.

2006年4月30日(日)
轟轟戦隊ボウケンジャーTask11「孤島の決戦」


【生まれてはじめて巨大ロボを描きました。】

前半3部作、〆は9体のメカ合体でした。
ツノがオシャレー! クレーンのフックがあんな風に使われるとは。
しかしスーパーダイボウケンか……。「グレートダイボウケン」かと思っていたんですが、グレートはもう古いですか(笑)。

いまさら気がつきましたが、サブメカも一応ご主人様が決まっているんですね。そこまで伏線張ってあるとは奥が深いぜボウケンジャー。

・ドリル → 第4話レッド主役の回に登場。今回はイエローが代打。
・ショベル → 第5話ピンク主役の回に登場。
・ミキサー → 第8話ブルー主役の回に登場。
・クレーン → 第9話ブラック主役の回に登場。

そして我らがネガティブシンジケート、だんだんコント集団と化してきました。
「私にいまどきの機械のことを聞くなーっ!」
あれだけ楽しそうに拉致ったダイボウケンのセキュリティシステムに4万年前の文明人はあっさりとさじを投げました。
とりあえず便利そうだから買ってみたハイテク電子機器が部屋のオブジェと化しているオヤジたちには耳の痛い話です。

そういえばレッドがすり替えたこけしはどこから持ってきたのでしょうか。
あれだけ短時間に用意できたということは、牧野先生のコレクションからと考えるのが妥当なのですが……。それはあまりにも非道か(笑)。

以下は第11話でたいちょおが受信した偏見データと感想の混ざり物です。今週はメンバーのここがステキだと思った部分について。

2006年4月25日(火)
仮面ライダーカブト第13話「君の名は」


「こうして私はゴンと呼ばれるようになったのです。
 あの時大介が、ガッとか、ズコッとか転ばなくてよかったと思います。」
(ある少女の手記より)
ザビーの装着者がどうにも不安定なので、着ぐるみネタに登場させられません。

■ 感想
実は今日、カブトネタを仕上げることをすっかり忘れていました。
あんまりピーンとくるネタがなかったからでしょうか。

とりあえず今週のワンポイントツッコミ。
「かくまってくれるのはいいんですが、外から施錠するのはやめてください。」
(ひより心の声)

内部で何かあった場合はどうすればいいんですか。

2006年4月23日(日)
轟轟戦隊ボウケンジャーTask10「消えたボウケンレッド」


【このシーンに「男たちのYAMATO」を思い出して涙が出てきました。】

おいおいおいおい。前後編かと思ったら、来週に引くんですか!
まだ10話だってのにちょっと飛ばしすぎじゃないですか。クライマックスは今回以上に盛り上げる自信があるということで安心していいんだよね!(心配性)

今週の一押しツボはなんと言ってもビバ悪党首脳会談。
ちゃんと椅子を用意して酒すすってるリュウオーンとガジャがたまらんです。
ガジャはリュウオーンを「陛下」と呼んで持ち上げるところもちゃんと心得ています。
これが外交戦略ってものですよ!

「ネガティヴ・シンジケート」と称される敵組織の皆さんの絡みがかなり強くなってきました。
ボウケンジャーを倒そうとするその心意気はむしろポジティヴです。
ダークシャドウだけなんとなーく出遅れている気がするけど。あそこは生活苦しそうだもんなぁ(笑)。

以下は第10話でたいちょおが受信した偏見データと感想の混ざり物です。

2006年4月21日(金)
ラジオな季節

4月に入ってからブログを更新する時間が足りないなーと思っていたのですが、原因がわかりました。
ペナントレースが始まったからですよ!(爆)

たいちょおはだいたい大手テレビ局の地上波野球中継を見ています。
そのためアンチ巨人なのに毎日巨人戦を見る羽目に。まあやってくれないよりいいさ。
しかししょせん地上波なので、どんなにがんばっても21時24分には終わってしまいます。
最近は21時09分までしかやらない局も多くてイラッときてたり。

そんなときはラジオだよ!
テレビを消してスイッチ・オン。ながら聴きではなく集中して拝聴しております。
試合終了までやってくれるので大好きさラジオ。

今日みたいに巨人に延長サヨナラ本塁打とかやられちゃうと少々暴れますがな!!
※ それはラジオの責任じゃありません


■ 追記
地震があったので速報を見ようとNHKをつけたら別の速報に耳を疑いました。
横浜逆転負けしたのかよ!!

