.

2008年1月21日(月)
仮面ライダー電王最終話「身の振り方を考えたら」


最終回だからって、うちの営業スタイルは変わりません。
わざわざ日曜アップなんてしません。KY上等!

とにかく最終回でした。
OPが「仮面ライダー電王! 最終回!!」とモモタロスが叫んだだけなのがこの物語のクオリティの高さを感じさせます。
去年の無駄なファイナルCGロゴは萎えましたからねー。

うん、いい終わり方だったんじゃん?
欲を言えば前倒し1時間スペシャル……とまでは行かなくっても10〜15分ぐらいは尺に余裕がほしかったかなぁ。
リュウタロスの心情変化が唐突だったのがちと残念。
何この期に及んでデンライナーの隅っこで膝抱えてんのキミ!
前番組のEDと予告削ればなんとかなるっしょ(え)。



■ キミが望む未来はすでにキミのココロの中に
絶望的な終わりはないと、主題歌聞いたときからずっと思ってました。
「選ばれし者」でなければ納得の行かない終わり方ではないだろうとも信じてました。
欲をいうならば「約束の場所」で愛理さんとサクライさんが再会するシーンがほしかったかなー。

サクライさんは結局最後まで素顔を明かしませんでしたが、これでいいと思います。
なまじ顔バレしちゃうと、若きサクライユウトとイメージの乖離を引き起こしてしまうので、その姿は皆さんの想像に任せるのが一番だと思うからです。

ゼルダネタをかますと、「ムジュラの仮面」のカーフェイが、結局最後まで大人の素顔を見せなかったGJ感に似ています。
あのときはゲームをコンプリートすれば素顔が見られるんじゃないかと思ってむちゃくちゃがんばりましたけど、徒労だったなぁ……。(遠い目)

でも病室で愛理さんが「いつか、未来で……」ってしんみりとしているところで、ドアの向こうでは
「なんか、出て行きにくいなぁ……。」
「何を言ってるんだユウト、せっかくこのときまで待ってやっと成長したんだ。
 晴れ姿をぜひ愛理さんに!」
「わかってるって! だからこうやってタイミングを……」
「あら? 誰かそこにいるの?」
「あっ、聞こえちゃった。」
「馬鹿デネブ! お前のせいだ!!」
なんてやり取りが普通にありそうだと思いました。

だって時間軸が正常に戻ったとすれば、ユウトの時間に戻ったユウトが、大人サクライさんに成長しているはずだからね。
ああタイムパラドックスの妙。


■ 良太郎の「幸運の星」の光は届いたのか
これもラストに絡んでこなかったなーと思いました。

思い返せば第1話。
カツアゲされたらそそくさと財布を差し出すヘタレチキンな主人公に不快感を覚えたもんですが、立派な正義の味方に成長しました。
成長。うーんいい響き!

ゼロライナーやデンライナーと併走して別れを告げる良太郎が、自転車ごとひどい目に遭わなかったことから察するに、幸運の星の光は届いたんだと思います。
やっぱり良太郎の不幸は、世界を修復できた幸運とのバランスを取るためのものだったのだと一人納得。

タロスズに身も心も鍛えられたしね。
やっぱり鍛えることは大事だね。シュッ〆


■ ハナちゃんは未来の特異点
大人の事情も絡むこの伏線。
よもやこんな展開になるんだったら、
「サクライさんと愛理さんは入籍だけしていて、結婚式だけは良太郎の卒業を待ってしようと思っていた」
方が昭和世代的には納得がいったなーと思いました。
そういうカップルなら普通にいるじゃない。

まあそれはおいといて。
ハナちゃんがコハナちゃんになったとき、すでに未来の勝敗は電王に傾いていたんだなー。
サクライさんが消えて、いつか未来で再び愛理さんと出会う。
そのタイムラグ分だけ、ハナちゃんは若返ってしまった。
しかし特異点であるがために、記憶まで喪失できなかったと。
納得。

でも同一時間帯に特異点がふたりいるってのも、守備過剰じゃないか?
良太郎、そんな短命なの?(え)
まあそこは目をつぶってあげましょう。
いまやジェミニエンジンはセキュリティの常識になりつつあるからね。


