.

2008年2月11日(月)
獣拳戦隊ゲキレンジャー最終話感想


【でこロンが魔弾龍のコアに…。】

獣拳にはかつてふたつの流派があった。
正義の獣拳激獣拳ビーストアーツと、邪悪な獣拳臨獣拳アクガタ。
ふたつの流派はいまひとつに還り、巨大な悪に立ち向かう!


ケイ・グラントのナレーションだけで1年間のすべてが説明されてしまいました。

本作は「ふたつの対立した組織が、紆余曲折を経てやがて和解に至り、共に第三の巨悪に立ち向かう」までの葛藤と成長を描こうとした意欲作だったわけですね。

それ正義と悪でやっちゃいけねーべ。
正義と悪は決して相容れないイデオロギーであるからして、勧善懲悪が成り立つんだろうさ。

そりゃー人間は「正と邪を内包しつつ理性によって善なる方向へと進むもの」ではあるが、その考え方はかーなーり高次元なものであって、「いいこと」と「わるいこと」のちがいからわかろうね♪という視聴者層に向き合った番組構成じゃないですよ。

物語の発想はキライじゃないけど、いかんせん視聴者層と時間枠を無視しすぎたのは致命的だね。


さあここからは猛毒キケン! 最終回の感想兼反省会だよ!!

2008年2月3日(日)
獣拳戦隊ゲキレンジャー第48話感想


【ボク壊れました。ガガピー。】

いやぁあああ! なんかザラザラするっ!!
なんてーんですか、この身体というか脳というか精神というか、

とにkく内輪和からスベを荒いがしたくなるような拒zs反応ガッ!!!
(訳:とにかく内側からすべてを洗い流したくなるような拒絶反応が)
なんて書いてたら、PCまで落ちました。

2008年1月27日(日)
獣拳戦隊ゲキレンジャー第47話感想


【雪山でヘタレるのは何かの伝統か。】

でこロンは不死身! 
……だって言ったのにー。ウソツキー!(泣)
不死と不老は違うんだよー。

ってラストにあの足りない子が残るとは。
すげー超展開過ぎて読めないよ。読みたくもないよ。

そしてこの続きはリオへの毒だらけツッコミですよー。キケンキケン!

2008年1月20日(日)
獣拳戦隊ゲキレンジャー第46話感想


【カワイクしてみました。】

でこロンは不死身! 
でこロンは暇つぶしに数百年をかけていた!
でこロンはメレちゃんをさらっちゃった!
すすめでこロン! 飛べでこロン!!
でこロン、何をやっても悪気のない感じがステキすぎだ。

あれ? 
この番組のタイトル、なんだったっけ? 
覚えてないなぁ……。

2008年1月13日(日)
獣拳戦隊ゲキレンジャー第45話感想


【でかっ。】

げほっ。
今日は朝から瀕死のたいちょおです。
一日中夢の中で一億光年の宇宙を彷徨ってました。何の電波?
そのせいか、今日のゲキレンジャーは妙に面白かったです。
いつも朦朧としていた方がいいんでしょうかねぇ。

2008年1月6日(日)
獣拳戦隊ゲキレンジャー第44話感想


【最初「体毛」に変換されてしまってひとりで大ウケしました。】

セオリーどおりならトラピカを描かなきゃいけないのでしょうが、あのトゲトゲした造形がめんどくさくって記憶し切れなかったので却下。(えー)

なんかね、前回も今回の最初の方も「とうちゃんとうちゃん」呼んでたのに、あそこでいきなり手が止まるのがちょっとご都合よろしすぎてときめきませんでしたわ。
なんかボコるだけボコってすっきりしてから思い出したように「はっ!」って。わざとですか!
今さらですが、ジャンが初登場時に草笛吹いてたりしてたら、けっこう盛り上がったと思います。
まあ付け焼刃のダンお父様だからしょうがございませんけどね。
結局何が「白虎」だったのかすら亜空間にポイ捨てですわ。ほほほ。

なーんて。

お正月一発目のレビューだから丁寧に書こうと思ったら、逆にそれが毒増しになってるぜ。
敬語は時と場所を選ばないといけないってことですね。
使い方を間違えちゃダメ!

2007年12月23日(日)
獣拳戦隊ゲキレンジャー第43話感想


【リアル動物顔の師匠が初めてカワイク見えました。】

サメといい虎の子といい、「体」の人って、みんなこんなんですか。MPゼロですか。
でもいちいち「オレはガゼルだ」ってことをツッコミ訂正する師匠の無駄っぷりはけっこう好きです。
そして「赤鼻」と、「ツノがあるのにツノをつけられた」らめちゃくちゃプリティやないですかガゼル!
そして権力に弱いよガゼル! 親善大使だって知ったとたんに敬語かよガゼル!
アッタマばっかりでも カッラダばっかりでも ダ・メ・よ・ね♪@プチダノン

今週は毎年恒例のクリスマスネタなのでかるーく行っとこうぜ。

2007年12月16日(日)
獣拳戦隊ゲキレンジャー第42話感想


【ネコの守備力が2上がった!】

「今週はどのあたりが印象に残りましたか?」
「そうですねー。印象に残らなかったことが印象に残りました。」
そんな禅問答的な印象だらけのゲキレンジャー。明日はどっちだ。


■ 今週の気になるアイツ
→終盤に入ってどんどん詰められているロンさん
ネコが拾った龍のウロコ(今のところ推定)。
あのロンさんに限って、そんなわかりやすい証拠を残していくわけないのに。
だいたい大切な毛髪ウロコなんだから、一枚たりとも無駄にしたくないはずなのに!(力説)
これで「抜け毛抜けウロコの部分がむき出しだったので」とかいうギリシア神話的な弱点で負けたらどうするんだよロンさん。

そうやって最終的にすべての負債を押し付けられて散るのは彼なのか……。ひでえ話だ。
いや悪役的にはオイシイのかもしれないけど。

何故ロンさんが幻獣拳を知ることになったのかとか、
何故激獣拳と関わりがあるのかとか、
何故三拳魔と顔見知りっぽかったのかとか、
すべてロンさんごと闇に葬られるのね。ああん。

ロンさんは後発キャラだけあって性格がぶれてないんでけっこう好きなのに。

がんばってロンさん! 
あとちょっとだから、もう少しガマンしてリオにおもねってて!!
(応援の意味をこめて「さん」付けでお送りしました)

2007年12月9日(日)
獣拳戦隊ゲキレンジャー第41話感想


【実験は楽しいじょー。数式は芸術だじょー。】

ロンの双幻士が妙に気に入りました。
基本的に来週まで引っ張るキャラは公式HPには載らないので、放送中に急いで描き写したのですが、カラーリングまでは覚え切れませんでした。のでかなり妄想でぬってます。
右のちび助がガ○ャピンっぽいよー。

2007年12月2日(日)
獣拳戦隊ゲキレンジャー第40話感想


【男だったらグズグズすんなよ!】

最初に言っておく! 大葉健二が大好きだー!!!
ついでに言っておく! ポンチ絵じゃなくてすまん!
(ブログ的にはそっちを最初に言っておくべきかと)

というわけで大葉健二御大のご肖像をば描かせていただきました。
しかしこれがまったく似ない罠。
最初のうちはなんとなーく似てたんだけど、それでイイ気になってノリノリで効果線つけてったら誰だかわからなくなっちゃった。
ごめんよ健二ー。
先週のうちにいっぱい練習して描いておけばよかったよ。
ごめんな健二ー。