怒りを通り越して悲しみに暮れてます。

2006年4月18日(火)
リニューアル合戦のせい?

ヤプログ!さんは3月にブログ機能をパワーアップしました。
そのしわ寄せ(バグ)がいろんなところに出ており、記事が消滅したり管理ページに入れなかったりとちょっと困った状態に。

かるくイラつく日々が続き、「ヤプログもっときばらんかーい!」などと毒づいてみたりもしているんですが、落ち着いて周りを見てみるとどこのブログサーバもてんやわんやみたいですね。
アメブロさんのブログには入れないし、ライブドアさんのブログにはトラックバックが送れないし。
ココログさんも何かいろいろあるみたい。

ああ、うちだけじゃないのね。「僕は一人じゃないんだ!」って感じ。
でも本音はは「ブルータス、お前もか」だけど(笑)。

まあそういう時はあきらめて寝よう。

2006年4月18日(火)
仮面ライダーカブト第12話「花のトゲ」


カルく毒吐いてみました。
天道は謙虚さの徳を学ぶ必要がアリアリですね。
いやいっそマジンシアごと滅んでしまえばいい(笑)。
初登場のドレイクですが、例によってディティールは適当です。それっぽく見えればいいのだ!

■ 感想
井上脚本で登場してしまった風間さん。(「しまった」言うな!)
今後マトモにライダーやっていけるのか心配でしたが、どうやら一番好きなキャラになりそうです(え)。
フェミニストもここまで来ると才能。ゴンちゃんとのコンビもグー。
「そうそう、それそれ」ネタは井上脚本が終わっても引き継いでくれるんでしょうか。
ストレートすぎて笑いのツボを押されまくりです。

しかし井上脚本はいろんな意味でオーバーランしすぎていて逆にネタを拾う隙がありません。
これはこれで面白いんですけれど、お子様番組だということをもうちょっと意識したお話作りをしてほしいです。

【今週のツッコミポイントその1】
「お前の言うことは正しい。だが気に食わない!!
思わず膝を打っちゃった人、手を上げなさい。(はーい)
そうです人は弱いものなのです。

【今週のツッコミポイントその2】
スーパーヒーロータイム枠でやっているカブトのショートショート。

本編より面白いってのはどうよ。

こっちもそう思っている人は少なくないはず(笑)。
力を入れる場所がちがうでしょ! その直前の約25分間があんたたちのホームグラウンドなんだよ!


先週の視聴者(?)クイズの回答と正解者
愚痴も入ってるので気になる人だけ見てください(笑)。

2006年4月17日(月)
轟轟戦隊ボウケンジャーTask9 「折鶴の忍者」


【ヤバイこの体型描きやすい(笑)。このポンチ絵のために鶴を折りました。】

「お前の中に闇を見」なくちゃいけなかったから、今年はブラックだったのね……。
グリーンが良かったんだけどなぁ。(まだ言ってます)

顔出しだけしといてまったくの放置状態だった「闇のヤイバ」がついに動きました。
中身が中身なだけに(笑)、スマートというよりは貫禄のあるお方です。
武器が折鶴ってとこがいいなー。折鶴っていうとスケバン刑事のイメージがあるので、くの一の武器っぽいような気もしますが。

今週は松金よね子さんが出てきたり、前半なのに来週に引いちゃう展開だったり、裏でガジャが地味ーに糸引いてたり、サージェスは何か隠しているらしいし(!)、いろんな場所でレベルの高いトキメキポイントを叩き出しています。

そして一応初期設定からある9台のゴーゴービークルがすべて登場しました。
今までのお話でサブメカ6〜9号の性能はよくわかったのですが、メインの1〜5号はどういった用途で使うのかがあまり描かれていないのがちーとばかし不満です。

マリン … これはよくわかる。1話から海に潜ってたし、使用頻度は高そう。
ジャイロ … これもよくわかる。空を飛ぶってのは基本だしね。
ダンプ … 1話でなんか破壊してたような。あんまり記憶にない。
ドーザー … 1話でブラックとイエローをすくい上げたのってこれだったっけ?
 やっぱりあんまり記憶にない。(覚える努力をしないのが問題なのか)
フォーミュラ … こいつは存在価値からしてわからない。
 あのでかさで地上を速く走る必要性や利用場所があるのか?