■ イマビト最終回予告
これは別記事で。(えー)
清々しいほどカイには救いがなかった電王。
前番組も少し見習ってほしいもんです。


■ 本当にクライマックスが続いたよどこまでも
1年通して最初のクールは
「過去に未練を持つ契約者の傷をちょっとだけ癒してあげる」みたいな
「そんな後ろ向きに都合のいい展開があるかーい!」と不満げでした。
んでもってリュウタロスのキャラがちょっと不安定で、どさくさにまぎれて仲間になっちゃった感があって、これもちょっとイラッときました。
さらにゼロノス登場で、「うわーまた販促の嵐になるのかー!」と不安でいっぱいでしたが、ここで良い方向に裏切られました。

何この昭和臭ぷんぷんなライダー!

どんなにつらい過去でも、それを受け止めて生きることで、未来が輝く。
おのれの存在を懸けても守りたいものがある。
そしておのれは最後まで影であり続ける。

うわあなんてヒーローな!

はっきりいって、ゼロノスが機能していなかったら、電王ダメダメ番組です。
というか、サクライさんがGJ過ぎます。
彼の存在が謎に深みを与えていき(回収できなかったものもあるけど)、ぐいぐい引き込まれていきました。

電王のDVDは「最終回ディレクターズカット版」と、「電王正伝〜仮面ライダーゼロノス」を作るべきですよ。
絶対売れるって! 映画化でも売れるって! FIRSTやNEXTより沸くって!
まあオレは行かないけどな(え)。


■ 褒めすぎたので最後に毒
途中からOPの映像がタロスズのライブ映像になりました。
あれがすっごくイヤでした。

特にバックに天使の羽根みたいなのがあって、いかにもタロスズが正義の使徒!みたいなところが。
狙いすぎ!

まあなんだかんだいいつつも、1年間面白おかしく見られました。
俳優陣さん、スタッフの皆さん、特にスーツアクターの皆さんは例年にない露出の高さに大変だったと思います。
おつかれさまでした! ありがとう!

+++++ [関連キーワード]さんやGoogle広告さんをクリックしていただくと管理人が少しだけ健康になります ↑
トラックバック
■ トラックバックURL  

「また会おうぜ!」
決し繋がる未来、本当のクライマックス編。


良太郎のモモタロスイマジンへの、契約と言う願いは
「最後まで一緒に?...

仮面ライダー電王 最終話「クライマックスは続くよどこまでも」

いい最終回でしたね?。個人的には平成ライダーで一番と思っているクウガ以上に全編を通して良く出来てたかもなんて思っています。(クウガ?...

人気ブログランキングの順位は?


記憶こそが時間。そして、それこそが人を支える・・・もう誰の記憶に頼ることもない、彼等が共に過ごした、時間と記憶が彼等を存在させるんです。









約1年、一緒に走り続けた特撮。
ついに、最終回です。

◆TBさせて頂きます◆う〜ん…何と言うか…泣けるとか泣きそうとかって言うより… 泣いた?あは、完全に断定口調ですわ。「仮面ライダー電王」最終回。バトルが多くて、色々端折っている部分があった気もしないではありませんが、この一年間走り続けた「電王」らしい最終...

寂しいですが、とうとう最終回ですね。 結局ハナは予想通り、愛理と桜井の子供である事が判明。 と、いう事は、もともとハナがいた『消滅した未来』というのはそうとう近未来だったんですね。 カイの世界を崩壊させる野望も特異点であるハナに阻止され、怒り心頭でコハ...

「いつか、未来で……」 みんな………ありがとう! 2008年に戻ってきたデンライナー。再び大破壊を起こそうとするカイを止めるべく、イマジンの群れに突っ込む良太郎とモモタロス。 「モモタロス……望みを言うよ」「最後まで、僕と一緒に戦ってくれる?」 襲ってきたモグラ

「仮面ライダー電王」この1年間、家族一同が一緒に楽しく見ることが出来ました(^▽^)
我が子と同じところで爆笑し、同じところで楽しめ...

本日のTV欄は 仮面ライダー電王 「線路は続く」 とうとう来ちゃいました、この日

今回は最終回「クライマックスは続くよどこまでも」。
ストーリーは仮面ライダー電王 第48話「クライマックスは続くよどこまでも」で!


