.

2006年3月30日(木)
第78回センバツ高校野球ベスト8決定

東海大相模が負けました!(驚)
いやそんなことよりも(え)、「甲子園には魔物が棲む」とはよく言ったもので。
9回、関西のライト・熊代くんには間違いなく魔物が憑きました。
坂東武者たいちょおは早実を応援していたので、船橋くんにヒットが出たときには嬉々として「回れ回れー!」と叫んでいました。しかし返球が遅すぎるので「あれ?」と思っていたら。

後逸!!!

泣くな熊代ー! また夏に来いー!!
もういっちょ叫んどこう。安井ー! バッティングフォームが面白くて好きだったぞー!!

今日はすべて1点差のギリギリゲームでした。第4試合は昨日の再試合だったことを考慮すれば、4試合中3試合が延長の末にベスト8への切符を手に入れたことになります。
くぅー! 熱いぜ甲子園!!

昼間にやっているせいで(そりゃそうだ)後手後手に回りがちな高校野球観戦。ベスト8の顔ぶれと個人的見どころはこんな感じです。

神港学園(兵庫)×岐阜城北(岐阜)
愛しの智弁和歌山を破った岐阜城北が地元神港学園と対戦。
岐阜城北は初出場ながら何か憑いているみたいに劇的な試合を見せるので(笑)、好試合の予感です。

横浜(神奈川)×早稲田実業(東京)
関東お隣さん対決です。うーん微妙(笑)。
先の八重山商工戦はなんとなくアウェーだった横浜高校。
いやだって、離島の初出場だからって、みんな沖縄に肩入れし過ぎ! 判官びいき!
今回も「古豪復活・早稲田実業!」のキャッチコピーには負けそうですが(笑)。
一方の早実は関西との死闘に力を出し切ってしまっていやしないか心配です。
早実エースの斉藤くんの登板はあるのか? 彼は焦りが顔に出ないので好きです。

日本文理(新潟)×清峰(長崎)
正直このカードは予想していませんでした……。初出場同士の対決です。

PL学園(大阪)×秋田商(秋田)
秋田商業はこれといって誰がいいってわけじゃないんですけれど、面白い試合を魅せてくれます。対するPLはなんと言っても守備が美しい。この試合はぜひ見たいですね。

今大会は延長が多いですが、そのわりに試合時間はタイト。
プロ野球も見習ってほしいです。守備につくときは全力疾走だよ!

2006年3月28日(火)
西遊記終了記念イラスト「コブタ八恵」


えらく乙女チックに仕上がってしまいました。月9西遊記スペシャルに登場した猪八戒の息子、八恵です。
「八の戒め」の子供が「八の恵み」とはセンスいい名前だと思います。スペシャルは誰に対してのスペシャルなのかようわかりませんでしたが。
映画……。香取悟空のあのテンションを大スクリーンで見るのは勇気がいるな……。

2006年3月28日(火)
仮面ライダーカブト第9話「さらばマーボー」


パーフェクトハーモニーよりもパーフェクトリバティーの方が好きなたいちょおです。
PL学園1回戦突破おめでとう!
本編で触れてくれなかったので、「影山青年のはるかなるマーボードーフ」を勝手に完結。
って来週マーボー出てきたらどうしよう(笑)。
そういえばザビーの後頭部がウメ星デンカみたいにとんがっているのが気になって仕方がありません。

■ 感想
一般人とゼクトルーパーとライダーとワームのパワーバランスがまったくわからなくなってきました。
武装していない影山とカガミなんてぷちっとひねれるんじゃないのかワーム!

矢車さんが壮大なかませ犬だったことに愕然。いい裏切り方だ。
そして脱皮したカブトバイクのステキセンスに呆然。逆三輪車ってあんな軽やかに走るのか。(そこかよ)

そうそうカブトのテーマ曲が発売されました。
テレ朝HPでプレゼントもやってます。田所さんの指令が渋いです。

藤林聖子さんの歌詞はライダーの世界観を的確に表現するので大好きです。
カブトが今後どういうストーリー展開になっていくのかなんて教えてもらっていないだろうに(というか脚本家にもまだわからないだろうに)、何あのフィット感。すばらしい才能です。

でもライダーシリーズは年末にソングコレクションが出るのでそこでまとめて買うのが賢い貧乏人(笑)。

2006年3月26日(日)
轟轟戦隊ボウケンジャーTask6「呪いの霧」


【ブルーが見切れるのはうちの仕様です。】

今日の一発目感想。「たすくしっくす」って言いにくい。

神官ガジャが好きです。フロシャイムのヴァンプ将軍@天体戦士サンレッドを髣髴させます。あんなアットホームな人じゃないけど(笑)。
ボウケンジャーを勧誘したときはリアルにひとさびしいんだなと思いました。

女の子から拉致っていくとはまた常套手段だな!と思って見ていたのですが、赤・青・黒で並ばれると画面がしまらないことに気がつきました。
赤・青とか青・黒で戦っているシーンはあまり気にならないのですが、野郎の3色揃い踏みはなんか変。黒→緑だったとしてもきっと変なんでしょうね。
そんなわけで埴輪武者との2ndバトルのとき、レッドを退場させたブラックは個人的にグッジョブです。レッドはやる気満々でしたが(笑)。

今週はアクション分満喫! 相手の弱点を見つけて頭脳戦というのはかなりツボです。
レッドがつけた傷にブルーがナイフを差し込み、ブラックがメガトンハンマーで叩き込む!
ビバ素晴らしき連携技かな。

今週のナツカシ戦隊は「バトルフィーバーJ」。
イエローが持っている旗が最初フランスに見えて「あれ?」と思いました。
「ロシア」の旗なんですね。「ソビエト社会主義共和国連邦」じゃーないんですよ。あの赤い旗はもう幻?