フォーミュラはこうやって活躍するんだよ!というお話をぜひ見てみたいです。

以下は第9話でたいちょおが受信した偏見データと感想の混ざり物です。後半がマニアック過ぎます。

2006年4月13日(木)
またひとつ年をとりました

今までにない激闘の誕生日前夜でした。
7時間ぶっ通しでカラーなんて描いてられません。当分何も描きたくない(笑)。
いまさらだけど漫画家さんってすごい。

そんなこんなで気がつけばもう誕生日です。
自分におめでとう。お父さんお母さんにありがとう。

とりあえず帰りに甘いものを買ってくることを決意して就寝。


■ 追記(23:30ごろ更新)

ハイソな友人からの誕生日プレゼントとワインとタルトケーキ(自費)。
ちなみに夕食はサンマと小松菜でした。

横浜ベイスターズの牛島監督も今日が誕生日です。
こちらはチームがうれしい白星をプレゼントしてくれました。でもやっと2勝目だよ(泣)。

そのほか楽天グリーティングカードをもらいました。これがまたすごくイイ。
特撮&巨大ロボ好きのお友だちに送ってみよう!

本日お祝いのコメントをくださった皆様、ありがとうございました。
やっぱ誕生はいいな!(単純)

2006年4月10日(月)
仮面ライダーカブト第11話「太陽の男たち」


スーパー戦隊30作記念ネタとタイアップ。
最近ゼクトルーパーばっかり描いていたらカブトの描き方を忘れました。
天道は設定年齢21歳なので、85年生まれなのかもしれませんが、そんなのは些細なことだ!

それよりも致命的な間違いがこのマンガにはあります。直そうと思ったけど力尽きました。
そこで逆境を逆手に視聴者(?)クイズ!

【問題】
仮面ライダーカブト第11話ポンチマンガ「太陽の男たち」の中に、特撮ファンにあるまじき致命的な間違いがあります。それはなんでしょう?
最速正解者1名に「ポンチ絵リクエスト権」をプレゼントします。
【応募方法】
この記事のコメント欄に「ここが間違ってる!」内容をご記入ください。
色や形や絵柄や方向性はもう間違いだらけだと自覚してますんで責めないでやってください。
【締め切り】
締め切りは2006年4月16日(日)いっぱいだ。
深夜0時を越えてしまうと4月17日(月)でタイムオーバーだ。
特例は認めない。
本部の命令は絶対だ。
(by 田所)
【正解&当選者発表】
来週(2006年4月17日)以降の「仮面ライダーカブト第12話ポンチマンガ」記事内で発表の予定です。
応募者がいなくても発表はしますよ!

■ 感想
押川さんはやっぱり銃キャラなのか(笑)。
今週のストーリー展開およびエフェクトは他の追随を許さない独走っぷりでした。さすが井上敏樹。
この人の脚本って良く言えば芸術的なんですけれど、あまりにコアすぎて子供にはついていけないような気がします。ライダーとタケノコの組み合わせって、シュールすぎ。

でもこういうノリのドラマ見たことあるなーと思っていたら、思い出しましたよ。
フジテレビでやってた「不機嫌なジーン」だ!

2006年4月9日(日)
轟轟戦隊ボウケンジャーTask8 「アトランティスの秘宝」


【今週は真面目にサロンの画像をチェックしました。ちゃんと見たところでこのざまですが。】

今週何に一番びっくりしたかって、ボウケンジャーソーセージCMの挿入歌ですね。気合入ってるなプリマハム!

冒頭いきなりガジャ登場。相変わらず孤独な孤高の人です。崖と海が似合う(笑)。
ボウケンジャーの皆さんはガジャに対して容赦ない攻撃を仕掛けますが、あれは生身の人間に対してする攻撃じゃないです。

牧野先生に「夢はアトランティス大陸存在の解明」というマニアックな裏設定が追加されました。きっと学者内では「ムー大陸派」「レムリア大陸派」とかこれまたマニアックな派閥があるんでしょうね。

今週のメインキャラはブルーとイエロー。特にブルーの活躍具合は今までで一番派手。
ブルーの人気ポイントがけっこう上がったんじゃないでしょうか。NOT着ぐるみアクションをあれだけ長い尺を取ってやってくれたのがステキー!
でもサロンに行く手段がエレベーター以外にないってのは欠陥設計です。

以下は第8話でたいちょおが受信した偏見データと感想の混ざり物です。