わっしょい!わっしょい!

あーぁ、とうとう終わってしまいましたねぇ?。
仮面ライダー電王…。

あの終わり方、最近の仮面ライ...

仮面ライダー電王 最終話「クライマックスは続くよどこまでも」。いつか未来で。 以下ネタバレあり。

仮面ライダー電王 第49(最終)話「クライマックスは続くよどこまでも」。 あ〜あ、終わっちゃった。一応、大団円ということで。特番作ろうと思ったら作れそうな終わり方。タイトルどおりクライマックスは続くよ、ってことですかね。 コハナは消えはしなかったけれど、予想...

ふひっ(泣笑)
良かったよ(>ω
こうやって文章打ってても、寂しくて泣けてきます(涙)
なんという素敵な作品だったんだろう!電王って。

東映さん、ありがとう(涙)

しかしナオミちゃんはGJでしたねー!!
オーナーもワザとデンライナーを留守にしたんでしょうね!
気が...

とうとう、電王が終わっちゃいましたね。
でも、なぜか悲しくないんです。

それは、最後まで笑わせてくれたからだと思います。
良太郎の笑顔で終わってくれて、本当に救われました。

ちょっとね、謎が残った部分があったけれど、まあ、いいや…って感じです。

第49話(最終話)「クライマックスは続くよどこまでも」

予想よりもホンワカと、ハッピーエンドでありました〜。電王に限らず創作物の小難しい設定のつじつまは追わない(いや、追えない)たちなので。ワタシの心に落ち着いて、「情」として納得がいけば、それは良作なのです。

☆TBさせていただきます☆『仮面ライダー電王』、最終話(第49話)「クライマックスは続くよどこまでも」の感想です!!

前回といい、何気にナオミが貢献してますね?♪
「この子は意外と機転が利く子だったんやなぁ」と、ここへ来てヒロイン補正(笑)。

仮面ライダー電王 最終話
「クライマックスは続くよどこまでも」
脚本:小林靖子
監督:長石多可男
アクション監督:宮崎剛

[画像]デスイマジンに追い詰められるゼロノス・ゼロフォーム。そのとき上空が怪しい光を放ち始めた。まるですべてを破壊したあの時と同じだ…。...

「クライマックスは続くよどこまでも」脚本:小林靖子監督:長石多可男アクション監督:宮崎剛終っちゃった。カイは再び空を開き、全てを滅ぼそうとしている。デンライナーは、良太郎は間に合うのか?

とうとう最終回を迎えてしまいました。1年間、本当に楽しかった…。欲を言えば、やっぱり最終回は1時間スペシャルでやって欲しかったところです。やや駆け足…1年間の締めくくりとしては意外にさらりと終わった気もしますが、それもまた電王らしいかもしれません。この...

アリガトウ…でんのーさん…

世界を救ってくれて。

平成ライダー恒例「最終回でのOP飛ばし」、アレが来ると。
ココロの中で男泣きしてたからね…女子だけど(爆)。

とりあえず、「カブト」以外の平成ライダー全て(スマン)、
「ああ、もうライダー終わっちゃうんだ…...

コメント
●コメントありがとうございます!
>TJ-type1さん
おつかれしたー。去年にも増してキャラが多いってのに、描いちゃったたのね。
がんばったのね……。
たしかに電王は一定の成功を収めたんじゃないでしょうか。
スーツアクターの常時出動と強力な声優陣に支えられて、キャラがぶれなかったのがよかったと思います。
「○○はこんなこと言わないー! そんな行動しないー!」ってのがなかったし。

「レスキューフォース」。
名前のセンスはすごくステキ!だけどスーツ見たらけっこうアレね(笑)。
東映のレスキューポリスシリーズは最高傑作との呼び声が高いんですが、さてこれはどうなるんだか。
  • Posted by たいちょお@管理人
  •   at 2008年1月27日(日) 16:49
  •  |