以下は第6話でたいちょおが受信した偏見データと感想の混ざり物です。

2006年3月26日(日)
第78回センバツ高校野球・京都外大西×東海大相模

♪おーれたーちはいつでも ふーたーりでーひーとーつ バロロームー

一週間が早い……。
WBCが終わってはーやれやれと思っていたら、高校野球は開会、パ・リーグも開幕。
そんなに見きれないよー!(泣)

そんなわけで大会前から「絶対にこれだけは見る!」と心に誓っていた京都外大西と東海大相模の対決をテレビで観戦。
終盤ギリギリまでどちらが勝つかわからない息づまる投手戦でした。
京都外大西は投手起用のタイミングが悪かったか。あまりマークされていなかった東海大相模の長谷川くんがようがんばりました。
結果こそ【京都外大西 1−4 東海大相模】でしたが、気分は1点差ゲームでした。

そういえばセンバツのHPで試合結果の動画も見られるのです。
八重山商工×高岡商戦で、「ベースを踏み忘れたアピールアウトがあった」ということなので、ぜひそのシーンを見たい!と思い、再生してみました。
しかし、なんとPCから音が出ない!!(驚)
トラブルシューティングを渡り歩いてもさっぱりわからない!
普段ほとんど使わない機能とはいえ、いざというときに使えないのはかなりショックです。
何がいけないのー!?(悲鳴)

2006年3月22日(水)
仮面ライダーカブト第8話「食べ物は大切に」


ザビーのおでこに“なぜならばマーク”(数学の∵)があるのを今週知りました。でもポンチ絵には反映されません(笑)。
そしてザビー付きのゼクトルーパーズは「シャドウ」という名前があることも、ボディに金色のラインが入っていることも今週知りました。でもポンチ絵には(以下略)。

■ 感想
「星がどれほど輝いても太陽にはかなわんぞ。」
子供に誤解を与える天動説な発言は控えてください。

いやー、久しぶりに天道アレルギー発症。
でも今週ドン引いたのはやはり矢車さん。
豆腐屋の豆腐を一回買い占めただけで「嫌がらせ」だと思っちゃう矢車さんは病院で一回検査をしたほうがいいかもしれません(笑)。

・自分が一番エライと思っている協調性皆無のオレ様
・他人に調和を求めるくせに自分に調和しないヤツは許さない完璧主義者
・人がよさそうだと思わせておいて実は自分の意見を持っておらず他人に振り回されっぱなしの愚民

この世界にマトモな若者はおらなんだか(笑)。
周囲の人間の質を落とすことで天道の評価を上げようというスタッフの陰謀なんでしょうか。(←そんなビーンボール級のうがった見方をするたいちょおはかなり人間が乾いています。)

2006年3月21日(火)
疲労コンパイル

ぐふっ。野球観戦に必要以上の体力と精神力をつぎ込んでしまいました……。

西遊記終われば余裕で特撮ネタが更新できるなーなんて思っていたのにこのていたらく。
自分の中の野球に対する関心の高さを侮っていました。

というわけで今日は店じまい。おやすみなさい〜。

2006年3月21日(火)
WBC決勝・日本×キューバ

予選では全勝する韓国の陰にひっそりと潜み、本戦に入ったところで韓国をかわして決勝に踊り出る。
「見ろ、スリップストリームだ!!」@橘さん
みたいなノリで決勝まで来てしまいました日本代表。

今日はとうとうイチローの鬼門警報が解除ですよ!
つながる日の丸打線! 得点にからむイチロー! そして激走する我らが松中!!
今大会、本当に松中はよく走っています。やはり野球選手は走れなきゃあかんってことですね。

以下は試合のさくっとした流れと感想。イチローに対してぬるくなった分、川アにやや冷たいです(笑)。

2006年3月21日(火)
西遊記最終話は90分スペシャル、って聞いてねぇよ!


【この人のおかげですべて吹っ飛んでしまいました。あそこまでサービスしちゃうなんて主演殺しだよ!(笑)】

ついに最終回、月9「西遊記」は愛の国ガンダーラこと天竺からお届けします。

とりあえず先週を見なかったことにしておくことにするといいと思いました(え)。
最終回にふさわしいジェットコースターな展開。
天竺だけでどんな話にするのかドキドキでしたが、ドンデン返しが多く盛り込まれていて飽きさせない作りでした。

2006年3月19日(日)
轟轟戦隊ボウケンジャーTask5 「帝国の真珠」


【バントミスの失態はホームランで返せって感じですか。】

今日のピンクはネタっぽい行動が多かったので、レッドのオレ様発言をピックアップしてみました。
信頼の証から来る言葉なのでしょうが、実際上司にこうはっきり言われたらへこみそうです。
「よくやった。後は俺がやるから。」
「いいえ、私に最後までやらせてください!」
てな風に誘導発言をさせちゃう上司の方が精神的にウワテだと思います(笑)。
バックが寂しかったのでがんばって7号機を描いてみました。ちゃんと全体描いたのに、たいして露出してねぇよー(泣)。

あれー? 今回はピンクの過去話だと思っていたんですが、ブルーの「さすが元オリンピック候補」のセリフだけで終了。すごいスルーっぷりです。……ブルーがからんだせい?

ピンクは真面目すぎてなかなか人前で笑うこともできないというお話でした。からくりサーカスのエレオノールみたいですね。
記憶喪失やら元スパイやら伝説のトレジャーハンターやらに比べると、ややおとなしめの設定。
でも今回目からウロコだったのは、さくら姉さんの芸人レベルです。自分にツッコミを入れられるんだ……。

以下は第5話でたいちょおが受信した偏見データと感想の混ざり物です。