかないと思わぬ痛手を負うんじゃないでしょうか。
毒とか麻痺とかクリティカルとか(笑)。

以下は第14話でたいちょおが受信した偏見データと感想の混ざり物です。

2006年5月20日(土)
ひさしぶりにシュンスケが出たのに

サッカーの中村じゃありませんよ。巨人の原俊介です。
たいちょおはアンチ巨人ファンですが、彼は同郷ということもあってついつい目が行ってしまいます。ビバ島国根性。

そんな原俊介が代打で登場した今夜の巨人×楽天戦。
我が横浜を「売っちゃえば?」と抜かした球団オーナーのせいで、めでたく超アンチ楽天になったたいちょおが唯一巨人を応援するカードでもあります。

9回表に勝ち越しをして後は豊田がシメるだけ!という非常にイイところで放送時間が終了になってしまいました。
というわけでラジオ出動。低気圧通過の影響か電波状況はイマイチでしたが、こまめにダイヤル回してしのぎました。

そーれーなーのーにー。

フェルナンデスの逆転サヨナラスリーラーン!!(悲鳴)
【楽天 6X-5 巨人】
しっかりしてくれよ巨人!
お前の独走も許せんが、横浜の勝率が楽天を下回るのはもっと許せんのじゃー!!(結局重要なのはそこ)

そしてオマケのように報告。
今日の横浜は降雨コールドで勝ちました。いぇーい。(棒読み)
【横浜 8X-1 西武】
(雨天7回コールド)

2006年5月20日(土)
第2部第2回「ベタフラッシュを描こう」

「今回はベタフラッシュを攻略するぞ!」
「えっ……。たいちょおはベタフラッシュなんて使ったことあるんですか?」
「使わないのなら学ぶ必要がないとでも言うのかー!」(ガッ)


「筆まめペイントを使った特殊効果」第2弾はベタフラッシュです。
集中戦よりもいっぱいヌキ線を描かなくてはいけないのでけっこう面倒なこの効果も、筆まめペイントを使えば簡単にできちゃいますよ!
なお、今回はExcelさんにもご協力いただいています。

1.下準備
まずは正方形のレイヤーを作成しておきます。今回は1枚でいいです。

2.Excelを起動する
Excelの【オートシェイプ】機能を利用します。
Excelじゃなくてもオートシェイプ機能があるソフトなら何でもかまいません。

 
ツールバー【オートシェイプ】→【星とリボン】→【星 24】を選択して適当な大きさを書きましょう。
そのあとに黄色い◆部分をドラッグしてトゲトゲ部分を鋭くします。
ちなみにオートシェイプがツールバーに出ていない人は、メニューバーから【挿入(I)】→【図(P)】→【オートシェイプ(A)】を選択してね。

3.PC画面をコピー&ペーストする(今回のツボ)
【Prt Scr】キーを使って、PC画面全体をコピーします。
このキーは機種によって+【Alt】キーなどの操作が必要ですが、キー自体はだいたい右上の方にありますのでさがしてみましょう。

そしてここでやっと筆まめペイントに戻ります。
【描画】モードであることを確認して、【ペースト】!
画面がそのままペーストされますので、星型がキャンバス中央に来るように移動させましょう。
大きさがいまいち違う場合は【効果】→【拡大縮小】で調整。
うまいこと落ち着いたら星型の周囲をベタ塗りしましょう。

4.仕上げ
ツールバー【効果】→【各種効果パネル】→【フィルター効果】→【ズーミング】で、ズーミング効果の目盛りをけっこう大きめにいじりましょう。
するとほら! ベタフラッシュっぽい!!

星型の鋭さやトゲトゲの数、またオートシェイプの重ねコンボなどで効果の幅はぐっと広がります。
試してみてね!

2006年5月18日(木)
また余計なことに手を出す

我がサイトに足をお運びくださる皆様、トラックバックをしてくださる皆様、コメントを書いてくださる皆様、いつもありがとうございます。
ホームページ改装に気を取られていてコメント返しができなかったので、今日は一気に返信。
これからもよろしくね!

さてさて。
ここ数ヶ月のホームページ作成でだいぶHTMLとCSSがわかってきたので、ブログのソースもリニューアルしちゃおうかという気になりました。
最初のころ<TABLE>タグを<DIV>タグに書き換えてけっこうすっきりさせたはずなのですが、今見るとうわーな部分がけっこうありまして。
とくにCSS。無駄が多すぎじゃー!

そんなわけで今度はブログの内装(ソース)をいじることにしました。
外装はこのままなので、きっと変わっても誰も気がつかないと思いますが(笑)。

2006年5月15日(月)
仮面ライダーカブト第16話「恐怖の白い影」


初診外来で予約もなしにMRIが受けられるカガミ青年はある意味幸せ者(笑)。
ちなみに脳にこんなに影があったら普通死んでます。

■ 感想
井上脚本は食べ物がからまないだけでこんなに見やすくなるのかとちょっと驚きました(笑)。
ZECT人事部については、天道が偽名を使っていることまで承知の上で門戸を開いたと深読みしてあげた方がいいのでしょうか。
そして天道もそれを見越して「テンドウジソウジロウ」なんちゅーわかりやすい偽名を使ってみたとすれば!?
おお、巧みな心理戦じゃないか!

そんなはずはない。(断言)

まあ偽名というのは本来の名前に類似したものをつけたほうがバレにくいって言いますけどね。