お疲れしたー。
去年のモヤモヤした闇が感じられないレビューなのが、電王が一定の成功を収めたのだという証明ですね(え)。

確かに皆と力を合わせて戦う電王は昭和ナマモノ的には気にかかるものがあるやもしれませんね。ゴレンジャーストームだし…
んまぁ、ボクはどっちかというと等身大ヒーローより怪獣派なので、何らこだわり無く、面白ければイージャン!て思ってましたが。

リュウケンドーの製作陣が今度作る「レスキューフォース」の方が、たいちょおさん的にビビッドに食いつくかもですね…。

●コメントありがとうございます!
すみませーん。
ちょっと脳が病み気味でへろへろぷうなので、正しい日本語じゃないかもしれませーん。
テンションも怪しげなので、心を広くして読んでくださいー。


>さつきさん
4コマがカラーなのは、良太郎作のイマジンは、モノクロでもカラーでもぬる手間に差がなかったからです(笑)。キンちゃんとかデネブは面倒なんだよね……。
回収し切れなかった部分は自分で脳内補完しました(笑)。
「イマビト」は残った謎をわたしなりに解釈したものなので、暇だったら読んでみましょう。

>けろりんさん
私の脳内補完能力はけっこう力技ですが、意外と「納得しました!」というコメントが多くてちょっとビックリ。妄想だけで生きてる人間の考えることは違うってことだね!
レビューはカブトのときも分量多めだったと思いますよ? 毒の量は段違いですが(笑)。
でも「電王好きだった?」って聞かれると即答できない……(え)。

>Meimeiさん
2時間スペシャルでやられたら、途中で間違いなくドロップアウトしてますって!(笑)
テレビは1時間が限度なんだよぉー。
タロスグッズが増えたとか。私はなーんにも買ってないっていうのに。
ソングコレクションも今年はコンプリート版しか出ないみたいだから買う気ないのに(笑)。
キバの情報は、まだなーんにも手に入れてないんだよね。どーかなー?

>puripurijunさん
また私の力技解釈で納得した人が(笑)。
「良太郎は生まれつき不幸だったから、それはないんじゃない?」ということも言われましたが、時間の流れでは「過去・現在・未来におけるすべての幸運」を世界修復の時間に集約して費やすことも可能だと思ったもんで。
キャッシングみたいなもんなんですよきっと。

>しばっちさん
→「いつもみたく毒を吐かれてたら耐えられなかったと思うので」
ぐはっ(笑)。まあ人それぞれですからそれは保障できませんがー。
でも私はヒーロー番組としての物語性とクオリティしかみてませんから、あんまりしばっちさんの感性と外れることはないんじゃないかなーと思ってみる。多分。きっと。
だってリュウケンドーが大好きだし(笑)。
  • Posted by たいちょお@管理人
  •   at 2008年1月24日(木) 15:04
  •  |

どうも〜♪(駅長風)たいちょおさん、一年間お疲れ様でした〜。
やった、タロスがカラーた!そうかポンチ絵モモは目が黄色なのか……(そこかよ)。どうせならキンちゃんとリュウタも見たかったなあと贅沢を言ってみる。

さて今だから言えますが、たいちょおさんが電王を気に入って?くださって本当によかったです。いつもみたく毒を吐かれてたら耐えられなかったと思うので。いろいろと。
残った謎に関してはたいちょおさんの考察と大体一緒ですね。不運の原因はさすがに考えてませんでしたが。3クール終わりからクライマックスまでが怒涛の展開だったので、ちょっと物足りなかったのは否めない……。でもまあ、一年間楽しかったからいいんです。

侑斗とデネブがいろいろ優遇?されてるのを見ると何故か悔しくなる良太郎贔屓の私。
そりゃあゼロノスがいなければ電王はここまで盛り上がらなかっただろうし、自分がここまで良太郎に肩入れすることもなかったんですが。侑斗とデネブはもちろん大好きだし……なんか複雑です(笑)。

あ、普段はトラックバックは飛ばさないんですが、最終話特別編ということで付けちゃいますね。

改めて一年間お疲れ様でした。ポンチ絵四コマも楽しかったです。ありがとうございました!

こんにちは。
>やっぱり良太郎の不幸は、世界を修復できた幸運とのバランスを取るためのものだったのだと

初期の、良太郎の運の悪さをあれだけ強調してたのはなんだったんだろうとずっと思ってました。
そうか、そうゆう解釈なんですね!すごく納得できました。
たいちょおさんのおかげでモヤモヤがすっきりしました(^^♪



  • Posted by puripurijun
  •   at 2008年1月23日(水) 17:11
  •  |

こんばんは〜
モモたちがカラー! じたじたばたばたしてる〜4コマめのウラの顔好き〜♪らぶり〜
キンちゃんとリュウタのじたじたばたばたも見たいかも〜
こんなおもちゃあったら絶対買う! 『じたじたタロス』売れますよー
こんなタロスたちが最後なんて寂しすぎ…
シャバにでちゃいなよぉ〜 大丈夫!デネブは今までだって普通に買い物してるから!!

一年間、すごく楽しく観られてよかったです。
でも、できれば最終回は2時間スペシャルか、3,4回放送延長するか、
前番組の時間もらうか(汗)してほしかったかも。
自分で想像してますが、回収し切れなかった伏線があちこち…(みかん落としたね)

ハナちゃんコハナちゃんのとこはすごく納得です。
それにしても。特異点って同一時間帯に何人くらいいるんでしょうね。
一人だけ、っていうのが一番納得いく気はするんですが、そうすると。
初回、ハナちゃんは電王に変身できるたった一人の特異点を探してたってことですよね。
良ちゃん見つかってよかったですよね。(これも運命なんでしょうけど)
そして、そんな超貴重な特異点に憑いてしまったモモって。やっぱり。マヌ…?

たいちょおさんの4コマもすごく楽しくてタロスたちをより好きになりました。
(今年は家の中にイマジンソフビ、フィギュアがいっぱいです。)
一年間おつかれさまです。ありがとうございました!
来期もタロスたち以上のポンチ絵期待してます。

  • Posted by Meimei
  •   at 2008年1月22日(火) 23:39
  •  |

たいちょおさん、こんばんは!

モモが!ウラちゃんが!色ついてるー♪
この画像があったなら、以前私がやっきになってたいちょおさんのブログをあさり回らないで済んだんですわ〜。

いやだがしかし!
ハナちゃんがコハナちゃんになったというのが、そんな意味があったとは、全く気づいていませんでした!
今これを読んで、そうだったのか!
なんだか、役者さんの都合とかじゃなくて、元からそういう流れだったんじゃないの?とまで思わせますね。電王すげーです。

私もね、タロスたちは、デンライナーの中ですることもなくて暇だろうな、とか思っちゃいます。モモなんて戦いがなくてストレス溜まりませんかね。

なんだかんだ言っても、たいちょおさんのレビューも最終回っぽいですよ〜。
ちょっとスペシャルですよ〜。
電王、大好きだったでしょ〜?って感じです。
  • Posted by けろりん
  •   at 2008年1月22日(火) 22:14
  •  |

>最終回だからって、うちの営業スタイルは変わりません。
そう言いつつ4コマがカラーなところにたいちょおさんの想いがこもってるのだと勝手に想像しております(笑)
レビュー、毎週楽しませていただきました。
ありがとうございました。

回収し切れなかった謎や説明不足な設定もちらほら残ってますが、
それを突っ込むのが無粋とも思えるくらい清々しい、『電王らしい』最後でとても好きです。

●コメントありがとうございます!
>あんじーさん
谷原章介では目つきが柔和過ぎるんじゃ?
多分「ゼロノスカードの消費による消失」と「歴史上での死亡等による消失」は補完のされ方が違うんだと思います。
それにユウトが自分の時間に戻ればまったくの同一本人かどうかは別にして、サクライユウトという存在は成長して愛理さんの前に現れるんでしょう。
まあ、パラドックスとしてはサクライさんが消えても同一時間に成長したユウトとデネブは存在するんでしょうけど。
でも消えた直後に行くのはデリカシーないよね(笑)。

ハナさんが消えなかったのは特異点だったからなんじゃないのー?
映画見てないから生まれる前に何ちゃららなんていうのは知らないよー?

つーかタイムパラドックスは考えすぎてハマッたら負けだね(笑)。
  • Posted by たいちょお@管理人
  •   at 2008年1月22日(火) 15:52
  •  |

たいちょおさん、こんにちは。
「仮面ライダー正伝・仮面ライダーゼロノス」大賛成です! (本気)
金田一侑斗と若い侑斗のダブル主演で。谷原章介さんあたりどうかな(オイっ)
最終回はとても楽しくみられました。が、私の頭は時間のルールが把握できなくて困っています。
桜井さんは過去の記憶が消失していても本人は完全には消失しないのですか?(当初のあれはガセネタですか!?) デネブも「完全に消滅する」と言っていましたよね。
前に侑斗が甦った時のゼロライナーのバックアップシステムのせいでしょうか。
消失は一時的なもので、回復までに時間がかかるということ?
なら、ハナさんも侑斗も一時的に消えないと。侑斗が消えたときのように。(細かいかな)
もし本当に消失してしまったら、侑斗もハナさんも存在しないことになってしまう。
「未来で」愛理さんと桜井さんが会うためには、やはり、バックアップシステムがあったということですよね。そうでないと、ハナさんは産まれませんものね。
そういうことなら、たいちょおさんの話は納得できますもの。
いやいや、ひとり悩んで失礼しました。

  • Posted by あんじー
  •   at 2008年1月22日(火) 15:38
  •  |

●コメントありがとうございます!
>yusamaさん
第2のライダーが実は主役。そういや前作もそんなニオイがしてましたね。
でも私はそういう両雄並び立つぜ!なお話が大スキーなので、電王は楽しめました。
次回ライダー。
実は予告でもあんまりはっきりその姿を確認してないんですが。
電王のおめめ出っ張りフォームが受けたから、その系譜をたどる気なんでしょうか?
描きにくそうー。(そっちかよ)

>doudeshiyouさん
たしかに例年よりはスッキリ!スッキリ!スッキリ!しました。
毎年このレベルのクオリティを最終回まで維持してほしいのが本音だけど。(あ)
がんばってスタッフ!
イマジンズはやっぱり最後までイマジンズだったなあと思いました。ボケすぎや!
白鳥さんは残念でしたが、他のブログさんで白鳥さん情報をゲットしていなかったら、多分私は何の疑問もなくコハナ交代を受け入れていたと思います。
情報があるってのも、よしあしだね。(ウラタロス風)

>ひいらぎさん
けっこう脳ミソがカイ状態と化しているので、伏線や謎を覚え切れていません(笑)。
でも「責任者出てこーい!!」とドアを蹴破るほどのボロはなかったと思います。
あのチャーハン対決は、時の間を永遠に旅する者の、大切なお遊びなのだよ……。
ってやっぱりキバは見て描くことが決定かーい!
  • Posted by たいちょお@管理人
  •   at 2008年1月22日(火) 12:55
  •  |

●コメントありがとうございます!
>Avich☆さん
天使の羽根はやりすぎだよねー。
あと子供番組なので、シルエットとはいえギターぶち壊しちゃダメだよ。モノは大切にね!
って、キバも視聴&レビュー決定なんですか?(汗)

>詠み人さん
えっ、アレは完全にゴレンジャーストームのオマージュじゃないんですか?
(と当たり前のように言う昭和世代)
リオをカイレベルの悪に押し上げるには、さすがにもう時間がない……。
光速を超えるスピードについていける選ばれし者でなくては、そんなEDは見られないんだろうなぁ。
最後に常連コンビが出てきてくれたので「ああ、日常に戻った」って感じがしました。GJ!

>風水さん
世界が正しい時の時間軸に戻っても、電王の活躍でチョコチョコとずれた部分があるから、ユウトと愛理さんの出会いから結婚までには時間が後ろにズレると思うのです。
ほーらユウトはシャイだから、大人になっても
「オレが愛理さんとけ、結婚……!?」と、意識しすぎてなかなか前に進めないんですよ。
以前はいなかったオカンの後押しもかえってうるさく感じられるだろうし。
イヤー飽きの来ない人たちだわさ。
  • Posted by たいちょお@管理人
  •   at 2008年1月22日(火) 12:54
  •  |

おはようございます!
4コマがカラーですね!

電王の最終回は、正直言って回収できなかった謎が多くて微妙に残念だったなーと思うんですが(もうちょっと回収してくれると思ってた…)、それでも「まあいっか☆」と思わせるハッピーなラストが良かったと思います。
つーかもう、最後の最後でユウトにキュンキュンきた!
「椎茸入れんなぁ〜」ってデネブにしがみついて泣くユウトが可愛い過ぎる…!!
ハナ→コハナに関するたいちょおさんの推論は、なるほどな〜と思いました。
それなら納得。
あと毒にも同意…(私は早くAAAに戻してくれと思った…1回や2回ならいいんだけど…)
どーでもいいけどオーナーはチャーハン対決に夢中になりすぎだと思いますよ!

最初はどうなることかと思ったけど、1年間楽しませてくれた上に、2年前の傷まで(ある程度)癒してくれた電王に感謝です。
たいちょおさんのキバレビューも楽しみにしています!
  • Posted by ひいらぎ
  •   at 2008年1月22日(火) 09:46
  •  |

どうもおはやうございます。

まぁ例年より最高な(ある意味)いい出来は最終回でした。
すべてのイマジンが消滅して良太郎がしんみりしていた影で出るに出れない
モモ達(+ジーク)で涙がふっとびました(笑)
オカンもオカンで最後までオカンだったし☆
まぁ文句たらたらな部分もあるけど
(例えば百合子ちゃんとか百合子ちゃんとか百合子ちゃんとか・・・・・)
よかったんじゃないですか、完結しただけでも(をい)

さて次回の「キバ」レビューも期待してますよぉ〜(▼∀▼)

たいちょおさん、こんばんは♪


ハナちゃんの解釈が素晴らしくスッキリしました!
ずっとモヤモヤしてて『何故?』がいっぱいでしたが、今はたいちょおさんのお陰で心晴れやかです(笑)

近年のライダーは看板ライダーではなく、準主役のライダーが影の支配者(?)ですね…。
でも良いんです!
毎年全力で楽しむのみです!!

次回ライダーも楽しむです!
  • Posted by yusama
  •   at 2008年1月22日(火) 02:13
  •  |

たいちょおさん、こんばんは!
電王はいろんな意味で安心して楽しめました。
そして、最終回もいろんな意味で納得できました。
で、ハナちゃんタイムラグ説になるほど!!
そっかー、ハナちゃんの誕生が遅れた分だけのタイムラグなんだ!
いや、ものすごく腑に落ちました。

時間はたしかに前番組分削ればよかったと私も真面目に思いました(苦笑)。
良太郎の不運は世界の修復のために幸運を使い果たしたからだったんですね。
良太郎の成長は、侑斗登場で特に強く感じました。
そして侑斗も成長しましたねえ…最終回の姿で将来の桜井さんにつながるのを強く感じました。
電王の後半の柱はやはりゼロノスの存在、そして、最後まで顔を見せずに世界の未来を守った桜井さんこそが影の主役なんですね。
すべてを知って桜井さんと未来を守ろうとした愛理さんのヒロインぶりには涙が出ました。
電王が平成なら、ゼロノスは間違いなく昭和テイスト。
自分の存在をかけて世界を守る姿の切なさは、ライダーの系譜にばっちりかなってます。
1年間、本当に楽しかったです。
  • Posted by 風水
  •   at 2008年1月21日(月) 23:00
  •  |

うんうん、昨年よりは充実した気分でした。
最後、デンガッシャーの刃先リレーにゴレンジャーストームを思い出した私は昭和世代。
もし理央がカイなみのやられ方して終わったら、ゲキレンジャーのクオリティはどうなっていたかな?

ジーク登場より、ジャーナリストと霊媒師が出たことにびっくりした私です。
  • Posted by 詠み人
  •   at 2008年1月21日(月) 22:52
  •  |

そう、確かにあの天使の羽は恥ずかしー(笑)!

まぁ、ヴィジュアル系バンドPVのミエミエなパクリなのだ、とムリに笑いに変えてみた。

ゼロノスは良いライダーでしたね☆

そんなで、次のキバさんにも頑張って欲しいデス!



コメントをかく.
クッキーに保存

小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。